FC2ブログ


イングリッシュローズの

花持ちの良い(普通)品種を

記載しました。



今日は7品種ですが

これからも機会を見て花もちの

良い(普通)の

イングリッシュローズが

わかった場合

追記していきたいと思います。




イングリッシュローズは

花もちが悪い品種が結構あって

花もちが悪くても

素敵でもっていたい品種も

ありますし




花もちが悪くても

次から次へと咲いて

満足という場合もあると思います。




ただ花もちが良い(普通)か悪いかが

あらかじめ分かっていれば

1つの判断材料になる部分が

あるのではと

書いてみることにしました。




花持ちが悪いイングリッシュローズも

わかった分はまとめていますので

機会を見て記事として

書きたいと思います。




春の一番花とします。

夏とかは花もちが

あまり良くないですし

春の一番花の花もちが

一番肝心かと思いますので。




花持ちが良いの後に

(普通)と書いたのは

バラの場合

花持ちが普通の場合

花持ちが良いと

言うことが多いと思うからです。



花持ちの良い(普通)の

イングリッシュローズ。




オリビアローズオースチン

花もち良い(普通)

散る 早咲き








レッチフィールド エンジェル

花もち良い(普通)








マサコ エグランティーヌ

花もち良い(普通)







シャーロットオースチン

花もち良い(普通)







ザウェッジウッドローズ

花もち良い(普通)

お花がバサッと散らない






チャールズレニーマッキントッシュ

花持ち良い(普通)


dl1.jpg


画像は

デビッド・オースチン・ロージズから

お借りしました。


2018年10月16日現在

デビッド・オースチン・ロージズで

販売されています。



セントスウィザン

花もち良い(普通)







最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。


























スポンサーサイト
2018.10.16 / Top↑
まとめ