2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
レオナルド ダ ビンチ♪ ~* メイアン作 ロゼット咲きの可愛らしいつるバラ 春バラ♪ この子に微笑まれちゃたのかな☆ *~
2015/03/19(Thu)



今日はメイアン作の 

レオナルドダヴィンチの春バラを

ご紹介したいと思います。



カップ咲きからロゼット咲きになってかわゆいです(✿◕ ‿◕ฺ)ノ))

こちらを見て微笑んでいるよう^^


reo1.jpeg






この子との出会いは印象深いものとなりました。



片道2時間半の行楽に出掛けたんですが

その帰りにホームセンターで買いたいものがあって

初めて立ち寄ったホームセンター。




自宅から車で2時間も離れた

もう2度と行かないくらいの距離のある

ホームセンターでこの子と出会いました。



reo2.jpeg







以前から気になっていた

レオナルドダヴィンチ。



新苗といってもあまりにも細くヒョロンとした

樹高30cmほどの弱弱しい子。

うどん粉まみれ。




普段なら絶対買いません。

ほとんどのバラ苗を大きなナーセリーで買っている私。

あとは鹿児島の木市で信頼あるタグ(生産者さん)のか

見たことない品種(ネットで流通してないバラが木市では出ます)を

木市の楽しみとして少し買うくらい。



大きなお花屋さんで見事に咲いていた

バラを初めて買ったら鉢が二重になっていて

癌種が隠されててビックリで

花屋さんではそれっきり買わなくなりました。



reo3.jpeg






レオナルドダヴィンチの樹勢が強いことは

リサーチ済みで知っていました。

でもほんとに育つのかなぁ???と思うくらい

瀕死の状態でした。

うどん粉でほとんど枯れることはないと思いますが

あまりにも弱ってる。

おまけに土のお水がカラッカラ。



reo4.jpeg







初めて来たホームセンター。

見知らぬ土地。

そこでポツンと必死で生きてるこの子に

惹かれたのでしょうか。

未だにどうして買ったのかわかりません。

ホームセンターの人に鉢にお水を入れてもらって

この子を握って帰ってきました。






うどん粉があまりにもひどかったので

まず隔離です。

そして薬剤散布を4日間毎日しました。

普通はそんな薬剤散布の仕方はしません。

こんなスパンの短い薬剤散布はかえって

苗を傷めるからです。

でもしなきゃいけないと思いました。




その後葉を全部落としましたが

枝は大丈夫そうだったので鉢増ししました。

すぐに芽が出てきて嬉しかったです。

大丈夫そうだって。




その後少しずつ鉢増しして

超元気になったので地植えしました。




今ではこんなになっています。


ピエール ドゥ ロンサールのアーチを覗いて

右奥にいる子です。


pierudouronnsa-ru.jpeg




右の窓に少しかかったつるバラです。


reonarudoFC.jpeg




昨年の強風で1.5mのシュートを根元から

折られてしまったので

たぶん今年はこのようには

咲かないでしょうがそれでいいです。





バラ レオナルド ダ ビンチ


系統  F フロリバンダ

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 1994年

花色   濃いローズピンク

香り   微香  

咲き方  カップ咲き→ロゼット咲き  中大輪

樹高   2m

樹形   つる性

花期   返り咲き

樹勢   強い


シュートをよく出し強健。

耐病性(うどん粉、黒点) 強い。

特にうどん粉に強い。
  


育ててみての感想とネット情報は一致しています。


ボーリングはまずしないです。

花持ちが良いです。





最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)


見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

















*~楽天で レオナルドダヴィンチを

お探しの方はこちらから ~*



















スポンサーサイト
この記事のURL | レオナルドダヴィンチ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
レオナルド ダ ビンチ♪ ~* メイアン作 ロゼット咲きの可愛らしいつるバラ 春バラ♪ この子に微笑まれちゃたのかな☆ *~
2015/03/19(Thu)



今日はメイアン作の 

レオナルドダヴィンチの春バラを

ご紹介したいと思います。



カップ咲きからロゼット咲きになってかわゆいです(✿◕ ‿◕ฺ)ノ))

こちらを見て微笑んでいるよう^^


reo1.jpeg






この子との出会いは印象深いものとなりました。



片道2時間半の行楽に出掛けたんですが

その帰りにホームセンターで買いたいものがあって

初めて立ち寄ったホームセンター。




自宅から車で2時間も離れた

もう2度と行かないくらいの距離のある

ホームセンターでこの子と出会いました。



reo2.jpeg







以前から気になっていた

レオナルドダヴィンチ。



新苗といってもあまりにも細くヒョロンとした

樹高30cmほどの弱弱しい子。

うどん粉まみれ。




普段なら絶対買いません。

ほとんどのバラ苗を大きなナーセリーで買っている私。

あとは鹿児島の木市で信頼あるタグ(生産者さん)のか

見たことない品種(ネットで流通してないバラが木市では出ます)を

木市の楽しみとして少し買うくらい。



大きなお花屋さんで見事に咲いていた

バラを初めて買ったら鉢が二重になっていて

癌種が隠されててビックリで

花屋さんではそれっきり買わなくなりました。



reo3.jpeg






レオナルドダヴィンチの樹勢が強いことは

リサーチ済みで知っていました。

でもほんとに育つのかなぁ???と思うくらい

瀕死の状態でした。

うどん粉でほとんど枯れることはないと思いますが

あまりにも弱ってる。

おまけに土のお水がカラッカラ。



reo4.jpeg







初めて来たホームセンター。

見知らぬ土地。

そこでポツンと必死で生きてるこの子に

惹かれたのでしょうか。

未だにどうして買ったのかわかりません。

ホームセンターの人に鉢にお水を入れてもらって

この子を握って帰ってきました。






うどん粉があまりにもひどかったので

まず隔離です。

そして薬剤散布を4日間毎日しました。

普通はそんな薬剤散布の仕方はしません。

こんなスパンの短い薬剤散布はかえって

苗を傷めるからです。

でもしなきゃいけないと思いました。




その後葉を全部落としましたが

枝は大丈夫そうだったので鉢増ししました。

すぐに芽が出てきて嬉しかったです。

大丈夫そうだって。




その後少しずつ鉢増しして

超元気になったので地植えしました。




今ではこんなになっています。


ピエール ドゥ ロンサールのアーチを覗いて

右奥にいる子です。


pierudouronnsa-ru.jpeg




右の窓に少しかかったつるバラです。


reonarudoFC.jpeg




昨年の強風で1.5mのシュートを根元から

折られてしまったので

たぶん今年はこのようには

咲かないでしょうがそれでいいです。





バラ レオナルド ダ ビンチ


系統  F フロリバンダ

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 1994年

花色   濃いローズピンク

香り   微香  

咲き方  カップ咲き→ロゼット咲き  中大輪

樹高   2m

樹形   つる性

花期   返り咲き

樹勢   強い


シュートをよく出し強健。

耐病性(うどん粉、黒点) 強い。

特にうどん粉に強い。
  


育ててみての感想とネット情報は一致しています。


ボーリングはまずしないです。

花持ちが良いです。





最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)


見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

















*~楽天で レオナルドダヴィンチを

お探しの方はこちらから ~*



















この記事のURL | レオナルドダヴィンチ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |