2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
バラの夏剪定についての続き。 夏(秋)剪定、半分くらい終わりました。  
2015/09/09(Wed)



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)



夏(秋)剪定、半分くらい終わりました。

前回記事で1日5本とか書いてましたが

前記事を書いてから鹿児島は雨が多く

ようやく最近朝から晴れるようになったのですが

その上、私の気合も入っていませんでしたので(笑)

剪定をしない日も多く

9月15日くらいにまで終わらせればいいやという感じで

のんびりやっています。

鹿児島もやっと朝晩涼しくなりました。




それでは夏剪定について続きを書きます。



●ハイブリッド・ティーは3分の1~4分の1剪定する。

 鉛筆くらいの枝部分を剪定する。



●フロリバンダは4分の1剪定する。

 割り箸くらいの枝部分を剪定する。



●Sシュラブでつる扱いしている場合は

 私は剪定しません。

 確保した樹高を維持する為です。



 つる扱いしているSシュラブバラ以外で剪定するのは

 木立扱い、シュラブ扱いしているバラです。

 繰り返しよく咲くバラはフロリバンダと同じように剪定します。

 それ以外はハイブリッド・ティーと同じように剪定します。

(つる扱いしているシュラブは私は剪定しませんが

他の方々はどうしているかわかりません。

剪定しなくても勝手に美しい大輪花を咲かせてるんですけど) 



●ミニチュアローズやミニバラは剪定は軽く浅めにする。

 そうしないと株を弱らせてしまうことがあります。

 これは冬剪定についても同じことが言えます。



●下葉がなくなったバラは

 ・樹勢が強く元気なバラは上記のように系統別に剪定する。

 ・樹勢が弱く元気を少しなくしたバラは軽く浅めに剪定する。

 あるいは、養生させ剪定をしない。



●弱って元気のないバラは剪定しないで養生し

 蕾ができたら摘む。




●樹高が低いバラの剪定し過ぎには注意したいです。

これは冬剪定にも言えるのですが

樹高が1m以内のバラの剪定で

周りのバラにも邪魔で

元気良く枝を伸ばしていたので

大丈夫だろうと

2分の1くらいに剪定してしまったバラが1本あります。

その次の年からヒョロヒョロとした枝しか出さず

美しい大輪花を咲かせていたバラなのに

花のクオリティーも格段に下がってしまいました。

その状態は未だに回復していません。

シュートが出てくるのを待つだけですが

特に樹高1m以下のバラは

強剪定により株自体を弱らせてしまう可能性があると思います。




●開花時期は剪定してからだいたい50日で開花します。

早咲き、遅咲きのバラがあるので50日前後というところでしょう。

前回の記事であれ?開花時期が早咲き、遅咲きという点で

春と比例しないバラがあると思ったのですが

私は開花時期にうとく咲いたら綺麗♪でお構いなしなので

あまり気にしていません。




昨年12月3日開花のジェネラシオン・ジャルダンです。


jenerasionFC003.jpeg


12月って冬バラなんですけど(笑)

ジェネラシオン・ジャルダンは繰り返しずっと咲いてるので

いつからいつまでが秋バラとかはっきりしなくて

12月3日に咲いた大輪ゴージャスなバラを

秋バラとして昨年ご紹介しました。



ジェネラシオン・ジャルダンは我が家では

ガゼボに誘引していてつる扱いしているので

夏(秋)剪定はしていません。

剪定しなくてもジェネラシオン・ジャルダンは

大輪ゴージャスでかわゆい子が毎年咲いてます~*





最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックして頂けると嬉しいです。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村





















スポンサーサイト
この記事のURL | バラの夏剪定について | CM(2) | TB(0) | ▲ top
バラの夏剪定についての続き。 夏(秋)剪定、半分くらい終わりました。  
2015/09/09(Wed)



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)



夏(秋)剪定、半分くらい終わりました。

前回記事で1日5本とか書いてましたが

前記事を書いてから鹿児島は雨が多く

ようやく最近朝から晴れるようになったのですが

その上、私の気合も入っていませんでしたので(笑)

剪定をしない日も多く

9月15日くらいにまで終わらせればいいやという感じで

のんびりやっています。

鹿児島もやっと朝晩涼しくなりました。




それでは夏剪定について続きを書きます。



●ハイブリッド・ティーは3分の1~4分の1剪定する。

 鉛筆くらいの枝部分を剪定する。



●フロリバンダは4分の1剪定する。

 割り箸くらいの枝部分を剪定する。



●Sシュラブでつる扱いしている場合は

 私は剪定しません。

 確保した樹高を維持する為です。



 つる扱いしているSシュラブバラ以外で剪定するのは

 木立扱い、シュラブ扱いしているバラです。

 繰り返しよく咲くバラはフロリバンダと同じように剪定します。

 それ以外はハイブリッド・ティーと同じように剪定します。

(つる扱いしているシュラブは私は剪定しませんが

他の方々はどうしているかわかりません。

剪定しなくても勝手に美しい大輪花を咲かせてるんですけど) 



●ミニチュアローズやミニバラは剪定は軽く浅めにする。

 そうしないと株を弱らせてしまうことがあります。

 これは冬剪定についても同じことが言えます。



●下葉がなくなったバラは

 ・樹勢が強く元気なバラは上記のように系統別に剪定する。

 ・樹勢が弱く元気を少しなくしたバラは軽く浅めに剪定する。

 あるいは、養生させ剪定をしない。



●弱って元気のないバラは剪定しないで養生し

 蕾ができたら摘む。




●樹高が低いバラの剪定し過ぎには注意したいです。

これは冬剪定にも言えるのですが

樹高が1m以内のバラの剪定で

周りのバラにも邪魔で

元気良く枝を伸ばしていたので

大丈夫だろうと

2分の1くらいに剪定してしまったバラが1本あります。

その次の年からヒョロヒョロとした枝しか出さず

美しい大輪花を咲かせていたバラなのに

花のクオリティーも格段に下がってしまいました。

その状態は未だに回復していません。

シュートが出てくるのを待つだけですが

特に樹高1m以下のバラは

強剪定により株自体を弱らせてしまう可能性があると思います。




●開花時期は剪定してからだいたい50日で開花します。

早咲き、遅咲きのバラがあるので50日前後というところでしょう。

前回の記事であれ?開花時期が早咲き、遅咲きという点で

春と比例しないバラがあると思ったのですが

私は開花時期にうとく咲いたら綺麗♪でお構いなしなので

あまり気にしていません。




昨年12月3日開花のジェネラシオン・ジャルダンです。


jenerasionFC003.jpeg


12月って冬バラなんですけど(笑)

ジェネラシオン・ジャルダンは繰り返しずっと咲いてるので

いつからいつまでが秋バラとかはっきりしなくて

12月3日に咲いた大輪ゴージャスなバラを

秋バラとして昨年ご紹介しました。



ジェネラシオン・ジャルダンは我が家では

ガゼボに誘引していてつる扱いしているので

夏(秋)剪定はしていません。

剪定しなくてもジェネラシオン・ジャルダンは

大輪ゴージャスでかわゆい子が毎年咲いてます~*





最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックして頂けると嬉しいです。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






















この記事のURL | バラの夏剪定について | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ