2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
ヴァイオレットが咲きました♪すみれ色の素敵なつるバラ&庭の様子&可愛く変身したピンクのボンザマーガレット♪
2016/05/18(Wed)



バラと草花のある庭へようこそ~*




バラの方が先に進み記事アップが追いつきません。

今日ご紹介するヴァイオレットも一昨日終わりました。



ヴァイオレットは今春、ロゼ庭で初開花!

思ってた以上に素晴らしい色と存在感で

そして他のバラと花期も合って

コラボもとても素敵で喜びいっぱいです。




咲き始めです。


vaif4.jpeg


天使像とコラボできて

喜んで激写!

そして思った以上の濃紫すみれ色に感激!








天使像の左に見えるのはスパニッシュビューティー。

天使像の前に見えるのはレイニーブルー。

花期が絶妙に合って満足感いっぱいのロゼ。


vaif5.jpeg


スパニッシュビューティー。

大輪、花数文句なし、可憐な姿

人気のつるバラのわけがわかります~*


jif14.jpeg









玄関ポーチの柱に誘引している

咲き始めのヴァイオレット。

レイニーブルーと色合いが素晴らしくマッチ!


vaif6.jpeg





ref12.jpeg


こちらも育てやすく美しいつるバラ

ブルーローズです~*








vaif3.jpeg


ヴァイオレット、満開時です。

花つき多花性。

花もち普通(ランブラーとしては良い)

花期は普通より長かったです。



vaf1.jpeg


ヴァイオレットは画像左下に見えています。




vaif2.jpeg


この画像でもヴァイオレットは左下に見えています。




ヴァイオレットのリアルの色合いが撮影できました。

濃赤紫。

まさしくすみれ色。


vaif7.jpeg





ヴァイオレットを玄関ポーチの柱に誘引してよかった~


樹高は4mになるとのこと楽しみです~*



vaif13.jpeg





ヴァイオレットが玄関ポーチ柱に見えます。

咲き始めている時期です。


vaif14.jpeg





ヴァイオレット、素敵なつるバラに出会えて

良かったです~*

vaif15.jpeg








5月11日に撮影したオルヤラ畑。

それからあまり変わっていません。

どんだけ花期が長いんでしょうか。


vaif8.jpeg





vaif12.jpeg


レースのように美しく次から次へと咲くオルラヤ~*







それよりです。

アイアン花棚にいてオルラヤ畑とコラボしている

ピンクのボンザマーガレットが

大変身を遂げました!



下の画像は現在の様子ですが

最初小さなポット苗を購入して植えました。

その時すでに一回目の花が咲いていました。




その花が終わり花がら摘みをし

ひと回り大きくなり

今春2回目の花が満開です。


vaif9.jpeg



その花が一回目と違うのです。


一回目はピンクオンリーでしたが

今回白の花びらに中心がピンクになったお花が

たくさん混じりました!

なんてかわゆい~*



vaif10.jpeg



うわぁ~なんと言っていいか。

すっごく嬉しいです。

この子はバラの開花が全て終わったら

大きな素敵な白の陶器鉢に植え替えます♪



vaif11.jpeg



これだからお花はやめられない。

バラもそうだけど

気候や肥料、様々な要因で

違った顔を見せたりする。



もちろん反対にがっかりすることもある。



でもこういったことに出会えた喜びは

ガーデナーの喜びの中の大切なひとこまですよね~*



バラ ヴァイオレット

    
作出年 1921年

作出国 フランス

作出者 Eugène Turbat & Compagnie

系統 ランブラー Hybrid Multiflora, Polyantha 

樹形 つる性

花径  小輪 3.5cm   

花色  深い鮮やかな赤紫

開花性 一季咲き

樹高  4m

香り  微香 

耐病性(黒点、うどん粉病)  普通

樹勢 強い

 
地植え、壁面、トレリス、フェンス向き。





バラ農繁期の為コメント欄は閉じますね。

何かご用件のある場合等は

5月1日のコメント欄に

お手数ですがお願いします。




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪






~ロゼ オススメのバラ~


送料無料・つぼみ付き

パリス(ロサオリエンティス)





送料無料・つぼみ付き

ルシエルブルー(ロサオリエンティス)





















スポンサーサイト
この記事のURL | ヴァイオレット | TB(0) | ▲ top
ヴァイオレットの長尺苗が姫野バラ園から到着しました~*
2015/12/02(Wed)



こんにちは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



注文していたバラ苗が届きました ♪

ヴァイオレットとファンタンラトゥールの長尺苗です。

どちらもオールドローズのつるバラですが

姫野バラ園から購入しました。



今日はヴァイオレットをご紹介したいと思います。



届いた様子です。

vai1.jpeg




我が家に届いたヴァイオレットの長尺苗です。

vai2.jpeg

樹高は1m30cmくらい。



ヴァイオレットは花径3.5cmの小輪

名の通りのすみれ色です。

赤紫の方のすみれ色です。

景色を作る修景バラとして私はお迎えしました。


vai6.jpeg

この画像はバラの家さんからお借りしています。



ピンクのバラが多い我が家の庭のアクセントとして。


お花は黄色のシベを見せて可愛らしいのですが

とても素敵なすみれ色です。




色に惚れてお迎えしたのですが

色は難しく色んなブログを見ますが

若干違ったりして把握しにくいですね。




このバラの場合はたぶん育成環境などでの

色の差はあまりないと思いますが

混色のバラの場合肥料の多さ少なさでも

色の濃さや混色具合が変わるバラもあるようです。

それに左右されないバラもありますが。




気候でも色の差が出るバラもあるようですし

絞りのバラの場合は気候か何かの要因で絞りが入ったり

入らなかったりするバラもあります。




妄想タイムへ突入です(笑)

ヴァイオレットを玄関ポーチの柱へ

誘引しようと思っています。

今年の春の玄関ポーチです。

po-ru5.jpeg




妄想して作った画像です(笑)

ヴァイオレットを玄関柱に誘引してみました。

vai3.jpeg


実際はどういう風になるか分かりませんが

楽しみです♪

とりあえずはまだこれだけ誘引できるほど

樹高がないのでこのようにはならないと思います。




今年この柱にはルージュ ピエール ドゥ ロンサールを

誘引していましたが

春の画像のとおり我が家ではルージュは

少し早咲きのようで周りのバラと花期が合いません。

春の画像ではもう咲き終わって

お花を摘んだ状態です。




すでにルージュ ピエール ドゥ ロンサールは

別のが我が家にいたので花期が少し早いのではと

思っていたのですが

日当たりが変われば場所が違えば花期が合うのではと

期待していました。




ルージュピエールドゥロンサールは

色んなロザリアンさんのブログを見てみると

他のバラと同じ花期で咲いているのをよく見かけますので

早咲きではないように思います。




気候などの何らかの要因で我が家は

少し早く咲くようなので

ルージュ ピエール ドゥ ロンサールは別の場所に植えます。

幸い鉢で育ていたバラですので植え付けをするだけで

移植ではなかったので良かったです。




こうして全体のコラボも考えるのは楽しいですよね♪

実際咲いてみて「このコラボは違ったな」という時もありますが

「思った以上に良かったぁ~素敵~*」って思う事の方が多いです。

ヴァイオレットもそうなりますように~*



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*



バラ ヴァイオレット

    
作出年 1921年

作出国 フランス

作出者 Eugène Turbat & Compagnie

系統 ランブラー Hybrid Multiflora, Polyantha 

樹形 つる性

花径  小輪 3.5cm   

花色  深い鮮やかな赤紫

開花性 一季咲き

樹高  4m

香り  微香 

耐病性(黒点、うどん粉病)  普通

樹勢 強い

 
地植え、壁面、トレリス、フェンス向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村



薔薇(バラ) ブログランキングへ
























この記事のURL | ヴァイオレット | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ