FC2ブログ




つるバラの冬剪定 誘引のやり方です。

今日はつるバラの小輪、中輪、大輪の剪定と

オベリスクへの誘引の仕方について書きたいと思います。



つるバラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




となっていますが私は

つるミミエデンは小輪ですが大きな房で咲くので

力がいると思いますので割り箸より少し細いくらいの枝を残して

剪定しています。


良い元気な枝は串より少し大きめの枝も残しますし

今回は鉛筆くらいでカットした枝も2本あります。


ですので小輪なのに中輪の剪定をしています。




これが正解かどうかは分かりませんが

品種の特性を生かすのも大事と考えています。

でも自己流です。




剪定、誘引のやり方は小輪も中輪も大輪も同じ方法です。

残す枝の太さが違います。




剪定前の様子です。


turumiFC1.jpeg





割り箸くらいの枝をカットしているところです。

枯れ枝もカットします。



turumiFC2.jpeg




カット後です。


turumiFC3.jpeg





串くらいの太さの枝をカットしているところです。

先ほども書きましたが元気がいいのは串くらいも残します。

串、割り箸、鉛筆の枝を適度に残すよう調整しています。



turumiFC4.jpeg




ベーサルシュートとサイドシュートが出ています。

元気が良さそうですね。

春の花後にも2本のシュートが出て随分伸びました。



turumiFC5.jpeg





オベリスクが揺れると苗も揺れて

苗の状態に良い影響は及ぼしませんので

再度、オベリスクを上から叩いて固定を確実にしていきます。


そこら辺にあるレンガで叩いてるよ(笑)



turumiFC6.jpeg




剪定完了です。



turumiFC7.jpeg




誘引は斜めにしていきます。

これよりもっと寝かせたいところですが

枝を折りそうでしたのでこれくらいにしておきました。


枝を斜めにしたり蛇行させたりすれば花つきはよくなります。



turumiFC8.jpeg





枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。





●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。




メイアン作 つるミミエデンの昨年春のバラです。  

これひと房なんです。

大きなブーケ咲きでかわゆいの♪


外側の花びらがグリーンがかって素敵でしょ~*



mimiFC1.jpeg





咲き始めです。



mimiFC6.jpeg






ランプとつるミミエデン♪


mimiFC7.jpeg





つるミミエデンはオベリスクに誘引してますが

トレリスまで伸びてきています。


mimiFC3.jpeg




ほんとにかわゆい~❤


mimiFC5.jpeg





mimiFC4.jpeg





この色合い何ともいえませんよね(*^ ・^)ノ⌒☆


mimiFC2.jpeg




バラ  つるミミエデン

系統  DL クライミングローズ

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 2009年

花色   白に中心がピンク

香り   微香

咲き方  カップ咲き 小輪 直径3cm 房になって咲く

樹高   2.5m

樹形   つる

花期   返り咲き よく返し咲きします。

樹勢   普通




耐病性 黒点病 若干弱い

     うどん粉病  非常に弱い

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしない。

(うどん粉病にかかるとひどい場合ボーリングすることがあるようです。

我が家ではうどん粉でボーリングになったことがないのでわかりません)


大きな房でブーケのように咲きます。

ミミエデンのつるバージョンで

うどん粉病についてはミミエデンより改良されている。


うどん粉病を除けば育てやすいと思います。




いつものように自己責任でお願いしますね。



【私流うどん粉病対策】


ここからは私の経験上からの結果的うどん粉対策ですから

そう受け取って頂ければ幸いです。



実は私は50肩を患い3年前に右肩、

右肩が完治したかと思ったら左肩を一昨年して

その間の薬剤散布は

1年間に季節の初め2月中旬と3月初めの

2度しか行っていませんでした。

(50肩はほぼ完治していますが写真撮影をしすぎたり

まだ作業をすると後で痛くなりますので少し自重しています。

でも普段は痛くなく大丈夫です!)




私は毎年1度目の薬剤散布の殺菌剤(黒点・うどん粉病)は

サプロールを散布しています。


我が家の庭でうどん粉病は4年間

スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本だけで

あとは全くうどん粉病が発生していません。




我が家には150本以上のバラがあります。

まだカテゴリーに掲載していないバラもありますし

1つの品種で複数あるものもあるので

たぶんそれぐらあります。




本数に興味がないので庭で数えたことはありませんが

ブログを始めた時

ブログの左のカテゴリーを見て

品種名一覧をはじめて数えてみました。

その約150本の中でうどん粉に過去4年間なったのは

1本のみそれも枝先部分少しだけです。



うどん粉病になぜならないのかを考えある可能性を思いました。

結果的に対策となっていたのかもということです。


まず地域的、環境では我が家は鹿児島ですので

病害虫被害が多い地域になるということを記しておこうと思います。




今日ご紹介したつるミミエデンは

非常にうどん粉病になりやすい品種とされています。

そのつるミミエデンを4年前にお迎えして

うどん粉病を覚悟していましたが

つるミミエデンも一度もうどん粉病になったことがありません。




我が家は13年前にバラを植えてから

治療用殺菌剤として一貫して使用してきた薬剤は

サプロールのみです。

もちろん、他の薬剤とローテーション使用していますが

使い続けてきたのはサプロールのみで他の殺菌薬剤は

追加などで使い始めたものばかりです。



13年前から先に書いた通り

2月中旬にサプロールを毎年散布しています。

サプロールは治療薬ですが

2月中旬に行う年のはじめの散布では

病気をやっつけておきたいと思い

地面やバラの株元から枝や草花、木々、垣根に至るまで

散布をしています。




そして黒点病が発生した際

予防薬から治療薬に切り替え

以前の薬剤散布についての記事に書いたように

治療薬のローテーションにサプロールを加えて

散布しています。



これはあくまでも黒点病対策の為で

うどん粉病対策の為ではありません。

しかし、黒点病の為の薬剤散布がうどん粉病の予防にも

なっていることは確かです。

黒点病対策の散布ですが

うどん粉病が4年間ほとんど出てないと言っても

うどん粉病の予防のことは頭の中にあり

それを加味して薬剤散布しています。



サプロールは昔から使われている薬剤ですので耐性が

つきやすいとされていますが

我が家ではこのようにしています。



また、サプロールはうどん粉病によく効くとされています。





以上、私の経験則から考えられるうどん粉対策は

長年のサプロール使用ではないかと推測されるというこです。



ただし、同じ薬剤を連続しての散布は効果がありませんので

うどん粉病が出た際違う薬剤と

ローテーションして使用されるといいと思います。


そして大事なことがもう1つ。


うどん粉は多肥によってもなりやすいので

適度な肥料を施すのがいいです。



肥料が少なすぎても生育などに影響しますので

少なすぎてもいけないです。



特につるミミエデンは大きな束で花を咲かせる為

肥料を他品種より欲しがる傾向にあると思いますので

他品種より寒肥を多めにしていますが

寒肥以外に後から液肥や骨粉入り油粕を

うどん粉病の様子を見ながら与えています。


上から土に撒くだけですが肥料的に効果大です。



油粕は苗にあたってやりやすいので

上から撒くだけで量も少なめです。

私はだいたい1ヶ月に1回、1株に大さじ1杯分を

3分の1ずつに分けて株の周り3ヶ所に置いています。



これは目安で書いただけで自分ではわかっていますので

手に握って撒くだけです。


1株1株の状態を見ながら量も与えるスパンも多少変えています。


効果が大きい分本当にあたりやすいので注意がいります。





他品種も同様、私の寒肥は少なめです。

うどん粉病の様子を見ながら

又、苗の生育状況(苗の生育状態が悪いようであれば

肥料を与えてそうでなければうどん粉病対策の為

後から与える肥料を少なくするとか調整しています)




堆肥も土の様子を見ながら寒肥料以外の時期を見て後から

マルチングする部分があったりなかったりしています。

堆肥も寒肥と違い土の上に置くだけです。

それも寒肥をする休眠期と違うので

株をやらないように薄っぺらく少し置くだけです。




そしてもう1つ。


うどん粉病は雨のあまり当たらない場所で発生しやすいです。


ですので黒点病にならなくする為には軒下管理が良いですが

うどん粉病対策は反対でむしろ雨に当たってうどん粉が

流れた方が良いと考えています。




先ほど書きました薬剤に関しては

推測の域を出ませんがサプロールはプロの方も

うどん粉病に効くと話されています。

おととし、昨年と

ほとんど薬剤散布をしていないにもかかわらず

ここ4年間

ほんのわずかなうどん粉しか発生しなかったこと

(スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本のみ罹患)



そしてうどん粉病にとてもなりやすいつるミミエデンが一度も

うどん粉病になったことがないこともお知らせして

少しでもつるミミエデンだけでなく

他の品種でもうどん粉病対策のお役に立てたなら幸いです。




気候、環境など様々な条件によって違いが出ることを

ご了承くださいね。



これも自己責任でお願いしますね。





我が家のサプロール

左側です。

yakuzaiGC3.jpeg



バラ育成は正解がない世界だと思っています。



自分でこれがいいという方法で

やるのがいいのではと思います。



人それぞれやりたい方法でやるのが趣味の醍醐味だと思います。



私の方法がどなたかの参考になれば幸いです。





最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg


*~楽天で つるミミエデンを

お探しの方はこちらから ~*






t*~ 私が利用するお店です ~*


バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。









関連記事
スポンサーサイト



2015.01.23 / Top↑




つるバラの冬剪定 誘引のやり方です。

今日はつるバラの小輪、中輪、大輪の剪定と

オベリスクへの誘引の仕方について書きたいと思います。



つるバラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




となっていますが私は

つるミミエデンは小輪ですが大きな房で咲くので

力がいると思いますので割り箸より少し細いくらいの枝を残して

剪定しています。


良い元気な枝は串より少し大きめの枝も残しますし

今回は鉛筆くらいでカットした枝も2本あります。


ですので小輪なのに中輪の剪定をしています。




これが正解かどうかは分かりませんが

品種の特性を生かすのも大事と考えています。

でも自己流です。




剪定、誘引のやり方は小輪も中輪も大輪も同じ方法です。

残す枝の太さが違います。




剪定前の様子です。


turumiFC1.jpeg





割り箸くらいの枝をカットしているところです。

枯れ枝もカットします。



turumiFC2.jpeg




カット後です。


turumiFC3.jpeg





串くらいの太さの枝をカットしているところです。

先ほども書きましたが元気がいいのは串くらいも残します。

串、割り箸、鉛筆の枝を適度に残すよう調整しています。



turumiFC4.jpeg




ベーサルシュートとサイドシュートが出ています。

元気が良さそうですね。

春の花後にも2本のシュートが出て随分伸びました。



turumiFC5.jpeg





オベリスクが揺れると苗も揺れて

苗の状態に良い影響は及ぼしませんので

再度、オベリスクを上から叩いて固定を確実にしていきます。


そこら辺にあるレンガで叩いてるよ(笑)



turumiFC6.jpeg




剪定完了です。



turumiFC7.jpeg




誘引は斜めにしていきます。

これよりもっと寝かせたいところですが

枝を折りそうでしたのでこれくらいにしておきました。


枝を斜めにしたり蛇行させたりすれば花つきはよくなります。



turumiFC8.jpeg





枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。





●品種の特性

強剪定すると大きな花が咲き、花びらが多く、

美しいクオリティーの高いお花を咲かせる品種もありますが

強剪定もしすぎるとかえってダメージを受け

お花が少なく咲く品種もあります。


また品種によっては弱剪定しないと良い結果が得られない

品種が一部にあります。

大抵気難しい弱い品種です。


その品種の個性に合わせて剪定するのが良いと思います。




●それぞれのお宅のお庭や鉢で育てた年数や

購入した株により株の大きさが異なります。

小さい株を強剪定すると

弱ってしまう株もありますし弱るまでもいかないにしても

花数が少なかったり

その後の生育にまで影響してしまう場合もあります。


大きい株を弱剪定しても良花を咲かせないことが多いです。

(品種の特性による)




●自分がどのように春に咲かせたいか。


花が咲いた時、株の大きさをどうしたいかなど。




メイアン作 つるミミエデンの昨年春のバラです。  

これひと房なんです。

大きなブーケ咲きでかわゆいの♪


外側の花びらがグリーンがかって素敵でしょ~*



mimiFC1.jpeg





咲き始めです。



mimiFC6.jpeg






ランプとつるミミエデン♪


mimiFC7.jpeg





つるミミエデンはオベリスクに誘引してますが

トレリスまで伸びてきています。


mimiFC3.jpeg




ほんとにかわゆい~❤


mimiFC5.jpeg





mimiFC4.jpeg





この色合い何ともいえませんよね(*^ ・^)ノ⌒☆


mimiFC2.jpeg




バラ  つるミミエデン

系統  DL クライミングローズ

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 2009年

花色   白に中心がピンク

香り   微香

咲き方  カップ咲き 小輪 直径3cm 房になって咲く

樹高   2.5m

樹形   つる

花期   返り咲き よく返し咲きします。

樹勢   普通




耐病性 黒点病 若干弱い

     うどん粉病  非常に弱い

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしない。

(うどん粉病にかかるとひどい場合ボーリングすることがあるようです。

我が家ではうどん粉でボーリングになったことがないのでわかりません)


大きな房でブーケのように咲きます。

ミミエデンのつるバージョンで

うどん粉病についてはミミエデンより改良されている。


うどん粉病を除けば育てやすいと思います。




いつものように自己責任でお願いしますね。



【私流うどん粉病対策】


ここからは私の経験上からの結果的うどん粉対策ですから

そう受け取って頂ければ幸いです。



実は私は50肩を患い3年前に右肩、

右肩が完治したかと思ったら左肩を一昨年して

その間の薬剤散布は

1年間に季節の初め2月中旬と3月初めの

2度しか行っていませんでした。

(50肩はほぼ完治していますが写真撮影をしすぎたり

まだ作業をすると後で痛くなりますので少し自重しています。

でも普段は痛くなく大丈夫です!)




私は毎年1度目の薬剤散布の殺菌剤(黒点・うどん粉病)は

サプロールを散布しています。


我が家の庭でうどん粉病は4年間

スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本だけで

あとは全くうどん粉病が発生していません。




我が家には150本以上のバラがあります。

まだカテゴリーに掲載していないバラもありますし

1つの品種で複数あるものもあるので

たぶんそれぐらあります。




本数に興味がないので庭で数えたことはありませんが

ブログを始めた時

ブログの左のカテゴリーを見て

品種名一覧をはじめて数えてみました。

その約150本の中でうどん粉に過去4年間なったのは

1本のみそれも枝先部分少しだけです。



うどん粉病になぜならないのかを考えある可能性を思いました。

結果的に対策となっていたのかもということです。


まず地域的、環境では我が家は鹿児島ですので

病害虫被害が多い地域になるということを記しておこうと思います。




今日ご紹介したつるミミエデンは

非常にうどん粉病になりやすい品種とされています。

そのつるミミエデンを4年前にお迎えして

うどん粉病を覚悟していましたが

つるミミエデンも一度もうどん粉病になったことがありません。




我が家は13年前にバラを植えてから

治療用殺菌剤として一貫して使用してきた薬剤は

サプロールのみです。

もちろん、他の薬剤とローテーション使用していますが

使い続けてきたのはサプロールのみで他の殺菌薬剤は

追加などで使い始めたものばかりです。



13年前から先に書いた通り

2月中旬にサプロールを毎年散布しています。

サプロールは治療薬ですが

2月中旬に行う年のはじめの散布では

病気をやっつけておきたいと思い

地面やバラの株元から枝や草花、木々、垣根に至るまで

散布をしています。




そして黒点病が発生した際

予防薬から治療薬に切り替え

以前の薬剤散布についての記事に書いたように

治療薬のローテーションにサプロールを加えて

散布しています。



これはあくまでも黒点病対策の為で

うどん粉病対策の為ではありません。

しかし、黒点病の為の薬剤散布がうどん粉病の予防にも

なっていることは確かです。

黒点病対策の散布ですが

うどん粉病が4年間ほとんど出てないと言っても

うどん粉病の予防のことは頭の中にあり

それを加味して薬剤散布しています。



サプロールは昔から使われている薬剤ですので耐性が

つきやすいとされていますが

我が家ではこのようにしています。



また、サプロールはうどん粉病によく効くとされています。





以上、私の経験則から考えられるうどん粉対策は

長年のサプロール使用ではないかと推測されるというこです。



ただし、同じ薬剤を連続しての散布は効果がありませんので

うどん粉病が出た際違う薬剤と

ローテーションして使用されるといいと思います。


そして大事なことがもう1つ。


うどん粉は多肥によってもなりやすいので

適度な肥料を施すのがいいです。



肥料が少なすぎても生育などに影響しますので

少なすぎてもいけないです。



特につるミミエデンは大きな束で花を咲かせる為

肥料を他品種より欲しがる傾向にあると思いますので

他品種より寒肥を多めにしていますが

寒肥以外に後から液肥や骨粉入り油粕を

うどん粉病の様子を見ながら与えています。


上から土に撒くだけですが肥料的に効果大です。



油粕は苗にあたってやりやすいので

上から撒くだけで量も少なめです。

私はだいたい1ヶ月に1回、1株に大さじ1杯分を

3分の1ずつに分けて株の周り3ヶ所に置いています。



これは目安で書いただけで自分ではわかっていますので

手に握って撒くだけです。


1株1株の状態を見ながら量も与えるスパンも多少変えています。


効果が大きい分本当にあたりやすいので注意がいります。





他品種も同様、私の寒肥は少なめです。

うどん粉病の様子を見ながら

又、苗の生育状況(苗の生育状態が悪いようであれば

肥料を与えてそうでなければうどん粉病対策の為

後から与える肥料を少なくするとか調整しています)




堆肥も土の様子を見ながら寒肥料以外の時期を見て後から

マルチングする部分があったりなかったりしています。

堆肥も寒肥と違い土の上に置くだけです。

それも寒肥をする休眠期と違うので

株をやらないように薄っぺらく少し置くだけです。




そしてもう1つ。


うどん粉病は雨のあまり当たらない場所で発生しやすいです。


ですので黒点病にならなくする為には軒下管理が良いですが

うどん粉病対策は反対でむしろ雨に当たってうどん粉が

流れた方が良いと考えています。




先ほど書きました薬剤に関しては

推測の域を出ませんがサプロールはプロの方も

うどん粉病に効くと話されています。

おととし、昨年と

ほとんど薬剤散布をしていないにもかかわらず

ここ4年間

ほんのわずかなうどん粉しか発生しなかったこと

(スパニッシュビューティーの枝先20cmが4~5本のみ罹患)



そしてうどん粉病にとてもなりやすいつるミミエデンが一度も

うどん粉病になったことがないこともお知らせして

少しでもつるミミエデンだけでなく

他の品種でもうどん粉病対策のお役に立てたなら幸いです。




気候、環境など様々な条件によって違いが出ることを

ご了承くださいね。



これも自己責任でお願いしますね。





我が家のサプロール

左側です。

yakuzaiGC3.jpeg



バラ育成は正解がない世界だと思っています。



自分でこれがいいという方法で

やるのがいいのではと思います。



人それぞれやりたい方法でやるのが趣味の醍醐味だと思います。



私の方法がどなたかの参考になれば幸いです。





最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg


*~楽天で つるミミエデンを

お探しの方はこちらから ~*






t*~ 私が利用するお店です ~*


バラの薬剤はここから買っています。

病害虫対策薬剤や肥料、液肥を豊富に扱っています。


 


バラの家でも土を買う時に農家の店みのりにない薬剤や液肥を

土に同梱してもらいます。










関連記事
2015.01.23 / Top↑