FC2ブログ
2018 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 11
バラのクロロシス対策と原因 対策後ミルフィーユが綺麗に開花しました。
2018/04/30(Mon)





ロゼ庭へようこそ~*




バラ栽培18年目にして

初めてクロロシスになりました。



以前

液肥アルゴフラッシュを

ここ一週間で2度

与えています。

その理由を後日書きますとしましたが

クロロシス対策をしていました。




クロロシスに

なったバラの葉です。



jz1.jpg


ミルフィーユ


葉の一部が黄色っぽくなって

葉脈が見え

縮んだ感じの部分もあります。



クロロシスになった葉は

薄緑色や黄色っぽい色に

なって

葉脈が見えるだけの場合も

あります。



原因はリン酸過多か

鉄、銅、マグネシウム不足、

あるいは

そのどちらもというのが

原因ではないかと

ロゼは考えています。



今年は液肥やりを

していましたが

例年の4分の1程度しか

株に与えていませんでした。



ですので

鉄、銅、マグネシウム不足の

可能性があるので

鉄、銅、マグネシウムが入った

アルゴフラッシュを

株元にたっぷり与え

葉面散布もしました。



1回しただけで

効果が現れたので

3日おいて

2度目をしました。



その結果です。



jz1.jpg


ミルフィーユ


ビフォー




jz7.jpg


アフター


葉が縮んだ部分は

そのままですが

ほとんど緑になって

改善しています。



jz5.jpg


葉の一部がクロロシスに

なった

ミルフィーユの全体像。



jz4.jpg


液肥アルゴフラッシュを

与えて1週間後。

特に新芽の部分が緑になって

改善した全体像です。



クロロシスになる部分は

新芽の部分に多く

下葉の部分はなっていません。



リン酸過多も

もしかしてあったのかも

しれません。



株の大きさによって

肥料の量を調整していましたが

多めだったかもしれないです。



クロロシスがひどい時は

対策をしても

開花や咲いた花のクオリティーに

影響するようですが

対策したミルフィーユは

綺麗に咲いてくれました。



jz2.jpg


クロロシス対策に使った

液肥 アルゴフラッシュ バラ用です。






jz18.jpg


4月24日


ミルフィーユの全体像です。


綺麗に咲いてくれました。



jz14.jpg


4月23日


甘いケーキのような

とっても可愛い

お花なんです。




上の画像と同時に咲いた

別のお花です。



jz16.jpg


4月23日


白地にピンクの絞りが

愛らしいです。



jz10.jpg


咲き進むと

ロゼット咲きのような



jz19.jpg


ポンポン咲きのような

そんな感じになります。







バラ ミルフィーユ

系 統  FL フロリバンダ 

作出年 2013年
 
作出国  日本

作出者  河本純子

花 色 白地にピンク

花 径  中輪  ロゼット咲き

香 り  微香

開花性  完全四季咲き

樹 形 木立、横張りタイプ

樹高  50cm

樹 勢 普通より若干強い


ボーリングはまずしない

花持ちがいい

花つきがよい

若干花びらは

汚れるのかなと思いますので

雨の前日には

家の中に入れます。

鉢植えが向いていると思います。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。






















スポンサーサイト
この記事のURL | バラの育て方 | ▲ top
ピエールドゥロンサールのシュートが出ました(次女庭)♪ペッシュボンボンの二番花♪鉢増し♪
2017/07/04(Tue)




今日は次女の庭へ

ようこそ~*ですを

ロゼが書いています。



またシュートの話に

なっちゃうんですが

今日の記事は偶然です。



それにしても

シュートの話ばかり(笑)

妊娠したら急に世の中には

こんなに妊婦さんがいるのかと思うほど

やたら妊婦さんが目についたんですけど



今度生まれたら

こんなに小さな子どもが

世の中にはいたんだって思うくらい

やたら小さな子たちが

目につくようになったり



自分に関心のあるものが

目につくんですよね。



だからきっと今自分は

シュートに関心があるんだと思います。



では今日もシュートの話から。



関東に住む次女庭の様子です。


iz4.jpg


今年の冬にバラの家から

予約大苗でお迎えした

ピエールドゥロンサールに

シュートが出た模様です。

ヽ(*^^*)ノ



次女はこの冬

つるバラを初めてお迎えしました。

なので

「ピエールにシュートが出たんだけど

どうしたらいい?」と

尋ねられました。



良いと言われているのは

真っ直ぐ立てた支柱に

括り付けておくことですが

アーチの内側ですし

「アーチに留めておけばいいよ。」

と返事しました。



ロゼは以前は支柱を立てて

真っ直ぐ留めていたんですが

鹿児島は台風の通り道。



台風の為にもそうした方がいいと

思っていたら

留めていた所の先から

シュートが折れてしまっていました。

支柱の方がシュートより

短かったんです。



強風で折れてもおかしくない

変なやり方ですよねぇ。



3mにもなったシュートを

それに見合った支柱を立てて

その枝先まで留めるのって

ロゼにとってはちょっと大変。



台風の前には

伸びたシュートや枝は

横へでもいいから

折れるよりいいと思って

今はアーチやトレリスに

留めています。



次女庭も強風が吹く場所の様なので

そう答えました。




次女庭で咲いた

春のピエール君。


if.jpg


次女と二人で

「かわいい~」でした♪





次女はシュートが出て

嬉しそうでした。



次女庭での二番花です。


iz5.jpg


ペッシュボンボン





iz6.jpg


春の次女庭のペッシュボンボンです。


次女もお菓子のようと言っています。





次女は

「ペッシュボンボンは

よく咲くね。」と言っています。



ロゼもそう思います。

が春にもっと咲いてくれたらと

ロゼ庭ではガゼボにいるので

そう思います。



次女が鉢増しした苗の

鉢増し前の根の様子です。


iz7.jpg

ジュビレデュプリンスドゥモナコ



iz8.jpg


今年の春に咲いたお花です。

白に赤の羅倫が美しい~*






iz9.jpg

ラベンダーピノキオ


次女は今度ラベンダーピノキオに

愛称をつけました。


ラベピノと呼んでいます。


iz10.jpg


今年の春に咲いたお花です。

独特のニュアンスカラーが素敵~*



次女はバラさんのお世話をするのが

楽しいと言っています。


そうやって楽しそうにしているのが

嬉しいロゼです。

'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




























この記事のURL | バラの育て方 | ▲ top
| メイン | 次ページ