2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
天使のような秋バラ セリーヌフォレスティエ♪庭に出現した主人の新たな栽培物の正体は懐かしい思い出♪春の庭~*
2016/10/17(Mon)



バラと宿根草のある庭へようこそ~*




セリーヌフォレスティエの秋バラが咲いています。


yq2.jpeg



まるで天使が舞い降りたよう~*


花びらの揺らぎがエレガントで

薄い黄色にベビーピンクがのった

何ともいえない色で咲いています~*



とても可愛い~*




今年の春に咲いたお花です。



sef.jpeg


春のお花も可愛らしく

ポンポン咲き~*





fuf7.jpeg


ボタンアイをつける

キュートな子も咲きます~*



薄いやさしい花びら~*



DAローズ キーラ(イングリッシュローズ切り花品種)が

咲いています。


yq3.jpeg



白にピンクの絞りで

可愛らしく咲いています~*




昨年春に咲いたお花です。


ki-ra001.jpeg


美しい混色で咲いてくれました。

見ていて喜びが湧いてくる幸せ色です~*





ki-ra005.jpeg


花びらの端が少しフリルがかかって

とても可愛らしい~*




一昨日書いた

主人が植えた不思議な植物ですが。。。




わけがわからなくなるので

一昨日の記事のその部分を抜粋します。




これは何でしょう???


uq16.jpeg


って6月頃にキッチンの窓にあったんで

主人がまた何か植えるつもりだと思って

面白くて撮影したんですが

それが今植わってるんですよね。

大きな鉢の中に。




ロゼは何かもわからず

新たなものが庭に出現したので

(キッチンにあったのがなくなってたので

キッチンにあったものと思われます)

とりあえずはお水をあげてるんですけど

どんどん成長してるんです。



~抜粋終わり。



で、その成長した姿がこれ↓なんです。


yq14.jpeg



主人は最初からしっかり支柱を立てていました。


なのでつる系なんだな、とはわかりました。




植えられた物の中心部は

このようになっています。



yq6.jpeg



そしてつるに見覚えのある実が!


yq7.jpeg


「むかご」です。


むかごは山芋の子どもです。



あの主(種?)は山芋だったんです。




主人に聞いたらやっぱりそう。

義兄からもらった山芋。




ちなみにロゼに最初バラ栽培を教えてくれたのも

義兄です。



義兄の家にもバラがいます。




「むかご」は子供たちが

2~3歳の頃から小学校の高学年まで

主人がよく子供たちを連れて

むかご採りに連れていって

その話が出ると楽しかったと

長女も次女も言います。




主人は「あけび」も採りに

子供たちをよく連れていっていました。





この間次女夫婦の結婚お披露目会が

あった時も

次女夫婦を連れて

釣りに出掛けました。



次女夫婦のお披露目会の記事



東京生まれ東京育ちの

婿さんから釣りをしたことがないからと

ご要望でしたけど

主人は喜んで連れていって

桜島を3人で眺めながらのんびり釣りをして

大きなエイを見たとか

次女夫婦は喜んでいて

釣れなかったのですが楽しかったようです。




次女夫婦と主人にとっては

釣れることより

このほんわかした時間が何よりなんだと

ロゼは思いました。




ロゼはその間

夕食の支度をしていました。




ロゼも愛知から嫁に来て

釣りをしたことがなかったので

主人に釣りに連れて行ってもらったのが

初めてです。





「むかご」の話に戻りますが

塩ゆでするとトロトロほくっとして美味しいのです。




庭に新たに出現した主人の栽培物は

山芋でしたが

楽しい思い出がよみがえってきた

今日のロゼでした。




今年の春の庭です。


yq11.jpeg


バラ庭に似合うジギタリス。

素敵なラベンダー色で

バラ庭に素敵な存在感でした~*









yq12.jpeg


左上にはブルボンクイーン


左下にはスペクタビリス


どちらも昨日ご紹介しましたが

昨日の画像は南側(庭からするとトレリスの外側)で

今日はトレリスの内側です。




ブルボンクイーン


uq36.jpeg


繊細な花びら

絞りが美しくて

やさしく包んでくれるよう~*






スペクタビリス


supef18.jpeg



ブルボンクイーンとスペクタビリスの

ピンクの濃淡のコラボが

それは可愛らしくてうっとり~*






yq13.jpeg



天使像の上にはスパニッシュビューティー





小道を挟んで

バラさんたちや

一年草、宿根草が

向かいあった庭の様子は

妖精さんたちがおしゃべりしているような

愛らしい景色です~*



最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































スポンサーサイト
この記事のURL | セリーヌ フォレスティエ | TB(0) | ▲ top
秋バラの準備 活力剤HB101を与えました。春の庭、ひとつのバラでお庭はエレガントに♪夏バラはビアンヴニュたち♪
2016/09/05(Mon)


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




ビアンヴニュ(デルバール)の夏花です。


dede5.jpeg



奥まったひっそりとした場所の

妖精さんコーナーにいるので

大きなお花なのに

見逃すところでした。




色んなものの陰になっている場所なので

どうやらそのお陰で雨から守られていたようです。



その色んなもののお陰で

日照がとても悪いのですが

デメリットばかりじゃないんだと気づきました。




今年の春のお花です。


biaf1.jpeg


大輪ゴージャスで

花びらの刻みが可愛いバラ~*






セリーヌフォレスティエの夏花です。


dede.jpeg


セリーヌフォレスティエは房咲きで咲いてます。

ランプに隠れてた蕾が開花したので

そのお花を上に持ち上げました。




台風の時、ビニール袋を被せておいて良かったです。

こんなに可愛い房咲きで咲いてくれたんですもの。



最初に咲いたお花はうっすらピンクがのっていましたが

レモン色だけになりました。



dede1.jpeg


開花したばかりの子。

うっすらアプリコットオレンジを含んでいます。



dede6.jpeg


ほのかな色で可愛い~*




今年春に咲いたお花です。


seri3.jpeg


ロゼット咲きから咲き始めて





sef.jpeg


その後ポンポン咲きになったり





fuf7.jpeg


キュートなボタンアイをつける子もいたり

するんです。





fuf10.jpeg


中大輪のバラで

一株でポンポン咲きも

ボタンアイも楽しめるお得感ありなバラ(^^)

それもどちらも可愛い~*





ペッシュボンボン(デルバール)の夏花です。


dede4.jpeg


雨にさらされたけど

今朝も可愛く咲いてるペッシュボンボン。


花もちいいです。




以前の春に咲いたお花です。


peFC1.jpeg



大輪で花びらぎゅうぎゅう

重そうだっけど

ペッシュボンボンは花首が強くて

ちょうど良い方向を向いて咲いてくれます。



可愛くて豪華な子~*




秋バラの準備で活力剤をあげました。


HB101をあげました。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

HB−101 植物活力液 100cc 関東当日便
価格:1940円(税込、送料別) (2016/9/5時点)





2~3日後には液肥をあげたいと思っています。


夏剪定する前に

活力剤と液肥をあげています。



剪定した直後に与えると

剪定した部分から

せっかく与えた液が

染み出てしまうので

夏剪定前にするようにしています。




夏剪定後も余裕があれば

剪定して少し経ってから

液肥をまたあげたいと思っています。




夏剪定は関東標準で8月末~9月10日くらいと

なっていますが

ロゼは毎年9月15日~9月20日までに

終わるようにしています。

ですが鹿児島では問題なく秋バラは咲いています。




気候が各地違いますし

ロザリアンの方々、それぞれのやり方が

あるので(活力剤、液肥は与えないとか)

違ってくることはあると思います。




葉を落としたバラの秋バラの管理方法を

次女と話しました。の記事です。






今年の春の庭です。




ポールズヒマラヤンムスクと

バラの妖精さんがいる

奥まったひっそりとしたコーナーです。


keke5.jpeg


日照1~2時間の場所の庭造りは

大変でした。




そこに合うバラは日陰でも

十分咲いてくれるバラ。



やっとこういった感じに

落ち着いたように思います。




奥に見えるバラさんたちはルッセリアナ、ローラダボー、

フェリシテパルマンティエ、ビアンブニュです。




ルッセリアナ


mumu-19.jpeg


ローズピンクの小輪の

少し大人な可愛いつるバラ。






ローラダボー


ari-3.jpeg


花径3cmの小輪のつるバラ。



釣り針のような刺が嫌いでしたが

扱っているうちに慣れました。



キュートなボタンアイをつける

可愛い妖精さん。


日照1~2時間なので

お花は3分の1くらいです。

ルッセリアナも花つきは同じです。







フェリシテパルマンティエ



中輪の愛らしい子~*






keke6.jpeg


隠したかったぶどう棚=パーゴラが

何だか落ち着いて

いい雰囲気にみえます。



ポールズヒマラヤンムスク&

ひっそりしたバラの妖精さんマジック?




keke22.jpeg






ポールズヒマラヤンムスクを

お迎えしたことによって

庭はより可憐になりエレガントな感じに

なったと思います~*




ひとつのバラでお庭が変わる

バラ栽培の醍醐味でもあるように思った

春の庭でした~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪







































この記事のURL | セリーヌ フォレスティエ | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ