2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
赤いつるバラ アンプルールデュマロック 剪定、誘引&春バラ♪次女にクレマチスと紫陽花、オベリスクを送りました♪
2018/02/18(Sun)



ロゼ庭へようこそ~*




アンプルールデュマロック

(エンペラーデュマロック)を

2月1日に剪定、誘引しました。


lg10.jpg


剪定前です。



今年は長いシュートを出し

つるになってくれて嬉しいです。

これまで何度かシュートを出してくれて

つるになれ~!って思っていましたが

なかなかなってくれなくて

待望の長いシュートでした。




枝姿ですが

別のバラの枝が背後に見えて

わかりずらいので

枝に沿って赤い線で書きました。




lg11.jpg


剪定、誘引完了です。



春に咲いたお花です。


lg12.jpg


落ち着いた赤で咲いて

次第にローズ紫へ

変化していくバラです。




右に見えるクレマチスは

大輪豪華なジョセフィーヌ。




lg13.jpg


オルラヤとのコラボが素敵です。






lg15.jpg


オルラヤはどんなバラとも

似合って

花束のようにしてくれます。






lg14.jpg


サントリーのロベリア ブルーを

アーチの所に置いてみたら

素敵でウフッ♪



ピンクや白のバラが多い

ロゼ庭を引き締めてくれる

アンプルールデュマロック

つるになってどんな景色を

見せてくれるか楽しみです♪





次女に画像を送って

欲しいかどうか尋ねて

欲しいと言ったので

紫陽花2鉢とクレマチス2鉢、

ベルツモアのオベリスクを

送りました。



ですのでこの4種のお花は↓

ロゼ庭から次女庭へお嫁に行って

ロゼ庭にはいません。


lg2.jpg


左 紫陽花 筑紫の風

右は品種不明です。


lg4.jpg

紫陽花 筑紫の風




lg20.jpeg


タグはついていましたが

品種名が書いてなかったです。





lg3.jpg


左 クレマチス ビエネッタ

画像を探しましたが

見つかりませんでした。


右 クレマチス 白万重


lg5.jpeg

クレマチス 白万重


素敵なお花屋さんで買った時の

画像です。

ロゼ庭でも写したのですが

画像が見つかりませんでした。



lg6.jpg


クレマチスの枝の長さが

それぞれ1mくらいあったので

枝を折らないように

そして新芽を落とさないように

クルクル巻きました。




lg8.jpg


ベルツモアのオベリスクは

5年くらい前に買って2年間使い

その後ずっと外で

野ざらしになっていましたが

あまり傷んでなくて

良い状態でした。




lg7.jpg



持ちが良いのを

送ってあげたかったので

これからも当分大丈夫そうな

ベルツモアにしました。

今はないデザインかもしれませんが

素敵ですし。



別デザイン







どちらも次女庭に到着して

クレマチスを

どこにどうやって飾ろうか

楽しそうに妄想中のようです。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪








送料無料






送料無料






送料無料
















スポンサーサイト
この記事のURL | アンプルールデュマロック | ▲ top
うらしまたろうとの出会いのスーパーのお花コーナー♪DAローズ キーラ 夏バラ&アンプルールデュマロックが大人可愛い♪春の庭~*
2016/09/15(Thu)


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




アンプルールデュマロックが咲き進んでます。



tete.jpeg


まん丸で花びらのクシュクシュが

可愛い~*





tete1.jpeg


ローズ赤になって

大人可愛いです~*



今年の春に咲いたお花です。


anp.jpeg



魅力的な落ち着いた赤です。

花びらの揺らぎも素敵~*



クシュ感素地がある子です。






DAローズ キーラ(イングリッシュローズ切り花品種)の

夏花です。



lala23.jpeg


オフホワイトにピンクの絞りが可愛い~*




昨年の春に咲いたお花です。


ki1.jpeg



とても愛らしい子が咲いてくれました~*



一昨年の春に咲いたお花です。


DFC2.jpeg






DFC20.jpeg


天使が微笑んでいるような可愛らしさです~*





アブデルの夏花です。



tete2.jpeg


エレガントに咲いています~*




今年の春に咲いたお花です。



abuf6.jpeg


深いカップの外弁はピンク

内側の花びらはオレンジ

このコントラストが素敵です~*






昨日はスーパーへカメラ持参のロゼ。




あの 百日草うらしまたろう 

売っていた

お花コーナーがあるスーパーへいくところだったんで

カメラ持参です。




tete8.jpeg




ここでロゼは百日草のうらしまたろうと

出会いました。



tete3.jpeg


(今朝、ロゼんちでのうらしまたろう。)





「エレガントな子だわ」


「90円 うふふ」


と連れて帰りました。




というか食料品とかのお買い物がメインなので

お花コーナーの方に

代金を払っていつものように

お花を預かってもらって

お買い物が済んで受け取って帰ってきました。




そうしてる方多いんです。

お店の方も預かりましょうか?って

言ってくれる時あるし。




うらしまたろう


ガーデニング歴=バラ栽培歴の中で

これほどの名前のインパクトをうけた

お花はありませんでした。





花のエレガントさと

名前の笑いのツボをおさえたような

インパクトさ。




過去にこれだけ

お花の姿と名前のギャップ萌えをさせた

お花があったのだとうかと

ロゼは思いました。





もし、バラに 「うらしまたろう」 という

名がつけられ

国バラ新品種として発表されたらと思うと



怖い



ただでさえも百日草というお花の名前のギャップで

?だったにも拘わらず




バラだったらと思うと

ギャップでは済まされず

バラ界全体のイメージにさえ

影響を与えてしまうほどの

破壊力かもしれないと思うと




やっぱりお花は、

特にバラにはイメージが大事なのだと思わされます。




でも、一歩違えば

ロゼが百日草のうらしまたろうに

名前が後押しして

愛着をもつようになったのと同じで

うらしまたろうと命名されたバラも

愛されるキャラクターになる

バラになれるかもしれない。




これはすごい賭けだけどと

ちょっと本気モードで

かなりおかしな話をしだしたロゼ。




絶対おかしな??人間だと思う。





で、まだおかしな話は続くんですけど

ロゼは名前には影響を

受けないをモットウにしているつもりですから

バラでうらしまたろうが作出されて

好みだったらお迎えすると思うけど

ギャップ萌えしそうです。




言ってることが矛盾してますロゼさん。




もう書いてたら妄想が止まらなくなりました。





で、このスーパーの入り口にあるお花屋さんの話は

明日に続きます。



このお花コーナーで売られていて

撮影してきたお花の一部です。


tete4.jpeg


秋明菊 白



また可愛い秋明菊を発見。


tete5.jpeg


画像は園芸ネットさんから

お借りしました。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

秋明菊(シュウメイギク):祇園祭り5号鉢植え
価格:2060円(税込、送料別) (2016/9/15時点)




ロゼ、ますます秋明菊界の

迷路に迷い込む。。。




ガーベラがいました。


tete7.jpeg


ロゼはガーベラも好き~*







今年の春の庭です。


tete9.jpeg


ブーケのように咲いた

ポールズヒマラヤンムスク~*



色んな景色を見せてくれる

可憐な子。





tete10.jpeg


透明感があって清楚~*







tete12.jpeg


次の春もうっとりするような

景色が見たくて冬作業。



あっ、その前に秋バラの為の剪定だわ~



最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪







































この記事のURL | アンプルールデュマロック | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ