2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
バラのうどん粉病対策 小山内 健先生が語ったうどん粉病対策
2017/05/16(Tue)




バラと草花のある庭へ

ようこそ!



今日は今年の春の庭の画像を少し

入れながらうどん粉病対策について

書いていきたいと思います。



今年の画像ですから

まだ開花途中(開花後半)です。




バラを育てている方で

うどん粉病にお悩みの方は

多いと思います。



of.jpg




バラの病気といえば

黒点病とうどん粉病が代表格ですよね。



私もバラ栽培を始めてから

数年間はうどん粉病、黒点病に

品種によっては

悩まされた経験がありました。



黒点病には

今年は良いですが

毎年今でも悩まされています。




うどん粉病になったら

ひどい時は花も蕾のまま咲かないし

どんどん別のバラにも移っていくし

うどん粉病にならないようにするには

どうしたらいいか

色々調べたり試したりしたものでした。

うどん粉病に効く薬剤も試しました。




そして10年以上前から

うどん粉病は我が家では

ほとんど出なくなりました。

出ても一年を通して

春に軒下部分の枝

2~3本のみになりました。




今年は気候がもしかして

関係しているのかもしれませんが

全く出ませんでした。





今まで我が家で

うどん粉病がほとんど出ないのは

殺菌剤のサプロールを

使っている為ではないか。



冬に2回バラ、草木、地面にも

薬剤散布している為ではないかと

考えてきましたが

そうではないかと可能性で

思っていたわけです。



of2.jpg

(上スパニッシュビューティー

奥 ローラダボー、ルッセリアナ)





最近、シンさんのブログで

シンさんが

国際バラとガーデニングショウ

2017で

小山内 健先生に

うどん粉病対策について

質問された事が書かれていました。





シンさんは

「リベルラってうどん粉に弱いですか?」

と質問されたそうですが




小山内 健先生の答えは


「葉っぱが茂ってくると

陽があたらない影の部分が

当然出来てくるんだけど

そこの日陰の場所の

光合成が少なくなって

部分栄養失調になるんだそうです


その部分栄養失調のあたりから

うどん粉が感染しやすくなるとのこと。」


(「」内はシンさんのブログの文章からの

引用です。

私の解釈が含まれて

間違いがあるといけないと思い

シンさんのブログから

文章を引用させて頂きました。



その部分栄養失調になった部分に

栄養を与えると

うどん粉病に良いですよ、という

お答えです。





その記事を読ませて頂いて

小山内先生がうどん粉病について

答えられた事と

我が家がしていたことが

同じでびっくりしました。




小山内先生の答えで

今までそうではないかと

思っていた可能性プラス

考えていなかった

葉面散布していた液肥も

うどん粉病対策に効果を

もたらしていたこと
を知って

腑に落ちた気がします。



我が家は薬剤と一緒に

水に活力剤と液肥を

入れて葉面散布していたのです。





それをうどん粉病対策とは

知らず葉面から活力や栄養を与える為に

していたのです。




小山内先生が具体的にお答えになった

うどん粉病については

サルバトーレにカリグリーンを混ぜて

ハイポネックス微粉を1000倍にして

全体に散布すると良いとのこと。




栄養剤については我が家は

アルゴフラッシュですが

私が小山内先生の講習会で

聞いたオススメの殺菌剤は

サルバトーレ。

栄養剤は微粉でした。





シンさんのブログ

「VARIOUS H・L」の

小山内先生とのやり取りの記事では

小山内先生のうどん粉病に関する

より具体的な薬剤の説明や

2016年新作のリベルラについての

やり取りなど

先生の気さくなお人柄がうかがえる

興味深いシンさんとのやり取りが

書かれています。

すでに読まれた方もいらっしゃるかと

思いますがリンクを貼りました。





シンさんのブログ

小山内先生との2017国バラでの

記事




またその記事の前回記事では

シンさんが

2017第19回 

国際バラとガーデニングショーの

内覧会に行かれて

新作のバラをたくさん撮影され

ブログ掲載されています。

素敵なバラの写真がいっぱいでした。




シンさん

ありがとうございます。





そんな我が家が

10年以上前からしている

うどん粉病対策をあらためて

書きます。



● 薬剤散布


① 冬のうちに

2回バラ全体、草木、地面に

薬剤散布をしておく。




② 2月中旬から

バラ全体、草木、地面に

2週間に一回薬剤散布をする。



薬剤散布は

殺菌剤の場合

系統の違う薬剤を

ローテーションして使う。



害虫予防駆除剤も

系統の違う薬剤を

本来ローテーションして使うのが

基本だと思いますが

今のところ効果がありますので

我が家ではそこまで加味していません。

同じ薬剤を連投せず

ローテーションはしています。



③ 薬剤と一緒に

水に活力剤と液肥を

入れて葉面散布する。




我が家で使っている

うどん粉病対策の薬剤の一部です。


サルバトーレ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ハイポネックス】【園芸用殺菌剤】サルバトーレME20ml
価格:629円(税込、送料別) (2017/5/16時点)





サプロール

サプロールはよく使われていますし

我が家でも長年使用しているので

耐性がつきやすくなっていると

思われますが

今のところ効果があると実感しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【殺虫殺菌剤】【住友化学園芸】STサプロール乳剤 30ml
価格:675円(税込、送料別) (2017/5/16時点)





ポリオキシンAL水溶剤


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポリオキシンAL水溶剤「科研」 100g【メール便可】
価格:2575円(税込、送料別) (2017/5/16時点)




液肥はアルゴフラッシュ






活力剤はHB101





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天然植物活力液そのまま使える 1000倍希釈活力液HB-101 500CC
価格:798円(税込、送料別) (2017/5/16時点)





小山内 健先生お勧めの

ハイポネックスの微粉。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイポネックス微粉 120g
価格:398円(税込、送料別) (2017/5/16時点)





微粉は冬に買ったのですが

買い置きしていたアルゴフラッシュが

まだ数本あるので

アルゴフラッシュがなくなったら

微粉も使ってみたいと思います。




以前小山内 健先生の講習会に

行ったのですが

小山内先生は活力剤はリキダスを

お勧めでした。



機会があったら使ってみたいと思います。



nw3.jpg

(小山内 健先生 ロゼ撮影)



小山内 健先生の

講習会へ行ってきました!シリーズ





薬剤散布に関しては

散布する度

更新したブログ記事中に

下記のように記載しています。





バラの病気の予防治療薬剤

・ポリオキシンAL水溶剤 

希釈2500倍

(うどん粉病、スリップス)

バラの害虫予防駆除の薬剤

・オルトラン水和剤 希釈1000倍

(カイガラムシ、アブラムシ、

コナガ、アオムシ、スリップス)


・展着剤  

希釈1ℓ(リットル)で

0.1~0.4ml(ミリリットル) 

1リットルにスポイトで1滴

・活力剤 HB101 希釈1000倍 

1リットルに容器から直接1~2滴 

・液肥 アルゴフラッシュ


活力剤と液肥は薬剤と一緒に

水に混ぜて葉面散布。



我が家で使っている

アイリスオーヤマ

電池式噴霧器 IR-4000W

送料無料







of4.jpg


(バリエガタ ディ ボローニャと

白い草花はオルラヤ)




うどん粉病になりすい要因として

他には

うどん粉病に

なりやすい品種というのもあります。




また多肥も原因としてあげられますが

バラは肥料を多く必要としますので

その加減も必要です。




そして軒下つまり雨の当たらない場所で

よくうどん粉病になります。

我が家でも軒下のバラに

うどん粉病が出ていました。

黒点病が雨に当たらない場所では

比較的なりにくいのと反対ですね。




ですからバラが雨にさらされる

地植えの多い我が家では

むしろ黒点病対策が大変です。




今年は気候に恵まれたせいか

黒点病にもあまり悩まされていません。




このようにして

その年や地域の気候、環境などに

よっても違うかと思いますので

その点ご留意くださいね。




追記

2017年5月17日

うどん粉病の薬剤散布をする前に

葉面や蕾など株に

水でシャワーして乾いてから

散布すると

薬剤の効果が上がります。



うどん粉になる原因のひとつに

気温、気候もあります。



お役に立てれば幸いです。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トリフミン乳剤 100ml
価格:744円(税込、送料別) (2017/5/16時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GFベンレート水和剤0.5g×10袋入り殺菌剤
価格:484円(税込、送料別) (2017/5/16時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カリグリーン1.2g×10袋入肥料・殺菌剤
価格:506円(税込、送料別) (2017/5/16時点)













スポンサーサイト
この記事のURL | バラのうどん粉病対策 | TB(0) | ▲ top
バラのうどん粉病対策 ~* つるミミエデンのようなうどん粉病に弱いバラ苗対策 薬剤・管理方法 *~
2015/04/08(Wed)



私のバラ庭に遊びに来てくださって

ありがとうございます~*



今日はバラのうどん粉病対策について書きたいと思います。



我が家の庭でうどん粉病は5年間

スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本だけで

あとは全くうどん粉病が発生していません。




我が家には150本以上のバラがあります。

まだカテゴリーに掲載していないバラもありますし

1つの品種で複数あるものもあるので

たぶんそれぐらあります。




つるミミエデンは

非常にうどん粉病になりやすい品種とされています。

そのつるミミエデンを5年前にお迎えして

うどん粉病を覚悟していましたが

つるミミエデンも一度もうどん粉病になったことがありません。




なぜほとんどうどん粉病になぜならないのかを

探ってみることにより

うどん粉病対策が導き出されるのでは

ないかと考えました。




私は毎年1度目の薬剤散布の殺菌剤(黒点病・うどん粉病)は

サプロールを散布しています。




我が家は14年前から

治療用殺菌剤として一貫して使用してきた薬剤は

サプロールのみです。

もちろん、他の薬剤とローテーション使用していますが

使い続けてきたのはサプロールのみで他の殺菌薬剤は

追加などで使い始めたものばかりです。



12年前から

毎年2月中旬に1回サプロールを散布しています。

サプロールは治療、予防薬ですが

2月に行う年のはじめの散布では

色んな病気の菌をやっつけておきたいと思い

地面やバラの株元から枝や草花、木々、垣根に至るまで

散布をしています。




そして黒点病が発生した際

予防薬から治療薬に切り替え

治療薬のローテーションにサプロールを加えて

散布しています。



通常の定期散布でもうどん粉病などの殺菌予防薬を

使います。




うどん粉病がほとんど発生しない我が家では

これはあくまでもほとんど黒点病対策の為で

うどん粉病対策の為ではありません。




しかし、黒点病の為の薬剤散布が

うどん粉病の予防にもなっていることは確かです。

黒点病対策の散布ですが

うどん粉病が5年間ほとんど出てないと言っても

うどん粉病の予防のことは頭の中にあり

それを加味して薬剤散布しています。




サプロールは昔から使われている薬剤ですので

耐性がつきやすいとされていますが

我が家ではこのようにしています。



また、サプロールはうどん粉病によく効くとされています。



以上、私の経験則から考えられるうどん粉対策の1つは

長年の薬剤サプロール使用ではないかと

推測されるというこです。



ただし、同じ薬剤を連続しての散布は効果がありませんので

うどん粉病が出た際違う薬剤と

ローテーションして使用されるといいと思います。




そして大事なことがもう1つ。



うどん粉は多肥によってもなりやすいので

適度な肥料を施すのがいいです。





肥料が少なすぎても生育などに影響しますので

少なすぎてもいけないです。

多肥による障害と苗の生育の為の施肥の

バランスが大事だと思います。



うどん粉病になりにくいバラは

それほど神経を配る必要はないと思います。

バラは肥料食いで肥料が必要です。





そしてもう1つ。


うどん粉病は雨のあまり当たらない場所で

発生しやすいです。




ですので黒点病にならなくする為には軒下管理が良いですが

うどん粉病対策は反対でむしろ雨に当たってうどん粉が

流れた方が良いのです。




先ほど書きました薬剤に関しては

推測の域を出ませんがサプロールはプロの方も

うどん粉病によく効くと話されています。





3年前とおととし、私は50肩で

ほとんど薬剤散布をしていないにもかかわらず

(最初の2回のみ

どちらの年も庭全体に薬剤散布しています。)

ここ5年間

ほんのわずかなうどん粉しか発生しなかったこと

(スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本のみ罹患)





そしてうどん粉病にとてもなりやすいつるミミエデンが

一度もうどん粉病になったことがないこともお知らせして

少しでもつるミミエデンだけでなく

他の品種でもうどん粉病対策のお役に立てたなら幸いです。




ではうどん粉病対策をまとめます。



サプロールはうどん粉病によく効く

薬剤とされていますので

1度目の薬剤散布時に株、地面、垣根、他の花などに

散布しておくと効果があると思います。



通常の定期散布でもうどん粉病などの殺菌予防薬を

使うといいと思います。



またうどん粉病になった時、サプロールを

ローテーションに混ぜると良いです。




うどん粉は多肥によってもなりやすいので

適度な肥料を施すのがいいです。


(肥料が少なすぎると苗の生育によくありません。)




うどん粉病は雨のあまり当たらない場所で

発生しやすいです。



(黒点病予防には雨の当たらない

軒下管理が良いので

その点の考慮や兼ね合いが必要です)




これらが総合的に作用して

うどん粉病の発生を抑えているのだと思います。





我が家のサプロール

左側です。

yakuzaiGC3.jpeg





ではうどん粉病に非常に弱いとされている

メイアン作 つるミミエデンの昨年春のバラを

ご紹介します。  

これひと房なんです。

大きなブーケ咲きでしかもかわゆいでしょ♪


外側の花びらがグリーンがかって素敵でしょ~*



mimiFC1.jpeg





咲き始めです。



mimiFC6.jpeg






ランプとのコラボです。


mimiFC7.jpeg





つるミミエデンはオベリスクに誘引してますが

トレリスまで伸びてきています。


mimiFC3.jpeg




小さな子が束になって咲く姿はほんとにかわゆい~❤


mimiFC5.jpeg




mimiFC4.jpeg





もうかわゆいという言葉しか出てきません(*^ ・^)ノ⌒☆


mimiFC2.jpeg





大人気品種のミミエデンの枝変わり、

つるバージョンです。

ミミエデンをより育てやすく改良もされているんです。




バラ つるミミエデン



系統  DL クライミングローズ

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 2009年

花色   白に中心がピンク

香り   微香

咲き方  カップ咲き 小輪 直径3cm 房になって咲く

樹高   2.5m

樹形   つる

花期   返り咲き(何度も返り咲く。)

樹勢   強い

病気  黒点・うどん粉病 

黒点は弱い・うどん粉は非常に弱い。



まずボーリングしない。

樹勢そのものは強いので育てやすいと思います。

(我が家では今のところうどん粉病になりませんので

育てやすいですが一般的にうどん粉病に非常に弱いので

その点対処が難しいのではと思います)




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の2つの画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ








ribonsita.jpeg



*~楽天で つるミミエデンを

お探しの方はこちらから ~*








t*~ 私が利用するお店です ~*


バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。
















この記事のURL | バラの病気対策(黒点・うどん粉病など) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ