2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
連作障害ほぼ確定の場所にピエール ドゥ ロンサールを地植えしました♪ &夢のように美しい春バラ☆
2015/03/20(Fri)



今日は連作障害ほぼ確定の場所に

ピエール ドゥ ロンサールを地植えしましたので

その様子を書きたいと思います。




以前連作障害ほぼ確定という記事を

スヴニール ドゥ ドクター ジャーメイン(長!・笑)の

ご紹介の時に書きました。




その記事のリンクを貼りました。




スヴニール ドゥ ドクター ジャーメイン その2と

連作障害の対処法!! 

~* オールドローズ 美しく咲いたけど

連作障害疑惑確定??の春ばら!

黒深紅ベルベットの大人なつるバラ!  *~ 






まずスヴニール ドゥ ドクター ジャーメインを

鉢上げしました。

私は鉢上げはバラが休眠中の2月中旬前後にします。




●バラの鉢上げ時期


・バラの休眠期の2月中旬前後。


・バラの休眠期の2月中旬前後のまだ芽が動いていない時。


・ギリギリセーフは2月末。(もう芽が少し動き始めた時期)


・休眠期以外の時期で苗が弱っていてダメそうな緊急時。

 できるだけ夏は避ける。

 緊急時は夏でもする。

 瀕死の状態の苗は枯れることもある。


 

コンスタンス スプライは枝は伸びていましたが

異常に花数が少なかったので

枝が伸びてる分はまだ良いとみて

鉢上げするつもりでしたが移植しました。




では地植えするピエール ドゥ ロンサールの

ご紹介です。




泉バラ倶楽部で7号スリット鉢生育株大苗を注文した後

どこかで長尺苗を注文すればよかったと

若干後悔していたところ箱を開けてびっくり。

樹高1m20cmくらいの長尺に近い感じの苗が来て

嬉しいびっくり♪



どこかで長尺苗として買えばもっと立派なのが

来てたと思うけど注文したのは普通の大苗ですから。

お値段安いし。

送料無料になるように注文したし。


根の張りもすこぶる良かったです^^



rennsaku1.jpeg



今アーチのもう片側にいるピエール君は

自分で接ぎ木したんですが

今回は待てなくて大苗を買ったんです。

そしたら長尺が来た^^







地植えする場所は下↓の画像のアーチ左側です。


niwaa-tiFC.jpeg





地植えする場所に穴を掘りました。


rennsaku2.jpeg






私がしている地植えの方法の記事です。

その記事のリンクを貼りました。




バラの地植えの方法 ~* 例の秘技もします! *~




連作障害を防止する為

いつもの植え方で

違うのは掘った土を混ぜる際

掘った土ではなく

別のバラを植えたことのない場所から

土を持ってきてそれを混ぜたことです。



掘った土はバラ植えには使えないので

垣根の根元に置きました。




植えつけました。


rensaku3.jpeg






水をたっぷりあげました。


rensaku4.jpeg





完了です。


rensaku5.jpeg






赤の線で囲んでいるのが

植えたピエール君です。


rensaku6.jpeg






ピエール君をアーチに誘引しました。

というか今回は樹高が欲しかったし

もういっぱい芽が出てたんで

アーチに留めただけなんですけど^^


rensaku7.jpeg






我が家ではピエール ドゥ ロンサールは

他のバラより花期が遅く

(他のブロガーさん方宅では他のバラたちと

一緒に咲いてますよね)

上から2番目の画像も満開ではないんです。

一番日照のいい場所に植えてるのに。




で、アーチの反対側に赤のバラを植えて

コラボしようと思ってたんですが

やっぱり思い直して花期が合う

同じピエール ドゥ ロンサールにしたんです。




主人が昨日もピエール君の芽吹きを見て

今年もピエールは遅いねって言ってました。




では何度もご紹介している

ピエール ドゥ ロンサールの春のお花です。



~* ファーストローズのピエール君


初めて植えたバラが素敵で

まるで夢のようなバラだと思いました *~



P3.jpeg




裏と表、どちらが裏で表かわかりませんが

表裏です。

とりあえず表




pieruFC1.jpeg







pieruFC2.jpeg





pieruFC3.jpeg





下の画像は上の画像と同じ年のピエール君です。

まだ自分で接木して2年目の育成中だった頃の画像です。

(ファーストローズのピエール君1号2号はテッポウムシに

やられて慌ててそのピエール君の枝をカットして接木したのが

上下の画像のバラです)


pie-ruFC5.jpeg





ピエール君、蕾がいっぱいです。

相変わらず満開の画像がなくてすみません。



近年50肩をしておさぼりで気まぐれに撮影しているので。

まだ、何かの作業をした後痛かったりするんで撮影も

控える時があるんです。

そういうタイミングが悪いと画像がありません。



それともう1つの理由は

1回撮ったら撮影したつもりになって満足して

満開時を撮っていないことです(笑)


pie-ruFC10.jpeg






天使のような美しさにうっとり~*


pFC1.jpeg





ピエール君ってほんとに素晴らしいバラ~*



pFC3.jpeg




バラ ピエール ドゥ ロンサール 


1987年 フランス メイアン

系統  LCl ラージフラワードクライマー

樹形 ツル

花径  大輪8~11㎝  深いカップ咲き

花色  白に近いクリームホワイトにピンク

樹高  ツル 2.5m~3.5m

香り  微香 

返り咲き(秋に2~3輪咲きます)

耐病性  普通だがうどん粉に強い


ボーリングはまずしない。

非常に育てやすいです。


殿堂入りしたバラ。




最後まで読んでくださりありがとうございます(^^)





見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村













*~ バラ ピエール ドゥ ロンサールを

お探しの方はこちらから ~*




















スポンサーサイト
この記事のURL | バラの連作障害と対処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
連作障害ほぼ確定の場所にピエール ドゥ ロンサールを地植えしました♪ &夢のように美しい春バラ☆
2015/03/20(Fri)



今日は連作障害ほぼ確定の場所に

ピエール ドゥ ロンサールを地植えしましたので

その様子を書きたいと思います。




以前連作障害ほぼ確定という記事を

スヴニール ドゥ ドクター ジャーメイン(長!・笑)の

ご紹介の時に書きました。




その記事のリンクを貼りました。




スヴニール ドゥ ドクター ジャーメイン その2と

連作障害の対処法!! 

~* オールドローズ 美しく咲いたけど

連作障害疑惑確定??の春ばら!

黒深紅ベルベットの大人なつるバラ!  *~ 






まずスヴニール ドゥ ドクター ジャーメインを

鉢上げしました。

私は鉢上げはバラが休眠中の2月中旬前後にします。




●バラの鉢上げ時期


・バラの休眠期の2月中旬前後。


・バラの休眠期の2月中旬前後のまだ芽が動いていない時。


・ギリギリセーフは2月末。(もう芽が少し動き始めた時期)


・休眠期以外の時期で苗が弱っていてダメそうな緊急時。

 できるだけ夏は避ける。

 緊急時は夏でもする。

 瀕死の状態の苗は枯れることもある。


 

コンスタンス スプライは枝は伸びていましたが

異常に花数が少なかったので

枝が伸びてる分はまだ良いとみて

鉢上げするつもりでしたが移植しました。




では地植えするピエール ドゥ ロンサールの

ご紹介です。




泉バラ倶楽部で7号スリット鉢生育株大苗を注文した後

どこかで長尺苗を注文すればよかったと

若干後悔していたところ箱を開けてびっくり。

樹高1m20cmくらいの長尺に近い感じの苗が来て

嬉しいびっくり♪



どこかで長尺苗として買えばもっと立派なのが

来てたと思うけど注文したのは普通の大苗ですから。

お値段安いし。

送料無料になるように注文したし。


根の張りもすこぶる良かったです^^



rennsaku1.jpeg



今アーチのもう片側にいるピエール君は

自分で接ぎ木したんですが

今回は待てなくて大苗を買ったんです。

そしたら長尺が来た^^







地植えする場所は下↓の画像のアーチ左側です。


niwaa-tiFC.jpeg





地植えする場所に穴を掘りました。


rennsaku2.jpeg






私がしている地植えの方法の記事です。

その記事のリンクを貼りました。




バラの地植えの方法 ~* 例の秘技もします! *~




連作障害を防止する為

いつもの植え方で

違うのは掘った土を混ぜる際

掘った土ではなく

別のバラを植えたことのない場所から

土を持ってきてそれを混ぜたことです。



掘った土はバラ植えには使えないので

垣根の根元に置きました。




植えつけました。


rensaku3.jpeg






水をたっぷりあげました。


rensaku4.jpeg





完了です。


rensaku5.jpeg






赤の線で囲んでいるのが

植えたピエール君です。


rensaku6.jpeg






ピエール君をアーチに誘引しました。

というか今回は樹高が欲しかったし

もういっぱい芽が出てたんで

アーチに留めただけなんですけど^^


rensaku7.jpeg






我が家ではピエール ドゥ ロンサールは

他のバラより花期が遅く

(他のブロガーさん方宅では他のバラたちと

一緒に咲いてますよね)

上から2番目の画像も満開ではないんです。

一番日照のいい場所に植えてるのに。




で、アーチの反対側に赤のバラを植えて

コラボしようと思ってたんですが

やっぱり思い直して花期が合う

同じピエール ドゥ ロンサールにしたんです。




主人が昨日もピエール君の芽吹きを見て

今年もピエールは遅いねって言ってました。




では何度もご紹介している

ピエール ドゥ ロンサールの春のお花です。



~* ファーストローズのピエール君


初めて植えたバラが素敵で

まるで夢のようなバラだと思いました *~



P3.jpeg




裏と表、どちらが裏で表かわかりませんが

表裏です。

とりあえず表




pieruFC1.jpeg







pieruFC2.jpeg





pieruFC3.jpeg





下の画像は上の画像と同じ年のピエール君です。

まだ自分で接木して2年目の育成中だった頃の画像です。

(ファーストローズのピエール君1号2号はテッポウムシに

やられて慌ててそのピエール君の枝をカットして接木したのが

上下の画像のバラです)


pie-ruFC5.jpeg





ピエール君、蕾がいっぱいです。

相変わらず満開の画像がなくてすみません。



近年50肩をしておさぼりで気まぐれに撮影しているので。

まだ、何かの作業をした後痛かったりするんで撮影も

控える時があるんです。

そういうタイミングが悪いと画像がありません。



それともう1つの理由は

1回撮ったら撮影したつもりになって満足して

満開時を撮っていないことです(笑)


pie-ruFC10.jpeg






天使のような美しさにうっとり~*


pFC1.jpeg





ピエール君ってほんとに素晴らしいバラ~*



pFC3.jpeg




バラ ピエール ドゥ ロンサール 


1987年 フランス メイアン

系統  LCl ラージフラワードクライマー

樹形 ツル

花径  大輪8~11㎝  深いカップ咲き

花色  白に近いクリームホワイトにピンク

樹高  ツル 2.5m~3.5m

香り  微香 

返り咲き(秋に2~3輪咲きます)

耐病性  普通だがうどん粉に強い


ボーリングはまずしない。

非常に育てやすいです。


殿堂入りしたバラ。




最後まで読んでくださりありがとうございます(^^)





見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村













*~ バラ ピエール ドゥ ロンサールを

お探しの方はこちらから ~*





















この記事のURL | バラの連作障害と対処 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |