2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
台風の準備をしています。鉢は家の中へ入れ枝を留めています。夏バラ、可愛いペッシュボンボン、フェアリーボタン♪春の庭♪
2016/09/03(Sat)


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




ペッシュボンボン(デルバール)の夏花です。


ququ2.jpeg


花びらの刻みが

ペッシュボンボンらしくて可愛い。




ququ3.jpeg


お菓子のような混色で

咲いてくれてました~*




以前の春に咲いたお花です。


peFC8.jpeg


ほんとにお菓子みたいで

キャンディー色。

かわゆい~*




アニエスシリジェル(ギヨー)の

夏花です。


ququ6.jpeg


次々と咲き始めました。





ququ7.jpeg


シベを見せて可愛いです。




昨年春に咲いたお花です。


aniesu5.jpeg


カタログと同じお花です。

豪華で可愛いお花~*




pusyukeranbura-.jpeg


アニエスシリジェルは画像左奥です。

ガゼボにいる子は2m20cmです。

アニエスシリジェルは基本樹高1mにしかならないので

ご注意ください。







フェアリーボタンの夏花です。


ququ4.jpeg


名の通りの妖精さんのように

咲いてくれたフェアリーボタン。




ququ5.jpeg


(≧∇≦)キャー かわいい。



白とソフトピンクの組み合わせは

かわゆいです~*




昨年の春の様子です。


fea2.jpeg



昨年は鉢植え栽培でしたが

冬に地植えしました。



この画像を見ると鉢植えに

戻したくなるけど


地植えした今年のフェアリーボタンも

お花畑の花壇で可愛かったし

今いるところが気に入ってるみたいなので

そのままにしておきます。




アブデル(河本バラ園)の夏花です。


ququ1.jpeg


花びらの縁がひらひらして可愛い。


まだ蕾をつけたり新芽を上げてきていますが

このまま夏剪定をするのが

少しもったいなく思いながら剪定します。



今年の春のお花です。


la-12.jpeg


画像の手前にアブデルがいます。

深いカップで大輪、ゴージャスな子です~*



可愛い色合いの子のコーナーで咲いています。

ほわ~んってした感じのコーナーです。



今年はアブデルも含めステムが長めのバラが

多かったです。

いつもはこんなに長くないです。






台風が来るようなので

準備をしています。



外へ出たら

まだ台風は来ていないのに

ジェネラシオンジャルダンの枝が

いきなり倒れていました。


ququ.jpeg


留めてたのがはずれたのかなぁ。



鉢を家の中へ入れて

枝を留めましたが

丁寧にしはじめて

冬の誘引みたいになっちゃいました。




ロゼがおかしいんだと思うんだけど

枝はこう誘引したらどうかなとか

計算し始めるんですよね。

葉の日当たりはどうかとか

頭に思い浮かぶんです。




いや、仮留めだし

台風がくるんだからそれどこじゃないし。



いざ台風が来るとバラどころじゃなくて

家が心配になります。



今年の春の庭です。


ququ12.jpeg



どんどん出てくる南東の庭。


どんだけ写真写してんの。


ポールズヒマラヤンムスクの魅力に

魅了されてしまったロゼ。






ququ10.jpeg






ququ9.jpeg


色のトーンを落としたコーナーです。


清楚な感じがして嬉しいです。




右側のオベリスクに

ホワイトメイディランドをお迎えして

誘引する予定です。


hasa4.jpeg


画像はバラの家さんからお借りしました。







より清楚になるのではと楽しみです。


バラって素敵~*



最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪







































スポンサーサイト
この記事のURL | フェアリーボタン | TB(0) | ▲ top
フェアリーボタン(ミニチュアローズ)を冬剪定しました。
2016/01/11(Mon)



こんにちは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



今日はフェアリーボタンの冬剪定をしましたので

その様子を綴っていきたいと思います。



フェアリーボタンはミニチュアローズです。



ミニチュアローズやミニバラは

元の樹高から5cmほどカットします。

芽のプクッとしたところの1cm上を剪定します。

その芽は自分が向かせたいと思う方向へ

伸びる芽です。



ミニチュアローズやミニバラは

深く剪定し過ぎると株がダメージを受けやすいので

浅めの剪定にしています。




鉢植えの場合鉢の縁辺りで剪定と

とある業者さんの説明書きであったりしますが

私の場合、以前別のミニチュアローズで

地植えですが数年育てて株に力がついているものでしたので

大丈夫だろうと思って

そういった感じで剪定しましたら

ダメージを受けたので(現在回復途上です)

安全策でいきます。



ミニチュアローズはプロの方でも

浅めの剪定を推奨している業者さんもいますし

鉢の縁辺りでの剪定を推奨している業者さんもいますし

そのような感じで説明が分かれています。



鉢の縁辺りで剪定していらっしゃるブロガーさんで

上手に育てている方もいますので

(多くは数年育てた株に力のあるミニチュアローズ)

何ともいえません。




剪定後の画像です。



フェアリーボタンは鉢植えで育てていましたので

剪定してから地植えしました。



fefu.jpeg





ではフェアリーボタンを

ご紹介したいと思います。




今年の春のお花です。


fea2.jpeg


名の通り妖精のような

可愛らしい小輪がいっぱい咲くバラです。



あっ、やっと妖精が出てきた(ホッ)

なぜ、妖精という文言でホッとしたか

クスッと笑いたい方はこちらへどうぞ♪

以前、私が書いたバラ レイニーブルーの記事です。




泉バラ倶楽部さんから1年前の冬に大苗2年生7号鉢で

お迎えしたバラです。




fea6.jpeg


このリボンの大鉢に植え込んでいたわけではなくて

鉢のまま入れていただけです。

リボンの大鉢の中に空の鉢をひっくり返して入れて

その上にフェアリーボタンの鉢を乗せていました。



この感じ、とても気に入っていましたが

バラさん達が多くなりすぎて

お世話が大変なので

バラの鉢を少しでも減らすべく地植えにしました。



樹高が低いので花壇の一番前へ地植えするのが

向いていると思います。




上の画像の背景にスパニッシュビューティーが

出てきますが葉っぱばかりでお花はもう終わっています。



ですので遅咲きとばかり思っていましたが

よく考えてみたら鉢置き場がなくて

花が咲くまで日照3時間以下の場所に置いていました。

それで開花が遅れたのだと思います。

そういえば地植えのフェアリーボタンがいますが

その子は普通の開花時期に咲いています。




それでこれだけ咲くところをみると

日照3時間以下でも大丈夫ということでしょうか?

開花し終わってからもこのフェアリーボタンは

同じ日照3時間以下の場所に置いていましたが

調子を崩すということもありませんでした。

シュートも出しましたし。

ますます半日陰でも大丈夫なバラ???




気候とかもありますし業者さんの半日陰でも

大丈夫という記載もありませんので

推測にすぎません。




年数を経て枝垂れてくるので

可愛らしいです。

枝垂れるの大好きです。


fea3.jpeg


この画像を見たら『鉢植えの枝垂れ、かわゆい!!』って思って

鉢植えに戻したくなるくらい可愛い~*



先ほども書きましたが

我が家には元々地植えにしている

フェアリーボタンがいて

鉢植えで育てているのは

色んな大鉢に入れて楽しむつもりでいたのです。

そのうち余裕ができたら

鉢植えに戻したいなぁ~いつのことでしょう?




こちらは地植えしているフェアリーボタンです。

親元の『ザ フェアリー』より

花びらの枚数が多いです。



fe02.jpeg



f11.jpeg



f03.jpeg



多くがピンクですが白で咲いたり、

白とピンクの混色で咲いたりすることもあります。

ボタンアイを覗かせて可愛い~*


feari06.jpeg




fea4.jpeg



フェアリーボタンを買った

泉バラ倶楽部さんのショップサイトで

フェアリーボタンの販売ページです。

情報発信です。

みなさんからの情報でお世話になっていますから

私も少しでも^^

これはアフィリエイトでないです。






泉バラ倶楽部 フェアリーボタン




バラ フェアリーボタン

作出年 2005年

作出国 日本

作出者 確実園本園

系統 ポリアンサローズ 

樹形 横張り性

花径  小輪3~4cm 

     クォーターロゼット咲き、カップ咲き

     ボタンアイを覗かせることもある 

花色  ソフトピンク、ソフトピンクと白が混じることもある

樹高  80cm

香り  微香

四季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  普通

樹勢 普通



ボーリングはまずしない。


花つき良い。


元親は ザ フェアリー

このザ フェアリーと フェアリーボタンは

よく似ています。


育てやすいです。


 
地植え、鉢植え向き。





最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






2016年1月11日現在売り切れ中



*~ フェアリーボタンを

お探しの方はこちらから ~*















この記事のURL | フェアリーボタン | TB(0) | ▲ top
フェアリーボタン(ミニチュアローズ)を冬剪定しました。
2016/01/11(Mon)



こんにちは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



今日はフェアリーボタンの冬剪定をしましたので

その様子を綴っていきたいと思います。



フェアリーボタンはミニチュアローズです。



ミニチュアローズやミニバラは

元の樹高から5cmほどカットします。

芽のプクッとしたところの1cm上を剪定します。

その芽は自分が向かせたいと思う方向へ

伸びる芽です。



ミニチュアローズやミニバラは

深く剪定し過ぎると株がダメージを受けやすいので

浅めの剪定にしています。




鉢植えの場合鉢の縁辺りで剪定と

とある業者さんの説明書きであったりしますが

私の場合、以前別のミニチュアローズで

地植えですが数年育てて株に力がついているものでしたので

大丈夫だろうと思って

そういった感じで剪定しましたら

ダメージを受けたので(現在回復途上です)

安全策でいきます。



ミニチュアローズはプロの方でも

浅めの剪定を推奨している業者さんもいますし

鉢の縁辺りでの剪定を推奨している業者さんもいますし

そのような感じで説明が分かれています。



鉢の縁辺りで剪定していらっしゃるブロガーさんで

上手に育てている方もいますので

(多くは数年育てた株に力のあるミニチュアローズ)

何ともいえません。




剪定後の画像です。



フェアリーボタンは鉢植えで育てていましたので

剪定してから地植えしました。



fefu.jpeg





ではフェアリーボタンを

ご紹介したいと思います。




今年の春のお花です。


fea2.jpeg


名の通り妖精のような

可愛らしい小輪がいっぱい咲くバラです。



あっ、やっと妖精が出てきた(ホッ)

なぜ、妖精という文言でホッとしたか

クスッと笑いたい方はこちらへどうぞ♪

以前、私が書いたバラ レイニーブルーの記事です。




泉バラ倶楽部さんから1年前の冬に大苗2年生7号鉢で

お迎えしたバラです。




fea6.jpeg


このリボンの大鉢に植え込んでいたわけではなくて

鉢のまま入れていただけです。

リボンの大鉢の中に空の鉢をひっくり返して入れて

その上にフェアリーボタンの鉢を乗せていました。



この感じ、とても気に入っていましたが

バラさん達が多くなりすぎて

お世話が大変なので

バラの鉢を少しでも減らすべく地植えにしました。



樹高が低いので花壇の一番前へ地植えするのが

向いていると思います。




上の画像の背景にスパニッシュビューティーが

出てきますが葉っぱばかりでお花はもう終わっています。



ですので遅咲きとばかり思っていましたが

よく考えてみたら鉢置き場がなくて

花が咲くまで日照3時間以下の場所に置いていました。

それで開花が遅れたのだと思います。

そういえば地植えのフェアリーボタンがいますが

その子は普通の開花時期に咲いています。




それでこれだけ咲くところをみると

日照3時間以下でも大丈夫ということでしょうか?

開花し終わってからもこのフェアリーボタンは

同じ日照3時間以下の場所に置いていましたが

調子を崩すということもありませんでした。

シュートも出しましたし。

ますます半日陰でも大丈夫なバラ???




気候とかもありますし業者さんの半日陰でも

大丈夫という記載もありませんので

推測にすぎません。




年数を経て枝垂れてくるので

可愛らしいです。

枝垂れるの大好きです。


fea3.jpeg


この画像を見たら『鉢植えの枝垂れ、かわゆい!!』って思って

鉢植えに戻したくなるくらい可愛い~*



先ほども書きましたが

我が家には元々地植えにしている

フェアリーボタンがいて

鉢植えで育てているのは

色んな大鉢に入れて楽しむつもりでいたのです。

そのうち余裕ができたら

鉢植えに戻したいなぁ~いつのことでしょう?




こちらは地植えしているフェアリーボタンです。

親元の『ザ フェアリー』より

花びらの枚数が多いです。



fe02.jpeg



f11.jpeg



f03.jpeg



多くがピンクですが白で咲いたり、

白とピンクの混色で咲いたりすることもあります。

ボタンアイを覗かせて可愛い~*


feari06.jpeg




fea4.jpeg



フェアリーボタンを買った

泉バラ倶楽部さんのショップサイトで

フェアリーボタンの販売ページです。

情報発信です。

みなさんからの情報でお世話になっていますから

私も少しでも^^

これはアフィリエイトでないです。






泉バラ倶楽部 フェアリーボタン




バラ フェアリーボタン

作出年 2005年

作出国 日本

作出者 確実園本園

系統 ポリアンサローズ 

樹形 横張り性

花径  小輪3~4cm 

     クォーターロゼット咲き、カップ咲き

     ボタンアイを覗かせることもある 

花色  ソフトピンク、ソフトピンクと白が混じることもある

樹高  80cm

香り  微香

四季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  普通

樹勢 普通



ボーリングはまずしない。


花つき良い。


元親は ザ フェアリー

このザ フェアリーと フェアリーボタンは

よく似ています。


育てやすいです。


 
地植え、鉢植え向き。





最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






2016年1月11日現在売り切れ中



*~ フェアリーボタンを

お探しの方はこちらから ~*
















この記事のURL | フェアリーボタン | TB(0) | ▲ top
フェアリーボタン ~*妖精のように可愛いピンクのバラ*ホワイトアイアン棚の寄せ植え♪*~
2015/05/24(Sun)



私の庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)



今年の春のバラ フェアリー ボタンを

ご紹介したいと思います。



+:。..。:+*゚ ゜゚妖精のような可愛いバラ゚ ゜゚ *+ 。.。:+



fea2.jpeg


泉バラ倶楽部からこの冬大苗2年生7号鉢で

お迎えしたバラです。




もう少し近づいてみます。

陶器のリボンの鉢に飾りました。

リボンの鉢の中に空の鉢を下向きにひっくり返して

入れてその上に泉バラ倶楽部さんから来たままの鉢を

乗せているだけです。


fea1.jpeg


お花が終わった今はその苗が植わっている鉢を

取り出してリボンの鉢はまた別のお花を

飾れるようにしてあります。




我が家には数年前に買った

フェアリーボタンがいて地植えしています。

樹高が80cmくらいのコンパクトなバラで

枝垂れて咲かすこともできるので

鉢で枝垂れさせたり

段差のある部分の一番手前に地植えして

枝垂れさせたりして咲かせると素敵ですよね~*


こんな感じです~ヽ(*^^*)ノ~*☆


fea3.jpeg


剪定を浅め(枝先5cm~10cm)にカットすると

年数を経てもっとたわわに枝垂れると思います。




花径は3~4cmの小輪で

親元の『ザ フェアリー』より

花びらの枚数が多いです。


fe02.jpeg





f11.jpeg




f03.jpeg




fe01.jpeg




ボタンアイを覗かせることもありますし

白や白とピンクが混ざった花が咲いたりもします。


feari06.jpeg





feari07.jpeg





fea08.jpeg




fea09.jpeg






黒点病やうどん粉病は普通に定期薬剤散布を

していれば大丈夫ですが

薬剤散布をしなければ黒点病になると思います。


fea6.jpeg





fea4.jpeg




画像に玄関ポーチに置いている

花棚が出てきたので~

以前ご紹介しましたが

ホワイトアイアンの中はこのように飾っています(*^ ・^)ノ⌒☆



sup5.jpeg



白 イングリッシュデージー

紫 エレモフィラ ニベア

画像では見えないんですが背後に

コウロギノブコさんの黒のビオラを植え込んでいます。



sup20.jpeg




ピンクの宿根ブラキカム

鉢植えして4年目のお花です。

sup4.jpeg





フェアリーボタンを買った

泉バラ倶楽部さんのショップサイトで

フェアリーボタンの販売ページです。

情報発信です。

みなさんからの情報でお世話になっていますから

私も少しでも^^

これはアフィリエイトでないです。






泉バラ倶楽部 フェアリーボタン






*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*



バラ フェアリーボタン

作出年 2005年

作出国 日本

作出者 確実園本園

系統 ポリアンサローズ 

樹形 横張り性

花径  小輪3~4cm 

     クォーターロゼット咲き、カップ咲き

     ボタンアイを覗かせることもある 

花色  ソフトピンク、ソフトピンクと白が混じることもある

樹高  80cm

香り  微香

四季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  普通

樹勢 普通



ボーリングはまずしない。


剪定は枝先5cmをカットしています。

(ダメージを与えにくいので)


花つき良い。

元親は ザ フェアリー

このザ フェアリーと フェアリーボタンは

よく似ています。


育てやすいです。


 
地植え、鉢植え向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の2つの画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*



aikon2.jpegにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ








ribonsita.jpeg







只今売り切れ中です(2015年5月24日現在)



*~ フェアリーボタンを

お探しの方はこちらから ~*

















この記事のURL | フェアリーボタン | TB(0) | ▲ top
フェアリーボタン ~*妖精のように可愛いピンクのバラ*ホワイトアイアン棚の寄せ植え♪*~
2015/05/24(Sun)



私の庭に来てくださって

ありがとうございます(*^ ・^)



今年の春のバラ フェアリー ボタンを

ご紹介したいと思います。



+:。..。:+*゚ ゜゚妖精のような可愛いバラ゚ ゜゚ *+ 。.。:+



fea2.jpeg


泉バラ倶楽部からこの冬大苗2年生7号鉢で

お迎えしたバラです。




もう少し近づいてみます。

陶器のリボンの鉢に飾りました。

リボンの鉢の中に空の鉢を下向きにひっくり返して

入れてその上に泉バラ倶楽部さんから来たままの鉢を

乗せているだけです。


fea1.jpeg


お花が終わった今はその苗が植わっている鉢を

取り出してリボンの鉢はまた別のお花を

飾れるようにしてあります。




我が家には数年前に買った

フェアリーボタンがいて地植えしています。

樹高が80cmくらいのコンパクトなバラで

枝垂れて咲かすこともできるので

鉢で枝垂れさせたり

段差のある部分の一番手前に地植えして

枝垂れさせたりして咲かせると素敵ですよね~*


こんな感じです~ヽ(*^^*)ノ~*☆


fea3.jpeg


剪定を浅め(枝先5cm~10cm)にカットすると

年数を経てもっとたわわに枝垂れると思います。




花径は3~4cmの小輪で

親元の『ザ フェアリー』より

花びらの枚数が多いです。


fe02.jpeg





f11.jpeg




f03.jpeg




fe01.jpeg




ボタンアイを覗かせることもありますし

白や白とピンクが混ざった花が咲いたりもします。


feari06.jpeg





feari07.jpeg





fea08.jpeg




fea09.jpeg






黒点病やうどん粉病は普通に定期薬剤散布を

していれば大丈夫ですが

薬剤散布をしなければ黒点病になると思います。


fea6.jpeg





fea4.jpeg




画像に玄関ポーチに置いている

花棚が出てきたので~

以前ご紹介しましたが

ホワイトアイアンの中はこのように飾っています(*^ ・^)ノ⌒☆



sup5.jpeg



白 イングリッシュデージー

紫 エレモフィラ ニベア

画像では見えないんですが背後に

コウロギノブコさんの黒のビオラを植え込んでいます。



sup20.jpeg




ピンクの宿根ブラキカム

鉢植えして4年目のお花です。

sup4.jpeg





フェアリーボタンを買った

泉バラ倶楽部さんのショップサイトで

フェアリーボタンの販売ページです。

情報発信です。

みなさんからの情報でお世話になっていますから

私も少しでも^^

これはアフィリエイトでないです。






泉バラ倶楽部 フェアリーボタン






*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*



バラ フェアリーボタン

作出年 2005年

作出国 日本

作出者 確実園本園

系統 ポリアンサローズ 

樹形 横張り性

花径  小輪3~4cm 

     クォーターロゼット咲き、カップ咲き

     ボタンアイを覗かせることもある 

花色  ソフトピンク、ソフトピンクと白が混じることもある

樹高  80cm

香り  微香

四季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  普通

樹勢 普通



ボーリングはまずしない。


剪定は枝先5cmをカットしています。

(ダメージを与えにくいので)


花つき良い。

元親は ザ フェアリー

このザ フェアリーと フェアリーボタンは

よく似ています。


育てやすいです。


 
地植え、鉢植え向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の2つの画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*



aikon2.jpegにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ








ribonsita.jpeg







只今売り切れ中です(2015年5月24日現在)



*~ フェアリーボタンを

お探しの方はこちらから ~*

















この記事のURL | フェアリーボタン | TB(0) | ▲ top
| メイン |