FC2ブログ



いきなりですけどこれ何に見えますか?



pa-FC5.jpeg




パーゴラと言って~~~~~!!




ある日ふと頭に浮かんだんですよぉ~

子供たちのベッドを見てたら

これってパーゴラにならない??って。



次女は東京で就職して

1年に1回帰ってきて使うんですけど

1年中そのままで帰ってきた時は

床で寝てもらえば?とか


長女は仕事にはここから通ってるわけではなく

自立してるんで帰って来るとベッドが嫌いで和室で寝てるし

長女のベッドなんてもうかれこれ10年以上使われてないし



で~、パーゴラにならない?って思ったんですよ。



思い出の品は処分したくないし

ベビータンスも自分でリメイクしたんです。

白に塗って取っ手をガラスに替えて

使ってるんです。




これなんです。

上下バラバラにできるタイプのを

叔母から頂いたんでその下の方を使ってリメイクしたんです。

下の飾りカットはなかったのです。

自分でカットしました。



pa-FC13.jpeg





それでバラの作業は全部自分でしてるけど

こういった力仕事が必要な時は

主人に頼むんです。



主人はフットワークが良く

頼んだことは何でもしてくれるんで

手伝ってもらいました。




自分が好きでやってるバラのことで

主人に迷惑掛けたくないんです。

ほんとに可愛くない嫁ですよね。




それで主人と土曜日、ベッドを外に運び出し

さっそく作業に取り掛かりました。




作業前にバラの苗を別の場所へ移植しました。

(クロードモネは設置場所と重ならないと

思ってそのままにしていましたが

設置する時に場所が重なると判明して

急きょ鉢上げしました。

どのみち鉢上げ予定でしたが。)

いつもは2月中旬にしかしないけどもう移植して大丈夫でしょう。

鹿児島は温暖だから移植時期もほんとに真冬にしなきゃ

ならないんです。


移植してないのもあるけど作業中に移植しました。


赤丸で囲んであるところに最近ご紹介した

ビアンヴニュが咲いてます。


奥に見える建物は我が家ではありません。

左の垣根も我が家ではありません。



pa-FC1.jpeg




なんかパーゴラになりそうな気がしないですか?



pa-FC2.jpeg



なるなる~ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!


pa-FC3.jpeg





画像を寝かしてみると

ベッドでしょぉ~(笑)



pa-FC4.jpeg





下を地面の中に埋めました。

これで安定もしました。


後日、それぞれの棒に自分で白に塗った

支柱を立てて棒と結んでより強固に

なるようにします。



pa-FC6.jpeg





ベッド同士を少し離して

その間に主人が家にあったステンレスの棒を

白塗装して2つのベッドの間に挟んでくれて

格好をつけてくれました。




完成です ヾ(○⌒ ∇⌒○)ノ



pa-FC5.jpeg






pa-FC8.jpeg




天井もなかなかお洒落な感じ^^



pa-FC7.jpeg




主人に感謝♪


ここに誘引するのは



ホワイトドロシーパーキンス

半日陰でも丈夫に咲くそうです。

病気に強いらしい。



こちらはバラの家から長尺苗でお迎えしました。

画像はバラの家さんからお借りしました。



pa-FC16.jpeg



ほんとは真っ白なんですけど素敵♪

こちらの画像は別のショップさんから画像をお借りしました。



pa-FC9.jpeg




フランソワ ジュランビルも反対側から誘引します。


フランソワ ジュランビルも

北側でも半日陰でも丈夫に咲くそうです。

人気品種ですよね。


ここは半日陰なのでちょうどいいです^^

半日陰だけど皆さんが咲かせてるように

いっぱいの花を咲かせてくれないかなぁ~


病気に強いみたい。




画像はバラの家さんからお借りしました。



pa-FC15.jpeg




こちらは別のショップさんから画像をお借りしました。


pa-FC12.jpeg




とっても楽しみです♪



この後、オベリスクのバラを剪定、誘引しました。

冬作業は続きます。


最後まで読んでくださりありがとうございます。



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村










*~バラのパーゴラを

お探しの方はこちらから ~*


























関連記事
スポンサーサイト



2015.02.02 / Top↑



いきなりですけどこれ何に見えますか?



pa-FC5.jpeg




パーゴラと言って~~~~~!!




ある日ふと頭に浮かんだんですよぉ~

子供たちのベッドを見てたら

これってパーゴラにならない??って。



次女は東京で就職して

1年に1回帰ってきて使うんですけど

1年中そのままで帰ってきた時は

床で寝てもらえば?とか


長女は仕事にはここから通ってるわけではなく

自立してるんで帰って来るとベッドが嫌いで和室で寝てるし

長女のベッドなんてもうかれこれ10年以上使われてないし



で~、パーゴラにならない?って思ったんですよ。



思い出の品は処分したくないし

ベビータンスも自分でリメイクしたんです。

白に塗って取っ手をガラスに替えて

使ってるんです。




これなんです。

上下バラバラにできるタイプのを

叔母から頂いたんでその下の方を使ってリメイクしたんです。

下の飾りカットはなかったのです。

自分でカットしました。



pa-FC13.jpeg





それでバラの作業は全部自分でしてるけど

こういった力仕事が必要な時は

主人に頼むんです。



主人はフットワークが良く

頼んだことは何でもしてくれるんで

手伝ってもらいました。




自分が好きでやってるバラのことで

主人に迷惑掛けたくないんです。

ほんとに可愛くない嫁ですよね。




それで主人と土曜日、ベッドを外に運び出し

さっそく作業に取り掛かりました。




作業前にバラの苗を別の場所へ移植しました。

(クロードモネは設置場所と重ならないと

思ってそのままにしていましたが

設置する時に場所が重なると判明して

急きょ鉢上げしました。

どのみち鉢上げ予定でしたが。)

いつもは2月中旬にしかしないけどもう移植して大丈夫でしょう。

鹿児島は温暖だから移植時期もほんとに真冬にしなきゃ

ならないんです。


移植してないのもあるけど作業中に移植しました。


赤丸で囲んであるところに最近ご紹介した

ビアンヴニュが咲いてます。


奥に見える建物は我が家ではありません。

左の垣根も我が家ではありません。



pa-FC1.jpeg




なんかパーゴラになりそうな気がしないですか?



pa-FC2.jpeg



なるなる~ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!


pa-FC3.jpeg





画像を寝かしてみると

ベッドでしょぉ~(笑)



pa-FC4.jpeg





下を地面の中に埋めました。

これで安定もしました。


後日、それぞれの棒に自分で白に塗った

支柱を立てて棒と結んでより強固に

なるようにします。



pa-FC6.jpeg





ベッド同士を少し離して

その間に主人が家にあったステンレスの棒を

白塗装して2つのベッドの間に挟んでくれて

格好をつけてくれました。




完成です ヾ(○⌒ ∇⌒○)ノ



pa-FC5.jpeg






pa-FC8.jpeg




天井もなかなかお洒落な感じ^^



pa-FC7.jpeg




主人に感謝♪


ここに誘引するのは



ホワイトドロシーパーキンス

半日陰でも丈夫に咲くそうです。

病気に強いらしい。



こちらはバラの家から長尺苗でお迎えしました。

画像はバラの家さんからお借りしました。



pa-FC16.jpeg



ほんとは真っ白なんですけど素敵♪

こちらの画像は別のショップさんから画像をお借りしました。



pa-FC9.jpeg




フランソワ ジュランビルも反対側から誘引します。


フランソワ ジュランビルも

北側でも半日陰でも丈夫に咲くそうです。

人気品種ですよね。


ここは半日陰なのでちょうどいいです^^

半日陰だけど皆さんが咲かせてるように

いっぱいの花を咲かせてくれないかなぁ~


病気に強いみたい。




画像はバラの家さんからお借りしました。



pa-FC15.jpeg




こちらは別のショップさんから画像をお借りしました。


pa-FC12.jpeg




とっても楽しみです♪



この後、オベリスクのバラを剪定、誘引しました。

冬作業は続きます。


最後まで読んでくださりありがとうございます。



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村










*~バラのパーゴラを

お探しの方はこちらから ~*




























関連記事
2015.02.02 / Top↑