FC2ブログ



今日は昨日の記事で

最後に締めくくった



そして、6000本も

枯れてしまった後に

待っていたのは

これまた

素晴らしいお話なのです。




そして昨日の記事の

タイトルでもある

日本最大級のバラ園 

鹿児島県の鹿屋バラ園が

無農薬・減農薬に挑戦していた話 

~* またたく間に6000本のバラが

枯れた悲しい話は

ハッピーエンド♪




上記に書いた素晴らしいお話、

ハッピーエンド♪の

お話を書きたいと思います。




日本最大級のバラ園 

鹿屋バラ園が

無農薬栽培を目指し

減農薬をしていた中

なんと6000本のバラが

またたく間に枯れてしまいました。




それはかつてない危機でした。


原因は現在でも分かっていません。




職員の方々は必死に

対処されていたようですが

バラはどんどん枯れていく

ばかりでした。





そこへその話を聞きつけた

デビッド・オースチン・ロージズ社が

鹿屋バラ園に手を差し伸べたのです。




なんと9000本70品種の

イングリッシュローズを無償での

寄付を申し出たのです。





そして鹿屋バラ園には

日本最大級の

イングリッシュローズガーデンが

誕生することになりました。



寄贈について書かれた市の公式文書

市政便りのようなものだと思います。




kanoyaFC.jpeg



デビッド・オースチン・ロージズ社は

以前から

「南国の鹿屋にバラ園がある」ことに

感心していたとのことです。





そこへ異常なほどに

どんどん枯れていくバラ園の

現状を知ることになります。

大阪にある日本支社の

関係者がばら園を訪れ、

無償提供につながったとのことです。






そこにはデビッド オースチンと

NPO法人ローズリングかのやで

アドバイザーを務める

同胞の園芸家である

デービッド・B・サンダーソンさんとの

長年の友情が寄与しているようです。





昨日の記事で書きました

枯れていくバラの対処について

鹿屋バラ園が相談していた

イギリス人とは

デービッド・B・サンダーソンさんの

ことです。





バラは愛や情熱、

そして友情を表す花として

知られています。





素晴らしいお話ですね!!





鹿屋バラ園が

危機に瀕していると聞きつけ

デビッド・オースチン・ロージズ社の

社員の方が

来園した時に

「貴重な古株が栽培されている」と

とても感心したそうです。

そのようなこともきっと

寄付への思いへと

なっていったことでしょう。





私はこのようないくつかの

エピソードを聞いて

バラを愛する人々の志高き心と思い、

行動に感動しました。






幾人もの人々の思いが

紡いだ心と行動で

鹿屋バラ園は開園始まって以来の

窮地から脱し

日本最大級の

イングリッシュローズガーデンをもつ

バラ園となったのです。






このような話はバラに限らない話で

それを越えていると思いました。





2011年の春には窮地に陥って

開花宣言をしなかった鹿屋バラ園の

2012年の春の

オープニングセレモニーの様子です。

オープニングセレモニーには

デビッド・オースチン・ロージズ社

日本支社長さんを

鹿屋バラ園がご招待しています。



その時の様子です。

鹿屋バラ園公式ブログより

お借りしました。


kanoyaFC5.jpeg




見事復活した鹿屋バラ園

2012年の春の

オープニングセレモニーの様子

鹿屋バラ園 

ばららちゃんのブログです。



人々が紡いだ心で見事復活した

鹿屋バラ園

2012年の春の

オープニングセレモニーの様子






そしてデビッド・オースチンは

5年の歳月をかけ

『桜島』と命名した

イングリッシュローズを作出されました。




『桜島』の画像はふるさと探訪記さんの

ホームページより

お借りしました。


sakurajimaFC.jpeg





ふるさと探訪記さんの

ホームページです。

鹿屋バラ園について

豊富な画像入りで

情報を書かれています。




ふるさと探訪記さんの

ホームページ、

デビッド オースチン作出

『桜島』



(ふるさと探訪記さんの

ブログ記事より引用)



かのやオリジナルの

「プリンセスかのや」の系統を引き、

桜色で四季咲き、

暑さと病気に強いのが特徴だという。




私と主人が昨年春に鹿屋バラ園を

訪れた時に撮影しました。




イングリッシュローズガーデンの

説明看板


kanoyaFC6.jpeg




寄贈された9000本のうちの

1本のイングリッシュローズ。



kanoyaFC7.jpg


ブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村

応援ありがとうございます。







冬バラは少し咲いてると思いますが・・・・

おもいっきり時期はずれ(笑)↓


鹿児島はいいところですよ~


☆楽天トラベルで  

鹿児島 鹿屋バラ園 に

旅されたい方は こちらから











関連記事
スポンサーサイト



2014.12.30 / Top↑



今日は昨日の記事で

最後に締めくくった



そして、6000本も

枯れてしまった後に

待っていたのは

これまた

素晴らしいお話なのです。




そして昨日の記事の

タイトルでもある

日本最大級のバラ園 

鹿児島県の鹿屋バラ園が

無農薬・減農薬に挑戦していた話 

~* またたく間に6000本のバラが

枯れた悲しい話は

ハッピーエンド♪




上記に書いた素晴らしいお話、

ハッピーエンド♪の

お話を書きたいと思います。




日本最大級のバラ園 

鹿屋バラ園が

無農薬栽培を目指し

減農薬をしていた中

なんと6000本のバラが

またたく間に枯れてしまいました。




それはかつてない危機でした。


原因は現在でも分かっていません。




職員の方々は必死に

対処されていたようですが

バラはどんどん枯れていく

ばかりでした。





そこへその話を聞きつけた

デビッド・オースチン・ロージズ社が

鹿屋バラ園に手を差し伸べたのです。




なんと9000本70品種の

イングリッシュローズを無償での

寄付を申し出たのです。





そして鹿屋バラ園には

日本最大級の

イングリッシュローズガーデンが

誕生することになりました。



寄贈について書かれた市の公式文書

市政便りのようなものだと思います。




kanoyaFC.jpeg



デビッド・オースチン・ロージズ社は

以前から

「南国の鹿屋にバラ園がある」ことに

感心していたとのことです。





そこへ異常なほどに

どんどん枯れていくバラ園の

現状を知ることになります。

大阪にある日本支社の

関係者がばら園を訪れ、

無償提供につながったとのことです。






そこにはデビッド オースチンと

NPO法人ローズリングかのやで

アドバイザーを務める

同胞の園芸家である

デービッド・B・サンダーソンさんとの

長年の友情が寄与しているようです。





昨日の記事で書きました

枯れていくバラの対処について

鹿屋バラ園が相談していた

イギリス人とは

デービッド・B・サンダーソンさんの

ことです。





バラは愛や情熱、

そして友情を表す花として

知られています。





素晴らしいお話ですね!!





鹿屋バラ園が

危機に瀕していると聞きつけ

デビッド・オースチン・ロージズ社の

社員の方が

来園した時に

「貴重な古株が栽培されている」と

とても感心したそうです。

そのようなこともきっと

寄付への思いへと

なっていったことでしょう。





私はこのようないくつかの

エピソードを聞いて

バラを愛する人々の志高き心と思い、

行動に感動しました。






幾人もの人々の思いが

紡いだ心と行動で

鹿屋バラ園は開園始まって以来の

窮地から脱し

日本最大級の

イングリッシュローズガーデンをもつ

バラ園となったのです。






このような話はバラに限らない話で

それを越えていると思いました。





2011年の春には窮地に陥って

開花宣言をしなかった鹿屋バラ園の

2012年の春の

オープニングセレモニーの様子です。

オープニングセレモニーには

デビッド・オースチン・ロージズ社

日本支社長さんを

鹿屋バラ園がご招待しています。



その時の様子です。

鹿屋バラ園公式ブログより

お借りしました。


kanoyaFC5.jpeg




見事復活した鹿屋バラ園

2012年の春の

オープニングセレモニーの様子

鹿屋バラ園 

ばららちゃんのブログです。



人々が紡いだ心で見事復活した

鹿屋バラ園

2012年の春の

オープニングセレモニーの様子






そしてデビッド・オースチンは

5年の歳月をかけ

『桜島』と命名した

イングリッシュローズを作出されました。




『桜島』の画像はふるさと探訪記さんの

ホームページより

お借りしました。


sakurajimaFC.jpeg





ふるさと探訪記さんの

ホームページです。

鹿屋バラ園について

豊富な画像入りで

情報を書かれています。




ふるさと探訪記さんの

ホームページ、

デビッド オースチン作出

『桜島』



(ふるさと探訪記さんの

ブログ記事より引用)



かのやオリジナルの

「プリンセスかのや」の系統を引き、

桜色で四季咲き、

暑さと病気に強いのが特徴だという。




私と主人が昨年春に鹿屋バラ園を

訪れた時に撮影しました。




イングリッシュローズガーデンの

説明看板


kanoyaFC6.jpeg




寄贈された9000本のうちの

1本のイングリッシュローズ。



kanoyaFC7.jpg


ブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村

応援ありがとうございます。







冬バラは少し咲いてると思いますが・・・・

おもいっきり時期はずれ(笑)↓


鹿児島はいいところですよ~


☆楽天トラベルで  

鹿児島 鹿屋バラ園 に

旅されたい方は こちらから












関連記事
2014.12.30 / Top↑