2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
バラの開花第一号はピエール・ドゥ・ロンサール&シュートを出すのに大事な事肥料編&アーチ壊れて処分しました。
2016/04/04(Mon)




バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*


一部内容を書き直しています。



4月2日のブログでも

画像を載せましたが

我が家の春のバラの開花第一号は

ピエールドゥロンサールでした。




kakinef7.jpeg



赤みがかった花径5cmくらいの子です。


咲いてるので一号としました。



ここにいます。

次の蕾も見せています。


itigou10.jpeg





itidou.jpeg

現在のピエールドゥロンサールの

芽吹きです。





itigou.jpeg

所々ある灰色のは桜島の灰です。


入り口にあったアーチは壊れて

次の春までには設置しようと

思っています。

今年の春はないままいこうです。




itigou2.jpeg



シュートの話なのですが

シュートが出るには

適度な水がいるんです。



あまり降ると黒点病がぁ~ですし

それより自然災害も心配ですし

自然はすごいけど

適度な雨が必要です。



地植えのバラに水を撒くのは

年に夏場2~3回くらいです。

あとはあまりに干ばつが

続けば水やりします。




鉢植えは今は毎日1回水やりを

たっぷりしています。



シュートの為には

肥料の施肥も大事です。

適切な肥料と適度な水が

大事になります。




もちろん、苗の状態や苗の若さや

気候、生育環境や他の環境でも

シュートが出やすくなる条件は

変わりますが

やれることはやっておこうという

思いです。



シュートが出やすい時期も

ありますし。




特に8月末~9月初旬の

施肥はシュートを出すのに

大事な施肥と思っています。



地植えのバラでは

シュートの為には

雨が降ってくれないかと

期待です。

地植えの場合

自分で水やりするのと雨の威力は

全然違いますから。



別の観点からの話ですが

シュートの場合はそうですが

地植えのバラの場合

ある一定期間雨が降らず

その後多めの雨が降った時

(水を与えられた時)

グッと根が伸びます。


今回はシュートの話なので

根の伸びについての話はこれだけで。

雨が降ると黒点病も気になりますし

色々な兼ね合いがありますよね。



itigou3.jpeg


ピエールドゥロンサールです。

古木ですので

シュートは出にくいと思いますが

元々ピエールドゥロンサールは

サイドシュートが出やすい品種です。



マグアンプKを施肥しました。


私はマグアンプKを元肥で

使っています。

マグアンプKは元肥ですが

今回、追肥で全てのバラと

お花に使ってみました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ハイポネックス】【肥料】マグアンプK 大粒 250g
価格:417円(税込、送料別) (2017/6/14時点)





玉肥は嫌地になると言われていますが

嫌地にさせない為には

玉肥や有機肥料を交互に使ったすると

嫌地になる比率が下がると思います。

または互いの分量を減らして

同時に使うとか。




次回の施肥は有機肥料にしようと

花ごころをすでに買ってきてあります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【花ごころ】【肥料】バラの肥料 500g
価格:297円(税込、送料別) (2017/6/14時点)






*苗の状態、育成環境によっても

違いますので

必ずしもシュートが出るとは限りません。

いつものように自己責任でお願いします。




我が家のクリスマスローズが

満開になりました。

もう何年も我が家にいる子だけど

あまり手をかけなかったので

(肥料をあまりあげなかった)

昨年の半分しかお花が

咲きませんでした。

植物は正直ですね(汗)


itigou6.jpeg



itigou7.jpeg



itigou8.jpeg


この子が

クリスマスローズガーデン(数本だけ)の

中心の役割を担います。





バラの開花2号はこの子かな?


itigou9.jpeg


ジェネラシオン ジャルダン

(デルバール)






長女から花見に行こうと誘われて

主人と3人で行ってきました。

どこが良いか開花情報を調べながら

車を走らせました。

お弁当食べながらお花見でした。


itigou11.jpeg



こんな表示がありました。


itigou12.jpeg


ソメイヨシノってバラ科だったんだー

\(◎o◎)/!



最後まで読んでくださって

ありがとうございます。


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ











[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

選べる新苗★木立バラ2苗セット 特価★期間限定 【バラ苗】
価格:1460円(税込、送料別) (2017/6/12時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

選べる新苗★つるバラ2苗セット 特価★期間限定 【バラ苗】
価格:1460円(税込、送料別) (2017/6/12時点)






















スポンサーサイト
この記事のURL | バラのシュートを出す方法 | TB(0) | ▲ top
バラのシュートを出す方法
2015/06/25(Thu)



私の庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)



今日はバラのシュートを出す方法を

書きたいと思います。



●株元へ日光を当てる。



●肥料を与える。


特に花後のお礼肥に関しては

花が開花中に施肥するのが良い。

時期的には気候で違ってくると思いますが

5月下旬~6月。


花後ではありませんが

9月上旬に施肥するのが良い。



私は別の月も施肥していますが

5月下旬~6月、9月上旬の施肥は

シュートを出す為により重要かと思われます。


また、バラ株育成では土のある程度の乾燥と

水分を与えるの繰り返しが良いですが

肥料を吸収する為には適度な水分も必要ですので

その辺りのことも考慮すると良いと思います。


(水切れしないように

また与えすぎて根腐れしないようお気をつけください)



●二番花、夏花の蕾を摘む。


シュート、サイドシュートを優先したい場合は

二番花、夏秋の蕾を摘む。

秋花の為の蕾は摘まないで秋花を楽しむ。


シュート、サイドシュートを優先しない場合は

二番花も咲かせて楽しむ。




上記に記載したことを全てしても必ずしも

シュート、サイドシュートが出るとは限りませんので

ご了承ください。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の2つの画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*



aikon2.jpegにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ








ribonsita.jpeg















この記事のURL | バラのシュートを出す方法 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ