FC2ブログ





昨日は愛猫ポーに

思いやりのクリックを

たくさん頂きまして

ありがとうございました



昨日は長女も来て

庭に出て

たくさんの花を二人で摘み

ポーちゃんに添えました

その後私たち夫婦と長女は

ペットの葬儀斎場で

ポーちゃんと

最後のお別れをしました



次女は遠いので

思いを伝えてきました


見てくださっている皆様には

元気づけられ

ありがたく思っています


本当にありがとうござます


ーーーーーーーーーー


アブラムシ出没の時期に

なりましたね


dh3100.jpg


今年も

アブラムシがバラの新芽に

ついていました



10枚撮影しましたが

すべてピンボケすみません



去年はアブラムシが凄くて

オルトラン水和剤が

効かずに驚きました



オルトラン水和剤は

耐性のつきやすい薬剤なので

一年にそんなに使えないなとは

思っていましたが

一年のうちで初めて使用したので

大丈夫だと思っていました




dh3009.jpg


そこで間を置いて

アブラムシに対応している

ダントツ水溶剤を散布したところ

効果があり

アブラムシ駆除ができました


ですので

今回のアブラムシ、害虫退治には

ダントツ水溶剤を散布しました


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダントツ水溶剤 125g
価格:1499円(税込、送料別) (2019/3/24時点)




ネオニコチノイド系ですので

養蜂場が近くにある場合の

散布については

説明文をよく読んで

くださいとのことです



【今回の薬剤や液肥、活力剤】


dh3102.jpg



バラの殺虫剤

・ダントツ水溶剤

希釈倍数2000倍

(カイガラムシ、アブラムシ、

コガネムシ、

スリップス、カミキリムシ)

系統 ネオニコチノイド系

年間総使用回数 4回以内



バラの病気の予防治療薬剤


・トリフミン乳剤

希釈倍率 2000倍

(うどん粉病)

系統 EBI系



去年もブログ記事で

書きましたが

トリフミン乳剤は

バラで薬害を起こす可能性のある

品種がある為

使用を控えるよう

ネットで記載があります






何度も使用していますが

幸い薬害が今までなかったので

今回自己責任で使用しました


【追記 2019年4月1日

薬害が出ました

使用不可とした方が良いと

思います】


追記終わり




うどん粉病は

発生していません



うどん粉病を発生させないのは

得意ですが

黒点病を発生させるのは

得意です(笑)



トリフミンは水和剤があります



バラの病気の予防治療薬剤

・トリフミン水和剤 

希釈倍率3000~5000倍

(うどん粉病)

系統 EBI系

年間総使用回数 5回以内





・展着剤  

希釈1ℓ(リットル)で

0.1~0.4ml(ミリリットル) 

1リットルにスポイトで1滴

・活力剤 HB101 希釈1000倍 

1リットルに容器から直接1~2滴 

・液肥 アルゴフラッシュ




殺菌剤、害虫駆除剤どちらも

前回とは系統が違い

ローテーションとしてもOKです




【前回の薬剤や液肥、活力剤】



バラの病気の予防治療薬剤

・ポリオキシンAL水溶剤 

希釈2500倍

(うどん粉病、スリップス) 

抗生物質

年間総使用回数 5回以内




バラの殺虫剤

・オルトラン水和剤

 希釈1000倍

(アブラムシ、コナガ、アオムシ、

スリップス、カイガラムシ、

コナガ ヨトウムシ)

アブラムシについては

春1~2回しか効果が

ないようだとのこと。

系統 有機リン系 

年間総使用回数 5回以内


・展着剤  

希釈1ℓ(リットル)で

0.1~0.4ml(ミリリットル) 

1リットルにスポイトで1滴

・活力剤 HB101 希釈1000倍 

1リットルに容器から直接1~2滴 

・液肥 アルゴフラッシュ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フローラ 天然植物活力液 液体HB-101 100cc
価格:1591円(税込、送料別) (2019/3/24時点)







朝に散布し夕方見に行きましたが

今回も薬害はありませんでした




今回危険を犯して

トリフミン水和剤でなく

乳剤にした理由ですが

蕾が色づいて

開花準備に入っているバラが

あるからで

その時は

葉も綺麗でいて欲しいと

思っているからです


水和剤は

薬剤の痕が残りやすいです。


dh3101.jpg

薬剤散布1時間後に

撮影しています


セリーヌフォレスティエの

蕾と葉


こんな感じですが

この子はまだ早いかな

(乳剤の痕(白いの)が残っています)



撮影困難場所に

ソニアリキエルですが

一週間程で咲きそうな蕾があるんです


先ほども書きましたが

水和剤は一番薬剤散布の痕が

残ります



できるだけ開花期は

薬剤散布の痕が残りにくい

水溶剤、液剤、乳剤で

乗り切りたいです

仕方ない時は水和剤も

使います



蕾と葉の様子です

すべて

薬剤散布1時間後に

撮影していますので

乳剤の白い痕が

残っている葉があります


dh3103.jpg


群星の蕾と葉


dh3108.jpg


去年の春に咲いたお花は

期待を裏切らず

透明感のある純白の花を

たくさん咲かせてくれました


とてもエレガントです


トゲがなく枝も柔らかで

誘引しやすく花期も長いです

早咲きです


ピンクは群舞です

白が群星です






群舞






dh3110.jpg


プラムパーフェクトの

蕾と葉


dh3111.jpg


2018年国バラで撮影


何日目のお花かわかりませんが

綺麗なプラム色に惹かれて

お迎えしました





dh3112.jpg


ジェネラシオンジャルダンの

枝変わりの蕾と葉

品種違い疑惑あり



dh3106.jpg


可愛らしいお花を

たくさん咲かせてくれます



玄関ポーチ横にいるので

スパニッシュビューティーとともに

庭で中心的役割を果たして

くれています


dh3109.jpg


キーラ(DAローズ)の

蕾と葉


蕾が大きくなってきています



dh3105.jpg


ピンクで咲いたり白で咲いたり

ピンクと白の混色で咲いたりして

面白いです

柔らかな花弁で

美しいです


去年は画像のように

ずっと白で咲いていました

今年はどんな色で

咲いてくれるのでしょうか

楽しみです


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村


応援ありがとうございます。












つぼみ付き






つぼみ付き






つぼみ付き












スポンサーサイト
2019.03.24 / Top↑



ロゼ庭へようこそ~*



まだ剪定、誘引途中なのですが

先が見えてきたのと

マシン油乳剤を散布する時期が

ギリギリに近いので

マシン油散布を優先しました。




散布当日の新芽の様子です。



lo.jpg


群星




lo1.jpg


セリーヌフォレスティエ




lo2.jpg


プシュケランブラー


ひょえーーー



でもこの新芽の展開は

まだセーフだと

一昨年のマシン油散布で

経験済みです。




マシン油散布

その他

カイガラムシ駆除のやり方






昨年はマシン油乳剤の散布をする事が

出来ず

カイガラムシエアゾールを

カイガラムシがよく付いている

バラ数本だけにしました。



そのお陰で

カイガラムシがびっしりということは

ありませんでした。



lo3.jpg






そのように

カイガラムシエアゾールを

使った感じで

効果を感じていますが

マシン油乳剤の方が

安価にできるので

今年は是が非でも

マシン油散布です(笑)




ただカイガラムシエアゾールは

年間を通して使用できますし

シュッーと撒くだけで簡単なので

どちらも必要に応じて

今後使っていくつもりです。




lo4.jpg


今年のカイガラムシの成虫です。

多い所でこのような感じです。




lo5.jpg


一昨年はびっしりで

吸血鬼のように

バラの樹液を吸い

赤茶色になっている部分も。




マシン油乳剤と

カイガラムシエアゾールのお陰で

カイガラムシと

上手くお付き合いが出来るように

なりました。

(付き合いたくないですが(; ̄ー ̄川)




まず歯ブラシでこするほど

付いてないので爪でこすって

取りました。


lo4.jpg


ビフォー



lo6.jpg


アフター



こんな感じで庭全体のバラに付いた

カイガラムシを撤去していきました。


もうこれでいいんじゃないって

思うロゼ。



もう一人のロゼが甘ーい。

見逃しもあるし

見えてない所にもいるんだから!

それにカイガラムシ予防の

意味もあるでしょと

さぁ、マシン油乳剤散布です。




lo7.jpg






マシン油を散布するついでに

冬のうちにしておきたい

黒点病、うどん粉病対策も

サプロール乳剤で

一緒にしちゃいます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

殺虫殺菌剤 住友化学園芸 STサプロール乳剤 30ml
価格:700円(税込、送料別) (2018/1/29時点)






lo8.jpg


展着剤も入れて

4リッターでは足りず

もう1リッター分作って

全部で5リッター散布しました。



マシン油乳剤の希釈倍率は

50倍でしていますが

説明書きでは

このようになっています。


lo9.jpg




ロゼの場合

剪定、誘引が

マシン油乳剤の散布時期までに

間に合わないことが多く

新芽が展開し始めた頃にしているので

薬害を防ぐ為

希釈倍率を薄めにしています。




マシン油乳剤の薬害は

バラの葉が展開している新芽を

窒息させてしまい

ダメにしてしまうことです。




マシン油乳剤の散布時期は

12月末~1月中旬

(最高気温が10度以下)が

良いとされており

1週間程度おいて

2、3度散布すると良いと

されています。




ロゼは一昨年1回の散布で

満足した結果が得られたので

今年も1回だけの散布にしました。




散布出来て良かったぁ~

懸案事項だったのでホッとしました。




lo10.jpg


お花屋さんへ行ったら

可愛いガーベラがいて

連れて帰ってきました。



lo11.jpg


可愛いアンティークピンクの目と

グリーンな花びら

その端のリップが気に入りました。

(*μ_μ)σポッ




寒くて春はまだまだ先のように

感じるけど

バラは春が来るのを分かっていて

新芽を出しているんですね。



早く剪定、誘引、寒肥しなきゃ。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪


























2018.01.30 / Top↑