FC2ブログ
2018 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 11
鹿屋バラ園(満開)へ行ってきました 2018年 最終回
2018/07/06(Fri)






鹿児島の鹿屋バラ園へ

4月30日に主人と一緒に

行ってきました。


今日はその最終回です。


鹿屋バラ園(満開)へ

行ってきました 

その1




鹿屋バラ園 その2



fo.jpg


温室の中に入ったら

素敵に飾られた空間が

ありました。



fo1.jpg


まず目についたのは

赤紫に白の絞りの

素敵なバラ

パープルタイガー。


病気に弱く

樹勢も弱い

育てるのが難しい品種のようですが

綺麗でした。



fo2.jpg


温室のこのコーナーは

四方八方が

素敵にデコレートされていました。



画像右にサザンホープが

可愛らしくいました。


作出は河合伸志先生と

宮地秀作先生となっていました。


fo9.jpg


鹿屋バラ園で株の中から

変異が発見され

河合先生によって

変異固定に

成功したバラとのことです。



fo4.jpg


こちらも華やか。



こちらのコーナーには

fo5.jpg

素敵な紫のバラ

フェルゼン伯爵がいました。



fo6.jpg


フェルゼン伯爵の全体像です。




fo7.jpg


奥に魅力的な色のバラを発見!


画像右側にそのバラが

咲き進んで退色した色が

また素敵でした。



fo8.jpg


品種名はテラコッタ。

寺西菊雄先生作出のバラです。


ニュアンスカラーが

美しいバラでした。



fo3.jpg


温室コーナーには

ボレロもいました。


美しいバラですね。





温室の入り口には

fo11.jpg


西郷さんたちの

宣伝も。


NHK大河ドラマ

「西郷どん」も

毎回楽しみにしています。



鹿児島を宣伝のロゼ。

鹿児島愛発動(笑)



fo10.jpg


温室には切り花を

自分でカットして

持ち帰る体験コーナーも

あって楽しそうでしたが

売れたんだと思うんですが

ほとんどカットされて

いいお花が残り少なかったです。



fo12.jpg


一番少ない場所。



fo13.jpg


一番多く残ってた場所。



お客さんからの声を漏れ聞くと

「え?!もう

ほとんどないし」という声を

いくらか聞きました。



人気だったんですね。



fo14.jpg

ミントティー

(切り花品種)


残り少ないバラの中から

鷹が獲物を狙うようにして

見つけた美しいバラです(笑)



fo15.jpg


ミントティーの咲き始めです。


美しいバラですね!


香りはなかったです。


fo16.jpg


満開の鹿屋バラ園を堪能した

ロゼ夫婦は家路に着く前

道の駅 垂水に行って


fo17.jpg


こんな素敵な夕陽の桜島を

眺めながら足湯につかって

ほんわかしながら帰途に

着きました。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。























スポンサーサイト
この記事のURL | 鹿屋バラ園 | ▲ top
鹿屋バラ園(満開)へ行ってきました その2 つるバラに囲まれたベンチや白バラのアーチ
2018/05/20(Sun)






鹿児島の鹿屋バラ園へ

4月30日に主人と一緒に

行ってきました。


今日はその2です。


鹿屋バラ園(満開)へ

行ってきました 

その1




hf.jpg


たくさんのイングリッシュローズを

堪能して



イングリッシュローズガーデンから

ふと見た光景


hf1.jpg


以前行った時

拡張工事をしていたエリアです。



でもバラが植栽されている

わけでもなく綺麗に整地して

芝が植わってるって感じです。




バラを植えるつもりだったけど

とりあえずは待機中?



拡張工事は終了していました。



バラを見ながら

歩いていくと


hf2.jpg


以前見なかった造形が

増えていました。



hf3.jpg


ここのエリアもその1つで

黒のアーチに

白バラが誘引してあって

とてもエレガントな

コーナーになっていました。


大人な雰囲気で素敵!



hf04.jpg


コーナーの縁は

エリゲロンで囲まれていて

とてもいい感じでした。








hf010.jpg


途中にハクウンという

エレガントなバラを発見。


うすいアプリコットが美しい。



hf08.jpg


樹形もまとまって

綺麗。



hf05.jpg


ポール仕立ての

つるバラをしげしげと

見ながら歩いていきました。



hf011.jpg


そのうち

アーチの中にベンチのある風景が

見えてきて

近寄って

素敵に誘引してある

バラをまじまじと見てみました。


(記念写真撮影スポットになっていて

まじまじとじーっと見て

即退散(汗))



hf012.jpg


ペレニアル ブラッシュとあって

可愛らしい小輪のつるバラで

素敵でした。




ドイツ タンタウ社のバラで

樹勢も強く、

病気にも強いようです。






主人が綺麗だと

立ち止まった

チャイコフスキー


hf013.jpg


清楚なバラですよね。



hf014.jpg


全体像です。





hf015.jpg


順路とおり歩いていたら

温室にたどり着いて

中へ入ったところです。



温室はバラで

素敵に飾られていました。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます。























この記事のURL | 鹿屋バラ園 | ▲ top
| メイン | 次ページ