2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
バラ苗の予約注文しました♪予約したのはホワイトメイディランドとブノワマジメル♪春の庭はプシュケランブラー&夏バラたち~*
2016/09/07(Wed)


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




ペッシュボンボンの夏花です。


gaga7.jpeg


可愛らしい混色で咲いています。




以前咲いた春のお花です。


peFC6.jpeg


今朝咲いた子も花びらに刻みが入ってますが

ペッシュボンボンは花びらによく刻みが入って

可愛いです~*







アブデルの夏花です。


qeqe12.jpeg


綺麗なローズピンクで咲いてくれました。





qeqe13.jpeg


こんな良い枝を上げてくると

夏剪定、悩みます。




あっという間にグングン成長しました。

切りたくない。




この枝を残して剪定することにします。

他のバラもそうしたいと

気持ちが傾いています。




今年の春に咲いたお花です。


natu-21.jpeg


大輪、深いカップの豪華な子~*






マダムアルフレッドキャリエールの夏花です。


gaga8.jpeg


清楚な感じで咲いてます。




今年の春に咲いたお花です。


madFC.jpeg


極うすいピンクがのって

やがて純白になります。






無事、昨日バラ苗の予約注文ができました♪

新作でなくても

予約注文ができるまで

ドキドキ。




人気の新作が欲しいというロザリアンさんは

もっとドキドキされるのではと思います。





バラ友さんが

販売時間と同時にボタン押したけど

買えなかったって言ってたことがありますから。

タッチの差かも。




ロゼが注文したのは

ブログでも書いていたとおり

ホワイトメイディランドと

ブノワマジメルです。





ホワイトメイディランド


hasa4.jpeg


画像はバラの家さんからお借りしました。





ququ9.jpeg



右側のオベリスクに

ホワイトメイディランドを

誘引する予定です。



とても楽しみ♪




オベリスクが錆びて傷んでいたんで

別にあるオベリスクに

変えたいと思います。




ロゼんちは一時期

結構オベリスクを多用してて

その頃は庭のあちらこちらに

オベリスクがいる状態で

少しずつ減ってきて

また冬に1つ減らす予定です。




で、そんなオベリスクが

いっぱいあって

主人がどうにかならないかなぁ?って

言ってますけど

また、いつ気が変わって

オベリスクマイブームがやってくるかわからないので

そのままにしておくしかないです。




たぶんロゼは断捨利できないタイプかと。




ブノワマジメルは

たぶんミステリューズとコラボさせると思います。

まだ植える場所をはっきり決めてないんで

仮妄想状態です。




ブノワマジメル


横浜イングリッシュガーデンにて撮影。


yokoh9.jpeg


優雅で上品なバラ~*






今年の春ですが

ミステリューズの一輪目が咲いてたんで

クレマチスのビエネッタと

コラボ写真を撮影しました。



age29.jpeg






age33.jpeg


大人なコラボになるのではないかと

仮妄想中です。




あとフランシーヌ オースチンを

注文予定なんですが

小さな森が9月中旬から

予約販売を始めるとのことなんで

待機しています。




小さい森になかったら

デビッド オースチンのサイトで

注文しようと思っています。






今年の春の庭です。


gaga9.jpeg



ガゼボにいるプシュケランブラーです。

(ロサオリエンティスのプシュケではありません。)



アニエスシリジェルが

画像奥に見えています。




今年のアニエスシリジェルは

いつもより遅い開花で

この時、咲き始めから少し経ったところでした。




雪が積もった為と思いますが

何が原因かはわからないです。



gaga4.jpeg


かわゆい~*

中輪のお花が房になって咲いています。





gaga6.jpeg


可愛らしい景色~*



バラは可愛い子がいたり

大人な子がいたり

ゴージャスな子がいたり

可憐な子がいたり




そういった色んな子が織りなす世界を

楽しめることに喜びを感じます~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪







































スポンサーサイト
この記事のURL | プシュケ ランブラー  | TB(0) | ▲ top
台風、近くを通ったのに雨風あまりなしでした。台風後のペッシュボンボン、家の中で咲いたフランシスデュブリュイ♪春の庭はアーチを中心に~*
2016/09/04(Sun)


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




台風ですが965hPaで強くて

近くを通ったのに

今日は雨もあまり降らなかったし

風もあまり吹いてないです。




前日の方が雨が降ってました。




今も強風雨域に入ってるのに(午前5時半)

静かです。



こんなこと鹿児島に来て初めて。



よほど範囲が小さな台風だったのね。





ロゼは鹿児島へ嫁に来て

台風で太い電信柱が連続で10本倒れてるの

見たことあるし

ロゼんちから1キロくらい離れた場所の

大きな鉄塔がおもちゃのようにグニャっと

曲がったこともあります。





とにかく枕崎沖をこの強さで

こんなに近くを通ると要警戒なのは

鹿児島の人ならば誰でも知っていると思います。




主人とも今回の台風はあたると言っていました。

いい意味での肩透かしでホッとしています。

ご心配して頂きありがとうございました。



がこれからの進路にあたる地方は

お気を付けください。




東北の台風被害もどうぞ

早く元の生活に戻れますようにと

願っています。




台風の片づけは家の中に入れていた鉢を

外へ出して

仮留めしていた枝は冬剪定まではそのままで

シュートやベイサルシュートを何本か留めていますが

まだ成長するので仮留めをはずします。


qeqe7.jpeg


留めてあるプシュケランブラーの

ベイサルシュート。



今年のお花です。


pusuf.jpeg


愛らしいバラ~*


ロサオリエンティスのプシュケではないです。









ペッシュボンボン(デルバール)の夏花です。


qeqe.jpeg


昨日アップした子ですけど

台風の影響はあまりなかったみたい。



お菓子色から可愛いピンク色になりました。




以前の春に咲いたお花です。


peFC6.jpeg


可愛い色合いでほんとにお菓子みたい~*








フランシスデュブリュイの夏花です。


qeqe1.jpeg


この子は鉢で家の中にいて

今朝咲いてました。

外が明るくなったので撮影。



フランシスデュブリュイらしく

赤でもちょっとシックな赤で咲いていて素敵。




今年春に咲いたお花です。


fuf1.jpeg


黒赤もシックで素敵だけど

なんといってもフランシスは香りがすごいんです。

我が家で一番香るバラです。



フランシスが咲いたら玄関ポーチにもってきます。

花が日焼けしてしまって黒くなるっていうことも

玄関ポーチの軒下へもってくる理由でもありますが

それより香りです。

辺り一面ダマスクの香りを漂わせます。






セリーヌフォレスティエの夏花です。


qeqe8.jpeg


開花しそうで

ランプの上にいたので

ランプごとお花にビニール袋を

被せておきました。



雨風が当たりにくい場所にいましたし

綺麗に開花してくれて良かったです。




ロゼは雨前、

バラのお花にビニール袋を被せることがあるのは

ブログを読んでくださっている方は

ご存じだと思いますが

最近はあまりしてないです。

春の雨はお手上げでしたし。




qeqe3.jpeg


うっすらとピンクをまとっていて

やさしい色です。



今年の春のお花です。


sef.jpeg


可愛いポンポン咲き。





fuf7.jpeg


チャーミングなボタンアイをつける子も

いるんです。

どちらも可愛い~*





今年の春の庭です。



keke20.jpeg



2階の窓から写した

ピエールドゥロンサールのアーチと

お花畑の花壇です。



pief.jpeg


可愛く咲いたピエール君。






2階から写すというか見ることに

初めて気がついたのが

バラ栽培16年目という

大ボケのロゼ。



おまけに春バラシーズン終わりかけ \(◎o◎)/



keke21.jpeg



でも、2階の窓から見た景色は

新鮮でもあり素敵でした~*



最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




































この記事のURL | プシュケ ランブラー  | TB(0) | ▲ top
ガゼボに誘引しているつるバラ プシュケランブラーを剪定、誘引しました。
2015/12/22(Tue)



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



ガゼボに誘引しているバラ プシュケランブラーを

剪定、誘引しました。



ペッシュボンボンを誘引する前に

すでに済ませていましたが

写真撮影がペッシュボンボンと後先になってしまい

ペッシュボンボンと重なってしまいました。

すみません。



ペッシュボンボンの枝をガゼボの柱を使って

寝かせているのでその枝が左横から写っています。



この間、剪定、誘引した様子です。


sep2.jpeg


sep1.jpeg


プシュケランブラーは花つきが良く

たぶん枝を斜めにしたり蛇行させたり

寝かさなくてもたくさん花をつけてくれると思います。



前の冬にバラの家から長尺苗でお迎えしましたが

ガゼボに真っ直ぐ誘引しました。

にもかかわらずとても花つきが良かったです。



ですが今回は長いシュートが2本出て

ガゼボの長さを飛び出してしまうので蛇行させました。

蛇行させた方が花つきも良いでしょうし。




剪定は枝先を7cmほどカットするように

チョコンチョコンとハサミを入れていきました。

sep3.jpeg

芽の上1cmのところをカットしましたが

この子の場合良い芽がプクッとしたところをとか関係なく

花つきが良いので芽の状態を

お構いなしにカットしていきました。

葉っぱは後日まとめて取ります。



●プシュケランブラーは

小輪~中輪で中くらいの太さの枝ですが

小輪と同じ扱いをして

竹串より太い枝を残してあとは剪定しました。


sep4.jpeg


細い枝も残しています。

これで来春良くなければ

割り箸以上の枝を残して剪定するに切り替えます。




ではプシュケランブラーをご紹介したいと思います。



今年の春のお花です。

pusyukeranbura-2.jpeg

ふわんふわん~な可愛いバラ~*




pusyukeranbura-.jpeg

手前の白に見えるお花がプシュケランブラーです。

花一輪で見ると白と薄いピンクが不定期に入って

それも素敵なのですが

全体で見ると白に見えるところがお気に入りです~*



キュートなボタンアイがつきます。

花径は5~6cm。

pusyuke7.jpeg


かわゆいです~*

そして病気にも強く樹勢も強く育てやすいです。



バラ プシュケランブラー

   (ロサオリエンティスのプシュケではないです) 

作出年 1899年

作出国 イギリス

作出者 G. Paul

系統 R ランブラー 

樹形 半横張り性

花径  小輪~中輪 5~6cm  

花色  白 白とピンクの不定期な混色

樹高  3m~5m

香り  微香

一季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  強い

樹勢 強い



ボーリングはまずしない。

とても育てやすいです。


 
地植え、壁面、トレリス、フェンス、アーチ、ガゼボ向き。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






現在売り切れ中です(2015年12月22日現在)



*~ プシュケランブラーを

お探しの方はこちらから ~*

















この記事のURL | プシュケ ランブラー  | TB(0) | ▲ top
ガゼボに誘引しているつるバラ プシュケランブラーを剪定、誘引しました。
2015/12/22(Tue)



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



ガゼボに誘引しているバラ プシュケランブラーを

剪定、誘引しました。



ペッシュボンボンを誘引する前に

すでに済ませていましたが

写真撮影がペッシュボンボンと後先になってしまい

ペッシュボンボンと重なってしまいました。

すみません。



ペッシュボンボンの枝をガゼボの柱を使って

寝かせているのでその枝が左横から写っています。



この間、剪定、誘引した様子です。


sep2.jpeg


sep1.jpeg


プシュケランブラーは花つきが良く

たぶん枝を斜めにしたり蛇行させたり

寝かさなくてもたくさん花をつけてくれると思います。



前の冬にバラの家から長尺苗でお迎えしましたが

ガゼボに真っ直ぐ誘引しました。

にもかかわらずとても花つきが良かったです。



ですが今回は長いシュートが2本出て

ガゼボの長さを飛び出してしまうので蛇行させました。

蛇行させた方が花つきも良いでしょうし。




剪定は枝先を7cmほどカットするように

チョコンチョコンとハサミを入れていきました。

sep3.jpeg

芽の上1cmのところをカットしましたが

この子の場合良い芽がプクッとしたところをとか関係なく

花つきが良いので芽の状態を

お構いなしにカットしていきました。

葉っぱは後日まとめて取ります。



●プシュケランブラーは

小輪~中輪で中くらいの太さの枝ですが

小輪と同じ扱いをして

竹串より太い枝を残してあとは剪定しました。


sep4.jpeg


細い枝も残しています。

これで来春良くなければ

割り箸以上の枝を残して剪定するに切り替えます。




ではプシュケランブラーをご紹介したいと思います。



今年の春のお花です。

pusyukeranbura-2.jpeg

ふわんふわん~な可愛いバラ~*




pusyukeranbura-.jpeg

手前の白に見えるお花がプシュケランブラーです。

花一輪で見ると白と薄いピンクが不定期に入って

それも素敵なのですが

全体で見ると白に見えるところがお気に入りです~*



キュートなボタンアイがつきます。

花径は5~6cm。

pusyuke7.jpeg


かわゆいです~*

そして病気にも強く樹勢も強く育てやすいです。



バラ プシュケランブラー

   (ロサオリエンティスのプシュケではないです) 

作出年 1899年

作出国 イギリス

作出者 G. Paul

系統 R ランブラー 

樹形 半横張り性

花径  小輪~中輪 5~6cm  

花色  白 白とピンクの不定期な混色

樹高  3m~5m

香り  微香

一季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  強い

樹勢 強い



ボーリングはまずしない。

とても育てやすいです。


 
地植え、壁面、トレリス、フェンス、アーチ、ガゼボ向き。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






現在売り切れ中です(2015年12月22日現在)



*~ プシュケランブラーを

お探しの方はこちらから ~*


















この記事のURL | プシュケ ランブラー  | TB(0) | ▲ top
プシュケランブラー~*白や白とピンクの混色の可愛いつるバラ  ガゼボに誘引♪ ~
2015/06/27(Sat)



私の庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)



今年の春のバラ プシュケランブラーを

ご紹介したいと思います。



ふわっふわな白やピンクのグラデーションが可愛いバラ゚


pusyukeranbura-2.jpeg





この冬バラの家から長尺苗で

お迎えしました。

ガゼボに誘引しています。


プシュケランブラーを春にご紹介した時

下の画像を載せながら

『表側に花がついているので

花が見えてません。

表側の全体の画像が見つかりません。

早くも画像が行方不明(笑)』と書きましたが

画像が見つかりました♪


niwapusyuke.jpeg






見つかった表側(花がついた)の全体の画像です。


pusyukeranbura-.jpeg


手前の白に見えるお花がプシュケランブラーです。

私のブログで画像が行方不明と書いて

見つかったのは初めてだと思います(笑)




下の画像のように白とピンクのグラデーションなんですが

ピンクが薄いので全体で見ると

上の画像のように白に見えます。

ここにはそんなバラを這わせたかったので

とても嬉しいです♪


pusyukeranbura-3.jpeg






樹高が3m~5mになるそうです。

樹勢が強くすでにシュートを2本出しています。

シュートはガゼボに這わせて

ちょうど良いところまで来ていますヽ(*^^*)ノ



花径は5~6cmの小輪~中輪で

白とピンクの混色具合が不定期なので

それも魅力です~*




花つきもとても良く

ガゼボにいる他のバラとも

花期が合うので良かったです^^




プシュケは

黒点病やうどん粉病は普通に定期薬剤散布を

していれば大丈夫ですが

薬剤散布をしなければ黒点病になると思います。

今のところ黒点病やうどん粉病などの病気には

強いと判断しています。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*


それにしても鹿児島は雨ばかりで

毎日雨が降っています。

で、庭仕事が何も出来ないです。



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*



バラ プシュケ

   (ロサオリエンティスのプシュケではないです) 

作出年 1899年

作出国 イギリス

作出者 G. Paul

系統 R ランブラー 

樹形 半横張り性

花径  小輪~中輪 5~6cm  

花色  白 白とピンクの不定期な混色

樹高  3m~5m

香り  微香

一季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  普通

樹勢 強い



ボーリングはまずしない。

とても育てやすいです。


 
地植え、壁面、トレリス、フェンス、アーチ、ガゼボ向き。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます(*^▽^*)




ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の2つの画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*



aikon2.jpegにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ








ribonsita.jpeg



現在売り切れ中です(2015年6月27日現在)




*~ プシュケランブラーを

お探しの方はこちらから ~*


















この記事のURL | プシュケ ランブラー  | TB(0) | ▲ top
プシュケランブラー~*白や白とピンクの混色の可愛いつるバラ  ガゼボに誘引♪ ~
2015/06/27(Sat)



私の庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)



今年の春のバラ プシュケランブラーを

ご紹介したいと思います。



ふわっふわな白やピンクのグラデーションが可愛いバラ゚


pusyukeranbura-2.jpeg





この冬バラの家から長尺苗で

お迎えしました。

ガゼボに誘引しています。


プシュケランブラーを春にご紹介した時

下の画像を載せながら

『表側に花がついているので

花が見えてません。

表側の全体の画像が見つかりません。

早くも画像が行方不明(笑)』と書きましたが

画像が見つかりました♪


niwapusyuke.jpeg






見つかった表側(花がついた)の全体の画像です。


pusyukeranbura-.jpeg


手前の白に見えるお花がプシュケランブラーです。

私のブログで画像が行方不明と書いて

見つかったのは初めてだと思います(笑)




下の画像のように白とピンクのグラデーションなんですが

ピンクが薄いので全体で見ると

上の画像のように白に見えます。

ここにはそんなバラを這わせたかったので

とても嬉しいです♪


pusyukeranbura-3.jpeg






樹高が3m~5mになるそうです。

樹勢が強くすでにシュートを2本出しています。

シュートはガゼボに這わせて

ちょうど良いところまで来ていますヽ(*^^*)ノ



花径は5~6cmの小輪~中輪で

白とピンクの混色具合が不定期なので

それも魅力です~*




花つきもとても良く

ガゼボにいる他のバラとも

花期が合うので良かったです^^




プシュケは

黒点病やうどん粉病は普通に定期薬剤散布を

していれば大丈夫ですが

薬剤散布をしなければ黒点病になると思います。

今のところ黒点病やうどん粉病などの病気には

強いと判断しています。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*


それにしても鹿児島は雨ばかりで

毎日雨が降っています。

で、庭仕事が何も出来ないです。



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*



バラ プシュケ

   (ロサオリエンティスのプシュケではないです) 

作出年 1899年

作出国 イギリス

作出者 G. Paul

系統 R ランブラー 

樹形 半横張り性

花径  小輪~中輪 5~6cm  

花色  白 白とピンクの不定期な混色

樹高  3m~5m

香り  微香

一季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  普通

樹勢 強い



ボーリングはまずしない。

とても育てやすいです。


 
地植え、壁面、トレリス、フェンス、アーチ、ガゼボ向き。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます(*^▽^*)




ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の2つの画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*



aikon2.jpegにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ








ribonsita.jpeg



現在売り切れ中です(2015年6月27日現在)




*~ プシュケランブラーを

お探しの方はこちらから ~*





















この記事のURL | プシュケ ランブラー  | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ