FC2ブログ




オールドローズの冬剪定の方法

今日はジャックカルチェの冬剪定の仕方について

書きたいと思います。


ジャックカルティエはつる性のオールドローズではなく

木立のバラです。



つる性のオールドローズは

剪定方法が違ってくる系統もありますので

こちらは木立の剪定方法ですのでご注意くださいね。



剪定前の様子です。


jyaFC1.jpeg




元の樹高から3分の1~2分の1カットします。

芽の上1センチをカットします。


芽は外芽(芽が外側を向いている)

内芽(芽が内側を向いている)がありますが

自分がこっち方向に咲かせたいなと思う

芽の上1センチをカットします。


斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。


オールドローズは割り箸より細い枝も残してもいいです。

特にこの木立よりつる性のオールドローズは

剪定しなくても良い品種もありますし

品種によっては串のような細い枝も残して

その枝先をちょこんちょこんとカットするだけでも

良い品種もあります。


もちろん3分の1~半分くらいカットした方が良い品種もありますが

つる仕立ての場合長さも欲しいので

自分のしたい仕立て方によっても剪定方法が違ってきます。

今回は木立の場合です。



画像の枝は割り箸くらいです。

ピンボケですみません。


jyaFC2.jpeg





カット後です。


jyaFC3.jpeg




剪定完了です。

出来上がりの樹高はこの子の場合35cmくらいですが

先ほども書きましたが(しつこい・笑)

オールドローズの場合、

特につる性の場合は時には剪定が必要なかったり

枝先を整える程度でよい品種もあります。


品種の特性、株の大きさ、自分がどのように春に咲かせたいかで

基本はありますが剪定方法も変わってくるかと思います。


この子は木立ですので全体の3分の1というか半分に近い感じで

カットしています。



jyaFC4.jpeg



●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。




カットした枝です。


jyaFC5.jpeg




今年春に咲いた素敵な子です。

まずは春の子です。

白のホワイトジャックカルチェもありますが

この子はピンクです。



ボタンアイがあって可愛い子でしょ~*


中大輪です。


jyFC01.jpeg






jyaFC7.jpeg






jyaFC8.jpeg





秋バラです。


ピンクが混ざってかわゆい~*


jyaFC9.jpeg





ごくごく薄いピンクがかった白です。


jyaFC10.jpeg





薄い花びらで4センチくらいの小輪でした。


jyaFC11.jpeg




秋はいっせいに10輪くらい咲いてました。


jyaFC12.jpeg



オールドローズでこのような剪定で大丈夫なのは

下記の系統です。

つる性のオールドローズ、

もしくはつるで仕立てたいオールドローズは

剪定方法が違ってくる系統もありますので

こちらは木立の剪定方法ですのでご注意くださいね。



チャイナ系、 ダマスク系、 ガリカ系

アルバ系、 ブルボン系、 ケンティフォーリア系

ハイブリット・ムスク系、 モス系

ティー系、 ノアゼット系、 ポートランド系

ハイブリット・パーペチュアル系





昨日は風もなく穏やかな日でつるバラ以外の剪定を

100本以上しました。

花が咲いてるのや蕾があるのは剪定してません。

木立は楽ですね。




正確に本数を把握してないんですけど

たぶんつるバラやつる扱いしているシュラブが

30本~40本あるんでそのくらいは剪定したかなって感じです。

左のカテゴリーを見ないと我が家にある本数が分かりません(笑)

左のカテゴリーにあるのでも2~3本もってる品種もありますし

カテゴリーに載せてないのもあるんで。


天候がいい日に庭作業をするのは気分が良いです^^

が、今日は強風なのでしません。



あとはつるバラやつる扱いしているシュラブの

剪定と誘引をします。





バラ ジャックカルティエ


系統  オールドローズ P ポートランド

作出国 フランス

作出者 Robert & Moreau

作出年 1868年

花色   ピンク

香り   強香 

咲き方  中大輪 クォーターロゼット→ロゼット咲き

樹高   1.3m

樹形   直立性シュラブ 

花期   繰り返し咲き

樹勢   強い

耐病性(黒点病・うどん粉病) 普通

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしない。

花もちは若干よくないが気にならない程度。

少しだけ花びらが汚れるが気にならない程度。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



*~楽天で ジャックカルティエを

お探しの方はこちらから ~*






関連記事
スポンサーサイト



2015.01.17 / Top↑




オールドローズの冬剪定の方法

今日はジャックカルチェの冬剪定の仕方について

書きたいと思います。


ジャックカルティエはつる性のオールドローズではなく

木立のバラです。



つる性のオールドローズは

剪定方法が違ってくる系統もありますので

こちらは木立の剪定方法ですのでご注意くださいね。



剪定前の様子です。


jyaFC1.jpeg




元の樹高から3分の1~2分の1カットします。

芽の上1センチをカットします。


芽は外芽(芽が外側を向いている)

内芽(芽が内側を向いている)がありますが

自分がこっち方向に咲かせたいなと思う

芽の上1センチをカットします。


斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。


オールドローズは割り箸より細い枝も残してもいいです。

特にこの木立よりつる性のオールドローズは

剪定しなくても良い品種もありますし

品種によっては串のような細い枝も残して

その枝先をちょこんちょこんとカットするだけでも

良い品種もあります。


もちろん3分の1~半分くらいカットした方が良い品種もありますが

つる仕立ての場合長さも欲しいので

自分のしたい仕立て方によっても剪定方法が違ってきます。

今回は木立の場合です。



画像の枝は割り箸くらいです。

ピンボケですみません。


jyaFC2.jpeg





カット後です。


jyaFC3.jpeg




剪定完了です。

出来上がりの樹高はこの子の場合35cmくらいですが

先ほども書きましたが(しつこい・笑)

オールドローズの場合、

特につる性の場合は時には剪定が必要なかったり

枝先を整える程度でよい品種もあります。


品種の特性、株の大きさ、自分がどのように春に咲かせたいかで

基本はありますが剪定方法も変わってくるかと思います。


この子は木立ですので全体の3分の1というか半分に近い感じで

カットしています。



jyaFC4.jpeg



●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。




カットした枝です。


jyaFC5.jpeg




今年春に咲いた素敵な子です。

まずは春の子です。

白のホワイトジャックカルチェもありますが

この子はピンクです。



ボタンアイがあって可愛い子でしょ~*


中大輪です。


jyFC01.jpeg






jyaFC7.jpeg






jyaFC8.jpeg





秋バラです。


ピンクが混ざってかわゆい~*


jyaFC9.jpeg





ごくごく薄いピンクがかった白です。


jyaFC10.jpeg





薄い花びらで4センチくらいの小輪でした。


jyaFC11.jpeg




秋はいっせいに10輪くらい咲いてました。


jyaFC12.jpeg



オールドローズでこのような剪定で大丈夫なのは

下記の系統です。

つる性のオールドローズ、

もしくはつるで仕立てたいオールドローズは

剪定方法が違ってくる系統もありますので

こちらは木立の剪定方法ですのでご注意くださいね。



チャイナ系、 ダマスク系、 ガリカ系

アルバ系、 ブルボン系、 ケンティフォーリア系

ハイブリット・ムスク系、 モス系

ティー系、 ノアゼット系、 ポートランド系

ハイブリット・パーペチュアル系





昨日は風もなく穏やかな日でつるバラ以外の剪定を

100本以上しました。

花が咲いてるのや蕾があるのは剪定してません。

木立は楽ですね。




正確に本数を把握してないんですけど

たぶんつるバラやつる扱いしているシュラブが

30本~40本あるんでそのくらいは剪定したかなって感じです。

左のカテゴリーを見ないと我が家にある本数が分かりません(笑)

左のカテゴリーにあるのでも2~3本もってる品種もありますし

カテゴリーに載せてないのもあるんで。


天候がいい日に庭作業をするのは気分が良いです^^

が、今日は強風なのでしません。



あとはつるバラやつる扱いしているシュラブの

剪定と誘引をします。





バラ ジャックカルティエ


系統  オールドローズ P ポートランド

作出国 フランス

作出者 Robert & Moreau

作出年 1868年

花色   ピンク

香り   強香 

咲き方  中大輪 クォーターロゼット→ロゼット咲き

樹高   1.3m

樹形   直立性シュラブ 

花期   繰り返し咲き

樹勢   強い

耐病性(黒点病・うどん粉病) 普通

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしない。

花もちは若干よくないが気にならない程度。

少しだけ花びらが汚れるが気にならない程度。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg



*~楽天で ジャックカルティエを

お探しの方はこちらから ~*







関連記事
2015.01.17 / Top↑