2018 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 07
鹿屋バラ園(満開)へ行ってきました その2 つるバラに囲まれたベンチや白バラのアーチ
2018/05/20(Sun)






鹿児島の鹿屋バラ園へ

4月30日に主人と一緒に

行ってきました。


今日はその2です。


鹿屋バラ園(満開)へ

行ってきました 

その1




hf.jpg


たくさんのイングリッシュローズを

堪能して



イングリッシュローズガーデンから

ふと見た光景


hf1.jpg


以前行った時

拡張工事をしていたエリアです。



でもバラが植栽されている

わけでもなく綺麗に整地して

芝が植わってるって感じです。




バラを植えるつもりだったけど

とりあえずは待機中?



拡張工事は終了していました。



バラを見ながら

歩いていくと


hf2.jpg


以前見なかった造形が

増えていました。



hf3.jpg


ここのエリアもその1つで

黒のアーチに

白バラが誘引してあって

とてもエレガントな

コーナーになっていました。


大人な雰囲気で素敵!



hf04.jpg


コーナーの縁は

エリゲロンで囲まれていて

とてもいい感じでした。








hf010.jpg


途中にハクウンという

エレガントなバラを発見。


うすいアプリコットが美しい。



hf08.jpg


樹形もまとまって

綺麗。



hf05.jpg


ポール仕立ての

つるバラをしげしげと

見ながら歩いていきました。



hf011.jpg


そのうち

アーチの中にベンチのある風景が

見えてきて

近寄って

素敵に誘引してある

バラをまじまじと見てみました。


(記念写真撮影スポットになっていて

まじまじとじーっと見て

即退散(汗))



hf012.jpg


ペレニアル ブラッシュとあって

可愛らしい小輪のつるバラで

素敵でした。




ドイツ タンタウ社のバラで

樹勢も強く、

病気にも強いようです。






主人が綺麗だと

立ち止まった

チャイコフスキー


hf013.jpg


清楚なバラですよね。



hf014.jpg


全体像です。





hf015.jpg


順路とおり歩いていたら

温室にたどり着いて

中へ入ったところです。



温室はバラで

素敵に飾られていました。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます。























スポンサーサイト
この記事のURL | 鹿屋バラ園 | ▲ top
鹿屋バラ園(満開)へ行ってきました。その1 日本最大級のバラ園 イングリッシュローズガーデン
2018/05/15(Tue)






鹿児島の鹿屋バラ園へ

4月30日に主人と一緒に

行ってきました。




鹿屋バラ園は

日本最大級のバラ園で

駐車場では

横浜ナンバー、三河ナンバー、

長崎、久留米など

色んなナンバーを見かけました。



5分の1は他県ナンバーの車でした。

中でも鹿児島のお隣の

宮崎ナンバーは

3台並んで

宮崎ナンバーだったりして

凄いなと思いました。



ゴールデンウイーク中

宮崎の方では

きっと鹿児島ナンバーの車が

多かったでしょうが。



そんな感じでやっぱり凄いわぁ~と

思いながら

入り口へ。



hj1.jpg


大賑わいで人を避けて

写すのは困難なので

画像を小さくして

人様をわかりにくくしました。



園内では出来るだけ

避けて撮影したので

閑散として見えるかもしれませんが

たくさんのお客さんが

いらしていました。



hj2.jpg


まず看板を見て

メインに見たかった

これまた日本最大級の

イングリッシュローズガーデンの

位置を確認。




hj3.jpg


その時看板で目にしたのは

植栽本数。


以前行った時は5万本だったけど

3万5千本に減ってる。



鹿屋バラ園は以前

6000本のバラが

瞬く間に

枯れてしまったり

その他に枯れなくても

調子を大きく崩してしまったバラが

たくさん

あったみたいですから

その事が原因かもしれませんね。



瞬く間に6000本のバラが

枯れた悲しい話





6000本のバラが枯れた

窮地の鹿屋バラ園に

手を差し伸べた

デビッド・オースチン社

日本最大級の

イングリッシュローズガーデンが誕生!

そして見事に復活した

鹿屋バラ園の感動の話!




hj4.jpg


視界に広がる

一面のバラに

心がワクワク♪



この時ロゼ庭も

ピークを迎えていましたが

鹿屋バラ園も満開でした。




ちょっと一時雨がチラホラしたので

傘をさし始める人もいましたが

雨もひと時でした。




hj5.jpg


イングリッシュローズガーデンへ

たどり着くまで

美しいバラさんたちを

くまなく堪能。



この美しいバラは

ブルーパフューム。



hj6.jpg


全体像は整った感じ。







hj7.jpg


次に主人が綺麗だと言った

サンライトロマンティカ。



hj8.jpg


サンライトロマンティカは

樹形もこんもりまとまって

花付きも良いですね。






hj13.jpg


色んなバラを眺めながら

歩いて行ったら

イングリッシュローズガーデンに

到着。



わぁ~と思わず目がキラキラ。



この画像全てが

イングリッシュローズです。



デビッド・オースチン・ロージズから

寄贈された

70品種 9千本です。




お客さんが少なくなるまで粘って

撮影しました。



hj14.jpg


このイングリッシュローズは

デビッド・オースチン・ロージズから

寄贈されたという看板も立っていました。




たくさんのイングリッシュローズを

撮影してきましたが

年間を通して

どれだけご紹介できるか

わかりませんが

今後品種ごとに

ご紹介していきたいと思っています。



今日は

クィーン・オブ・スウェーデンのみ

ご紹介しますね。


hj15.jpg


アプリコットがかったピンクから

ピンクのみになる

整ったカップ咲きで咲く

美しいバラ。



hj16.jpg


樹形も整っています。



とても可愛らしいのですが

花もちは悪いようです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クィーン・オブ・スウェーデン 裸苗 - Queen of Sweden (Austiger)
価格:4250円(税込、送料別) (2018/5/14時点)





実は

このイングリッシュローズガーデンに

ロゼは2時間ほどいました。



主人は

イングリッシュローズガーデンの

隅にある東屋で

その間お昼寝をしていました。

文句ひとつ言わず

付き合ってくれた主人。

ごめんね~そしてありがとう。



hj17.jpg


そしてイングリッシュローズガーデンを

あとにした主人とロゼは

また園内を巡るのでした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます。























この記事のURL | 鹿屋バラ園 | ▲ top
| メイン | 次ページ