FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
ピエールドゥロンサール 満開 関東 千葉 可愛いピエールに癒されました。 
2018/05/30(Wed)




次女庭へようこそ~*



hz.jpg


5月18日


満開のピエールドゥロンサール

とても可愛らしく優雅でした。







「下の方にも花が付いて良かったぁ」と

ロゼが言いながら

次女と一緒に主幹以外の

下の方の枝を

たぐって下の方にも

良花が満足いくくらい

咲いているのを確認しました。




去年の11月に

ロゼが剪定、誘引をした時

主幹、サイドシュート以外の枝で

枝の長さは

60cm~1mちょっとしか

ありませんでしたが

主幹より少し細め枝も数本

剪定、誘引しておきました。



次女

「ほんとだね、細めの枝にも

たくさんお花が付いてるね」



ロゼ

「ピエールは優秀だよねぇ」



ピエールドゥロンサールの

育て方

1年間を通して





hz1.jpg


ふわっふわっに咲いてる

ピエールドゥロンサール。




hz2.jpg


愛らしいピンクで咲く

ピエールドゥロンサール。




hz3.jpg


小道を歩いていると

天使が奏でる音楽が

聞こえてきそう。




小道脇の

紫のバラはブルーバユー


hz4.jpg


5月19日


大きな房でエレガントに

咲いていました。






hz5.jpg


赤いバラは

レッドレオナルドダビンチ。




hz9.jpg


5月19日


あおいとピエールドゥロンサールの

ピンクの濃淡が素敵。



hz11.jpg


5月19日


ブーケのように

大きな束で咲く茶バラの

あおい。






hz12.jpg


夢のような

ピエールドゥロンサールの

世界に浸って癒された

ロゼでした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。




















スポンサーサイト
この記事のURL | ピエール ドゥ ロンサール | ▲ top
ピエールドゥロンサールの育て方 バラの一年間を通しての育て方 
2018/05/21(Mon)





次女庭へようこそ~*

今日はピエールドゥロンサールの

育て方について

書こうと思います。



去年の冬

バラの家から予約大苗でお迎えした

次女庭のピエールドゥロンサール。

あれからたったの10ヵ月で

アーチの両側から

アーチを覆うほどになりました。



次女庭の

ピエールドゥロンサールを

お迎えしてから

これまでの栽培の様子を

ピエールドゥロンサールの

育て方を交えてまとめてみました。



去年の冬予約大苗で

バラの家からお迎えした

ピエールドゥロンサール2本です。


xd11.jpg



xd14.jpg



2017年1月31日


バラお家から

ピエールドゥロンサールの苗が到着。

間もなく地植えしました。



植え付けに使った土は

バラの家 培養土

(ロゼは

プレミアローズ培養土を使用)

バラの家 堆肥

肥料はマグアンプKです。


地植えのやり方









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイポネックス 肥料 マグアンプK 大粒 250g
価格:415円(税込、送料別) (2018/4/19時点)





he3.jpg


次女の薬剤散布ノートです。


ノート記載以外に

病害虫の状況によって

臨機応変に対応しています。



ノートでは5月分から

書かれていますが


・2月末から

2週間に一度の薬剤散布開始。

(本来は10日おき)

次女は

1週間に一度の薬剤散布。

活力剤HB101と

液肥アルゴフラッシュも

薬剤散布時に薬剤と混ぜて散布。


10月末で終了



薬剤散布のやり方等

関連記事のまとめ






・3月初旬に芽だし肥を施肥。


次女が使っている肥料は

バラの家 培養土4袋セット

送料無料を

セールで買った時に

おまけで付いてきた

バラの家 IB肥料を

撒いています。



これはおまけではありません。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バラの家IB肥料 700g ※土と同梱可※ ZIK-10000
価格:500円(税込、送料別) (2018/4/19時点)





if1.jpg


5月23日


次女庭で

ピエールドゥロンサールが

はじめて咲きました。



「可愛いお花が咲いた!」と

次女が嬉しそうでした。




jh9.jpg



美し過ぎます。



新苗






大苗







・花がら摘みは随時。



if.jpg


5月30日


2017年6月16日に

ピエールドゥロンサール開花の記事




・5月末 

 お礼肥 


肥料はバラの家 IB肥料



・テッポウムシ対策

株元に木屑が出ていないか

株元を頻繁にチェック


バラのテッポウムシ駆除方法

株元編




ub15.jpg


7月初旬


ピエールドゥロンサールのシュートが

伸びてきました。



・7月頃その他の月も

ハダニ発生時。


ハダニ駆除方法のまとめ



yg5.jpg


2017年8月13日


もう少し経ったら

アーチの両側から繋がって

アーチを覆いそうです。



嬉しそうに次女が

「こんなに伸びたよぉ~」と

画像を送ってきました。




yc.jpg

2017年8月25日


次女庭の

ピエールドゥロンサールのシュートが

アーチを覆いました。



tp2.jpg

2017年9月2日


ピエールドゥロンサールの

脇芽が出てきました。



・9月初旬

追肥


肥料はバラの家 IB肥料



tk9.jpg


2017年9月11日


脇芽が勢いよく伸びています。




wp.jpg


2017年11月初旬


アーチの両脇で大きく広がっている

ピエールドゥロンサール。





wt.jpg


剪定・誘引前




wt1.jpg


剪定、誘引完了。



関東標準12月中旬~1月末までに

剪定、誘引ですが

ロゼ夫婦が次女庭行ったのが

11月初旬なので

仕方がなく

ピエールドゥロンサールのみ

剪定、誘引。





株の下の方にも

花が付くよう

太い主幹とは別に

枝の長さは

60cm~1mちょっとしか

ありませんでしたが

主幹より少し細め枝も数本

剪定、誘引しておきました。




葉っぱは11月初旬ということで

残して次女が冬作業時

取りました。




違う角度で。


wk1.jpg


ビフォー


ピエールドゥロンサールは

画像一番奥で大きく伸びて

枝を広げてます。



この時お迎えして10か月。




*つるバラは通常3~4年で

成木になります。




2017年11月初旬

ピエールドゥロンサールの

ビフォー アフター






wk.jpg


アフター




・カイガラムシ防除、駆除


12月中旬~1月末


マシン油散布のやり方



・寒肥


関東標準で12月中旬~1月末



寒肥のやり方




・2月末から

2週間に一度の薬剤散布開始。

(本来は10日おき)

次女は

1週間に一度の薬剤散布。

活力剤HB101と

液肥アルゴフラッシュも

薬剤散布時に薬剤と混ぜて散布。


10月末で終了



薬剤散布のやり方等

関連記事のまとめ










・3月初旬に芽だし肥を施肥。


次女が使っている肥料は

バラの家 培養土4袋セット

送料無料を

セールで買った時に


期間限定







おまけで付いてきた

バラの家 IB肥料を

撒いています。



これはおまけではありません。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バラの家IB肥料 700g ※土と同梱可※ ZIK-10000
価格:500円(税込、送料別) (2018/4/19時点)





kn6.jpg


2018年3月27日


新芽の芽吹きです。



kv3.jpg


2018年3月30日


全体の新芽の芽吹きです。





jh1.jpg


2018年4月4日


蕾がアーチの上にいっぱい。



・4月初旬

追肥   

肥料はバラの家 IB肥料 



・4月初旬から4日~10日おきに

液肥アルゴフラッシュを

ジョーロで株元に与える。

開花前に終了。




jh.jpg


2017年4月12日


蕾が順調に付いています。



現在お迎えして1年3ヵ月。



開花が楽しみです。




jx14.jpg


4月29日


アーチの

ピエールドゥロンサールが

わさわさしています。



he.jpg


2018年5月8日


ピエールドゥロンサール開花。



hq15.jpg


2018年5月8日


アーチの内側で美しく咲く

ピエールドゥロンサール。




he2.jpg


2018年5月8日


ピエールドゥロンサールの全体像。


開花した花も愛らしく

蕾もいっぱい。



・花がら摘みは随時。



hk6.jpg


2018年5月12日


ピエールドゥロンサール6分咲きです。



hk7.jpg


2018年5月12日


ピエールドゥロンサールは

去年の11月初旬に

ロゼが剪定、誘引したのですが

株の下の方にも

花が付くよう

太い主幹とは別に

枝の長さは

60cm~1mちょっとしか

ありませんでしたが

主幹より少し細め枝も数本

剪定、誘引しておきました。



そこにも花が付いているようで

まんべんなく花が付いています。



hg5.jpg


5月15日


いっぱい咲いてる

ピエールドゥロンサール

8分咲きです。



hf016.jpg


5月15日


こんなに愛らしく

咲いています。



hz.jpg


5月18日


満開のピエールドゥロンサール

とても可愛らしく優雅でした。



hz3.jpg


ガゼボから見た

ピエールドゥロンサール。



新苗






大苗







バラ ピエールドゥロンサール


1987年 フランス メイアン

系統  

LCl ラージフラワードクライマー

樹形 ツル

花径  大輪8~11㎝  

深いカップ咲き

花色  白に近いクリームホワイトに

ピンク

樹高  ツル 2.5m~3.5m

香り  微香(甘い香り) 

返り咲き(秋に2~3輪咲きます)

耐病性  普通だがうどん粉に強い


ボーリングはまずしない。

育てやすいです。


殿堂入りしたバラ。



地植え、壁面、トレリス、

フェンス、アーチ向き。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。






















この記事のURL | ピエールドゥロンサールの育て方 一年間を通して | ▲ top
| メイン | 次ページ