FC2ブログ





次女&ロゼ庭へようこそ~*


ロゼ庭のガブリエルが

咲きました

x7751.jpg

中心がちょっとうすいけど

シルバーブルーグレイ

素敵な子が

咲いてくれました


昨日咲いたのですが

新芽を薬害にしてしまい

今年はもう咲かないかと

思ってましたが


その後

新たに新芽が出て来て

遅れて開花


咲きそうな蕾が

いっぱいありましたが

素敵なお花が咲いたのと

薬害にしてしまったので

さっさと全部摘みました




x7752.jpg

5月14日

キーラも

ガブリエルと同じで

薬害にしてしまい

咲かないと思ってましたが

咲きました


新芽をやってしまい

新たに新芽が出て来て

遅れて開花


いつもの春バラとは違い

二番花のようです


x7753.jpg

たくさん咲いてくれました

弱らなくてよかった


キーラの一番花は

ピンクで

二番花は白と

面白いです


x7754.jpg

左のパシュミナの

紹介が遅れて

すみません


まだ画像の整理が

できてないです


パシュミナ

可愛くて花持ちよくて

病気に強いし

お迎えして良かったです(^^)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バラ苗【新苗】パシュミナ (Ant淡桃) 国産苗【即納】《J-IRM2》
価格:2580円(税込、送料別) (2020/5/21時点)




x7755.jpg

5月14日

赤バラの

アンプルール デュ マロックは

早咲きですが

長く咲いてくれました


嬉しい♪



x7757.jpg

カスミソウ エアリア

ピンクシャワー


可愛くて買っちゃいました


x7758.jpg

可憐でしょぉ~


樹高も30cm以下との

ことで

花壇の前面に植えました


x7756.jpg





次は千葉の次女庭です


x7713.jpg

5月17日

あおいが咲いています


大人なニュアンスカラーが

素敵です


x7714.jpg

あおいは横張りなので

次女は支柱をしました


ブーケの一束の花数が

凄くてただただ美しいです


x7716.jpg

退色した花と

咲いたばかりの花が

入り混じって

素敵すぎてため息です


x7717.jpg

花びらのゆらぎに

惹かれます


オルラヤとのコラボが

可愛い

オルラヤはどんなバラとも

相性抜群ですね


バラと合わせるなら

次女庭ぐらいの

ボリュームがちょうど

いいと思うロゼ


ロゼ庭は今年も

こぼれ種で増えたのを

抜いたつもりでしたが

まだ多過ぎました


恐るべしもったいない

オバケ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オルラヤ ‘ホワイトレース’(オルレア グランデフロラ)
価格:330円(税込、送料別) (2020/5/21時点)




x7759.jpg

ロゼ庭では

遅咲きのバラが

咲いています


x7760.jpg

手前も奥も

ピンクプロスペリティ


可愛いなぁ~と

眺めています





そんな余裕が

早咲きさんと遅咲きさんには

ありますが

来年こそは

真ん中咲きさんも

そういった気持ちで眺めたいと

毎年思います


真ん中咲きさんは

わ~といっぺんに

咲くので

忙しすぎて

おぉぉ~♡



過ぎ去っていきます(笑)


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


応援のクリックをお願いします


薔薇(バラ)ランキング

こちらもお願いします


にほんブログ村


花・ガーデニングランキング


応援ありがとうございます。






















園芸ネット プラス


おぎはら植物園


x2749.jpg
楽天room ロゼのおすすめ色々






スポンサーサイト



2020.05.22 / Top↑





次女&ロゼ庭へようこそ~*



jijyo713_20190613062459cb5.jpg


次女庭で咲いたあおいの一番花

春のお花です


魅惑的なピンク系茶バラです


中心に退色したお花がいて

その後咲いてきたお花との

グラデーションが

とても美しいです


ひと房の中でそうなるって

素敵です



jijyo1204.jpg


左下にあおい

ガゼボのペッシュボンボンと

素敵な雰囲気


x1500.jpg


花びらに刻みが入って

可愛いペッシュボンボン


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バラ苗【新苗】ペッシュボンボン (Del複桃) 国産苗《Han-DEL》
価格:2700円(税込、送料別) (2019/6/13時点)





jijyo323.jpg


下にあおい

紫のバラはブルーバユー


あおいとブルーバユーは

小道を挟んで対面にいて

よく似合っています



jijyo526_201906130641424b9.jpg


ブルーローズは魅惑的

だから魅惑的な茶バラのあおいと

よく似合うのでしょうか


今年ロゼ庭にお迎えしましたが

黒点病に弱くて

丸坊主にしていまいましたが

新芽を出して元気にしています


しっかりした薬剤散布が

必要なバラだと思います






jijyo312_20190613061041c9a.jpg


左のピンク系茶バラがあおい

左下のソフトピンクのバラは

マチルダ


あおいは横張りですが

可愛い感じの横張りだと思います



x1501.jpg


見た感じで次女は

1本支柱を立てて

枝を支えているようです



x1503.jpg


愛らしいマチルダ






ロゼ庭です

昨日薬剤散布をしました


前回の薬剤散布が

5月24日でしたので

間隔が18日空いてしまいました


一昨日カミキリムシを

バラの枝で発見したことと

(即それなりの対応

天敵ですからね

ほっとくわけありません

逃がすとか絶対ないです)


小さなアオムシが

1つの蕾に大量にたかるを

ダブルで見つけ

スイッチが入りました

スイッチが入ってやるもんじゃ

ないと思うんですが

計画的にやるもんだと

思うんですが

ま~ほら~ロゼでしょ(笑)



それにしても

散布間隔が空き過ぎです

黒点病で丸坊主組が出ても

仕方がないです・・・



x1502.jpg


2019年6月12日


バラの病気の予防治療薬剤

・ポリオキシンAL水溶剤 

希釈2500倍

(うどん粉病、スリップス) 

抗生物質

年間総使用回数 5回以内



バラの殺虫剤

・ダントツ水溶剤

希釈倍数2000倍

(カイガラムシ、アブラムシ、

コガネムシ、スリップス、

カミキリムシ

系統 ネオニコチノイド系

年間総使用回数 4回以内


・展着剤  

希釈1ℓ(リットル)で

0.1~0.4ml(ミリリットル) 

1リットルにスポイトで1滴

・活力剤 HB101 希釈1000倍 

1リットルに容器から直接1~2滴 

・液肥 アルゴフラッシュ


(アルゴフラッシュは

我が家にバラ用がないので

花用を使用)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポリオキシンAL水溶剤「科研」 100g
価格:2569円(税込、送料別) (2019/6/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダントツ水溶剤 125g
価格:1478円(税込、送料別) (2019/6/13時点)




ダントツ水溶剤は

カミキリムシ対応ですが

カミキリムシ(テッポウムシ)は

ロザリアンさんも

ご存じの通り

簡単な相手ではないので

効果のほどは

期待に応えてくれるほどではないと

思いますが

そこを加味して使用しています

というかそうなりますよねぇ



対応してるのは

カミキリムシで

テッポウムシでないですし

でもその親がカミキリムシでしょぉ




薬剤散布間隔が空くっていうのも

やられる要因で

それはロゼが悪いわけで・・・



もうカミキリムシ

(テッポウムシ)の事なら

延々と書いていられそうな気が

してきました




今日もまた前回の薬剤散布の

レポをしてみたいと思います


2019年5月24日


【前回使用薬剤】


バラの病気の予防治療薬剤

・サルバトーレ液剤 

希釈倍数 3000倍

(黒点病、うどん粉病)

系統 EBI系

年間総使用回数 7回以内


バラの殺虫剤

・オルトラン液剤

 希釈倍数250倍~500倍

(アブラムシ、コナガ、アオムシ、

スリップス、カイガラムシ、

コナガ ヨトウムシ、

チュウレンジハバチ)

アブラムシについては

春1~2回しか効果が

ない傾向のようだとのこと

系統 有機リン系 

年間総使用回数 5回以内


・展着剤  

希釈1ℓ(リットル)で

0.1~0.4ml(ミリリットル) 

1リットルにスポイトで1滴

・活力剤 HB101 希釈1000倍 

1リットルに容器から直接1~2滴 

・液肥 アルゴフラッシュ

(アルゴフラッシュは

バラ用が我が家にないので

花用を使用)



オルトラン液剤が

アオムシ系に効果があるのは

実感しました



アブラムシについては

オルトランは

春1~2回しか効果が

ないようだとのことと

書いていますが

ロゼ自体もほとんど効果がなくて

驚いた年がありました

ほんとにびっくり!



しかし草花にアブラムシがいたようで

知らずに散布していました

が一昨日アブラムシが

薬剤でやられた形跡を発見



春1~2回しか効果が

ない傾向があるということで

気候やその年で違うのでしょう



今回から

春1~2回しか効果が

ない傾向のようだとのことと

書くことにしました




うどん粉病には

なっていませんが

とにかくロゼ庭は

黒点病が課題

カミキリムシ(テッポウムシ)を

除いた害虫対策より

何より黒点病です


カミキリムシ

(テッポウムシ)は別格です




黒点病や

カミキリムシ(テッポウムシ)以外の

害虫については

散布間隔を適切にすれば

それなりに維持できると思いますが

体力がついていきません




サルバトーレ液剤は

18日間という散布間隔が空いたので

分かりずらいですが

その割には効果があったのでは

ないかと思います



梅雨ですし(黒点病)

カミキリムシの

活動期でもあるし

害虫が増える時期なので

薬剤散布が出来て

ほっとしています


あ~よかった~


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村

応援ありがとうございます。



























2019.06.13 / Top↑