FC2ブログ



ドイツ タンタウ社のアウグスタルイーゼ 

大輪の冬バラが開花中です。



花びらもフリルのかかり方がとても美しいバラ(*^ ・^)ノ⌒☆ 



augusutaFC5.jpeg






うっとりです~*

夢の世界のよう~♪


混色のアプリコットカラーが素敵でしょ~☆



augusutaFC6.jpeg






大輪でゴージャスビューティーの子。

augusutaFC3.jpeg





鹿児島の木市で気に入って1本600円の新苗でしたが

2本買いました。


私はほとんど大手ナーセリーさんから買うのですが

木市の販売業者さんの話しですと

鹿児島の木市のバラは木市に合わせてハウスで

しっかり育てられたバラなのでクオリティーの高いバラ苗が

販売されています。


実物を見て購入するので苗の状態はわかります。


augusutaFC4.jpeg





樹勢が強く強健なバラですのですぐ大きくなりました。

コンパクトにも中間シュラブとしてでもどちらでも仕立てられます。


augusutaFC2.jpeg





ピンク・オレンジ・少しくすんだ薄い黄色・アプリコットの

混色がなんとも魅力的です~*


augusutaFC1.jpeg








augusutaFC7.jpeg






ここからは今年の春に咲いた春バラのご紹介です。

秋と同様でそれ以上なのですがフリルがいっぱいです~*


augusutaFC8.jpeg





花びらもいっぱい~大輪が房咲きで咲きます。

augusutaFC9.jpeg





一番手前がアウグスタルィーゼです。


augusutaFC10.jpeg





2本育てていると書きましたが

もう1本は今年は少しオレンジっぽく咲きました。

そこにピンクが混ざるって感じです。

日当たりや色んな条件で色が若干変わる子のようです。

年によって同じ株でも色や混色具合が違います。

同じ年の同じ木でさえ開花時期が少しずれただけで

色が違ったりします。


春のフリフリは凄いです。

augusutaFC11.jpeg



お気に入りの子なのでたくさん撮影していて

画像がいっぱいありますので

春の画像はここではご紹介しきれませんので

春だけの画像の記事を機会を見てアップしようと思っています。



バラ アウグスタ ルイーゼ  

1999年 ドイツ Tantau

S シュラブ

花径  大輪8~10㎝

花色  ピンク→ピンク、アプリコット、オレンジなどの混色 

波状弁ロゼット咲き

樹高  半直立性 1m~1.8m

香り  中香

繰り返し咲き

強健



耐病性(黒点・うどん粉など) 強い



ボーリングはまずしない。

雨により花びらに色染みが出やすい。

雨がなければ色染みはしない。

育てやすいです。



花名は18世紀の文豪ゲーテの文通相手の婦人名にちなんで

つけられました。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



*~楽天で アウグスタルイーゼを

お探しの方はこちらから ~*






2014.12.12 / Top↑



ドイツ タンタウ社のアウグスタルイーゼ 

大輪の冬バラが開花中です。



花びらもフリルのかかり方がとても美しいバラ(*^ ・^)ノ⌒☆ 



augusutaFC5.jpeg






うっとりです~*

夢の世界のよう~♪


混色のアプリコットカラーが素敵でしょ~☆



augusutaFC6.jpeg






大輪でゴージャスビューティーの子。

augusutaFC3.jpeg





鹿児島の木市で気に入って1本600円の新苗でしたが

2本買いました。


私はほとんど大手ナーセリーさんから買うのですが

木市の販売業者さんの話しですと

鹿児島の木市のバラは木市に合わせてハウスで

しっかり育てられたバラなのでクオリティーの高いバラ苗が

販売されています。


実物を見て購入するので苗の状態はわかります。


augusutaFC4.jpeg





樹勢が強く強健なバラですのですぐ大きくなりました。

コンパクトにも中間シュラブとしてでもどちらでも仕立てられます。


augusutaFC2.jpeg





ピンク・オレンジ・少しくすんだ薄い黄色・アプリコットの

混色がなんとも魅力的です~*


augusutaFC1.jpeg








augusutaFC7.jpeg






ここからは今年の春に咲いた春バラのご紹介です。

秋と同様でそれ以上なのですがフリルがいっぱいです~*


augusutaFC8.jpeg





花びらもいっぱい~大輪が房咲きで咲きます。

augusutaFC9.jpeg





一番手前がアウグスタルィーゼです。


augusutaFC10.jpeg





2本育てていると書きましたが

もう1本は今年は少しオレンジっぽく咲きました。

そこにピンクが混ざるって感じです。

日当たりや色んな条件で色が若干変わる子のようです。

年によって同じ株でも色や混色具合が違います。

同じ年の同じ木でさえ開花時期が少しずれただけで

色が違ったりします。


春のフリフリは凄いです。

augusutaFC11.jpeg



お気に入りの子なのでたくさん撮影していて

画像がいっぱいありますので

春の画像はここではご紹介しきれませんので

春だけの画像の記事を機会を見てアップしようと思っています。



バラ アウグスタ ルイーゼ  

1999年 ドイツ Tantau

S シュラブ

花径  大輪8~10㎝

花色  ピンク→ピンク、アプリコット、オレンジなどの混色 

波状弁ロゼット咲き

樹高  半直立性 1m~1.8m

香り  中香

繰り返し咲き

強健



耐病性(黒点・うどん粉など) 強い



ボーリングはまずしない。

雨により花びらに色染みが出やすい。

雨がなければ色染みはしない。

育てやすいです。



花名は18世紀の文豪ゲーテの文通相手の婦人名にちなんで

つけられました。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



*~楽天で アウグスタルイーゼを

お探しの方はこちらから ~*







2014.12.12 / Top↑