2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
2016国バラ新品種 メサージュドゥヨコハマの新芽の芽吹きがすごい♪うっとりの美しさ 秋バラ ペッシュボンボン♪春の庭~* 
2016/12/02(Fri)




バラと草花のある庭へようこそ~*




ペッシュボンボンの

秋バラが咲きました。


zq9.jpg


深いカップ咲き

美しいピンクと黄色の混色

花びらの縁の揺らぎ

とても素敵~*



zq10.jpg


ほんとにお菓子のよう~*


目がくらむほど美しく可愛い。



ロゼが思うに

花一輪を見ると

ペッシュボンボンは

デルバールの代表作の中の1つと

言っていいほどの

素晴らしさがあると思います。






あとはロゼの場合

花付きの工夫が課題かな、

それでもすごく悪いというわけではなくて

ちょっと贅沢かも。

不満まではいかない。


でも花付きが少し悪目なのが少し気になる。



今年は剪定のやり方を変えてみよう、っと。




以前咲いた春のお花です。


peFC8.jpeg


名の「桃のお菓子」というとおり

お菓子のようなかわゆい子~*



キャスリンモーレー(イングリッシュローズ)の

秋バラが咲きつづけています。

2016.11.29日に撮影。



zq2.jpg


ちょっと傷んでますが

カップ咲きの可愛い子~*



今年の春に咲いたお花です。



br-2.jpeg


ディープカップの大輪が

やわらかなピンクで咲いて可愛い~*




2016国バラ新品種 

メサージュドゥヨコハマなんですけど


yf2.jpeg

横浜イングリッシュガーデンで撮影。



地植えして10日くらいなんですけど

地植えした時はこんな感じだったんです。


zo8.jpg



メサージュドゥヨコハマが届いて

2本地植えしました。の記事




今はこうなってて


zq18.jpg


\(◎_◎)/


薬剤散布しなきゃ!



地植えした2本とも


zq19.jpg


こんな感じです。



あのぉ~

もしもし??メサージュドゥヨコハマさま。

今12月なんですけど ヾ(;´▽`A``)



確かに他の子も

新芽を出してる子いっぱいいますけど

それはお花をカットしたあとから出てきてるんで。。。




鹿児島は暖地だから

間違えて春が来た!って思ったんでしょうか??

確かに枝も根の状態も良かったけど


zo7.jpg



到着して10日くらいで

こんなになるとは思っていませんでしたよぉ~

元気だっていうことでいいことだけど。



まぁ、いいかぁ~




素敵なお花屋さんで

1ヵ月くらい前に買ってきた

サントリーのボンザマーガレット

ピンクサンライズ


ew26.jpeg





ew22.jpeg


アップで。


かわゆい~*



ボンザマーガレット ピンクサンライズを

陶器鉢に植え替えました♪の記事




買ってきてすぐ鉢植えして



ew13.jpeg


土は培養土に

少しの堆肥を入れて

適量のマグアンプKを混ぜ込んだものです。



今日はこんな感じです。


zq20.jpg



こんもりなりました(^^)


蕾がいっぱいあるので

これからもいっぱい咲いてくれるでしょう。



zq21.jpg



置き肥をあげないと

全然あげてなかったんで

(今、気が付きました)

上手にお花が咲いてないけど

可愛いですね♪



置き肥をあげれば

今年の冬(2月か3月頃)に小さな苗を買ってきて

鉢植えしたこの子のように↓

(画像左手前 

品種名 ボンザマーガレット ルージュピンク)



bif9.jpeg


春は素敵に咲いてくれると思います。


今も可愛く咲いてくれるはずだけど。

置き肥、うっかりしてた。。。

液肥もしておかなくちゃ。




サントリーのボンザマーガレット

ルージュピンク








今年の春の庭です。


zq23.jpg


ナチュラルな感じがする

ブルーローズ ブルーフォーユーと

ブーケのように咲く群星です~*



zq22.jpg


ブルーフォーユー。

たおやかな美しいブルーローズ~*





gf11.jpeg


小さなお花が大きな束になって咲く

多花性のトゲのないバラ 群星~*






zq24.jpg


紫の千鳥草(画像右)は

今年初めて植えた子だけど

昨年は白の子を植えています。



白の子が気に入って紫も植えたんです。


花期がバラと合って素敵に咲いてくれて

嬉しい~*



千鳥草 ブルーピコティ









この千鳥草は横に寝ていて

そこから新芽が立ち上がり咲いているので

本来はもう少し樹高が高いです。




勝手に横たわったのですが

樹高など用途にもよりますが

横たわらせた方が花つきがいいかも??



なんであんな所に植えたの千鳥草\(◎o◎)/!



zq25.jpg


バラたちや宿根草、一年草が

そよ風に揺れて咲く様子が

キラキラ輝いて見えた

春のお花畑の花壇でした~*


最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




































スポンサーサイト
この記事のURL | ペッシュボンボン | TB(0) | ▲ top
可愛い秋バラ ペッシュボンボン♪パーゴラの設置修正でバラのトゲの攻撃に遭うとても思いやりのある主人に感謝♪春の庭~*
2016/10/10(Mon)



バラと宿根草のある庭へようこそ~*




ペッシュボンボンの秋バラが咲いています。


iq2.jpeg


混色になって

カップの姿も保って

中心部分は丸っこくなって

とても可愛いいです~*


嬉しい *:・:*:・゚ '☆,。



以前咲いた春のお花です。


peFC8.jpeg


キャンディーみたいな

かわゆい子~*







ジェネラシオンジャルダンの夏バラです。


iq3.jpeg


中心部分が薄いオレンジで

外弁とのコントラストが可愛い。



可憐な感じで咲いています~*


今年の春に咲いたお花です。



jene3.jpeg



美し過ぎてびっくりしたりうっとりしたお花~*


中心がオレンジがかっています。

今咲いてるのも中心がオレンジがかって

やはりオレンジの色素を持っているようです。




一昨年の春に咲いたお花です。


jeneFC003.jpeg


可愛い子が咲いてくれました~*







945hPaのまま台風が鹿児島に上陸した時

倒れたパーゴラですが



wawa29.jpeg



台風でバラの根が傾いて

アーチとガゼボが壊れました。

パーゴラが倒れました。の記事





取りあえず立てておいたのですが

しっかり設置しなおしていなかったので

昨日主人とやり直しに取り掛かりました。



iq4.jpeg


ここまでできたんですが

ここまでなるのに悪戦苦闘でした。




画像手前が持ち上がっていて

ロゼが支えながら

(パーゴラと土の間にレンガもかませて

隙間を空けておきました)

主人が土を掘って

埋め戻す作業なのですが

もう片側のと(画像右)と高さがなかなか合わず

主人は掘るのが大変でした。

ここは土が固いのです。





主人が休憩中にロゼもしたのですが

ロゼの力では全然掘れませんでした。




おまけにロゼが前もってバラの枝を

作業しやすいように留めておけば良かったんですが

準備もおろそかにしてて

主人には申し訳なかったです。




主人はバラのトゲで

腕が傷だらけになってしまいました。

手は皮手袋をしていました。





途中ロゼは主人に何度もごめんね、って言いながら

バラの枝を切りました。

バラの枝はいらない部分です。


iq5.jpeg







主人は全然構わないと言います。

なんて思いやりのある人なんだろう。

主人には今までも大変な作業を

いっぱいしてもらっていたのに

今回ほど感謝したことはありませんでした。

(もちろん感謝は今までもしていました)





今までも主人が作業で怪我をしたことは

あります。

先ほど書いたように

これよりもっと大変な作業もありました。




これまでのしてもらったことの

積み重ねもあったと思いますが

年齢を重ねて年を感じてきて

これより一層お互いを支え合わなくては

ならなくなったことで

してもらったことに

今までより一層感謝できるように

なったのかもしれない、そう思いました。

自分でも驚くほど

感謝の念が絶えませんでした。

長く夫婦である年月も

関係しているのではないのかとも思います。





傷だらけの主人に作業後

ごめんねとほんとにほんとにありがとうを

何度も言ったら

作業中もでしたが

「いや、大丈夫」

「長袖を着てればこんなにならなかったけど

バラのトゲが何度も引っかかって

作業しにくくなるしね」と

決して責めません。




本当になんていい主人なんだろう。

もちろん以前から思っていましたし

そう書いてましたけど

もっと深くそう思いました。




作業に取り掛かったばかりの時は

トゲで痛いのと冗談とで

バラが攻撃してくるぞ!とか言ってましたけど。




心が痛んだのと主人の思いやりに感謝の気持ちで

今も胸がいっぱいです。

ありがとう。





作業ですが

両側の位置が平行になりました。

この後別の日にここに↓土を被せて

見えなくして&安定、固定させます。


iq7.jpeg






一ヵ所だけ支柱で固定しました。


iq6.jpeg




支柱は白にロゼが以前塗装して

他で使っていたた支柱です。

他に塗装したのがなかったので

(ロゼ準備悪し&フットワーク悪し)

昨日のところはこれで終了。




そのうち支柱を塗装しておきます。

っていつ???

早めにやります。




主人とも話したんですが

白の支柱ってホームセンターとかで

見ませんよね。




お花をするガーデナーの皆さんが

緑の支柱を白に塗装して使ってるのを見るので

販売すれば需要はあると思うんですけど

採算ベースに合わないのかな~




今年の春の庭です。


iq8.jpeg


美しいイングリッシュローズ

ピンクのキャスリンモーリーが

画像右側でエレガントに咲いてくれました~*




広めの小道の両側のオルラヤが

素敵で気に入っています~*




左奥の垣根は雪でやられて

半分より上は枯れて

主人が半分カットしてくれました。




その後新芽が出てきて

残った部分は青々としています。



iq9.jpeg







iq13.jpeg


角度を少しずらすと左奥にオルラヤ畑が

見えてきて景色が広がって見えます。


嬉しい景色~*




バラは一輪で見ても美しい

景色で見ても美しい

素敵ですね~*


最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































この記事のURL | ペッシュボンボン | TB(0) | ▲ top
ペッシュボンボンが咲いてます♪2016国際バラガーデニングショーのテレビ番組予定です。録画の準備しました♪
2016/05/14(Sat)



バラと草花のある庭へようこそ~*



2016国際バラガーデニングショーの

テレビ番組予定です~



ロザリアンの皆様、今日ですよぉ~!



2016年5月14日(土曜日)

BSプレミアム

15時~15時44



録画の準備はお済みですか~

楽しみですよね~




ペッシュボンボンが 開花しました♪


pef1.jpeg



お菓子のように可愛らしく咲きました~*








でも、この一輪しか撮影できるお花がありませんでした。

花びらが多く豪華に咲いた子は

タイミングが悪く雨風で全滅。



pef2.jpeg


ペッシュボンボンはそこまでひどく

雨の影響を受けて傷むバラではないですが

今年は今までになかったほどの

大雨、強風が相次いで来て

開花したら雨&強風の繰り返しで

このバラ一輪だけ撮影できたということです。



ロゼ 「こんなこと初めてだよねぇペッシュボンボン。」


ペッシュボンボン 「うん、びっくりした」




pef4.jpeg


ほんとに名の意味の「桃のお菓子」のような

混色具合。




雨風での花の痛みはこの子の場合

普段それほどひどくもなく

今回画像でご紹介してる子程度で

雨風少々の場合は傷みはあまりなく

ガーデンローズとして問題はないと思います。




本来はこのように咲きます。

ロゼんちで以前咲いたお花です。



peFC6.jpeg


花びらに刻みがよく入ります~*




peFC8.jpeg


可愛い混色具合。




ロゼんちでは

ガゼボに誘引しているので

花数の問題に直面しています。


pef5.jpeg



寝かしてもダメでした。

花数はいつもと同じ許容範囲ぎりぎり。

出開きが多いんです。

株は元気で順調です。

次の冬は剪定方法を変えてみようかなぁ~




pef3.jpeg


かわゆい~*







pef6.jpeg



大好きなバラです~*



pef7.jpeg





玄関ポーチの奥で少し雨風で傷んじゃったけど

元気にさいている

宿根ブラキカム。

花期が長いですね。

この子は少し大きめのお花なんですよぉ~



pef8.jpeg


バラと同じ花期で半日陰でも大丈夫そう。








ちょっと前に寄せ植えした

ペチュニアの風花。


咲き始めにハートのような模様が出るんです。

かわゆい~*



pef9.jpeg








似たようなお花にサントリーのももいろハートがいます。

この子もかわゆいですよね~*







これはなぁに?って見てみたら

ホワイトレースフラワーでした。




この寄せ植えは玄関ポーチ奥に置いているので

本来の大きさではありません。


pef10.jpeg




奥に置いている白のパンジーとバラとアリッサムの

寄せ植えからひょろひょろ出てきました。


tipuf31.jpeg




寄せ植えはバラの土替えをした時に出た土や

以前寄せ植えした時の土を

リサイクルして使ってるんです。




バラの鉢の土の中に

ホワイトレースフラワーのこぼれ種がいたのね。




ロゼはホワイトレースフラワーの使い方が上手でなくて

大きさの割りにお花部分が少なかったりで

ロゼには扱いが難しく

オルラヤに任せることにしたんで

今年は植えてないんです。




レースのように綺麗なお花だけど背丈が高めで

合わせ方がセンスがないものだからわからず・・・



花壇の手前の方へ昨年は植えて失敗したり

ロゼには扱いの仕方がわからないので

今年は植えていません。




でもこぼれ種で一所懸命出てくると可愛いですね。




ブラックレースフラワーもありますよ~

ブラックといっても茶系ですね。



ブラックレースフラワー
価格:324円(税込、送料別)






大雨、強風前に

庭の入り口付近から撮影しました。


pef11.jpeg



花がら摘みに追われるようになりました。

まだこれから咲くバラもあるし

終わったバラもあります。



ピークは過ぎました。



庭は移り変わっていきますね。

終わったバラは寂しいけど

これからのバラが楽しみです~*




バラ  ペッシュボンボン

系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   黄 アプリコット ピンクの複色

香り   強香 フルーティーな甘い香り

咲き方  大輪 コロンとしたカップ咲き
 
樹高   1.8m 

樹形   シュラブ

花期   四季咲き よく咲く

樹勢   強い

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通 

耐害虫性  強い

春の花の花びらで少し色染みが出るお花が一部ある。

(許容範囲内で気になりません)


まずボーリングしない。

花もちは良い。

花つきは普通にしていたら良くない。

寝かせると良い。

ロゼんちではダメでした。

いつもと同じです。

トゲは大きいが誘引時には差し支えない。

育てやすいと思います。



桃のお菓子という意味。

 
地植え、フェンス、トレリス、壁面向き。




バラ農繁期の為コメント欄は閉じますね。

何かご用件のある場合等は

5月1日のコメント欄に

お手数ですがお願いします。




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪







*~ペッシュボンボンを

お探しの方はこちらから ~*






~ロゼイチオシのつるバラ~


スパニッシュビューティー






























この記事のURL | ペッシュボンボン | TB(0) | ▲ top
ペッシュボンボンの花つきを良くする方法が1つ判明、ルージュピエールドゥロンサールの花付きを良くするやり方も同じです。クリスマスローズ セミダブル、現在の我が家の玄関の花たち。
2016/03/29(Tue)



バラと草花のある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



ペッシュボンボンの花つきを良くする方法について

書きたいと思います。



我が家のペッシュボンボンはクオリティーの良い花を

咲かせていましたが花つきが良くありませんでした。



他ブログでもペッシュボンボンは花つきがよくないという

記述を見かけます。


*ペッシュボンボンの画像は現在の画像です。



●まず剪定のやり方です。


画像のように本枝から出た枝(側枝)で

ある程度の太さのある枝を

20cm~25cm残し剪定します。

本枝だけにしないのです。


hanatuki.jpeg


本枝から出た枝で

ある程度の太さのある枝で

20cm~25cm残し剪定した枝から

花をつける新芽が多く出てきます。




本枝だけにすると

ペッシュボンボンの場合

本枝から出た新芽は出開きといって

花をつけない新芽が多いのです。

同じく花をつけないブラインドも多いと思います。



下の画像は本枝から出た出開き(花をつけない新芽)です。


debiraki2.jpeg



ペッシュボンボンの本枝(赤矢印をつけています)


debiraki5.jpeg


ですが本枝から出た枝には花を咲かせる新芽が

多く出ました。


もう一箇所の例です。

ペッシュボンボン、蕾も出ています。

debiraki3.jpeg

こちらも本枝から出た枝に花が咲く新芽を

多くつけています。



ただし、新しく出た側枝はそのまま伸ばした方が

良いと思います。

その枝にはある程度の花をつける新芽がつきます。

20cm~25cmに剪定する側枝は

古い本枝から出たあまり新しくない側枝です。




●あとは誘引時枝を横に寝かす。



このようにすると枝を寝かすだけより

花つきが良くなります。




冬剪定はアニエスシリジェルのようにすれば

花つきがよくなると思います。


アニエスシリジェルの冬剪定の様子です。


fua1.jpeg




fuan2.jpeg


剪定は本枝から出ている枝を20cmくらい

残しています。



●アニエス シリジェルは

通常樹高1mにしかなりません。

ご注意ください。




この剪定方法はルージュピエールドゥロンサールの

花つきを良くする方法でも使えると思いますし

他のシュラブローズの花つきの悪い品種でも

この方法が使えるかもしれません。




ペッシュボンボンの昨年の春のお花です。

pextusyubonbon7.jpeg

可愛らしいバラです♪




以前咲いたお花です。


peFC6.jpeg


花びらの刻みがかわゆい~*




peFC8.jpeg

キャンディーみたいですね。



peFC1.jpeg


ペッシュボンボンはクオリティーの高い花を

咲かせてくれるので毎年楽しみです。





クリスマスローズ セミダブル アプリコット


お迎えしたクリスマスローズです。

どんどん増えていく~~~


kurusumasuro-.jpeg


アプリコットと薄緑の花びらとネクタリーに

ラズベリーのピコティーが~♪

ネクタリーもふっさりしてて大きくて~♪


とっても可愛くてうれしい~~~



現在の我が家の玄関です。


genkanFC0.jpeg


クリスマスローズと寄せ植えと

マーガレットでひしめき合っています。

主人が玄関が狭いと言っています(笑)

来年はちゃんとクリスマスローズと寄せ植えを

花棚や色んなアイアングッズや陶器鉢で

飾りたいなぁ~




バラ  ペッシュボンボン

系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   黄 アプリコット ピンクの複色

香り   強香 フルーティーな甘い香り

咲き方  大輪 コロンとしたカップ咲き
 
樹高   1.8m 

樹形   シュラブ

花期   四季咲き よく咲く

樹勢   強い

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通 

耐害虫性  強い

春の花の花びらで少し色染みが出るお花が一部ある。

(許容範囲内で気になりません)


まずボーリングしない。

花もちは良い。

花つきは普通にしていたら良くない。

寝かせると良い。

トゲは大きいが誘引時には差し支えない。

育てやすいと思います。



桃のお菓子という意味。

 
地植え、フェンス、トレリス、壁面向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






*~ペッシュボンボンを

お探しの方はこちらから ~*



















この記事のURL | ペッシュボンボン | TB(0) | ▲ top
バラ ペッシュボンボン 雪と寒さによる新芽を摘み取るブラインド処理の成果&クリスマスローズ ピンクダブル&また野生のキジ夫婦が出没
2016/03/24(Thu)



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



今年の1月25日に鹿児島では大雪が降りました。

yuki3.jpeg

何年ぶりかに積もった雪です。

その時、ペッシュボンボンの新芽がしなっとしてしまって

ブラインド処理をしました。




通常のブラインド処理とは違って

雪と寒さによるブラインドの可能性があったことと

まだ時期が新芽を付けるにあたって

早かったのでこの場合のブラインド処理は

新芽を全て摘むということにしました。



しなったとなったペッシュボンボンの新芽です。

しなっと見えませんが実際しなっとしています。


yuki4.jpeg



あの時は新芽を摘むという処理がベストと思いましたが

その日の午後から新芽が立ち直りましたので

実際ブラインドが起こってから

別のブラインド処理をしても

良かったのではないかと思います。

なぜなら一番勢いのある真ん中の新芽を

摘んでしまうことになるからです。

その辺は何とも言えませんが。




現在のペッシュボンボンの新芽の様子です。

順調に芽吹いています。

tunda.jpeg

赤丸で囲んだ部分は

雪と寒さでしなっとなった新芽を摘むという

ブラインド処理した箇所です。



その後画像の新芽が出てきました。

2つ新芽を出している箇所も多いです。


ペッシュボンボンの現在の芽吹きの様子です。

tunnda2.jpeg


順調ですのでこれで良かったと思っています。




ではペッシュボンボンを

ご紹介したいと思います。




昨年の春のお花です。

pextusyubonbon7.jpeg

大輪で可愛らしい混色のバラです♪




以前咲いたお花です。


peFC6.jpeg


花びらに刻みがよく入るんです。

そんなところもペッシュボンボンのチャームポイント~*




peFC8.jpeg

お菓子みたいです。

命名は「桃のお菓子」ですから

作出された時にそう見えたからかな。




peFC1.jpeg


大輪花びらぎゅうぎゅうはたまりません~❤







我が家で地植えで咲いてる

クリスマスローズ ピンクのダブルです。

大きめのお花です。



第一次クリスマスローズマイブームが訪れた時に

お迎えしました。

もう何年前にお迎えしたかわからないくらいで

大株になっています。



咲き始めは薄いピンクでした。

pinkudaburu3.jpeg

可愛い~*

昨年まではあまり関心がなかったけど

今年は何度も見ています。



pinkudaburu2.jpeg

だんだんピンクが濃くなってきたの。

こんな可愛い子がいたのになぜ気にしてなかったの?

自分に問う・・・

はい、マイブームが到来してなかったからと

最初のマイブームから月日が経ち過ぎていたから。



pinkdaburu.jpeg

まだ蕾がいっぱいあるので

当分は楽しめそうです。





昨日の朝、我が家の裏の雑木林に住む

キジ夫婦が食事の為に裏の畑に出てきました。



キジ夫婦は10年ほど前から

その雑木林に住んでいますが

姿を見せたのは2度目です。

野生のキジは用心深いんですよね。




キッチンの窓から見えて

慌ててカメラを手にお邪魔しました。



kijikirei6.jpeg





kijikirei8.jpeg


私の視線を感じて体を膨らませて威嚇しています。

ちなみに体長は尾を入れて80cm。





でも、威嚇はすぐにやめて

メスの方へ行って

メスと一緒に食事をしていました。


kijikirei12.jpeg




夫婦仲良くお食事中、お邪魔なので

撮影してすぐ自宅に戻ってきました。

朝から心躍りました。

ってキジにとってはとんでもない迷惑ですよね。

今度からはお邪魔しませんので

ゆっくり食べに来てね。




バラ  ペッシュボンボン

系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   黄 アプリコット ピンクの複色

香り   強香 フルーティーな甘い香り

咲き方  大輪 コロンとしたカップ咲き
 
樹高   1.8m 

樹形   シュラブ

花期   四季咲き よく咲く

樹勢   強い

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通 

耐害虫性  強い

春の花の花びらで少し色染みが出るお花が一部ある。

(許容範囲内で気になりません)


まずボーリングしない。

花もちは良い。

花つきは普通にしていたら良くない。

寝かせると良い。

トゲは大きいが誘引時には差し支えない。

育てやすいと思います。



桃のお菓子という意味。

 
地植え、フェンス、トレリス、壁面向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






*~ペッシュボンボンを

お探しの方はこちらから ~*






松虫草(スカビオサ)‘パーフェクタ’

松虫草(スカビオサ)‘パーフェクタ’
価格:432円(税込、送料別)



















この記事のURL | ペッシュボンボン | TB(0) | ▲ top
バラのガゼボに誘引しているペッシュボンボンを剪定し枝を寝かしました。
2015/12/19(Sat)



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



バラも剪定・誘引・寒肥の時期になり

農繁期になりました。



今朝はガゼボに誘引しているペッシュボンボンの枝を

剪定して寝かしました。



ペッシュボンボンは普通にしていたら花つきが悪いので

昨年硬い枝を精一杯蛇行させました。

それ以前も蛇行させていましたが

昨年の誘引時はすごく頑張って蛇行させました。




昨年の春の花付きの様子です。

悪いです。


pesyu001.jpeg


大輪で可愛いうえに四季を通してよく咲いてくれるので

満足していましたがガゼボにいるので

もう少し頑張ってもらおうと蛇行させたりしました。



昨年のペッシュボンボンの剪定、誘引の様子です。

gaze1.jpeg



枝を斜めにしたり蛇行させれば

花つきはよくなりますから。



と普通はそうなんですけど

ペッシュボンボンは蛇行だけではダメだよんと

花つきは良くなりませんでした。

状況は同じです。


それでですね、色々調べてみたら

枝を寝かせてた方が花つきが良かったのです。

それで今年は枝を寝かせて芽出しをしてみることに

しました。

上手くいくといいですけど。

今朝したんですけどペッシュボンボンは枝が硬いので

悪戦苦闘を覚悟していたんですが

意外と簡単に寝てくれました。

寝るのはいいけど蛇行は嫌なのね(爆笑)

yuuinp1.jpeg



ガゼボのプシュケランブラーがいる柱に

留めました。

yuuinp2.jpeg


新芽が出てきたらガゼボに誘引します。

ガゼボに誘引する時新芽がポロポロ落ちたりして(笑)



●ペッシュボンボンは大輪で太い枝ですので

鉛筆より太い枝を残してあとは剪定します。



ではペッシュボンボンをご紹介したいと思います。



今年の春のお花です。

pextusyubonbon7.jpeg

花びらの刻みが可愛い~*




今年の秋バラです。

pebon9.jpeg

春も秋も大輪でした。


ペッシュボンボンの香りは強香で

花姿や色、フルーティーな甘い香りから

桃のお菓子という意味でペッシュボンボンと

命名されました。



樹勢は強くよく側枝を出します。


以前咲いたお花です。

かわゆい~*

人気品種なのがわかりますよね♪

peFC6.jpeg

この子も花びらに刻みが入っています。

花びらに刻みが入る子も多いです。

素敵な黄色やピンクが不定期に入る

混色がまた楽しみなところです。



peFC8.jpeg

まるでキャンディーやお菓子みたいです。




peFC1.jpeg

花びらもぎっしり♪

とっても可愛いバラです。





バラ  ペッシュボンボン

系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   黄 アプリコット ピンクの複色

香り   強香 フルーティーな甘い香り

咲き方  大輪 コロンとしたカップ咲き
 
樹高   1.8m 

樹形   シュラブ

花期   四季咲き よく咲く

樹勢   強い

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通 

耐害虫性  強い

春の花の花びらで少し色染みが出るお花が一部ある。

(許容範囲内で気になりません)


まずボーリングしない。

花もちは良い。

花つきは普通にしていたら良くない。

寝かせると良い。

トゲは大きいが誘引時には差し支えない。

育てやすいと思います。



桃のお菓子という意味。

 
地植え、フェンス、トレリス、壁面向き。




最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






*~ペッシュボンボンを

お探しの方はこちらから ~*

















この記事のURL | ペッシュボンボン | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ