FC2ブログ
2019 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2019 03
バラと草花の小道に宿根草、多年草、一年草を植えました スヴニールドゥラマルメゾンの剪定
2019/02/19(Tue)








ロゼ庭へようこそ~*


dh2421.jpg


出来上がったばかりの小道に

お花の苗を植えました


咲いてるお花は少ないけど

お花の苗が植わった様子は

嬉しいです



次女は霜でやられる

可能性があるので

3月に植えるそうです



アイアンのベビーベッドが

見えますが

またの機会に

ご紹介しますね



dh2422.jpg


78円のパンジーも

植えました


安くて可愛い



dh2423.jpg


深いワイン色のパンジーも

78円

こんなに素敵なのに安い!



dh2424.jpg


こぼれ種の

ブルーのニゲラを

鉢に移植していて

育ててたのも植えました



dh2425.jpg


白のネメシアは

清楚に咲いています



dh2426.jpg


ネメシア メーテル


深いアンティークブルーの

素敵色



ネメシアは

来年も咲いてくれそう



dh2427.jpg


春から秋まで

咲いてくれるよう

苗をチョイスして

その季節に咲かないお花は

リーフの役割をしてもらうことに

しました


春に咲くお花の割合が

少な目です(汗)



dh2430.jpg


オステオスペルマム

ダブルベリーホワイト


ラズベリー色の花芯が

魅力的





dh2431.jpg


シノグロッサム

ミステリーローズ





シノグロッサム

メモリーマリンブルーも

植えています



種は服やら何やらに

くっついて

ダメにするくらいなので

種には注意か

種になる前に

処理した方がいいです





シノグロッサム

ホワイトも植えています


画像はありませんが

クリックすると

販売サイト(ハッピーガーデン)へ

飛びます






dh2432.jpg


ガゼボを建てて

ガゼボの中に

石板を敷いたり

砂利を置いたり



dh2429.jpg


小道を造って

お花を植えたり



冬はバラのオフシーズンの

ようだけど

冬作業があって

ある意味オンシーズンで

そこへ

こういった事も

今年はしたので

いつもの冬以上に

オンシーズンでした

っていうか

寒肥はこれからですぅ~~~



dh2433.jpg


プリムラ プリカント 紫は

1ヵ月~3週間くらい前に

ハンズマンで買って

小道沿いに植えていて



dh2434.jpg


天気予報を見ながら

一晩だけの

簡単霜除けをしたり



dh2435.jpg


朝、霜除けの

ビニールを外しても

綺麗でした


今咲いてる小道のお花は

少ないので

よくお顔を見ます





木立ちバラの剪定です

1ヵ月ほど前にしました


dh2436.jpg


スヴニールドゥラマルメゾン


お花が咲いてました



dh2437.jpg


透き通るような薄い花びら

柔らかいソフトピンクの

エレガントなお花が

咲いていました



dh2438.jpg


剪定後です


台風で株ごと

斜めになっていますが

どうにか頑張ってくれてます



さぁ、寒肥をしなきゃ~~~


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村


応援ありがとうございます。


























関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ~* 私の庭造り奮闘中 *~ | ▲ top
イングリッシュローズの裸苗の植え方(小さな森の説明)
2019/02/17(Sun)








次女庭へようこそ~*


次女庭へ小さな森から

楽しみにしていた

イングリッシュローズの苗が

到着しました



dh2397.jpg


ジアレンウィックローズの

裸苗です



バラの家です






小さな森の説明によると

浸す時は根の首までしっかりと

根部分が乾燥しないように



浸す時間は10分~1時間

それ以上浸すと根腐れを

起こす可能性が出てくるとのこと



深植えをしてくださいとのこと

(次女もロゼも深植えは

しないです)



根がしっかり入る

大きさの鉢に

植えてくださいとのこと



根と土の間に

隙間が出来ないように

土を入れてください



植えたら十分

水を与えてください



支柱を立てて

苗を支えてください



日照の良い場所に

置いてください、

地植えの場合は

日照の良い場所に

植えてください


dh2398.jpg


次女は苗を20分

水に浸して

8号鉢に植え込みました



この説明

ロゼも小さな森で

苗を予約していて

イングリッシュローズの

裸苗のお迎えは

初めてだったので

尋ねたところ

ご回答を頂きました



丁寧で詳しい説明でした

有難かったです



バラ ジアレンウィックローズ


2001年 イギリス

作出 デビッド オースチン

系統 S シュラブ 

樹形 シュラブ 直立性

花径  大輪  

花形 カップ咲き

花色  ソフトピンク~コーラルピンク

アプリコットピンク

樹高  1.2m

香り  強香 ティー香 ダマスク香 

四季咲き

耐病性  うどん粉病、黒点病 普通

花持ち 3~4日


地植え、鉢植え向き。



次女は鉢植えも

地植えも

バラの家 培養土を

使っています





少しバラの家 堆肥も

混ぜています





元肥はマグアンプK 大粒



土替えも終わったとのこと

(3週間くらい前)


dh2364.jpg


シャルドネ


根張りも良く

春が楽しみです



hm1.jpg

シャルドネ


2018年国バラで撮影



hm10.jpg


外弁がピンク

その内側が白

中心がピンクで

白をピンクでサンドしたような

色が素敵


ザ・可愛い❤なバラ


だけど


なぜか作出者の

小川宏先生は

シャルドネよりも

ピエールドゥロンサールの

血が入った

小川先生が

作出されたんでしょうか?

枝変わり?

を推していらっしゃいました


けど


検索しても

探し出せない

シャルドネに夢中になってて

ちゃんと国バラで

見なかった



「ピエールドゥロンサールの

枝変わりの

木立ちだよ」って

おっしゃっていたのは

夢か幻か

不明です

小川宏先生のサイトでも

探せませんでした



次女ともその話はしたので

夢うつつではなかったと

思いますが

気持ちはシャルドネに

行っていたので・・・?



バラ シャルドネ 

パティオローズ

小川宏氏作出

木立ち 直立性 

中輪 香りはしない

カップ咲き ロゼット咲き



小川宏先生の

ホームページ



パティオローズ


話がそれて途中で

国バラの思い出話に

なりました(笑)



そうそう、

ロゼのブログを見た

次女が

次女庭でも

品種によって寒さで

赤黒紫っぽい

斑が出来るよと

教えてくれました


dh2399.jpg


アンナプルナだけど

こんな感じだよって

ブルーバユーもなるよ~と



dh2227.jpg


確かに

バラの家からお迎えした

ブルーバユーと同じ



班が出てても

生育に問題ないとのこと

次女庭でも

アンナプルナも

ブルーバユーも

毎年元気に咲いています



ロゼ庭は

暖地だから

こうなった事は

なかったんで

ギョッとしました



gm2.jpg


アンナプルナ


去年の春に咲いたお花


ヨーロッパで人気の

うっとりするような

超強香のバラ



清楚で美しいの





dh2420.jpg

ブルーバユー


去年の春に咲いたお花


透明感あるとても美しい

ブルーローズ





dh2400.jpg


今年は3年目にして

やっと義理チョコと

間違われずに

2枚一組で

ラッピングしてもらえた

バレンタインの本命チョコ



2年連続違うスーパーで

2枚一組で包装してくださいと

頼んだにも拘わらず

1枚づつ包装されて

義理チョコ扱いだったんです


dh2401.jpg


だって板チョコじゃ

仕方がないですよねぇ~

板チョコを

普通 本命チョコとは

思いませんもん




主人から

ラミーが好きだから

ラミーにして欲しいと

言われ

バレンタインは

長年の高いチョコから

急に板チョコになりました(笑)




夫婦も長年連れ添うと

お互い一番喜べるものを

言い合えるように

なりますね(^^)


ロゼは以前から

ガンガン言うてましたけど

( ̄ー+ ̄)ニヤッ


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村


応援ありがとうございます。
























この記事のURL | バラの裸苗の植え方 | ▲ top
| メイン | 次ページ