2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
バラの害虫 葉を食べまくるナナフシへの愛
2016/02/27(Sat)



こんばんは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*




寒肥が終わりましたヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

ですがあとバラの移植と薬剤散布があります。




ここから先の記事では虫が出てきますので

虫が苦手な方は片目をつぶりながら

ご覧ください。←冗談です。スルーしてくださいね。




今日寒肥をしていたら

「あれ?」と思いました。

ナナフシではありませんか!

さっそくカメラを取ってきてナナフシを激写。


nana1.jpeg





手でナナフシの背中を握って

斜め裏の雑木林に移動させようとしたところ

嫌がってコロンと地面に落ちました。


nana2.jpeg





とりあえずはバラの作業は

移植してから薬剤散布だから

ここにいると超あぶないよ。

で、雑木林に移動。

私に背中を握られ移動中のナナフシ。


nana3.jpeg

オスかメスかわからないけど

「いや~ん、離して~」って感じ。

私も多少気持ちが悪いんだから

おとなしくしてて、って感じ。





雑木林の木にとりあえずしがみつかせたら

安堵している様子のナナちゃん。

nana4.jpeg


雑木林にはキジが住んでいますが

そこしか住まわせられる場所がなくて

仕方なくです。



キジに見つからないでね。

うん、あなたは擬態が上手だから大丈夫。

あっ、擬態が上手とも言えないか。

私にすぐ見つかっちゃったもんね。

とにかく頑張れ。





で、ナナフシ、なぜに葉もない枝にいたんかい?

あ~、これね。

nana5.jpeg

バラの新芽じゃん!

ナナちゃん、勘弁してよぉ~



ナナフシはこの大きさでしょ、って

この子は12cmくらいの大きさだったけど。

それで新芽食べまくられたら

ロゼはたまったもんじゃありません。

ナナフシは葉を食害する害虫なんです。




そのナナフシをなぜに助けるかと言うと

都会育ち(愛知)の私は

鹿児島へ嫁に来て初めてナナフシたるものに

遭遇したのです。




都会っ子の私からしたら

憧れのこれ何?的な虫

ナナフシとの遭遇でした。



すごい!ナナフシが目の前にいる(☆。☆) キラーン!!



その日からナナフシは私の中では

すごいものとなったのです。

その上、そのナナフシがなぜか10年ほど前から

我が家の庭に現れるのです。

すごいのが我が家の庭にいる←自慢です。




けど我が家はバラ庭、それもたくさんのバラがいます。

薬剤散布します。

ですから見つけたらすぐ斜め裏の雑木林に

連れていきます。




まとめ。

ナナフシはバラの葉を食害する害虫ですが

ナナフシの害虫対策は

我が家では雑木林に連れていく・・・です。




最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ























スポンサーサイト
この記事のURL | バラの病害虫対策(薬剤散布、撒き薬剤、やり方) | TB(0) | ▲ top
バラの薬剤散布の方法  薬剤散布編  ~* 実際散布している様子を詳細画像で説明します *~
2015/03/27(Fri)



今日はバラ薬剤散布の方法の

薬剤散布のやり方を書きたいと思います。



昨日は薬剤の作り方の記事を書きました。

昨日の記事のリンクを貼っています。





薬剤散布の方法  薬剤作り編  

~* 実際している詳細画像で説明します *~ 





薬剤散布の方法です。


●前日の夕方に翌日水撒きしなくていいように

たっぷり水をあげます。

薬剤散布前に水をあげてもいいです。

鉢物や地植えの草花など

(夏場や雨の少ない時期など地植えのバラにも)


理由は

薬剤散布後に水撒きをすると

株元周りに散布した薬剤が効かなかったり

濃度が薄まって効果があがらなくなるからです。



●皮膚をできるだけ露出しないよう

服は長袖、長ズボン、

薬剤散布用メガネや農業用防毒マスク

UVカットのような農作業用の帽子などで

完全ガードします。




●私の場合、薬剤散布噴霧器は

電池式電動ツインノズルを使っています。

メーカーはアイリスオーヤマです。

いいですよ~





鉢植え編です。


●まず葉表をします。


yaku20.jpeg





●次に葉裏をします。


葉表より葉裏を意識して散布します。

葉表4割、葉裏6割です。

葉裏には害虫もいますし

葉裏からも黒点などの病気も入ります。


yaku21.jpeg




●葉をしながら枝や株元もします。



●株元の周りの土面にも散布します。


・黒点病などの殺菌の為

・癌種菌は地面にいますのでその殺菌の為

・土中にいるカミキリムシの幼虫テッポウムシの駆除の為



散布しながら左手の片手で写真撮影している為

画像がピンボケが多くすみません。


yaku22.jpeg





地植え編

(鉢植え編と同じです)


●葉表に散布します。


yaku23.jpeg






●次に葉裏をします。


葉表より葉裏を意識して散布します。

葉表4割、葉裏6割です。

葉裏には害虫もいますし

葉裏からも黒点などの病気も入ります。


yaku24.jpeg





●葉をしながら枝や株元もします。



●株元の周りの土面にも散布します。


・黒点病などの殺菌の為

・癌種菌は地面にいますのでその殺菌の為

・土中にいるカミキリムシの幼虫テッポウムシの駆除の為


yaku25.jpeg






注意事項



●基本雨の前日はしない。

殺虫剤で散布してから24時間以内に

雨に当たると効果のない薬剤がありますし

殺菌剤を含め雨で流れると

希釈が薄まり効果が下がります。



ただし、梅雨や長雨で断続的に雨が続く場合は

仕方がなくする。




●散布時間帯


早朝か夕方が望ましい。

風があまりない時間帯ですので

対象に散布しやすいですし

自分も薬剤を浴びにくい。



その時間帯は薬害を起こしにくい。

注意:ダコニールはその日の最高気温が

25度以下でないと薬害を起こしやすい。





私が過去に書いた薬剤に関する記事です。

薬剤名やローテーション、注意事項、

散布間隔について書いています。



殺菌剤編と殺虫剤編の2つの記事の

リンクを貼っています。




バラの薬剤名と薬剤散布の注意事項 

私がしている使い方 ~* 防虫・殺虫剤編 *~ 







バラの薬剤の薬剤名と注意事項と散布ローテーション 

~* 殺菌剤編(黒点・うどん粉病など)*~ 








薬剤散布をした日と薬剤名を

書き足していっている記事です。

リンクを貼っています。





バラの病害虫対策・施肥日記一覧表 平成27年版 







どなたかのお役に立てたら嬉しいです。


最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
















アイリスオーヤマ

電池式噴霧器ツインノズルを

お探しの方はこちらから ~*










*~ 私が利用するお店です ~*



バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。(同梱できない場合もあります)




殺菌剤


トップジンM水和剤 100g 殺菌剤 治療剤

トップジンM水和剤 100g 殺菌剤 治療剤
価格:568円(税込、送料別)









トリフミン乳剤 100ml 殺菌剤 治療剤

トリフミン乳剤 100ml 殺菌剤 治療剤
価格:720円(税込、送料別)





殺菌剤 治療剤トリフミン水和剤 100g

殺菌剤 治療剤トリフミン水和剤 100g
価格:1,135円(税込、送料別)

殺菌剤 治療剤 ベンレート水和剤 100g

殺菌剤 治療剤 ベンレート水和剤 100g
価格:896円(税込、送料別)





パンチョTF顆粒水和剤 100g 殺菌剤 治療剤

パンチョTF顆粒水和剤 100g 殺菌剤 治療剤
価格:2,620円(税込、送料別)




害虫予防駆除剤



オルトラン水和剤100g

オルトラン水和剤100g
価格:680円(税込、送料別)

モスピラン液剤 100ml

モスピラン液剤 100ml
価格:864円(税込、送料別)

【数量限定】ダントツ水溶剤 125g

【数量限定】ダントツ水溶剤 125g
価格:1,595円(税込、送料別)




アルバリン顆粒水溶剤 100g

アルバリン顆粒水溶剤 100g
価格:879円(税込、送料別)

ゼンターリ顆粒水和剤 100g

ゼンターリ顆粒水和剤 100g
価格:1,370円(税込、送料別)




サンヨール乳剤 500ml

サンヨール乳剤 500ml
価格:1,779円(税込、送料別)

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤
価格:629円(税込、送料別)

農薬 殺菌剤カリグリーン水溶剤 250g

農薬 殺菌剤カリグリーン水溶剤 250g
価格:1,015円(税込、送料別)

















この記事のURL | バラの病害虫対策(薬剤散布、撒き薬剤、やり方) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バラの薬剤散布の方法  薬剤散布編  ~* 実際散布している様子を詳細画像で説明します *~
2015/03/27(Fri)



今日はバラ薬剤散布の方法の

薬剤散布のやり方を書きたいと思います。



昨日は薬剤の作り方の記事を書きました。

昨日の記事のリンクを貼っています。





薬剤散布の方法  薬剤作り編  

~* 実際している詳細画像で説明します *~ 





薬剤散布の方法です。


●前日の夕方に翌日水撒きしなくていいように

たっぷり水をあげます。

薬剤散布前に水をあげてもいいです。

鉢物や地植えの草花など

(夏場や雨の少ない時期など地植えのバラにも)


理由は

薬剤散布後に水撒きをすると

株元周りに散布した薬剤が効かなかったり

濃度が薄まって効果があがらなくなるからです。



●皮膚をできるだけ露出しないよう

服は長袖、長ズボン、

薬剤散布用メガネや農業用防毒マスク

UVカットのような農作業用の帽子などで

完全ガードします。




●私の場合、薬剤散布噴霧器は

電池式電動ツインノズルを使っています。

メーカーはアイリスオーヤマです。

いいですよ~





鉢植え編です。


●まず葉表をします。


yaku20.jpeg





●次に葉裏をします。


葉表より葉裏を意識して散布します。

葉表4割、葉裏6割です。

葉裏には害虫もいますし

葉裏からも黒点などの病気も入ります。


yaku21.jpeg




●葉をしながら枝や株元もします。



●株元の周りの土面にも散布します。


・黒点病などの殺菌の為

・癌種菌は地面にいますのでその殺菌の為

・土中にいるカミキリムシの幼虫テッポウムシの駆除の為



散布しながら左手の片手で写真撮影している為

画像がピンボケが多くすみません。


yaku22.jpeg





地植え編

(鉢植え編と同じです)


●葉表に散布します。


yaku23.jpeg






●次に葉裏をします。


葉表より葉裏を意識して散布します。

葉表4割、葉裏6割です。

葉裏には害虫もいますし

葉裏からも黒点などの病気も入ります。


yaku24.jpeg





●葉をしながら枝や株元もします。



●株元の周りの土面にも散布します。


・黒点病などの殺菌の為

・癌種菌は地面にいますのでその殺菌の為

・土中にいるカミキリムシの幼虫テッポウムシの駆除の為


yaku25.jpeg






注意事項



●基本雨の前日はしない。

殺虫剤で散布してから24時間以内に

雨に当たると効果のない薬剤がありますし

殺菌剤を含め雨で流れると

希釈が薄まり効果が下がります。



ただし、梅雨や長雨で断続的に雨が続く場合は

仕方がなくする。




●散布時間帯


早朝か夕方が望ましい。

風があまりない時間帯ですので

対象に散布しやすいですし

自分も薬剤を浴びにくい。



その時間帯は薬害を起こしにくい。

注意:ダコニールはその日の最高気温が

25度以下でないと薬害を起こしやすい。





私が過去に書いた薬剤に関する記事です。

薬剤名やローテーション、注意事項、

散布間隔について書いています。



殺菌剤編と殺虫剤編の2つの記事の

リンクを貼っています。




バラの薬剤名と薬剤散布の注意事項 

私がしている使い方 ~* 防虫・殺虫剤編 *~ 







バラの薬剤の薬剤名と注意事項と散布ローテーション 

~* 殺菌剤編(黒点・うどん粉病など)*~ 








薬剤散布をした日と薬剤名を

書き足していっている記事です。

リンクを貼っています。





バラの病害虫対策・施肥日記一覧表 平成27年版 







どなたかのお役に立てたら嬉しいです。


最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
















アイリスオーヤマ

電池式噴霧器ツインノズルを

お探しの方はこちらから ~*










*~ 私が利用するお店です ~*



バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。(同梱できない場合もあります)




殺菌剤


トップジンM水和剤 100g 殺菌剤 治療剤

トップジンM水和剤 100g 殺菌剤 治療剤
価格:568円(税込、送料別)









トリフミン乳剤 100ml 殺菌剤 治療剤

トリフミン乳剤 100ml 殺菌剤 治療剤
価格:720円(税込、送料別)





殺菌剤 治療剤トリフミン水和剤 100g

殺菌剤 治療剤トリフミン水和剤 100g
価格:1,135円(税込、送料別)

殺菌剤 治療剤 ベンレート水和剤 100g

殺菌剤 治療剤 ベンレート水和剤 100g
価格:896円(税込、送料別)





パンチョTF顆粒水和剤 100g 殺菌剤 治療剤

パンチョTF顆粒水和剤 100g 殺菌剤 治療剤
価格:2,620円(税込、送料別)




害虫予防駆除剤



オルトラン水和剤100g

オルトラン水和剤100g
価格:680円(税込、送料別)

モスピラン液剤 100ml

モスピラン液剤 100ml
価格:864円(税込、送料別)

【数量限定】ダントツ水溶剤 125g

【数量限定】ダントツ水溶剤 125g
価格:1,595円(税込、送料別)




アルバリン顆粒水溶剤 100g

アルバリン顆粒水溶剤 100g
価格:879円(税込、送料別)

ゼンターリ顆粒水和剤 100g

ゼンターリ顆粒水和剤 100g
価格:1,370円(税込、送料別)




サンヨール乳剤 500ml

サンヨール乳剤 500ml
価格:1,779円(税込、送料別)

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤
価格:629円(税込、送料別)

農薬 殺菌剤カリグリーン水溶剤 250g

農薬 殺菌剤カリグリーン水溶剤 250g
価格:1,015円(税込、送料別)



















この記事のURL | バラの病害虫対策(薬剤散布、撒き薬剤、やり方) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バラの薬剤散布の方法  薬剤作り編  ~* 実際している詳細画像で説明します *~
2015/03/26(Thu)



今日は薬剤散布の方法の

薬剤作りのやり方を書きたいと思います。



今回は乳剤と水和剤(粉剤)を使い

どちらのやり方も分かりやすいように両方使いました。




●展着剤 シンダイン




●殺菌剤 ダコニール(乳剤) 

黒点・うどん粉病など



●殺虫剤 オルトラン水和剤(粉剤)

アブラムシ・ヨトウムシ・アオムシなど 




乳剤の場合、展着剤を混ぜなくてもよいという

プロではない方の情報・記述をネットで見かけますが

私は長年展着剤を使ってきました。

(私は素人です。)



私が実際乳剤使用時に展着剤を混ぜないでしたところ

あきらかに効果が薄れました。





バラの本数によったりご夫婦お二人でしていたり

体力的によかったりや生活形態によって

それぞれ違いますので

1週間おきに出来る方もいらっしゃるかもしれませんが

150本以上のバラを電動ツインノズルで40分かかって

毎回一人で薬剤散布する私には

1週間おきの散布は体力的に現実的ではありません。




10日~14日おきがギリギリです。

また先にも書きましたが

5回展着剤を混ぜない方法で

実験しましたが展着剤を混ぜた時より

効果があきらかに薄れました。




1週間おきにされる方はいいかもしれませんが

それでも効果が薄れたと実感したことには

変わりありません。




乳剤と展着剤を混ぜない方法をするのは

薬害防止の為のようですが我が家では

乳剤と展着剤を混ぜても薬害が出たことはありません。




その他、薬剤名やローテーション、注意事項、

散布間隔などについては

記事の下方に

私が書いた記事のリンクを貼りましたのでご覧ください。





それでは薬剤の作り方の方法です。


薬剤4リッター分を作る方法をやってみました。

1リッター分も参考に分量を書きました。



昨日薬剤散布しましたが8リットル分作りましたので

画像には写っていませんが

実際は容器をもう1カップ用意して

この倍の分量の薬剤を作っています。



●私の場合、薬剤散布噴霧器は

電池式電動ツインノズルを使っています。

メーカーはアイリスオーヤマです。

いいですよ~


yaku1.jpeg






●噴霧器に水を4リットル弱入れます。


yaku2.jpeg





●薬剤は混ぜやすいものから入れます。

そうすると効果がよりあがります。




●容器に水を少し入れ展着剤を入れます。

1リットルにスポイトで4滴1滴入れます。

4リットルですのでスポイトで16滴4滴です。

訂正しましたが訂正前の希釈で薬害が出た事は

我が家ではありません。

訂正平成28年3月1日


yaku3.jpeg



yaku4.jpeg






●展着剤をスポイトでよく混ぜます。


yaku5.jpeg






●活力剤を入れます。


活力剤は効くそうです。

(効果がなさそうなものもあるので

使用する場合はよくお選びください。

活力剤は必ずしも必要なものではありません。

散布しなくても構わないものです。)

農業をしている方から実際に聞きました。

作物が大きくなり病気にかかりにくくなるそうです。



一升で2~3滴と説明書きにあります。

一升は1.8リットルですので

2リットルで3滴として

4リットルで6滴です。


1リットルでは1滴~2滴です。


yaku8.jpeg



yaku6.jpeg






●活力剤を混ぜます。


yaku7.jpeg






●殺菌剤(黒点・うどんこ病など)を入れよく混ぜます。

今回はダコニールです。

私の薬剤ローテーションがずれますが

乳剤と水和剤のやり方を書きたかったので

ダコニールにしました。

ローテーションには影響ありません。



ダコニール乳剤は1000倍ですので

1リットルで1ミリリットルです。

4リットルで4ミリリットルです。



ダコニールは散布した日の最高気温が

25度以下の日に散布します。

26度以上になると薬害が出やすくなります。


yaku9.jpeg




yaku11.jpeg




yaku10.jpeg






●オルトラン水和剤を入れます。

オルトラン水和剤は1000倍です。



画像のような添付の計量スプーンの

すりきり1杯分は1.25グラムです。


スプーンすりきり2杯分は2.5グラムで

2.5リットル分です。


4リットルでスプーンすりきり3杯分とほんの少しです。


1リットルでスプーンすりきり8分目です。




スプーンはホームセンターなどで

オーソサイド50グラム入りが売っていたら

箱の表に計量スプーンつきと書いてあるのを

買ってくるといいですよぉ~


yaku16.jpeg




yaku12.jpeg


よく混ぜます。


yaku13.jpeg





●混ぜ合わした薬剤を噴霧器に入れ

4リットルになるよう水を足します。


yaku14.jpeg





●噴霧器の中で水と薬剤を長い棒で

よく混ぜ合わせます。


yaku15.jpeg





薬剤作りが完了しました。



薬剤によって希釈が違いますので

説明書に従ってされてください。





薬剤散布の方法で実際散布している画像は

またアップします。





私の薬剤に関する参考記事です。

薬剤名やローテーション、注意事項、

散布間隔について書いています。

リンクを貼っています。




バラの薬剤名と薬剤散布の注意事項 

私がしている使い方 ~* 防虫・殺虫剤編 *~ 







バラの薬剤の薬剤名と注意事項と散布ローテーション 

~* 殺菌剤編(黒点・うどん粉病など)*~ 








薬剤散布をした日と薬剤名を

書き足していっている記事です。

リンクを貼っています。





バラの病害虫対策・施肥日記一覧表 平成27年版 





いつものように自己責任でお願いします。


最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村















アイリスオーヤマ

電池式噴霧器ツインノズルを

お探しの方はこちらから ~*










*~ 私が利用するお店です ~*



バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。(同梱できない場合もあります)



殺菌剤


トップジンM水和剤 100g 殺菌剤 治療剤

トップジンM水和剤 100g 殺菌剤 治療剤
価格:568円(税込、送料別)









トリフミン乳剤 100ml 殺菌剤 治療剤

トリフミン乳剤 100ml 殺菌剤 治療剤
価格:720円(税込、送料別)




殺菌剤 治療剤トリフミン水和剤 100g

殺菌剤 治療剤トリフミン水和剤 100g
価格:1,135円(税込、送料別)

殺菌剤 治療剤 ベンレート水和剤 100g

殺菌剤 治療剤 ベンレート水和剤 100g
価格:896円(税込、送料別)




パンチョTF顆粒水和剤 100g 殺菌剤 治療剤

パンチョTF顆粒水和剤 100g 殺菌剤 治療剤
価格:2,620円(税込、送料別)




害虫予防駆除剤



オルトラン水和剤100g

オルトラン水和剤100g
価格:680円(税込、送料別)

モスピラン液剤 100ml

モスピラン液剤 100ml
価格:864円(税込、送料別)

【数量限定】ダントツ水溶剤 125g

【数量限定】ダントツ水溶剤 125g
価格:1,595円(税込、送料別)




アルバリン顆粒水溶剤 100g

アルバリン顆粒水溶剤 100g
価格:879円(税込、送料別)

ゼンターリ顆粒水和剤 100g

ゼンターリ顆粒水和剤 100g
価格:1,370円(税込、送料別)




サンヨール乳剤 500ml

サンヨール乳剤 500ml
価格:1,779円(税込、送料別)

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤
価格:629円(税込、送料別)

農薬 殺菌剤カリグリーン水溶剤 250g

農薬 殺菌剤カリグリーン水溶剤 250g
価格:1,015円(税込、送料別)














この記事のURL | バラの病害虫対策(薬剤散布、撒き薬剤、やり方) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
バラの薬剤散布の方法  薬剤作り編  ~* 実際している詳細画像で説明します *~
2015/03/26(Thu)



今日は薬剤散布の方法の

薬剤作りのやり方を書きたいと思います。



今回は乳剤と水和剤(粉剤)を使い

どちらのやり方も分かりやすいように両方使いました。




●展着剤 シンダイン




●殺菌剤 ダコニール(乳剤) 

黒点・うどん粉病など



●殺虫剤 オルトラン水和剤(粉剤)

アブラムシ・ヨトウムシ・アオムシなど 




乳剤の場合、展着剤を混ぜなくてもよいという

プロではない方の情報・記述をネットで見かけますが

私は長年展着剤を使ってきました。

(私は素人です。)



私が実際乳剤使用時に展着剤を混ぜないでしたところ

あきらかに効果が薄れました。





バラの本数によったりご夫婦お二人でしていたり

体力的によかったりや生活形態によって

それぞれ違いますので

1週間おきに出来る方もいらっしゃるかもしれませんが

150本以上のバラを電動ツインノズルで40分かかって

毎回一人で薬剤散布する私には

1週間おきの散布は体力的に現実的ではありません。




10日~14日おきがギリギリです。

また先にも書きましたが

5回展着剤を混ぜない方法で

実験しましたが展着剤を混ぜた時より

効果があきらかに薄れました。




1週間おきにされる方はいいかもしれませんが

それでも効果が薄れたと実感したことには

変わりありません。




乳剤と展着剤を混ぜない方法をするのは

薬害防止の為のようですが我が家では

乳剤と展着剤を混ぜても薬害が出たことはありません。




その他、薬剤名やローテーション、注意事項、

散布間隔などについては

記事の下方に

私が書いた記事のリンクを貼りましたのでご覧ください。





それでは薬剤の作り方の方法です。


薬剤4リッター分を作る方法をやってみました。

1リッター分も参考に分量を書きました。



昨日薬剤散布しましたが8リットル分作りましたので

画像には写っていませんが

実際は容器をもう1カップ用意して

この倍の分量の薬剤を作っています。



●私の場合、薬剤散布噴霧器は

電池式電動ツインノズルを使っています。

メーカーはアイリスオーヤマです。

いいですよ~


yaku1.jpeg






●噴霧器に水を4リットル弱入れます。


yaku2.jpeg





●薬剤は混ぜやすいものから入れます。

そうすると効果がよりあがります。




●容器に水を少し入れ展着剤を入れます。

1リットルにスポイトで4滴1滴入れます。

4リットルですのでスポイトで16滴4滴です。

訂正しましたが訂正前の希釈で薬害が出た事は

我が家ではありません。

訂正平成28年3月1日


yaku3.jpeg



yaku4.jpeg






●展着剤をスポイトでよく混ぜます。


yaku5.jpeg






●活力剤を入れます。


活力剤は効くそうです。

(効果がなさそうなものもあるので

使用する場合はよくお選びください。

活力剤は必ずしも必要なものではありません。

散布しなくても構わないものです。)

農業をしている方から実際に聞きました。

作物が大きくなり病気にかかりにくくなるそうです。



一升で2~3滴と説明書きにあります。

一升は1.8リットルですので

2リットルで3滴として

4リットルで6滴です。


1リットルでは1滴~2滴です。


yaku8.jpeg



yaku6.jpeg






●活力剤を混ぜます。


yaku7.jpeg






●殺菌剤(黒点・うどんこ病など)を入れよく混ぜます。

今回はダコニールです。

私の薬剤ローテーションがずれますが

乳剤と水和剤のやり方を書きたかったので

ダコニールにしました。

ローテーションには影響ありません。



ダコニール乳剤は1000倍ですので

1リットルで1ミリリットルです。

4リットルで4ミリリットルです。



ダコニールは散布した日の最高気温が

25度以下の日に散布します。

26度以上になると薬害が出やすくなります。


yaku9.jpeg




yaku11.jpeg




yaku10.jpeg






●オルトラン水和剤を入れます。

オルトラン水和剤は1000倍です。



画像のような添付の計量スプーンの

すりきり1杯分は1.25グラムです。


スプーンすりきり2杯分は2.5グラムで

2.5リットル分です。


4リットルでスプーンすりきり3杯分とほんの少しです。


1リットルでスプーンすりきり8分目です。




スプーンはホームセンターなどで

オーソサイド50グラム入りが売っていたら

箱の表に計量スプーンつきと書いてあるのを

買ってくるといいですよぉ~


yaku16.jpeg




yaku12.jpeg


よく混ぜます。


yaku13.jpeg





●混ぜ合わした薬剤を噴霧器に入れ

4リットルになるよう水を足します。


yaku14.jpeg





●噴霧器の中で水と薬剤を長い棒で

よく混ぜ合わせます。


yaku15.jpeg





薬剤作りが完了しました。



薬剤によって希釈が違いますので

説明書に従ってされてください。





薬剤散布の方法で実際散布している画像は

またアップします。





私の薬剤に関する参考記事です。

薬剤名やローテーション、注意事項、

散布間隔について書いています。

リンクを貼っています。




バラの薬剤名と薬剤散布の注意事項 

私がしている使い方 ~* 防虫・殺虫剤編 *~ 







バラの薬剤の薬剤名と注意事項と散布ローテーション 

~* 殺菌剤編(黒点・うどん粉病など)*~ 








薬剤散布をした日と薬剤名を

書き足していっている記事です。

リンクを貼っています。





バラの病害虫対策・施肥日記一覧表 平成27年版 





いつものように自己責任でお願いします。


最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村















アイリスオーヤマ

電池式噴霧器ツインノズルを

お探しの方はこちらから ~*










*~ 私が利用するお店です ~*



バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。(同梱できない場合もあります)



殺菌剤


トップジンM水和剤 100g 殺菌剤 治療剤

トップジンM水和剤 100g 殺菌剤 治療剤
価格:568円(税込、送料別)









トリフミン乳剤 100ml 殺菌剤 治療剤

トリフミン乳剤 100ml 殺菌剤 治療剤
価格:720円(税込、送料別)




殺菌剤 治療剤トリフミン水和剤 100g

殺菌剤 治療剤トリフミン水和剤 100g
価格:1,135円(税込、送料別)

殺菌剤 治療剤 ベンレート水和剤 100g

殺菌剤 治療剤 ベンレート水和剤 100g
価格:896円(税込、送料別)




パンチョTF顆粒水和剤 100g 殺菌剤 治療剤

パンチョTF顆粒水和剤 100g 殺菌剤 治療剤
価格:2,620円(税込、送料別)




害虫予防駆除剤



オルトラン水和剤100g

オルトラン水和剤100g
価格:680円(税込、送料別)

モスピラン液剤 100ml

モスピラン液剤 100ml
価格:864円(税込、送料別)

【数量限定】ダントツ水溶剤 125g

【数量限定】ダントツ水溶剤 125g
価格:1,595円(税込、送料別)




アルバリン顆粒水溶剤 100g

アルバリン顆粒水溶剤 100g
価格:879円(税込、送料別)

ゼンターリ顆粒水和剤 100g

ゼンターリ顆粒水和剤 100g
価格:1,370円(税込、送料別)




サンヨール乳剤 500ml

サンヨール乳剤 500ml
価格:1,779円(税込、送料別)

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤
価格:629円(税込、送料別)

農薬 殺菌剤カリグリーン水溶剤 250g

農薬 殺菌剤カリグリーン水溶剤 250g
価格:1,015円(税込、送料別)

















この記事のURL | バラの病害虫対策(薬剤散布、撒き薬剤、やり方) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
バラの薬剤名と薬剤散布の注意事項 私がしている使い方 ~* 防虫・殺虫剤編 *~
2015/03/06(Fri)



今日はバラの薬剤名と使い方の

防虫・殺虫剤編(アブラムシ・青虫・毛虫・スリップス

バラゾウムシ・ヨトウムシ・ハダニ・カイガラムシなど)を

書きたいと思います。




我が家にはカイガラムシがいません。

実物をまだ見たことがないんですが

なぜでしょうか?



鹿児島は南方なので虫の種類も数も多いはずですが

鹿児島にはいない虫なのでしょうか?

調べたら鹿児島でもいるようですが

我が家にはいません。



まず、薬剤の種類を記載します。




【防虫・殺虫剤】


私が使っている薬剤はで記載しています。




オルトラン水和剤

モスピラン

ダントツ水溶剤

アルバリン

ゼンターリ(化学殺虫成分なし、農薬法での使用回数制限なし)

カリグリーン水溶剤(農薬法での使用回数制限なし)





その他の防虫・殺虫剤



私が使用していない害虫駆除剤一覧



サンヨール(病気にも害虫にも効く)

スミチオン(以前使用していましたが現在使用していません)

マラソン(以前使用していましたが現在使用していません)

トクチオン


その他



石灰流黄合剤は使用していません。




注意事項




●防虫・殺虫剤は薬剤を散布した時点から

丸一日雨に当たらなければ効果がありますが

1日経つまでに雨に当たってしまうと

効果がない薬剤があります。

(注意:雨に当たると効果がない薬剤は薬剤の説明書に

明記してありますので参照してください)






●タイプ系統・成分が同じ薬剤は連投しない。

違うタイプや成分の薬剤でないと

効果がないので薬剤名が違っても連投しません。




正しスミチオンとマラソンは同じ成分が入っていますが

どちらも強いので連投してもよく効きます。

強いということは・・・・・

ですが私が使用している薬剤は

連投したら効果がありません。

連投しなければ効果があります。





●乳剤(殺菌剤も含め)をダブルで使っても

展着剤を混ぜる。

ダブルとは殺菌剤と殺虫剤のことです。

(我が家はこうして薬害が出たことはありません)

濃度を指定の最低限にして使うと薬害が出にくいので

我が家ではそうしています。



注意・薬剤の説明書に従ってください。






●乳剤はキシレンなどの有機溶剤が入っています。


水に混ぜやすいですが有機溶剤が葉の表面のワックスの保護層も

溶かしてしまって葉焼け、しおれ、などの薬害を起こす

ことがあります。

(我が家ではそういった経験はありません)




車や家の塗装に飛散すると変色などを起こすこともあります。

(我が家では一度だけ白の花テーブルの塗装が変色しました)



キシレンなどの有機溶剤は体にも良くないとの報告があります。

強い薬剤(防虫剤)を散布した時しんどかったことがあります。

それ以降その薬剤はほとんど使用していません。

がその薬剤は農業従事者の方々は当たり前に多く使用している

合法でありメジャーな防虫・殺虫剤です。



殺菌剤や強くない防虫剤ではそういった経験はありませんが

個人個人の体質で違うと思います。




キシレンなどの有機溶剤については

薬剤をネットで調べると成分一覧に書かれていますので確認できます。

店舗で買う時は商品そのものや箱に成分が書いてありますので

確認できます。


注意・薬剤の説明書に従ってください。






●サンヨールを使うと他の薬剤の効果も高めます。


私はまだ使用していませんがプロのナーセリーの方が

語っています。





●農薬法で各薬剤の1年間の散布回数限度数が

家庭用にも適用されています。





すべての条件を満たそうとすると使える薬剤が

少なくなってしまうので上記のことを加味して

私は使用しています。




例えば水和剤は混ぜにくいが

薬害を起こしにくく体にも乳剤より良いので

水和剤を優先して使用していますが

乳剤も使います。





初心者の方は水和剤より使い方が簡単な液剤や乳剤が

使いやすいと思いますがご自分の判断で。



また、水和剤の中で葉や花に薬剤の痕が残る場合が

ありますが雨で流れます。

気になる方は液剤や水溶剤、乳剤を選択する方法もあります。




これ以上の薬剤の注意事項は

今のところ加味しておりません。






●下記は私がしている薬剤散布期間、間隔です。


・薬剤散布期間

新芽が出始めた2月中旬~10月末まで。




・散布間隔

10日前後が多い。

2月中旬~3月上旬は2週間おき。

3月上旬から6月の梅雨に入るまでは10日おき。

梅雨期間中7日おき。

梅雨終了から10月末は10日おきから14日おき。

(梅雨関係は害虫駆除というより

殺菌剤と混ぜて散布しているので

殺菌剤との兼ね合いでそうしています)

秋は害虫が出にくくなるので12日~14日おきが多くなる。



黒点などの病気が多くなると7日おき。

(上記にも書きましたが殺虫剤を殺菌剤と混ぜて散布している為)




完璧に近い対策をするなら2月の新芽が出た時から

10月末まで7日おき。

完璧に近い対策は私はしていません。

それどころかギリギリで対策をしています。






●薬剤のローテーションは連投しないことと

ゼンターリ水和剤が回数制限なしで使用できることを加味し

その時よく出ている害虫に合わせて

効果のある薬剤をチョイスして回数制限を考え使用しています。






今回の薬剤については以上です。

地面や鉢に撒く害虫駆除剤など

まだまだ書きたいことがありますので

期間がかなり空くとは思いますが

書いていこうと思っています。



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

下のお庭画像をポチっと押してね~*

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします~*



薔薇(バラ) ブログランキングへ










*~ 私が利用するお店です ~*


バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。(同梱できない場合もあります)














この記事のURL | バラの病害虫対策(薬剤散布、撒き薬剤、やり方) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ