2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
バラとオルラヤのコラボの加減(特に日照と配分) 良い所と注意する事。
2017/05/30(Tue)




バラと宿根草のある庭へ

ようこそ~*



バラも残すところ

遅咲きのバラ

ホワイトドロシーパーキンスのみ。




その前に終わっていたバラの周りで

バラへの日照を

少々妨げてしまうのではと思う程度

大きくなっていたオルラヤを

たくさん抜きました。



来年用のこぼれ種も

欲しいので

バラへの日照の妨げにならず

且つこぼれ種がちょうど良いくらいに

なるよう抜きました。




it.jpg


この3倍くらいのオルラヤが

この花壇では咲いていました。



分かりにくいので

別角度から写しました。



it3.jpg


オルラヤを抜いた所が

空いています。



この花壇が一番たくさん咲いていて

背も高く大きくなっていましたが

この抜いた周りには

木立ちバラはいませんでした。

(つるバラは南側から

日照がありますし

株元に日光が当たるよう

オルラヤを抜きました。)



バラの日照に影響する場合は

影響する前に

早めに抜いた方がいいですね。



it1.jpg


花壇の手前のオルラヤは

バラと同じくらいの高さでしたが

茂ってきたし

少し日照を妨げるのではないかと

抜きました。

株元にも日光を当てたいので。




手前が

アストリット グレーフィン フォン

ハルデンベルク


ja18.jpeg


去年びっくりするくらい

綺麗に咲いてくれた子。





今年は綺麗に咲いてくれたのに

色が上手く撮れていないです。



奥はブルーフォーユー。





it4.jpg


この花壇だけで

こんなに抜きました。




バラが終わったら

バラの周りの

オルラヤはバラの日照確保の為に

必要最小限だけ残して

あとは抜こうと思っていましたが

去年はその必要もないくらい

背は伸びず密集してなく

程よい加減で

オルラヤは枯れるまでそのままにして

種が出来てこぼれ落ちるまで

抜く必要はありませんでした。

(種が落ちてから抜きました)




ja25.jpeg


去年の同じ花壇の

オルラヤ。




ですがこの花壇では

今年はこぼれ種が多く

密集度も高かったので

前もって

適度に咲くくらいに

ある程度苗を抜いた方が

良かったと思っています。



他の花壇では

去年も今年も

そういったことはありませんでしたが

念の為

バラがいてオルラヤが

多く咲いている場所は

日照はもちろんのこと

株元へも日光を当てたいので

少し抜こうと思っています。




オルラヤ畑や

バラに影響しない場所に

咲いているオルラヤは

庭の景色を素敵にしていてくれますし

こぼれ種も必要なので

種が落ちるまでそのままに

しておこうと思っています。




肥料についてですが

去年も今年も

肥料を1度だけほんの少し

与えましたが

来年からは肥料を与えないことに

しました。




ただ移植したい分を

こぼれ種から生えてきた分の中から

鉢上げして育てたいので

その分は少量鉢の土に肥料を

混ぜたいと思います。



pi-tif.jpeg


去年春の

バラとオルラヤ、草花のコラボですが

オルラヤはこれくらいの感じが

好きです。


バラへの日照の為にも。



it5.jpg


レースのように繊細で

バラと同じ時期に咲いてくれる

美しいオルラヤ~*




it2.jpg

ブルーフォーユー



オルラヤは

バラと一緒に咲いて

ひとつの花束を

庭のあちらこちらで

作ってくれているようで

ロゼ庭ではなくてはならない

お花です。



it8.jpg


オルラヤ畑も

大好きだし



it9.jpg


小道沿いに咲いて

お庭をナチュラルに愛らしく

繊細にしてくれます~*



奥のアーチ

つるピンクサマースノーまで

オルラヤが案内してくれてるよう~*






it10.jpg


ポールズヒマラヤンムスクの

お花のシャワーに

地面にはオルラヤ。

お花のお部屋へどうぞと

誘われているみたい。






オルラヤはバラと合わせても素敵だし

小道沿いに咲く可憐な草花にも

なってくれる。




いっぱいで咲いていても

オルラヤ畑のように

ナチュラルでやさしくて

とても素敵。



庭のどんなバラとも似合って

素敵な景色を作ってくれる

オルラヤ大好きです~*



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪






























スポンサーサイト
この記事のURL | オルラヤ(オルレア) | TB(0) | ▲ top
色んなバラがいて魔法のような景色を作ってくれるのが楽しみな春~*ペッシュボンボンの蕾♪
2017/04/15(Sat)




バラと宿根草のある庭へ

ようこそ~*



ps.jpg


ペッシュボンボンの蕾です♪


早くも黒点病が入ってます。

毎年のことなので

慣れてるからいいです。

いえよくないです。




それよりペッシュボンボンは

何度か書きましたが

花付きが悪いです。


ps1.jpg


色々対策をしてみましたが

出開きが多く

毎年そういった感じです。



今年もそんな予感。



お花はとても可愛くて


peFC8.jpeg


お菓子みたいな子~*






今年は庭の入り口の花壇を

変えたり

冬にお迎えしたばかりの子を

主な場所に植えたりしたので

アーチもバラで飾れないけど


ps2.jpg


やがてお庭を

一層素敵にしてくれるのが

楽しみです。




バラ一輪のお花も楽しみだけど


豪華な大輪


buf8.jpeg


(キャスリンモーレー)



愛らしい小輪


ps6.jpg


(ポールズヒマラヤンムスク)





ps5.jpg


色んなバラがいて

魔法のような景色を

作ってくれるのにも

心がときめきます ☆゚+..。*゚+



ps8.jpg


マーガレット あずきちゃんを

以前素敵なお花屋さんで買ってきて

使っていなかった鉢に

鉢増ししました。




ps9.jpg


お気に入りのラズベリー色♪


どんどん大きくなってるから

バラシーズンに間に合うかなぁ

なんて思いながら

ちょっとウキウキ気分で

期待しています。



ps10.jpg


お花たちは準備万端。


柱に誘引している

ブラン ピエールドゥロンサールが


buran01.jpeg






素敵に咲いてくれると

いいなぁ。



*:・'(*⌒―⌒*)))


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪



























この記事のURL | 寄せ植え・草花・一年草・宿根草 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ