2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
ジェネラシオン ジャルダンを剪定してガゼボに誘引しました。 ~* デルバール社 シュラブのつる扱いしているバラ 大輪で豪華な美しい子♪ 青い目のかわゆい宿根草 オステオスペルマム チロル☆ *~
2015/02/14(Sat)




デルバール社のジェネラシオン ジャルダン、

ガゼボにいるつる扱いしてる子を

剪定して誘引しました。



この間、やっと品種違いや変異種説から脱し

ジェネラシオン ジャルダンと確定した子。

ガゼボに誘引してるんですが誘引、剪定をしました。


この子は花付きが良くて

蛇行もせず斜めにもせずという感じで

今まで誘引してきました。



ジェネラシオン ジャルダンの

蕾がいっぱいある満開時ではないですけど

春の花つきの様子です。

画像の手前左にいます。

多花性のバラです。


niwaFC2.jpg





バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらい以上の枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらい以上の枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




品種の特性によって基本形に当てはまらない場合があります。




ジェネラシオン ジャルダンは大輪で太い枝ですので

鉛筆以上の枝を残してカットするのが基本ですが

鉛筆より少し細い枝も残しました。




枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。




ジェネラシオン ジャルダンの剪定前です。



senteijene1.jpeg





剪定、誘引完了です。


senteijene2.jpeg



この子は蛇行させたり斜めにしなくても

花付き抜群です。

今までずっとそうしてきました。


初めて蛇行させてみようと思いました。

もっと花付き良くなるかなと思って^^

最後の3本はすごい本数を蛇行させたんで

もういいかなと思って真っ直ぐガゼボに委ねました。



ジェネラシオンジャルダンの枝は太いのですが

大変しなやかですので誘引も自由自在です。





●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。






ガゼボに誘引しているジェネラシオンジャルダンです。

以前のジェネラシオンジャルダンの記事でも

ご紹介しているお花ばかりです。



昨年春に咲いたジェネラシオン ジャルダンです。

素敵でしょ~*

香りもすごいんですよぉ~☆



ここカタログと違うところです。

カタログでは微香とあるけど強香♪



jeneFC003.jpeg





咲き始めです。


jenerasion1.jpeg




大輪豪華な子で

次から次へと咲いて4月からずっと連続咲きで

冬バラまで咲きます。



jeneFC004.jpeg




ちょっと角度を変えて。


jeneFC2.jpeg






jeneFC001.jpeg



二番花です。

花びらは透き通るようなピンクに少しアプリコットが入ったような

美しいグラデーションでした。



jeneFC5.jpeg



手前左がジェネラシオン ジャルダンです。

ガゼボに誘引しています。

多花性です。

大輪の多花性ですからすごくゴージャスです~*

(一番上の画像でも同じ画像をご紹介しました。)



niwaFC2.jpg





冬バラです。



大輪豪華でかわゆい子が咲いてくれました~*



jenerasion001.jpeg





上の画像と同じ子です。

上より咲き進んだ状態です。

昨年12月の様子です。

雨にも強く花びらは傷みません。


まるで夢の世界のよう~*



jenerasionFC002.jpeg






昨年12月の様子です。


jeneFC01.jpeg





一番上と二番目の画像と同じ子です。


何とも言えない可愛らしさ(*^ ・^)ノ⌒☆



jenerasionFC003.jpeg





ジェネラシオン ジャルダン

系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   ピンク

香り   カタログでは微香 我が家では強香
 
咲き方  大輪 カップ咲き 丸弁 盃状咲き
 
樹高   1.8m(2m以上になると書いているブロガーさんがいる)

樹形   シュラブ樹形 直立性

花期   四季咲き よく咲く 我が家では連続咲き

樹勢   強い

耐病気性(黒点・うどん粉等) とても強い

耐害虫性 強い

強健

シュートがよく出る。


ボーリングはまずしないです。

多花性。

花弁が丈夫で花の傷みが少なく花もちが良い。



名の「ガーデン世代」は同名のガーデニングの振興協会に捧げられた。



今日は最近買ってきたお花で青い目を持ったお花がいたんで

載せたくて (〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

花びらの縁に紫がちょこんと入るんです。

魅力的な青い目!


かわゆい(*^ ・^)ノ⌒☆ 


aoime1.jpeg




朝撮影したんでこういう感じですが

9時~10時頃にはガーベラやマーガレットのように

開きます。



aoime2.jpeg





オステオスペルマム チロル



osu.jpeg



夏以外は日向で

夏は少し半日陰くらいになった方がいいみたいです。


2本買ってきたんで1本は地植えして

1本は鉢植えにしようかなと思っています。


花期が3月~6月とバラと花期が合うところがいいんですよね^^




青い目の子といえばアークトチス グランディスがいますが

花期が初夏~秋で多年草だけど

実質1年草と考えた方がいいみたいなんですよね。

夏が越せないの。

私はこの子も大好き~*

1年でもいいわ(^^)かわいいもの。




オステオスペルマムは夏が越せるような

ネット情報だけど我が家は鹿児島だから

頑張ってもらいたいです。



オステオスペルマム チロル


キク科

多年草

草丈   20~30cmという説と20cm~80cmという説がある。

原産地 南アフリカ

花期  3月~6月

花径  7cm前後

他にはピンク 黄色 オレンジなどの色がある。



日当たりの良い場所が良いが高温多湿に弱い。特に梅雨時。

夏は少し半日陰くらいになった方が良い。


寒さには強く霜や凍結に気をつければー5度まで大丈夫。


花が咲き終わったら梅雨前に株全体を1/3ほどに切り戻す。

そして鉢植えの場合古い土を半分落とし新しい用土で植え替える。

(鉢の土替え時期はまだ不明、調べなきゃ)


挿し木で増やせる。

5月~6月と9月が適期。

茎を先端から10cmの長さで切り取って用土に挿す。





コメント欄は閉じますね。

ごめんなさい。

ご用がある場合はお手数をお掛けしますが

1月22日以前のコメント欄を全て開けていますので

そちらの方へコメントをお願いします。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg


私が使っている土と液肥です。

おススメです!

とてもいいですよ。

バラの家では土と液肥や薬剤は同梱してもらえます。

(液肥や薬剤はサイズによって同梱されない場合もあります)






*~楽天で ジェネラシオン ジャルダンを

お探しの方はこちらから ~*









~* 私が利用する花・グリーンリーフなどの苗物ショップ ~*

ジキタリスやクレマチス

オルレアなど豊富な品揃えです♪ 










スポンサーサイト
この記事のURL | バラの剪定方法 | TB(0) | ▲ top
ジェネラシオン ジャルダンを剪定してガゼボに誘引しました。 ~* デルバール社 シュラブのつる扱いしているバラ 大輪で豪華な美しい子♪ 青い目のかわゆい宿根草 オステオスペルマム チロル☆ *~
2015/02/14(Sat)




デルバール社のジェネラシオン ジャルダン、

ガゼボにいるつる扱いしてる子を

剪定して誘引しました。



この間、やっと品種違いや変異種説から脱し

ジェネラシオン ジャルダンと確定した子。

ガゼボに誘引してるんですが誘引、剪定をしました。


この子は花付きが良くて

蛇行もせず斜めにもせずという感じで

今まで誘引してきました。



ジェネラシオン ジャルダンの

蕾がいっぱいある満開時ではないですけど

春の花つきの様子です。

画像の手前左にいます。

多花性のバラです。


niwaFC2.jpg





バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらい以上の枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらい以上の枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




品種の特性によって基本形に当てはまらない場合があります。




ジェネラシオン ジャルダンは大輪で太い枝ですので

鉛筆以上の枝を残してカットするのが基本ですが

鉛筆より少し細い枝も残しました。




枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。




ジェネラシオン ジャルダンの剪定前です。



senteijene1.jpeg





剪定、誘引完了です。


senteijene2.jpeg



この子は蛇行させたり斜めにしなくても

花付き抜群です。

今までずっとそうしてきました。


初めて蛇行させてみようと思いました。

もっと花付き良くなるかなと思って^^

最後の3本はすごい本数を蛇行させたんで

もういいかなと思って真っ直ぐガゼボに委ねました。



ジェネラシオンジャルダンの枝は太いのですが

大変しなやかですので誘引も自由自在です。





●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。






ガゼボに誘引しているジェネラシオンジャルダンです。

以前のジェネラシオンジャルダンの記事でも

ご紹介しているお花ばかりです。



昨年春に咲いたジェネラシオン ジャルダンです。

素敵でしょ~*

香りもすごいんですよぉ~☆



ここカタログと違うところです。

カタログでは微香とあるけど強香♪



jeneFC003.jpeg





咲き始めです。


jenerasion1.jpeg




大輪豪華な子で

次から次へと咲いて4月からずっと連続咲きで

冬バラまで咲きます。



jeneFC004.jpeg




ちょっと角度を変えて。


jeneFC2.jpeg






jeneFC001.jpeg



二番花です。

花びらは透き通るようなピンクに少しアプリコットが入ったような

美しいグラデーションでした。



jeneFC5.jpeg



手前左がジェネラシオン ジャルダンです。

ガゼボに誘引しています。

多花性です。

大輪の多花性ですからすごくゴージャスです~*

(一番上の画像でも同じ画像をご紹介しました。)



niwaFC2.jpg





冬バラです。



大輪豪華でかわゆい子が咲いてくれました~*



jenerasion001.jpeg





上の画像と同じ子です。

上より咲き進んだ状態です。

昨年12月の様子です。

雨にも強く花びらは傷みません。


まるで夢の世界のよう~*



jenerasionFC002.jpeg






昨年12月の様子です。


jeneFC01.jpeg





一番上と二番目の画像と同じ子です。


何とも言えない可愛らしさ(*^ ・^)ノ⌒☆



jenerasionFC003.jpeg





ジェネラシオン ジャルダン

系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   ピンク

香り   カタログでは微香 我が家では強香
 
咲き方  大輪 カップ咲き 丸弁 盃状咲き
 
樹高   1.8m(2m以上になると書いているブロガーさんがいる)

樹形   シュラブ樹形 直立性

花期   四季咲き よく咲く 我が家では連続咲き

樹勢   強い

耐病気性(黒点・うどん粉等) とても強い

耐害虫性 強い

強健

シュートがよく出る。


ボーリングはまずしないです。

多花性。

花弁が丈夫で花の傷みが少なく花もちが良い。



名の「ガーデン世代」は同名のガーデニングの振興協会に捧げられた。



今日は最近買ってきたお花で青い目を持ったお花がいたんで

載せたくて (〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

花びらの縁に紫がちょこんと入るんです。

魅力的な青い目!


かわゆい(*^ ・^)ノ⌒☆ 


aoime1.jpeg




朝撮影したんでこういう感じですが

9時~10時頃にはガーベラやマーガレットのように

開きます。



aoime2.jpeg





オステオスペルマム チロル



osu.jpeg



夏以外は日向で

夏は少し半日陰くらいになった方がいいみたいです。


2本買ってきたんで1本は地植えして

1本は鉢植えにしようかなと思っています。


花期が3月~6月とバラと花期が合うところがいいんですよね^^




青い目の子といえばアークトチス グランディスがいますが

花期が初夏~秋で多年草だけど

実質1年草と考えた方がいいみたいなんですよね。

夏が越せないの。

私はこの子も大好き~*

1年でもいいわ(^^)かわいいもの。




オステオスペルマムは夏が越せるような

ネット情報だけど我が家は鹿児島だから

頑張ってもらいたいです。



オステオスペルマム チロル


キク科

多年草

草丈   20~30cmという説と20cm~80cmという説がある。

原産地 南アフリカ

花期  3月~6月

花径  7cm前後

他にはピンク 黄色 オレンジなどの色がある。



日当たりの良い場所が良いが高温多湿に弱い。特に梅雨時。

夏は少し半日陰くらいになった方が良い。


寒さには強く霜や凍結に気をつければー5度まで大丈夫。


花が咲き終わったら梅雨前に株全体を1/3ほどに切り戻す。

そして鉢植えの場合古い土を半分落とし新しい用土で植え替える。

(鉢の土替え時期はまだ不明、調べなきゃ)


挿し木で増やせる。

5月~6月と9月が適期。

茎を先端から10cmの長さで切り取って用土に挿す。





コメント欄は閉じますね。

ごめんなさい。

ご用がある場合はお手数をお掛けしますが

1月22日以前のコメント欄を全て開けていますので

そちらの方へコメントをお願いします。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg


私が使っている土と液肥です。

おススメです!

とてもいいですよ。

バラの家では土と液肥や薬剤は同梱してもらえます。

(液肥や薬剤はサイズによって同梱されない場合もあります)






*~楽天で ジェネラシオン ジャルダンを

お探しの方はこちらから ~*









~* 私が利用する花・グリーンリーフなどの苗物ショップ ~*

ジキタリスやクレマチス

オルレアなど豊富な品揃えです♪ 











この記事のURL | バラの剪定方法 | TB(0) | ▲ top
ナエマの剪定方法(ブッシュ仕立てとつる仕立ての中間の剪定方法) ~* 1mにもなるステムを20cmにできるようです*~
2015/02/08(Sun)




ナエマの冬剪定の方法で以前希望が見えてきたと

書きました。




よくよく調べたところ結局あまり希望の光にはならないと思いますが

1mにもなるステムを20cmくらいに出来る剪定方法を

ブロガーさんが実際されて花が咲くところまで画像付きで

書かれていたのでそのやり方を書きたいと思います。



そのブロガーさんは1年以上更新されていないので

記事のリンクのお願いはできませんでしたので

あえてリンクを貼りません。




私はつる仕立てでナエマを育てていました。

が、1mにもなるステムでしかもその花首にしか

花を咲かせないので困っていました。



それがこちらの記事です。

小山内健さんとお仲間のブログで

ナエマの剪定について書かれているリンクも

下記の記事内で貼っています。

ご興味がありましたらどうぞです。




ナエマ(デルバール)を見事に咲かせる方法を探ってみました♪

 ~* 我が家のナエマはろくろっ首(笑)

 気品あるやさしいバラ♪

コロンのカップ姿も可愛い春のナエマ 秋バラ開花☆ *~






ブッシュ仕立て(木立仕立て)とつる仕立ての中間のような

仕立てになってしまいますが

ステムは20cmくらいで咲くようです。

それが効果ですね(^^)



やり方をご紹介されていたブロガーさんは

小山内健さんがナエマの剪定でご紹介されていた

やり方だと書いていらっしゃいました。




私も同じ様にしたかったのですが

昨年春からつる仕立てからブッシュ仕立てにするようにしていて

今はすでにブッシュ仕立てにしているので

できませんでした。



ですので

イングリッシュローズのキャスリンモーレーをモデルにして

剪定しました。




剪定前の様子です。

ステムが1m以上です。

長すぎて画像に入りきっていません。

この枝は横へ倒せば芽が出ているところから枝を

出すのでいいのですが

これはステムというより普通の枝なんですけど

実験台失礼、モデルがいないので。

ステムということに見立てて剪定してみます。


キャスリンモーレーにとっても

いい結果が得られれば嬉しいですし。



sutemuFC01.jpeg






図で剪定する部分を書きました。




sutemuFC03.jpeg





剪定後です。



senteiFC04.jpeg





こうするとステムが20cmくらいのお花が咲くそうです。



こういった剪定をすると樹高が短くなってしまい

ブッシュ仕立てとつる仕立ての中間のくらいの

長さになるような。


ちょっとつる寄りかな。



まとめるとステム部分を15cmくらい残して

剪定するということになります。



あまり長さのないつる扱いって感じでしょうか。



ナエマの場合、この剪定でも

花数もそんなに期待できないかもしれませんね。


したことがないのでわからないですが。



この剪定の仕方をご紹介されていたブロガーさんは

いずれにしても花首でしか咲かないような

ニュアンスの画像を載せられていました。

全体が写っていなかったのですが

花首部分のお花だけ載せられていたので。

とりあえずこれでいきますみたいなことを書かれていました。



またブッシュ扱いからつる扱いにして実験してみようかな。




バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




キャスリンモーレーは大輪ですので鉛筆以上の枝を

残しこのように剪定してみました。


ナエマも同じですね。

鉛筆以上の太さの枝を残して剪定することになりますね。





我が家のナエマは

つる扱いしていたので樹高がかなりありました。

急につるを短くするとショックで咲かなくなることが

あるので春の花後から少しずつ剪定していました。

秋バラも少し枝を残して咲かせたりして。



ショックを起こさせない為、剪定はこれでおしまいにし

えらく中途半端な剪定になりました。

樹高1m20cmです。



どうせ2mくらいになって花首に花を咲かせるのでしょう(笑)



その先のことはまた春が終わったら考えます。




枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。


自己責任でお願いしますね^^




では、以前しましたがナエマの春に咲いたお花のご紹介です。



こんなに束になって咲くんですよ~* これ一束です。


もうちょっといっぱい開花した画像が欲しかったですけど

横になった枝を左手でグッと押さえて

伸びたステムの先の花を撮影してるものですから

大変だったのでこの束はこれっきり撮影していません。

左肩の50肩が治ったばかりでしたし無理しませんでした。


nFC02.jpeg





コロンとしたカップ姿も可愛いですね♪


nFC10.jpeg






バラ ナエマ

系 統  CL クライミングローズ
 
作出年 1998年
 
作出国  フランス

作出者  デルバール

花 色 ピンク

花 径 大輪 カップ咲き

香 り  超強香 レモングラス ローズ 洋ナシ 杏 桃

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 3m

黒点に強い



ボーリングはまずしない。

デンルバールらしく花持ちは良い。

高温期葉がまるまる性質があるが見かけだけで病気ではない。

育成に関しては丈夫で育てやすいと思います。




剪定のモデルになってくれたキャスリンモーレーの

春のバラです。

こちらも以前ご紹介しました。



素敵なイングリッシュローズです。


やさしい感じのする花びらいっぱいのバラですよね☆


深いカップ姿がとってもかわゆい(*^ ・^)ノ⌒☆ 



大輪が房で咲くのでとても素敵です~*



kFC1.jpeg




河本バラ園のローブ・ア・ラ・フランセーズとコラボしています。


濃い色の方がローブ・ア・ラ・フランセーズで

薄いピンクがキャスリン モーレーです。



ro-buaraFC2.jpeg


ちょっと大人な感じがしないでしょうか~*





深いカップでやさしい感じ~ほんとにかわゆい~❤



KFC10.jpeg




バラ キャスリン モーレー

系 統  Sシュラブ 

作出年 1990年
 
作出国  イギリス

作出者  デビッド オースチン

花 色 ソフトピンク

花 径 大輪

香 り  強香 ティーローズ香

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 2.5m

樹 勢 強い

耐病性(黒点病、うどん粉病) 普通



ボーリングはまずしない

育てやすいと思います。



コメント欄は閉じますね。

ごめんなさい。


ご用がある場合はお手数をお掛けしますが

1月22日以前のコメント欄を全て開けていますので

そちらの方へコメントをお願いします。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg




*~楽天で ナエマを

お探しの方はこちらから ~*






>*~キャスリン モーリーを

お探しの方はこちらから ~*







~* 私が利用する花・グリーンリーフなどの苗物ショップ ~*

ジキタリスやクレマチス

オルレアなど豊富な品揃えです♪ 









この記事のURL | バラの剪定方法 | TB(0) | ▲ top
ナエマの剪定方法(ブッシュ仕立てとつる仕立ての中間の剪定方法) ~* 1mにもなるステムを20cmにできるようです*~
2015/02/08(Sun)




ナエマの冬剪定の方法で以前希望が見えてきたと

書きました。




よくよく調べたところ結局あまり希望の光にはならないと思いますが

1mにもなるステムを20cmくらいに出来る剪定方法を

ブロガーさんが実際されて花が咲くところまで画像付きで

書かれていたのでそのやり方を書きたいと思います。



そのブロガーさんは1年以上更新されていないので

記事のリンクのお願いはできませんでしたので

あえてリンクを貼りません。




私はつる仕立てでナエマを育てていました。

が、1mにもなるステムでしかもその花首にしか

花を咲かせないので困っていました。



それがこちらの記事です。

小山内健さんとお仲間のブログで

ナエマの剪定について書かれているリンクも

下記の記事内で貼っています。

ご興味がありましたらどうぞです。




ナエマ(デルバール)を見事に咲かせる方法を探ってみました♪

 ~* 我が家のナエマはろくろっ首(笑)

 気品あるやさしいバラ♪

コロンのカップ姿も可愛い春のナエマ 秋バラ開花☆ *~






ブッシュ仕立て(木立仕立て)とつる仕立ての中間のような

仕立てになってしまいますが

ステムは20cmくらいで咲くようです。

それが効果ですね(^^)



やり方をご紹介されていたブロガーさんは

小山内健さんがナエマの剪定でご紹介されていた

やり方だと書いていらっしゃいました。




私も同じ様にしたかったのですが

昨年春からつる仕立てからブッシュ仕立てにするようにしていて

今はすでにブッシュ仕立てにしているので

できませんでした。



ですので

イングリッシュローズのキャスリンモーレーをモデルにして

剪定しました。




剪定前の様子です。

ステムが1m以上です。

長すぎて画像に入りきっていません。

この枝は横へ倒せば芽が出ているところから枝を

出すのでいいのですが

これはステムというより普通の枝なんですけど

実験台失礼、モデルがいないので。

ステムということに見立てて剪定してみます。


キャスリンモーレーにとっても

いい結果が得られれば嬉しいですし。



sutemuFC01.jpeg






図で剪定する部分を書きました。




sutemuFC03.jpeg





剪定後です。



senteiFC04.jpeg





こうするとステムが20cmくらいのお花が咲くそうです。



こういった剪定をすると樹高が短くなってしまい

ブッシュ仕立てとつる仕立ての中間のくらいの

長さになるような。


ちょっとつる寄りかな。



まとめるとステム部分を15cmくらい残して

剪定するということになります。



あまり長さのないつる扱いって感じでしょうか。



ナエマの場合、この剪定でも

花数もそんなに期待できないかもしれませんね。


したことがないのでわからないですが。



この剪定の仕方をご紹介されていたブロガーさんは

いずれにしても花首でしか咲かないような

ニュアンスの画像を載せられていました。

全体が写っていなかったのですが

花首部分のお花だけ載せられていたので。

とりあえずこれでいきますみたいなことを書かれていました。



またブッシュ扱いからつる扱いにして実験してみようかな。




バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




キャスリンモーレーは大輪ですので鉛筆以上の枝を

残しこのように剪定してみました。


ナエマも同じですね。

鉛筆以上の太さの枝を残して剪定することになりますね。





我が家のナエマは

つる扱いしていたので樹高がかなりありました。

急につるを短くするとショックで咲かなくなることが

あるので春の花後から少しずつ剪定していました。

秋バラも少し枝を残して咲かせたりして。



ショックを起こさせない為、剪定はこれでおしまいにし

えらく中途半端な剪定になりました。

樹高1m20cmです。



どうせ2mくらいになって花首に花を咲かせるのでしょう(笑)



その先のことはまた春が終わったら考えます。




枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。


自己責任でお願いしますね^^




では、以前しましたがナエマの春に咲いたお花のご紹介です。



こんなに束になって咲くんですよ~* これ一束です。


もうちょっといっぱい開花した画像が欲しかったですけど

横になった枝を左手でグッと押さえて

伸びたステムの先の花を撮影してるものですから

大変だったのでこの束はこれっきり撮影していません。

左肩の50肩が治ったばかりでしたし無理しませんでした。


nFC02.jpeg





コロンとしたカップ姿も可愛いですね♪


nFC10.jpeg






バラ ナエマ

系 統  CL クライミングローズ
 
作出年 1998年
 
作出国  フランス

作出者  デルバール

花 色 ピンク

花 径 大輪 カップ咲き

香 り  超強香 レモングラス ローズ 洋ナシ 杏 桃

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 3m

黒点に強い



ボーリングはまずしない。

デンルバールらしく花持ちは良い。

高温期葉がまるまる性質があるが見かけだけで病気ではない。

育成に関しては丈夫で育てやすいと思います。




剪定のモデルになってくれたキャスリンモーレーの

春のバラです。

こちらも以前ご紹介しました。



素敵なイングリッシュローズです。


やさしい感じのする花びらいっぱいのバラですよね☆


深いカップ姿がとってもかわゆい(*^ ・^)ノ⌒☆ 



大輪が房で咲くのでとても素敵です~*



kFC1.jpeg




河本バラ園のローブ・ア・ラ・フランセーズとコラボしています。


濃い色の方がローブ・ア・ラ・フランセーズで

薄いピンクがキャスリン モーレーです。



ro-buaraFC2.jpeg


ちょっと大人な感じがしないでしょうか~*





深いカップでやさしい感じ~ほんとにかわゆい~❤



KFC10.jpeg




バラ キャスリン モーレー

系 統  Sシュラブ 

作出年 1990年
 
作出国  イギリス

作出者  デビッド オースチン

花 色 ソフトピンク

花 径 大輪

香 り  強香 ティーローズ香

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 2.5m

樹 勢 強い

耐病性(黒点病、うどん粉病) 普通



ボーリングはまずしない

育てやすいと思います。



コメント欄は閉じますね。

ごめんなさい。


ご用がある場合はお手数をお掛けしますが

1月22日以前のコメント欄を全て開けていますので

そちらの方へコメントをお願いします。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg




*~楽天で ナエマを

お探しの方はこちらから ~*






>*~キャスリン モーリーを

お探しの方はこちらから ~*







~* 私が利用する花・グリーンリーフなどの苗物ショップ ~*

ジキタリスやクレマチス

オルレアなど豊富な品揃えです♪ 










この記事のURL | バラの剪定方法 | TB(0) | ▲ top
つるバラの冬剪定 誘引方法 オベリスクに誘引編 ~* つるミミエデン  メイアン  ブーケのような大きな束のなんて可愛い色合いなのぉ~春バラ♪ うどん粉対策も! *~
2015/01/23(Fri)




つるバラの冬剪定 誘引のやり方です。

今日はつるバラの小輪、中輪、大輪の剪定と

オベリスクへの誘引の仕方について書きたいと思います。



つるバラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




となっていますが私は

つるミミエデンは小輪ですが大きな房で咲くので

力がいると思いますので割り箸より少し細いくらいの枝を残して

剪定しています。


良い元気な枝は串より少し大きめの枝も残しますし

今回は鉛筆くらいでカットした枝も2本あります。


ですので小輪なのに中輪の剪定をしています。




これが正解かどうかは分かりませんが

品種の特性を生かすのも大事と考えています。

でも自己流です。




剪定、誘引のやり方は小輪も中輪も大輪も同じ方法です。

残す枝の太さが違います。




剪定前の様子です。


turumiFC1.jpeg





割り箸くらいの枝をカットしているところです。

枯れ枝もカットします。



turumiFC2.jpeg




カット後です。


turumiFC3.jpeg





串くらいの太さの枝をカットしているところです。

先ほども書きましたが元気がいいのは串くらいも残します。

串、割り箸、鉛筆の枝を適度に残すよう調整しています。



turumiFC4.jpeg




ベーサルシュートとサイドシュートが出ています。

元気が良さそうですね。

春の花後にも2本のシュートが出て随分伸びました。



turumiFC5.jpeg





オベリスクが揺れると苗も揺れて

苗の状態に良い影響は及ぼしませんので

再度、オベリスクを上から叩いて固定を確実にしていきます。


そこら辺にあるレンガで叩いてるよ(笑)



turumiFC6.jpeg




剪定完了です。



turumiFC7.jpeg




誘引は斜めにしていきます。

これよりもっと寝かせたいところですが

枝を折りそうでしたのでこれくらいにしておきました。


枝を斜めにしたり蛇行させたりすれば花つきはよくなります。



turumiFC8.jpeg





枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。





●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。




メイアン作 つるミミエデンの昨年春のバラです。  

これひと房なんです。

大きなブーケ咲きでかわゆいの♪


外側の花びらがグリーンがかって素敵でしょ~*



mimiFC1.jpeg





咲き始めです。



mimiFC6.jpeg






ランプとつるミミエデン♪


mimiFC7.jpeg





つるミミエデンはオベリスクに誘引してますが

トレリスまで伸びてきています。


mimiFC3.jpeg




ほんとにかわゆい~❤


mimiFC5.jpeg





mimiFC4.jpeg





この色合い何ともいえませんよね(*^ ・^)ノ⌒☆


mimiFC2.jpeg




バラ  つるミミエデン

系統  DL クライミングローズ

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 2009年

花色   白に中心がピンク

香り   微香

咲き方  カップ咲き 小輪 直径3cm 房になって咲く

樹高   2.5m

樹形   つる

花期   返り咲き よく返し咲きします。

樹勢   普通




耐病性 黒点病 若干弱い

     うどん粉病  非常に弱い

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしない。

(うどん粉病にかかるとひどい場合ボーリングすることがあるようです。

我が家ではうどん粉でボーリングになったことがないのでわかりません)


大きな房でブーケのように咲きます。

ミミエデンのつるバージョンで

うどん粉病についてはミミエデンより改良されている。


うどん粉病を除けば育てやすいと思います。




いつものように自己責任でお願いしますね。



【私流うどん粉病対策】


ここからは私の経験上からの結果的うどん粉対策ですから

そう受け取って頂ければ幸いです。



実は私は50肩を患い3年前に右肩、

右肩が完治したかと思ったら左肩を一昨年して

その間の薬剤散布は

1年間に季節の初め2月中旬と3月初めの

2度しか行っていませんでした。

(50肩はほぼ完治していますが写真撮影をしすぎたり

まだ作業をすると後で痛くなりますので少し自重しています。

でも普段は痛くなく大丈夫です!)




私は毎年1度目の薬剤散布の殺菌剤(黒点・うどん粉病)は

サプロールを散布しています。


我が家の庭でうどん粉病は4年間

スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本だけで

あとは全くうどん粉病が発生していません。




我が家には150本以上のバラがあります。

まだカテゴリーに掲載していないバラもありますし

1つの品種で複数あるものもあるので

たぶんそれぐらあります。




本数に興味がないので庭で数えたことはありませんが

ブログを始めた時

ブログの左のカテゴリーを見て

品種名一覧をはじめて数えてみました。

その約150本の中でうどん粉に過去4年間なったのは

1本のみそれも枝先部分少しだけです。



うどん粉病になぜならないのかを考えある可能性を思いました。

結果的に対策となっていたのかもということです。


まず地域的、環境では我が家は鹿児島ですので

病害虫被害が多い地域になるということを記しておこうと思います。




今日ご紹介したつるミミエデンは

非常にうどん粉病になりやすい品種とされています。

そのつるミミエデンを4年前にお迎えして

うどん粉病を覚悟していましたが

つるミミエデンも一度もうどん粉病になったことがありません。




我が家は13年前にバラを植えてから

治療用殺菌剤として一貫して使用してきた薬剤は

サプロールのみです。

もちろん、他の薬剤とローテーション使用していますが

使い続けてきたのはサプロールのみで他の殺菌薬剤は

追加などで使い始めたものばかりです。



13年前から先に書いた通り

2月中旬にサプロールを毎年散布しています。

サプロールは治療薬ですが

2月中旬に行う年のはじめの散布では

病気をやっつけておきたいと思い

地面やバラの株元から枝や草花、木々、垣根に至るまで

散布をしています。




そして黒点病が発生した際

予防薬から治療薬に切り替え

以前の薬剤散布についての記事に書いたように

治療薬のローテーションにサプロールを加えて

散布しています。



これはあくまでも黒点病対策の為で

うどん粉病対策の為ではありません。

しかし、黒点病の為の薬剤散布がうどん粉病の予防にも

なっていることは確かです。

黒点病対策の散布ですが

うどん粉病が4年間ほとんど出てないと言っても

うどん粉病の予防のことは頭の中にあり

それを加味して薬剤散布しています。



サプロールは昔から使われている薬剤ですので耐性が

つきやすいとされていますが

我が家ではこのようにしています。



また、サプロールはうどん粉病によく効くとされています。





以上、私の経験則から考えられるうどん粉対策は

長年のサプロール使用ではないかと推測されるというこです。



ただし、同じ薬剤を連続しての散布は効果がありませんので

うどん粉病が出た際違う薬剤と

ローテーションして使用されるといいと思います。


そして大事なことがもう1つ。


うどん粉は多肥によってもなりやすいので

適度な肥料を施すのがいいです。



肥料が少なすぎても生育などに影響しますので

少なすぎてもいけないです。



特につるミミエデンは大きな束で花を咲かせる為

肥料を他品種より欲しがる傾向にあると思いますので

他品種より寒肥を多めにしていますが

寒肥以外に後から液肥や骨粉入り油粕を

うどん粉病の様子を見ながら与えています。


上から土に撒くだけですが肥料的に効果大です。



油粕は苗にあたってやりやすいので

上から撒くだけで量も少なめです。

私はだいたい1ヶ月に1回、1株に大さじ1杯分を

3分の1ずつに分けて株の周り3ヶ所に置いています。



これは目安で書いただけで自分ではわかっていますので

手に握って撒くだけです。


1株1株の状態を見ながら量も与えるスパンも多少変えています。


効果が大きい分本当にあたりやすいので注意がいります。





他品種も同様、私の寒肥は少なめです。

うどん粉病の様子を見ながら

又、苗の生育状況(苗の生育状態が悪いようであれば

肥料を与えてそうでなければうどん粉病対策の為

後から与える肥料を少なくするとか調整しています)




堆肥も土の様子を見ながら寒肥料以外の時期を見て後から

マルチングする部分があったりなかったりしています。

堆肥も寒肥と違い土の上に置くだけです。

それも寒肥をする休眠期と違うので

株をやらないように薄っぺらく少し置くだけです。




そしてもう1つ。


うどん粉病は雨のあまり当たらない場所で発生しやすいです。


ですので黒点病にならなくする為には軒下管理が良いですが

うどん粉病対策は反対でむしろ雨に当たってうどん粉が

流れた方が良いと考えています。




先ほど書きました薬剤に関しては

推測の域を出ませんがサプロールはプロの方も

うどん粉病に効くと話されています。

おととし、昨年と

ほとんど薬剤散布をしていないにもかかわらず

ここ4年間

ほんのわずかなうどん粉しか発生しなかったこと

(スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本のみ罹患)



そしてうどん粉病にとてもなりやすいつるミミエデンが一度も

うどん粉病になったことがないこともお知らせして

少しでもつるミミエデンだけでなく

他の品種でもうどん粉病対策のお役に立てたなら幸いです。




気候、環境など様々な条件によって違いが出ることを

ご了承くださいね。



これも自己責任でお願いしますね。





我が家のサプロール

左側です。

yakuzaiGC3.jpeg



バラ育成は正解がない世界だと思っています。



自分でこれがいいという方法で

やるのがいいのではと思います。



人それぞれやりたい方法でやるのが趣味の醍醐味だと思います。



私の方法がどなたかの参考になれば幸いです。





最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg


*~楽天で つるミミエデンを

お探しの方はこちらから ~*






t*~ 私が利用するお店です ~*


バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。









この記事のURL | バラの剪定方法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つるバラの冬剪定 誘引方法 オベリスクに誘引編 ~* つるミミエデン  メイアン  ブーケのような大きな束のなんて可愛い色合いなのぉ~春バラ♪ うどん粉対策も! *~
2015/01/23(Fri)




つるバラの冬剪定 誘引のやり方です。

今日はつるバラの小輪、中輪、大輪の剪定と

オベリスクへの誘引の仕方について書きたいと思います。



つるバラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




となっていますが私は

つるミミエデンは小輪ですが大きな房で咲くので

力がいると思いますので割り箸より少し細いくらいの枝を残して

剪定しています。


良い元気な枝は串より少し大きめの枝も残しますし

今回は鉛筆くらいでカットした枝も2本あります。


ですので小輪なのに中輪の剪定をしています。




これが正解かどうかは分かりませんが

品種の特性を生かすのも大事と考えています。

でも自己流です。




剪定、誘引のやり方は小輪も中輪も大輪も同じ方法です。

残す枝の太さが違います。




剪定前の様子です。


turumiFC1.jpeg





割り箸くらいの枝をカットしているところです。

枯れ枝もカットします。



turumiFC2.jpeg




カット後です。


turumiFC3.jpeg





串くらいの太さの枝をカットしているところです。

先ほども書きましたが元気がいいのは串くらいも残します。

串、割り箸、鉛筆の枝を適度に残すよう調整しています。



turumiFC4.jpeg




ベーサルシュートとサイドシュートが出ています。

元気が良さそうですね。

春の花後にも2本のシュートが出て随分伸びました。



turumiFC5.jpeg





オベリスクが揺れると苗も揺れて

苗の状態に良い影響は及ぼしませんので

再度、オベリスクを上から叩いて固定を確実にしていきます。


そこら辺にあるレンガで叩いてるよ(笑)



turumiFC6.jpeg




剪定完了です。



turumiFC7.jpeg




誘引は斜めにしていきます。

これよりもっと寝かせたいところですが

枝を折りそうでしたのでこれくらいにしておきました。


枝を斜めにしたり蛇行させたりすれば花つきはよくなります。



turumiFC8.jpeg





枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。





●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。




メイアン作 つるミミエデンの昨年春のバラです。  

これひと房なんです。

大きなブーケ咲きでかわゆいの♪


外側の花びらがグリーンがかって素敵でしょ~*



mimiFC1.jpeg





咲き始めです。



mimiFC6.jpeg






ランプとつるミミエデン♪


mimiFC7.jpeg





つるミミエデンはオベリスクに誘引してますが

トレリスまで伸びてきています。


mimiFC3.jpeg




ほんとにかわゆい~❤


mimiFC5.jpeg





mimiFC4.jpeg





この色合い何ともいえませんよね(*^ ・^)ノ⌒☆


mimiFC2.jpeg




バラ  つるミミエデン

系統  DL クライミングローズ

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 2009年

花色   白に中心がピンク

香り   微香

咲き方  カップ咲き 小輪 直径3cm 房になって咲く

樹高   2.5m

樹形   つる

花期   返り咲き よく返し咲きします。

樹勢   普通




耐病性 黒点病 若干弱い

     うどん粉病  非常に弱い

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしない。

(うどん粉病にかかるとひどい場合ボーリングすることがあるようです。

我が家ではうどん粉でボーリングになったことがないのでわかりません)


大きな房でブーケのように咲きます。

ミミエデンのつるバージョンで

うどん粉病についてはミミエデンより改良されている。


うどん粉病を除けば育てやすいと思います。




いつものように自己責任でお願いしますね。



【私流うどん粉病対策】


ここからは私の経験上からの結果的うどん粉対策ですから

そう受け取って頂ければ幸いです。



実は私は50肩を患い3年前に右肩、

右肩が完治したかと思ったら左肩を一昨年して

その間の薬剤散布は

1年間に季節の初め2月中旬と3月初めの

2度しか行っていませんでした。

(50肩はほぼ完治していますが写真撮影をしすぎたり

まだ作業をすると後で痛くなりますので少し自重しています。

でも普段は痛くなく大丈夫です!)




私は毎年1度目の薬剤散布の殺菌剤(黒点・うどん粉病)は

サプロールを散布しています。


我が家の庭でうどん粉病は4年間

スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本だけで

あとは全くうどん粉病が発生していません。




我が家には150本以上のバラがあります。

まだカテゴリーに掲載していないバラもありますし

1つの品種で複数あるものもあるので

たぶんそれぐらあります。




本数に興味がないので庭で数えたことはありませんが

ブログを始めた時

ブログの左のカテゴリーを見て

品種名一覧をはじめて数えてみました。

その約150本の中でうどん粉に過去4年間なったのは

1本のみそれも枝先部分少しだけです。



うどん粉病になぜならないのかを考えある可能性を思いました。

結果的に対策となっていたのかもということです。


まず地域的、環境では我が家は鹿児島ですので

病害虫被害が多い地域になるということを記しておこうと思います。




今日ご紹介したつるミミエデンは

非常にうどん粉病になりやすい品種とされています。

そのつるミミエデンを4年前にお迎えして

うどん粉病を覚悟していましたが

つるミミエデンも一度もうどん粉病になったことがありません。




我が家は13年前にバラを植えてから

治療用殺菌剤として一貫して使用してきた薬剤は

サプロールのみです。

もちろん、他の薬剤とローテーション使用していますが

使い続けてきたのはサプロールのみで他の殺菌薬剤は

追加などで使い始めたものばかりです。



13年前から先に書いた通り

2月中旬にサプロールを毎年散布しています。

サプロールは治療薬ですが

2月中旬に行う年のはじめの散布では

病気をやっつけておきたいと思い

地面やバラの株元から枝や草花、木々、垣根に至るまで

散布をしています。




そして黒点病が発生した際

予防薬から治療薬に切り替え

以前の薬剤散布についての記事に書いたように

治療薬のローテーションにサプロールを加えて

散布しています。



これはあくまでも黒点病対策の為で

うどん粉病対策の為ではありません。

しかし、黒点病の為の薬剤散布がうどん粉病の予防にも

なっていることは確かです。

黒点病対策の散布ですが

うどん粉病が4年間ほとんど出てないと言っても

うどん粉病の予防のことは頭の中にあり

それを加味して薬剤散布しています。



サプロールは昔から使われている薬剤ですので耐性が

つきやすいとされていますが

我が家ではこのようにしています。



また、サプロールはうどん粉病によく効くとされています。





以上、私の経験則から考えられるうどん粉対策は

長年のサプロール使用ではないかと推測されるというこです。



ただし、同じ薬剤を連続しての散布は効果がありませんので

うどん粉病が出た際違う薬剤と

ローテーションして使用されるといいと思います。


そして大事なことがもう1つ。


うどん粉は多肥によってもなりやすいので

適度な肥料を施すのがいいです。



肥料が少なすぎても生育などに影響しますので

少なすぎてもいけないです。



特につるミミエデンは大きな束で花を咲かせる為

肥料を他品種より欲しがる傾向にあると思いますので

他品種より寒肥を多めにしていますが

寒肥以外に後から液肥や骨粉入り油粕を

うどん粉病の様子を見ながら与えています。


上から土に撒くだけですが肥料的に効果大です。



油粕は苗にあたってやりやすいので

上から撒くだけで量も少なめです。

私はだいたい1ヶ月に1回、1株に大さじ1杯分を

3分の1ずつに分けて株の周り3ヶ所に置いています。



これは目安で書いただけで自分ではわかっていますので

手に握って撒くだけです。


1株1株の状態を見ながら量も与えるスパンも多少変えています。


効果が大きい分本当にあたりやすいので注意がいります。





他品種も同様、私の寒肥は少なめです。

うどん粉病の様子を見ながら

又、苗の生育状況(苗の生育状態が悪いようであれば

肥料を与えてそうでなければうどん粉病対策の為

後から与える肥料を少なくするとか調整しています)




堆肥も土の様子を見ながら寒肥料以外の時期を見て後から

マルチングする部分があったりなかったりしています。

堆肥も寒肥と違い土の上に置くだけです。

それも寒肥をする休眠期と違うので

株をやらないように薄っぺらく少し置くだけです。




そしてもう1つ。


うどん粉病は雨のあまり当たらない場所で発生しやすいです。


ですので黒点病にならなくする為には軒下管理が良いですが

うどん粉病対策は反対でむしろ雨に当たってうどん粉が

流れた方が良いと考えています。




先ほど書きました薬剤に関しては

推測の域を出ませんがサプロールはプロの方も

うどん粉病に効くと話されています。

おととし、昨年と

ほとんど薬剤散布をしていないにもかかわらず

ここ4年間

ほんのわずかなうどん粉しか発生しなかったこと

(スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本のみ罹患)



そしてうどん粉病にとてもなりやすいつるミミエデンが一度も

うどん粉病になったことがないこともお知らせして

少しでもつるミミエデンだけでなく

他の品種でもうどん粉病対策のお役に立てたなら幸いです。




気候、環境など様々な条件によって違いが出ることを

ご了承くださいね。



これも自己責任でお願いしますね。





我が家のサプロール

左側です。

yakuzaiGC3.jpeg



バラ育成は正解がない世界だと思っています。



自分でこれがいいという方法で

やるのがいいのではと思います。



人それぞれやりたい方法でやるのが趣味の醍醐味だと思います。



私の方法がどなたかの参考になれば幸いです。





最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg


*~楽天で つるミミエデンを

お探しの方はこちらから ~*






t*~ 私が利用するお店です ~*


バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。










この記事のURL | バラの剪定方法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ