夢紫 ~* 禅ローズ 美しき波打つ花弁のバイオレット 今年ももう終わりですね、つたないブログに来てくださってありがとうございます! *~
2014/12/31(Wed)



今年も今日で終わりですね。


はじめてから4ヶ月目のブログですが

つたないブログに来てくださり

本当にありがとうございます。



たくさんの方々に応援頂き嬉しかったです。

娘たちも自立し何かお役に立てることがしたい

常々そう思っていました。



お役に立てることは自分が好きでやっていて

いつの間にか自然と身についたことを

ご紹介すればもしかしてお役に立てるかもしれないと

思って始めたのがこのバラについてのブログです。



そしていつも私を楽しませてくれるバラさんたちを

ご紹介することで応援したいという気持ちもありました。




今現在の気持ちは

何かお役に立てることがあれば一番嬉しい、そう思っています。



そう思っていますが一番恩恵をもらっているのは

私ではないかと思っています。

ブログをしていてとても温かい心を

いっぱい頂いています。



顔も名前も知らない遠くの方々から

こんなにもたくさんの思いを頂けるとは

ブログを始める時には思ってもいませんでした。



感謝の気持ちでいっぱいで

どう表現したらいいかわからないくらいです。


本当にありがとうございます。


この気持ちはきっと忘れないと思います。


つたないブログですがこれからもよろしくお願いします。



では今年最後のバラのご紹介は日本のバラを

ご紹介したいと思います。



朝からこのバラを今日はご紹介しようと思って

画像をあせくっていましたが私らしく画像が行方不明で

朝から目が回るほどの画像をくって探し出しました。

年末最後まで私らしく笑えました。

どうしてちゃんと名前を書いておかないんでしょうかねぇ~

他のバラのホルダーにちゃっかり入っていました。



河合伸志さん、作出の夢紫、今年の春のバラです。

見つけ出した画像が多かったので

2回に分けてご紹介したいと思います。



2回目は今咲いている冬バラを優先して

ご紹介したいのと他のバラもご紹介したいので

ご紹介まで少し間が空くと思います。



日本の美を感じさせる素敵なバラです~*


美しい紫ですね。


yumeFC12.jpeg




蕾は紫がかった赤っぽい色です。


yumeFC13.jpeg





玄関に飾っていた寄せ植えと一緒に撮影。

コラボは大好きです。


yumeFC1.jpeg




寄せ植えはフランネルフラワーと

ペチュニアなどです。


正面からのお顔も可愛いですね。



yumeFC8.jpeg




波打つ花弁が美しいです~*


yumeFC7.jpeg





同時に咲きだした違う枝の子です。

少しピンクっぽく見えますが赤紫です。

上の画像のお花の周りにある蕾も

このような色で咲きました。



yumeFC14.jpeg





美しいバイオレットですね。


yumeFC11.jpeg




yumeFC001.jpeg




良いお年をお迎えください(^^)



yumeFC2.jpeg




バラ 夢紫


系 統  F フロリバンダ 

作出年  2009年
 
作出国  日本

作出者  河合伸志

花 色 赤紫

花 径 中輪 波弁咲き

香 り  強香 柑橘系の香りを含む強いブルーローズ香 

開花性  四季咲き

樹 形 木立

伸 長 1m

樹 勢 普通

耐病性(黒点病、うどん粉病) 普通


「志野」の姉妹品種

ボーリングはまずしないです。

花もちいいです。


「禅ローズ」の生産販売は

大森プランツ株式会社へ業務移管されました。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



*~ バラ 夢紫を

お探しの方はこちらから ~*









関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 夢紫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夢紫 ~* 禅ローズ 美しき波打つ花弁のバイオレット 今年ももう終わりですね、つたないブログに来てくださってありがとうございます! *~
2014/12/31(Wed)



今年も今日で終わりですね。


はじめてから4ヶ月目のブログですが

つたないブログに来てくださり

本当にありがとうございます。



たくさんの方々に応援頂き嬉しかったです。

娘たちも自立し何かお役に立てることがしたい

常々そう思っていました。



お役に立てることは自分が好きでやっていて

いつの間にか自然と身についたことを

ご紹介すればもしかしてお役に立てるかもしれないと

思って始めたのがこのバラについてのブログです。



そしていつも私を楽しませてくれるバラさんたちを

ご紹介することで応援したいという気持ちもありました。




今現在の気持ちは

何かお役に立てることがあれば一番嬉しい、そう思っています。



そう思っていますが一番恩恵をもらっているのは

私ではないかと思っています。

ブログをしていてとても温かい心を

いっぱい頂いています。



顔も名前も知らない遠くの方々から

こんなにもたくさんの思いを頂けるとは

ブログを始める時には思ってもいませんでした。



感謝の気持ちでいっぱいで

どう表現したらいいかわからないくらいです。


本当にありがとうございます。


この気持ちはきっと忘れないと思います。


つたないブログですがこれからもよろしくお願いします。



では今年最後のバラのご紹介は日本のバラを

ご紹介したいと思います。



朝からこのバラを今日はご紹介しようと思って

画像をあせくっていましたが私らしく画像が行方不明で

朝から目が回るほどの画像をくって探し出しました。

年末最後まで私らしく笑えました。

どうしてちゃんと名前を書いておかないんでしょうかねぇ~

他のバラのホルダーにちゃっかり入っていました。



河合伸志さん、作出の夢紫、今年の春のバラです。

見つけ出した画像が多かったので

2回に分けてご紹介したいと思います。



2回目は今咲いている冬バラを優先して

ご紹介したいのと他のバラもご紹介したいので

ご紹介まで少し間が空くと思います。



日本の美を感じさせる素敵なバラです~*


美しい紫ですね。


yumeFC12.jpeg




蕾は紫がかった赤っぽい色です。


yumeFC13.jpeg





玄関に飾っていた寄せ植えと一緒に撮影。

コラボは大好きです。


yumeFC1.jpeg




寄せ植えはフランネルフラワーと

ペチュニアなどです。


正面からのお顔も可愛いですね。



yumeFC8.jpeg




波打つ花弁が美しいです~*


yumeFC7.jpeg





同時に咲きだした違う枝の子です。

少しピンクっぽく見えますが赤紫です。

上の画像のお花の周りにある蕾も

このような色で咲きました。



yumeFC14.jpeg





美しいバイオレットですね。


yumeFC11.jpeg




yumeFC001.jpeg




良いお年をお迎えください(^^)



yumeFC2.jpeg




バラ 夢紫


系 統  F フロリバンダ 

作出年  2009年
 
作出国  日本

作出者  河合伸志

花 色 赤紫

花 径 中輪 波弁咲き

香 り  強香 柑橘系の香りを含む強いブルーローズ香 

開花性  四季咲き

樹 形 木立

伸 長 1m

樹 勢 普通

耐病性(黒点病、うどん粉病) 普通


「志野」の姉妹品種

ボーリングはまずしないです。

花もちいいです。


「禅ローズ」の生産販売は

大森プランツ株式会社へ業務移管されました。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



*~ バラ 夢紫を

お探しの方はこちらから ~*










関連記事
この記事のURL | 夢紫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
6000本のバラが枯れた窮地の鹿屋バラ園に手を差し伸べたデビッド・オースチン社 日本最大級のイングリッシュローズガーデンが誕生!そして見事に復活した鹿屋バラ園の感動の話!
2014/12/30(Tue)



今日は昨日の記事で最後に締めくくった



そして、6000本も枯れてしまった後に待っていたのは

これまた素晴らしいお話なのです。




そして昨日の記事のタイトルでもある

日本最大級のバラ園 

鹿児島県の鹿屋バラ園が無農薬・減農薬に挑戦していた話 

~* またたく間に6000本のバラが

枯れた悲しい話はハッピーエンド♪




上記に書いた素晴らしいお話、ハッピーエンド♪の

お話を書きたいと思います。




日本最大級のバラ園 鹿屋バラ園が

無農薬栽培を目指し減農薬をしていた中

なんと6000本のバラがまたたく間に枯れてしまいました。




それはかつてない危機でした。


原因は現在でも分かっていません。




職員の方々は必死に対処されていたようですが

バラはどんどん枯れていくばかりでした。





そこへその話を聞きつけた

デビッド・オースチン・ロージズ社が

鹿屋バラ園に手を差し伸べたのです。




なんと9000本70品種の

イングリッシュローズを無償での

寄付を申し出たのです。





そして鹿屋バラ園には

日本最大級のイングリッシュローズガーデンが

誕生することになりました。



寄贈について書かれた市の公式文書

市政便りのようなものだと思います。




kanoyaFC.jpeg



デビッド・オースチン・ロージズ社は以前から

「南国の鹿屋にバラ園がある」ことに

感心していたとのことです。





そこへ異常なほどに

どんどん枯れていくバラ園の現状を知ることになります。

大阪にある日本支社の関係者がばら園を訪れ、

無償提供につながったとのことです。






そこにはデビッド オースチンと

NPO法人ローズリングかのやでアドバイザーを務める

同胞の園芸家であるデービッド・B・サンダーソンさんとの

長年の友情が寄与しているようです。





昨日の記事で書きました

枯れていくバラの対処について鹿屋バラ園が相談していた

イギリス人とはデービッド・B・サンダーソンさんのことです。





バラは愛や情熱、

そして友情を表す花として知られています。





素晴らしいお話ですね!!





鹿屋バラ園が危機に瀕していると聞きつけ

デビッド・オースチン・ロージズ社の社員の方が

来園した時に

「貴重な古株が栽培されている」ととても感心したそうです。

そのようなこともきっと寄付への思いへと

なっていったことでしょう。





私はこのようないくつかのエピソードを聞いて

バラを愛する人々の志高き心と思い、

行動に感動しました。






幾人もの人々の思いが紡いだ心と行動で

鹿屋バラ園は開園始まって以来の窮地から脱し

今ではひと回りもふた回りも大きくなり

日本最大級のイングリッシュローズガーデンをもつ

バラ園となったのです。






このような話はバラに限らない話で

それを越えていると思いました。





2011年の春には窮地に陥って

開花宣言をしなかった鹿屋バラ園の

2012年の春のオープニングセレモニーの様子です。

オープニングセレモニーには

デビッド・オースチン・ロージズ社日本支社長さんを

鹿屋バラ園がご招待しています。



その時の様子です。

鹿屋バラ園公式ブログよりお借りしました。


kanoyaFC5.jpeg




見事復活した鹿屋バラ園

2012年の春のオープニングセレモニーの様子

鹿屋バラ園 ばららちゃんのブログです。



人々が紡いだ心で見事復活した

鹿屋バラ園

2012年の春のオープニングセレモニーの様子






そしてデビッド・オースチンは

5年の歳月をかけ

『桜島』と命名したイングリッシュローズを作出されました。




『桜島』の画像はふるさと探訪記さんのホームページより

お借りしました。


sakurajimaFC.jpeg





ふるさと探訪記さんのホームページです。

鹿屋バラ園について豊富な画像入りで

情報を書かれています。




ふるさと探訪記さんのホームページ、

デビッド オースチン作出

『桜島』



(ふるさと探訪記さんのブログ記事より引用)



かのやオリジナルの「プリンセスかのや」の系統を引き、

桜色で四季咲き、暑さと病気に強いのが特徴だという。




私と主人が昨年春に鹿屋バラ園を

訪れた時に撮影しました。




イングリッシュローズガーデンの説明看板


kanoyaFC6.jpeg




寄贈された9000本のうちの

1本のイングリッシュローズ。



kanoyaFC7.jpg




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、

楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



冬バラは少し咲いてると思いますが・・・・

おもいっきり時期はずれ(笑)↓


鹿児島はいいところですよ~


☆楽天トラベルで  

鹿児島 鹿屋バラ園 に

旅されたい方は こちらから











関連記事
この記事のURL | バラ園 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
6000本のバラが枯れた窮地の鹿屋バラ園に手を差し伸べたデビッド・オースチン社 日本最大級のイングリッシュローズガーデンが誕生!そして見事に復活した鹿屋バラ園の感動の話!
2014/12/30(Tue)



今日は昨日の記事で最後に締めくくった



そして、6000本も枯れてしまった後に待っていたのは

これまた素晴らしいお話なのです。




そして昨日の記事のタイトルでもある

日本最大級のバラ園 

鹿児島県の鹿屋バラ園が無農薬・減農薬に挑戦していた話 

~* またたく間に6000本のバラが

枯れた悲しい話はハッピーエンド♪




上記に書いた素晴らしいお話、ハッピーエンド♪の

お話を書きたいと思います。




日本最大級のバラ園 鹿屋バラ園が

無農薬栽培を目指し減農薬をしていた中

なんと6000本のバラがまたたく間に枯れてしまいました。


それはかつてない危機でした。


原因は現在でも分かっていません。




職員の方々は必死に対処されていたようですが

バラはどんどん枯れていくばかりでした。




そこへその話を聞きつけた

デビッド・オースチン・ロージズ社が

鹿屋バラ園に手を差し伸べたのです。




なんと9000本70品種の

イングリッシュローズを無償での寄付を申し出たのです。




そして鹿屋バラ園には

日本最大級のイングリッシュローズガーデンが

誕生することになりました。



寄贈について書かれた市の公式文書

市政便りのようなものだと思います。




kanoyaFC.jpeg



デビッド・オースチン・ロージズ社は以前から

「南国の鹿屋にバラ園がある」ことに感心していたとのことです。



そこへ異常なほどに

どんどん枯れていくバラ園の現状を知ることになります。

大阪にある日本支社の関係者がばら園を訪れ、

無償提供につながったとのことです。




そこにはデビッド オースチンと

NPO法人ローズリングかのやでアドバイザーを務める

同胞の園芸家であるデービッド・B・サンダーソンさんとの

長年の友情が寄与しているようです。



昨日の記事で書きました

枯れていくバラの対処について鹿屋バラ園が相談していた

イギリス人とはデービッド・B・サンダーソンさんのことです。



バラは愛や情熱、そして友情を表す花として知られています。



素晴らしいお話ですね!!





鹿屋バラ園が危機に瀕していると聞きつけ

デビッド・オースチン・ロージズ社の社員の方が来園した時に

「貴重な古株が栽培されている」ととても感心したそうです。

そのようなこともきっと寄付への思いへとなっていったことでしょう。




私はこのようないくつかのエピソードを聞いて

バラを愛する人々の志高き心と思い、行動に感動しました。






幾人もの人々の思いが紡いだ心と行動で

鹿屋バラ園は開園始まって以来の窮地から脱し

今ではひと回りもふた回りも大きくなり

日本最大級のイングリッシュローズガーデンをもつ

バラ園となったのです。




このような話はバラに限らない話で

それを越えていると思いました。




2011年の春には窮地に陥って

開花宣言をしなかった鹿屋バラ園の

2012年の春のオープニングセレモニーの様子です。

オープニングセレモニーには

デビッド・オースチン・ロージズ社日本支社長さんを

鹿屋バラ園がご招待しています。



その時の様子です。

鹿屋バラ園公式ブログよりお借りしました。


kanoyaFC5.jpeg




見事復活した鹿屋バラ園

2012年の春のオープニングセレモニーの様子

鹿屋バラ園 ばららちゃんのブログです。



人々が紡いだ心で見事復活した

鹿屋バラ園2012年の春のオープニングセレモニーの様子





そしてデビッド・オースチンは

5年の歳月をかけ

『桜島』と命名したイングリッシュローズを作出されました。




『桜島』の画像はふるさと探訪記さんのホームページより

お借りしました。


sakurajimaFC.jpeg





ふるさと探訪記さんのホームページです。

鹿屋バラ園について豊富な画像入りで

情報を書かれています。




ふるさと探訪記さんのホームページ、

デビッド オースチン作出

『桜島』



(ふるさと探訪記さんのブログ記事より引用)



かのやオリジナルの「プリンセスかのや」の系統を引き、

桜色で四季咲き、暑さと病気に強いのが特徴だという。



私と主人が昨年春に鹿屋バラ園を

訪れた時に撮影しました。



イングリッシュローズガーデンの説明看板


kanoyaFC6.jpeg




寄贈された9000本のうちの1本のイングリッシュローズ。



kanoyaFC7.jpg




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



冬バラは少し咲いてると思いますが・・・・

おもいっきり時期はずれ(笑)↓


鹿児島はいいところですよ~


☆楽天トラベルで  

鹿児島 鹿屋バラ園 に旅されたい方は こちらから












関連記事
この記事のURL | バラ園 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
日本最大級のバラ園 鹿屋バラ園が無農薬・減農薬に挑戦していた話 ~* またたく間に6000本のバラが枯れた悲しい話はハッピーエンド♪ *~
2014/12/29(Mon)



今日は私の住む地、鹿児島にある

日本最大級のバラ園 鹿屋バラ園が

無農薬栽培を目指し減農薬をしていた素晴らしい話を

書きたいと思います。




鹿屋バラ園が日本最大級というのは

品種数2位、植栽本数1位とのことで

総合ランクは2位だそうです。


植栽本数や品種に関して

鹿屋バラ園は広大な敷地を利用して

現在もどんどん年々増やしています。

(歩くのにヘトヘトになりました)



品種数は

岐阜花フェスタ記念公園の7000品種が日本で一番で

植栽本数は3万本です。



鹿屋バラ園は4000種類です。

本数は5万本です。


鹿屋バラ園の入り口付近にある看板を撮影しました。


kanoyaFC2.jpeg



この日本2位のバラ園はなんと

無農薬栽培を目指し減農薬管理を実施していました。




下記は鹿屋バラ園のある鹿屋市のホームページから

引用した文章です。




『世界で一番環境』に優しいばら園作りに挑戦(平成19年10月)

かのやばら園は現在、世界で一番環境に優しいばら園作りに

挑戦しており、

これからの農業は無農薬・減農薬栽培でないと

絶対に成り立っていかない時代が来ると思います。

全国のばら園も農薬問題で頭を抱えています。



現在、世界中のばら園は、4月から11月まで月4回の散布がほとんどです。

特に農薬が違う訳でもありません。


野菜・果樹・水稲・茶等に散布するのと一緒なのですが、

なぜかバラは非常に散布量が多いと言われてきました。



かのやばら園は当初から、散布量を減らす事を目標に、

現在、他の所の10分の1位の散布量で

絶対に下に薬液を落とさない様に散布をしています。

8ha 5万株で1500L、稲・甘藷 10a 300L、

1株当り約25ccで品質最高のばらに出来ました。



そして次の段階として昨年から75%減農薬栽培に挑戦して

3~4年後、完全無農薬栽培へ進んで行こうと考えています。

75%減農薬栽培とは 4月~11月までの間、

月4回の農薬散布を1回する事で、

あとの3回は、焼酎・米酢・クエン酸・黒砂糖・

納豆菌等を入れて散布しています。



この方法は、一つも科学的根拠無しですが

現在70%~75%の効き目まで達しました、

これからの課題は農薬みたいに90%以上の

病害害虫を防除する事であります。



※減農栽培をするにあたっては、決断まで非常に悩みました。

 なぜならば、8ha、5万株を実験する訳で、

100株200株を実験するのとは違います。



とりあえず、焼酎と米酢だけのスタートとしましたが、なにか効き目が悪く、

クエン酸・納豆菌・黒砂糖等を入れて、現在に至っています。



減農薬50%達成!(平成19年5月)


昨年7月から、取り組んで来た焼酎や米酢等を使用し、消毒の

散布回数を抑えた50%減農薬栽培に成功しました。



今春のバラは葉の色も花の咲きも良く、ばら達も活き活きとし

ています。今年からは、75%減農薬を目指して試験栽培中です。


引用終わり





当時の鹿屋バラ園の消毒内容と方法が記載された

公式ページです。

上記の文章も下記のページから行くことができます。



当時の鹿屋バラ園の消毒内容と方法




しかし、2011年(平成23年)に3割のバラが開花せず

大問題となりました。

6000本のバラがまたたく間に枯れてしまったのです。

枯れていないバラでも開花しないバラがあり

3割のバラが春を迎えても開花しませんでした。




私も地元のニュースを扱うテレビで見ていたのですが

鹿屋バラ園は市営なので

そのことについて市議会が紛糾していた場面を何度も見ています。




鹿屋バラ園は県内外からの来場者も多く

入場料を取っていた為

市の貴重な財源にもなっていたと思いますし

利益になっていなくても

市のPR効果やイメージアップ、観光資源になっていました。


(鹿屋バラ園へ行って駐車場の車のナンバーを見ると

九州一円から来ているのがわかります)




そしてなぜ6000本のバラがまたたく間に枯れ

その他にも開花しないバラが出てしまったか。




それが現在もはっきりわかっていないのです。

イギリスの専門家にも相談したこともあるそうです。

除草剤は撒いていないとのこと。

いたずらで除草剤を撒かれたこともない。

なぜなら地中から除草剤の痕跡が全く検出されなかったという

ニュースが地元テレビでありました。




職員の証言で『うどん粉』が

当時蔓延していたそうです。

しかし、うどん粉で枯れるということは

一般家庭の庭ではほとんどありません。



原因は現在でもわかっていませんが

結論的には市長さんが除草剤と宣言されたようです。

が、除草剤の痕跡は確認されていないという状況です。



6000本のバラが枯れたのは

上に引用した平成19年の減農薬実施についての市の公式ページ後の

出来事です。



現在は薬剤散布をどうやっているか

情報をキャッチすることができませんでした。




しかし、鹿屋バラ園は素晴らしい志を

持っていたと思います。



我が家などは150本以上でも

薬剤散布をしないと

黒点でお花が上手く咲かないバラがありますから

薬剤散布に頼っています。



無農薬で育てながら綺麗に咲かせていらっしゃる

ロザリアンの方々には頭が下がります。




その後、鹿屋バラ園は2012年4月に

リニューアルオープンしました。



私たち夫婦はリニューアル以前も行っていますが

昨年の春にも行ってきました。

昨年、行った時に撮影した画像です。


kanoyaFC01.jpeg



kanoyaFC3.jpeg



kanoyaFC4.jpeg




画像が少なくてすみません。

園内が広すぎて歩くのにヘトヘトで

もう写す気力が残っていませんでした(笑)




そして、6000本も枯れてしまった後に待っていたのは

これまた素晴らしいお話なのです。



特別に書きたいことなので

明日あらためて記事にしたいと思います。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



冬バラは少し咲いてると思いますが・・・・

おもいっきり時期はずれ(笑)↓


鹿児島はいいところですよ~


☆楽天トラベルで  

鹿児島 鹿屋バラ園 に旅されたい方は こちらから











関連記事
この記事のURL | バラ園 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
日本最大級のバラ園 鹿屋バラ園が無農薬・減農薬に挑戦していた話 ~* またたく間に6000本のバラが枯れた悲しい話はハッピーエンド♪ *~
2014/12/29(Mon)



今日は私の住む地、鹿児島にある

日本最大級のバラ園 鹿屋バラ園が

無農薬栽培を目指し減農薬をしていた素晴らしい話を

書きたいと思います。




鹿屋バラ園が日本最大級というのは

品種数2位、植栽本数1位とのことで

総合ランクは2位だそうです。


植栽本数や品種に関して

鹿屋バラ園は広大な敷地を利用して

現在もどんどん年々増やしています。

(歩くのにヘトヘトになりました)



品種数は

岐阜花フェスタ記念公園の7000品種が日本で一番で

植栽本数は3万本です。



鹿屋バラ園は4000種類です。

本数は5万本です。


鹿屋バラ園の入り口付近にある看板を撮影しました。


kanoyaFC2.jpeg



この日本2位のバラ園はなんと

無農薬栽培を目指し減農薬管理を実施していました。




下記は鹿屋バラ園のある鹿屋市のホームページから

引用した文章です。




『世界で一番環境』に優しいばら園作りに挑戦(平成19年10月)

かのやばら園は現在、世界で一番環境に優しいばら園作りに

挑戦しており、

これからの農業は無農薬・減農薬栽培でないと

絶対に成り立っていかない時代が来ると思います。

全国のばら園も農薬問題で頭を抱えています。



現在、世界中のばら園は、4月から11月まで月4回の散布がほとんどです。

特に農薬が違う訳でもありません。


野菜・果樹・水稲・茶等に散布するのと一緒なのですが、

なぜかバラは非常に散布量が多いと言われてきました。



かのやばら園は当初から、散布量を減らす事を目標に、

現在、他の所の10分の1位の散布量で

絶対に下に薬液を落とさない様に散布をしています。

8ha 5万株で1500L、稲・甘藷 10a 300L、

1株当り約25ccで品質最高のばらに出来ました。



そして次の段階として昨年から75%減農薬栽培に挑戦して

3~4年後、完全無農薬栽培へ進んで行こうと考えています。

75%減農薬栽培とは 4月~11月までの間、

月4回の農薬散布を1回する事で、

あとの3回は、焼酎・米酢・クエン酸・黒砂糖・

納豆菌等を入れて散布しています。



この方法は、一つも科学的根拠無しですが

現在70%~75%の効き目まで達しました、

これからの課題は農薬みたいに90%以上の

病害害虫を防除する事であります。



※減農栽培をするにあたっては、決断まで非常に悩みました。

 なぜならば、8ha、5万株を実験する訳で、

100株200株を実験するのとは違います。



とりあえず、焼酎と米酢だけのスタートとしましたが、なにか効き目が悪く、

クエン酸・納豆菌・黒砂糖等を入れて、現在に至っています。



減農薬50%達成!(平成19年5月)


昨年7月から、取り組んで来た焼酎や米酢等を使用し、消毒の

散布回数を抑えた50%減農薬栽培に成功しました。



今春のバラは葉の色も花の咲きも良く、ばら達も活き活きとし

ています。今年からは、75%減農薬を目指して試験栽培中です。


引用終わり





当時の鹿屋バラ園の消毒内容と方法が記載された

公式ページです。

上記の文章も下記のページから行くことができます。



当時の鹿屋バラ園の消毒内容と方法




しかし、2011年(平成23年)に3割のバラが開花せず

大問題となりました。

6000本のバラがまたたく間に枯れてしまったのです。

枯れていないバラでも開花しないバラがあり

3割のバラが春を迎えても開花しませんでした。




私も地元のニュースを扱うテレビで見ていたのですが

鹿屋バラ園は市営なので

そのことについて市議会が紛糾していた場面を何度も見ています。




鹿屋バラ園は県内外からの来場者も多く

入場料を取っていた為

市の貴重な財源にもなっていたと思いますし

利益になっていなくても

市のPR効果やイメージアップ、観光資源になっていました。


(鹿屋バラ園へ行って駐車場の車のナンバーを見ると

九州一円から来ているのがわかります)




そしてなぜ6000本のバラがまたたく間に枯れ

その他にも開花しないバラが出てしまったか。




それが現在もはっきりわかっていないのです。

イギリスの専門家にも相談したこともあるそうです。

除草剤は撒いていないとのこと。

いたずらで除草剤を撒かれたこともない。

なぜなら地中から除草剤の痕跡が全く検出されなかったという

ニュースが地元テレビでありました。




職員の証言で『うどん粉』が

当時蔓延していたそうです。

しかし、うどん粉で枯れるということは

一般家庭の庭ではほとんどありません。



原因は現在でもわかっていませんが

結論的には市長さんが除草剤と宣言されたようです。

が、除草剤の痕跡は確認されていないという状況です。



6000本のバラが枯れたのは

上に引用した平成19年の減農薬実施についての市の公式ページ後の

出来事です。



現在は薬剤散布をどうやっているか

情報をキャッチすることができませんでした。




しかし、鹿屋バラ園は素晴らしい志を

持っていたと思います。



我が家などは150本以上でも

薬剤散布をしないと

黒点でお花が上手く咲かないバラがありますから

薬剤散布に頼っています。



無農薬で育てながら綺麗に咲かせていらっしゃる

ロザリアンの方々には頭が下がります。




その後、鹿屋バラ園は2012年4月に

リニューアルオープンしました。



私たち夫婦はリニューアル以前も行っていますが

昨年の春にも行ってきました。

昨年、行った時に撮影した画像です。


kanoyaFC01.jpeg



kanoyaFC3.jpeg



kanoyaFC4.jpeg




画像が少なくてすみません。

園内が広すぎて歩くのにヘトヘトで

もう写す気力が残っていませんでした(笑)




そして、6000本も枯れてしまった後に待っていたのは

これまた素晴らしいお話なのです。



特別に書きたいことなので

明日あらためて記事にしたいと思います。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



冬バラは少し咲いてると思いますが・・・・

おもいっきり時期はずれ(笑)↓


鹿児島はいいところですよ~


☆楽天トラベルで  

鹿児島 鹿屋バラ園 に旅されたい方は こちらから












関連記事
この記事のURL | バラ園 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ