FC2ブログ




ナエマの冬剪定の方法で以前希望が見えてきたと

書きました。




よくよく調べたところ結局あまり希望の光にはならないと思いますが

1mにもなるステムを20cmくらいに出来る剪定方法を

ブロガーさんが実際されて花が咲くところまで画像付きで

書かれていたのでそのやり方を書きたいと思います。



そのブロガーさんは1年以上更新されていないので

記事のリンクのお願いはできませんでしたので

あえてリンクを貼りません。




私はつる仕立てでナエマを育てていました。

が、1mにもなるステムでしかもその花首にしか

花を咲かせないので困っていました。



それがこちらの記事です。

小山内健さんとお仲間のブログで

ナエマの剪定について書かれているリンクも

下記の記事内で貼っています。

ご興味がありましたらどうぞです。




ナエマ(デルバール)を見事に咲かせる方法を探ってみました♪

 ~* 我が家のナエマはろくろっ首(笑)

 気品あるやさしいバラ♪

コロンのカップ姿も可愛い春のナエマ 秋バラ開花☆ *~






ブッシュ仕立て(木立仕立て)とつる仕立ての中間のような

仕立てになってしまいますが

ステムは20cmくらいで咲くようです。

それが効果ですね(^^)



やり方をご紹介されていたブロガーさんは

小山内健さんがナエマの剪定でご紹介されていた

やり方だと書いていらっしゃいました。




私も同じ様にしたかったのですが

昨年春からつる仕立てからブッシュ仕立てにするようにしていて

今はすでにブッシュ仕立てにしているので

できませんでした。



ですので

イングリッシュローズのキャスリンモーレーをモデルにして

剪定しました。




剪定前の様子です。

ステムが1m以上です。

長すぎて画像に入りきっていません。

この枝は横へ倒せば芽が出ているところから枝を

出すのでいいのですが

これはステムというより普通の枝なんですけど

実験台失礼、モデルがいないので。

ステムということに見立てて剪定してみます。


キャスリンモーレーにとっても

いい結果が得られれば嬉しいですし。



sutemuFC01.jpeg






図で剪定する部分を書きました。




sutemuFC03.jpeg





剪定後です。



senteiFC04.jpeg





こうするとステムが20cmくらいのお花が咲くそうです。



こういった剪定をすると樹高が短くなってしまい

ブッシュ仕立てとつる仕立ての中間のくらいの

長さになるような。


ちょっとつる寄りかな。



まとめるとステム部分を15cmくらい残して

剪定するということになります。



あまり長さのないつる扱いって感じでしょうか。



ナエマの場合、この剪定でも

花数もそんなに期待できないかもしれませんね。


したことがないのでわからないですが。



この剪定の仕方をご紹介されていたブロガーさんは

いずれにしても花首でしか咲かないような

ニュアンスの画像を載せられていました。

全体が写っていなかったのですが

花首部分のお花だけ載せられていたので。

とりあえずこれでいきますみたいなことを書かれていました。



またブッシュ扱いからつる扱いにして実験してみようかな。




バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




キャスリンモーレーは大輪ですので鉛筆以上の枝を

残しこのように剪定してみました。


ナエマも同じですね。

鉛筆以上の太さの枝を残して剪定することになりますね。





我が家のナエマは

つる扱いしていたので樹高がかなりありました。

急につるを短くするとショックで咲かなくなることが

あるので春の花後から少しずつ剪定していました。

秋バラも少し枝を残して咲かせたりして。



ショックを起こさせない為、剪定はこれでおしまいにし

えらく中途半端な剪定になりました。

樹高1m20cmです。



どうせ2mくらいになって花首に花を咲かせるのでしょう(笑)



その先のことはまた春が終わったら考えます。




枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。


自己責任でお願いしますね^^




では、以前しましたがナエマの春に咲いたお花のご紹介です。



こんなに束になって咲くんですよ~* これ一束です。


もうちょっといっぱい開花した画像が欲しかったですけど

横になった枝を左手でグッと押さえて

伸びたステムの先の花を撮影してるものですから

大変だったのでこの束はこれっきり撮影していません。

左肩の50肩が治ったばかりでしたし無理しませんでした。


nFC02.jpeg





コロンとしたカップ姿も可愛いですね♪


nFC10.jpeg






バラ ナエマ

系 統  CL クライミングローズ
 
作出年 1998年
 
作出国  フランス

作出者  デルバール

花 色 ピンク

花 径 大輪 カップ咲き

香 り  超強香 レモングラス ローズ 洋ナシ 杏 桃

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 3m

黒点に強い



ボーリングはまずしない。

デンルバールらしく花持ちは良い。

高温期葉がまるまる性質があるが見かけだけで病気ではない。

育成に関しては丈夫で育てやすいと思います。




剪定のモデルになってくれたキャスリンモーレーの

春のバラです。

こちらも以前ご紹介しました。



素敵なイングリッシュローズです。


やさしい感じのする花びらいっぱいのバラですよね☆


深いカップ姿がとってもかわゆい(*^ ・^)ノ⌒☆ 



大輪が房で咲くのでとても素敵です~*



kFC1.jpeg




河本バラ園のローブ・ア・ラ・フランセーズとコラボしています。


濃い色の方がローブ・ア・ラ・フランセーズで

薄いピンクがキャスリン モーレーです。



ro-buaraFC2.jpeg


ちょっと大人な感じがしないでしょうか~*





深いカップでやさしい感じ~ほんとにかわゆい~❤



KFC10.jpeg




バラ キャスリン モーレー

系 統  Sシュラブ 

作出年 1990年
 
作出国  イギリス

作出者  デビッド オースチン

花 色 ソフトピンク

花 径 大輪

香 り  強香 ティーローズ香

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 2.5m

樹 勢 強い

耐病性(黒点病、うどん粉病) 普通



ボーリングはまずしない

育てやすいと思います。



コメント欄は閉じますね。

ごめんなさい。


ご用がある場合はお手数をお掛けしますが

1月22日以前のコメント欄を全て開けていますので

そちらの方へコメントをお願いします。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg




*~楽天で ナエマを

お探しの方はこちらから ~*






>*~キャスリン モーリーを

お探しの方はこちらから ~*







~* 私が利用する花・グリーンリーフなどの苗物ショップ ~*

ジキタリスやクレマチス

オルレアなど豊富な品揃えです♪ 









関連記事
スポンサーサイト



2015.02.08 / Top↑




ナエマの冬剪定の方法で以前希望が見えてきたと

書きました。




よくよく調べたところ結局あまり希望の光にはならないと思いますが

1mにもなるステムを20cmくらいに出来る剪定方法を

ブロガーさんが実際されて花が咲くところまで画像付きで

書かれていたのでそのやり方を書きたいと思います。



そのブロガーさんは1年以上更新されていないので

記事のリンクのお願いはできませんでしたので

あえてリンクを貼りません。




私はつる仕立てでナエマを育てていました。

が、1mにもなるステムでしかもその花首にしか

花を咲かせないので困っていました。



それがこちらの記事です。

小山内健さんとお仲間のブログで

ナエマの剪定について書かれているリンクも

下記の記事内で貼っています。

ご興味がありましたらどうぞです。




ナエマ(デルバール)を見事に咲かせる方法を探ってみました♪

 ~* 我が家のナエマはろくろっ首(笑)

 気品あるやさしいバラ♪

コロンのカップ姿も可愛い春のナエマ 秋バラ開花☆ *~






ブッシュ仕立て(木立仕立て)とつる仕立ての中間のような

仕立てになってしまいますが

ステムは20cmくらいで咲くようです。

それが効果ですね(^^)



やり方をご紹介されていたブロガーさんは

小山内健さんがナエマの剪定でご紹介されていた

やり方だと書いていらっしゃいました。




私も同じ様にしたかったのですが

昨年春からつる仕立てからブッシュ仕立てにするようにしていて

今はすでにブッシュ仕立てにしているので

できませんでした。



ですので

イングリッシュローズのキャスリンモーレーをモデルにして

剪定しました。




剪定前の様子です。

ステムが1m以上です。

長すぎて画像に入りきっていません。

この枝は横へ倒せば芽が出ているところから枝を

出すのでいいのですが

これはステムというより普通の枝なんですけど

実験台失礼、モデルがいないので。

ステムということに見立てて剪定してみます。


キャスリンモーレーにとっても

いい結果が得られれば嬉しいですし。



sutemuFC01.jpeg






図で剪定する部分を書きました。




sutemuFC03.jpeg





剪定後です。



senteiFC04.jpeg





こうするとステムが20cmくらいのお花が咲くそうです。



こういった剪定をすると樹高が短くなってしまい

ブッシュ仕立てとつる仕立ての中間のくらいの

長さになるような。


ちょっとつる寄りかな。



まとめるとステム部分を15cmくらい残して

剪定するということになります。



あまり長さのないつる扱いって感じでしょうか。



ナエマの場合、この剪定でも

花数もそんなに期待できないかもしれませんね。


したことがないのでわからないですが。



この剪定の仕方をご紹介されていたブロガーさんは

いずれにしても花首でしか咲かないような

ニュアンスの画像を載せられていました。

全体が写っていなかったのですが

花首部分のお花だけ載せられていたので。

とりあえずこれでいきますみたいなことを書かれていました。



またブッシュ扱いからつる扱いにして実験してみようかな。




バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




キャスリンモーレーは大輪ですので鉛筆以上の枝を

残しこのように剪定してみました。


ナエマも同じですね。

鉛筆以上の太さの枝を残して剪定することになりますね。





我が家のナエマは

つる扱いしていたので樹高がかなりありました。

急につるを短くするとショックで咲かなくなることが

あるので春の花後から少しずつ剪定していました。

秋バラも少し枝を残して咲かせたりして。



ショックを起こさせない為、剪定はこれでおしまいにし

えらく中途半端な剪定になりました。

樹高1m20cmです。



どうせ2mくらいになって花首に花を咲かせるのでしょう(笑)



その先のことはまた春が終わったら考えます。




枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。


自己責任でお願いしますね^^




では、以前しましたがナエマの春に咲いたお花のご紹介です。



こんなに束になって咲くんですよ~* これ一束です。


もうちょっといっぱい開花した画像が欲しかったですけど

横になった枝を左手でグッと押さえて

伸びたステムの先の花を撮影してるものですから

大変だったのでこの束はこれっきり撮影していません。

左肩の50肩が治ったばかりでしたし無理しませんでした。


nFC02.jpeg





コロンとしたカップ姿も可愛いですね♪


nFC10.jpeg






バラ ナエマ

系 統  CL クライミングローズ
 
作出年 1998年
 
作出国  フランス

作出者  デルバール

花 色 ピンク

花 径 大輪 カップ咲き

香 り  超強香 レモングラス ローズ 洋ナシ 杏 桃

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 3m

黒点に強い



ボーリングはまずしない。

デンルバールらしく花持ちは良い。

高温期葉がまるまる性質があるが見かけだけで病気ではない。

育成に関しては丈夫で育てやすいと思います。




剪定のモデルになってくれたキャスリンモーレーの

春のバラです。

こちらも以前ご紹介しました。



素敵なイングリッシュローズです。


やさしい感じのする花びらいっぱいのバラですよね☆


深いカップ姿がとってもかわゆい(*^ ・^)ノ⌒☆ 



大輪が房で咲くのでとても素敵です~*



kFC1.jpeg




河本バラ園のローブ・ア・ラ・フランセーズとコラボしています。


濃い色の方がローブ・ア・ラ・フランセーズで

薄いピンクがキャスリン モーレーです。



ro-buaraFC2.jpeg


ちょっと大人な感じがしないでしょうか~*





深いカップでやさしい感じ~ほんとにかわゆい~❤



KFC10.jpeg




バラ キャスリン モーレー

系 統  Sシュラブ 

作出年 1990年
 
作出国  イギリス

作出者  デビッド オースチン

花 色 ソフトピンク

花 径 大輪

香 り  強香 ティーローズ香

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 2.5m

樹 勢 強い

耐病性(黒点病、うどん粉病) 普通



ボーリングはまずしない

育てやすいと思います。



コメント欄は閉じますね。

ごめんなさい。


ご用がある場合はお手数をお掛けしますが

1月22日以前のコメント欄を全て開けていますので

そちらの方へコメントをお願いします。




最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)



見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり、楽しかったりと思って頂けましたら

下の画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村






ribonsita.jpeg




*~楽天で ナエマを

お探しの方はこちらから ~*






>*~キャスリン モーリーを

お探しの方はこちらから ~*







~* 私が利用する花・グリーンリーフなどの苗物ショップ ~*

ジキタリスやクレマチス

オルレアなど豊富な品揃えです♪ 










関連記事
2015.02.08 / Top↑