FC2ブログ



私のバラ庭に遊びに来てくださって

ありがとうございます~*



今日はロゼが今までしたことない

初めて冬の間に2度も移植された

バラ ヴァリエガタディボローニャ

(ロザリアンの通称イチゴミルク・笑)を

ご紹介したいと思います。



昨年春に咲いたバラです。


イチゴミルクみたいで可愛いけど

大人な感じもしますよね~*


bari.jpeg





移植に移植を重ねられたけど

元気ですよぉ~ ヽ(*^^*)ノ




トレリスの前に2月中に2度も移植された

ヴァリエガタディボローニャが写っています。


boro3.jpeg






昨日の様子です。

順調に芽吹いてます♪

vari1.jpeg





アップです。

緑が眩しい~♪

vari2.jpeg






蕾もついてます^^

楽しみ!

vari3.jpeg





白のトレリスも可愛いでしょ~*

国華園のネットショップで買いました。

デザインもいいしお安いですよ。

情報発信の為のリンクも貼っておきますね。

黒バージョンもありますよぉ~




国華園 

鉄製フェンス・ホワイトグレイス 






ヴァリエガタディボローニャ

昨年はオベリスクにいたんですけど

0円で出来たホワイトパーゴラ設置の為

移植しました。

vari4.jpeg






かわゆいでしょ~❤

絞りの濃い部分が大人色だから

大人可愛い~*

vari5.jpeg





枝も細くて柔らかだから

とても誘引しやすいの。

vari6.jpeg



花つきが良いとのことだけど

日照3時間以下の場所にいたからそこまでなくて

これからは日当たりがいいんで期待です。



でも今年は移植したからそれも前代未聞の2回も

したから咲いてくれるだけで十分です。




バラ苗の移植について

関連記事を書いてるんで

リンクを貼りますね。




バラの移植方法(植え替えの仕方) 

~* 例の秘技もします *~







主人の愛娘 桃の千代姫ちゃんが咲いてます。

momo.jpeg


この千代姫ちゃん、バラが咲く頃に

バラのホワイトパーゴラの中で葉を青々と葉を茂らせ

ナチュラル感を出してくれる予定なんですよね。ウフ



だから主人がパーゴラに入り込んでる枝を

切ろうかって言ってくれたけど

いい感じになるから切らないでと懇願しました。


それにしても大事な千代姫ちゃんの枝を

バラの為に切ってくれるって主人って神様だわ!



今度は神様になりました^^





ガゼボにいるデルバールのペッシュボンボンと

ジェネラシオンジャルダンの芽吹きです。


手前がペッシュボンボンで

右奥にジェネラシオンジャルダンがいます。

pes.jpeg






ジェネラシオンジャルダンにも蕾がついてますけど

ペッシュボンボンの蕾です。

pes1.jpeg




ペッシュボンボン



まるでお菓子やキャンディーみたいに

かわゆいバラ(*^ ・^)ノ⌒☆
 



花径10cmを越える大輪で咲きます。


peFC2.jpeg





ジェネラシオンジャルダン

大輪ゴージャスなんですよぉ~

素敵でしょ~☆


jeneFC003.jpeg





ほとんどのバラに蕾がついてます^^

色づいてる蕾も色々いるんで楽しみです♪





ラベンダーたちが咲き始めました。

何を隠そう私はうさぎの耳つきラベンダーの

コレクターなんです。 


その手の新品種を見つけると

我慢ができません。



幸いそんなに品種があるわけじゃないんで

耳つきラベンダーだらけの

庭にならずにすんでますけど。




よく行くお花屋さんも

なかなかなもので

『この耳は見ないですよね (o^-')b 』

なんて覗き込みながら囁くし。




元々買うかどうかすら迷ってない上に

ダメ押しを押すという

完璧 生産者さんとお花屋さんの勝利(笑)






バラはバラ本人がというかカタログがというかが

直接 悪魔のように『買え』って囁いてきますからね(笑)

『買っちゃえ、いいじゃない~』って(笑)

天使と悪魔が共存するバラ様 \((;◎_◎)/




この子は新品種ではないですけど

ラベンダー デンタータです。


rabe1.jpeg





昨年鹿児島の木市で買ったんですが

株が20倍くらいの大きさになって嬉しいびっくりです♪






奥のチェアの前に大きなラベンダーの株があります。

ラベンダー デンタータです。

この画像は庭改造の時に撮影したんで

少し前ですがもうこの時咲き始めていました。

isyo4.jpeg






アップです。

かわゆい~*

rabe2.jpeg





バラ ヴァリエガタディボローニャ

   (バァリエガタディボローニャ)


作出国:イタリア

作出者:Gaetano Bonfiglioli & figlio.、Lodi

作出年:1909年

オールドローズ ブルボン

花色:白地にローズピンクの絞り

ロザリアン様たちの表現 いちごミルク

花形:カップ咲き

花径: 中輪

樹高:2m
 
樹形:半横張りのつる性 

強香 
 
開花性:一季咲き

樹勢   普通

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通


耐害虫性  普通



まずボーリングしない。

しなやかな枝で誘引しやすい。

育てやすいと思います。
 


最後まで読んでくださりありがとうございます(^^)





見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の2つの画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ








ribonsita.jpeg







*~楽天で ヴァリエガタディボローニャを

お探しの方はこちらから ~*


















関連記事
スポンサーサイト



2015.04.09 / Top↑



私のバラ庭に遊びに来てくださって

ありがとうございます~*



今日はロゼが今までしたことない

初めて冬の間に2度も移植された

バラ ヴァリエガタディボローニャ

(ロザリアンの通称イチゴミルク・笑)を

ご紹介したいと思います。



昨年春に咲いたバラです。


イチゴミルクみたいで可愛いけど

大人な感じもしますよね~*


bari.jpeg





移植に移植を重ねられたけど

元気ですよぉ~ ヽ(*^^*)ノ




トレリスの前に2月中に2度も移植された

ヴァリエガタディボローニャが写っています。


boro3.jpeg






昨日の様子です。

順調に芽吹いてます♪

vari1.jpeg





アップです。

緑が眩しい~♪

vari2.jpeg






蕾もついてます^^

楽しみ!

vari3.jpeg





白のトレリスも可愛いでしょ~*

国華園のネットショップで買いました。

デザインもいいしお安いですよ。

情報発信の為のリンクも貼っておきますね。

黒バージョンもありますよぉ~




国華園 

鉄製フェンス・ホワイトグレイス 






ヴァリエガタディボローニャ

昨年はオベリスクにいたんですけど

0円で出来たホワイトパーゴラ設置の為

移植しました。

vari4.jpeg






かわゆいでしょ~❤

絞りの濃い部分が大人色だから

大人可愛い~*

vari5.jpeg





枝も細くて柔らかだから

とても誘引しやすいの。

vari6.jpeg



花つきが良いとのことだけど

日照3時間以下の場所にいたからそこまでなくて

これからは日当たりがいいんで期待です。



でも今年は移植したからそれも前代未聞の2回も

したから咲いてくれるだけで十分です。




バラ苗の移植について

関連記事を書いてるんで

リンクを貼りますね。




バラの移植方法(植え替えの仕方) 

~* 例の秘技もします *~







主人の愛娘 桃の千代姫ちゃんが咲いてます。

momo.jpeg


この千代姫ちゃん、バラが咲く頃に

バラのホワイトパーゴラの中で葉を青々と葉を茂らせ

ナチュラル感を出してくれる予定なんですよね。ウフ



だから主人がパーゴラに入り込んでる枝を

切ろうかって言ってくれたけど

いい感じになるから切らないでと懇願しました。


それにしても大事な千代姫ちゃんの枝を

バラの為に切ってくれるって主人って神様だわ!



今度は神様になりました^^





ガゼボにいるデルバールのペッシュボンボンと

ジェネラシオンジャルダンの芽吹きです。


手前がペッシュボンボンで

右奥にジェネラシオンジャルダンがいます。

pes.jpeg






ジェネラシオンジャルダンにも蕾がついてますけど

ペッシュボンボンの蕾です。

pes1.jpeg




ペッシュボンボン



まるでお菓子やキャンディーみたいに

かわゆいバラ(*^ ・^)ノ⌒☆
 



花径10cmを越える大輪で咲きます。


peFC2.jpeg





ジェネラシオンジャルダン

大輪ゴージャスなんですよぉ~

素敵でしょ~☆


jeneFC003.jpeg





ほとんどのバラに蕾がついてます^^

色づいてる蕾も色々いるんで楽しみです♪





ラベンダーたちが咲き始めました。

何を隠そう私はうさぎの耳つきラベンダーの

コレクターなんです。 


その手の新品種を見つけると

我慢ができません。



幸いそんなに品種があるわけじゃないんで

耳つきラベンダーだらけの

庭にならずにすんでますけど。




よく行くお花屋さんも

なかなかなもので

『この耳は見ないですよね (o^-')b 』

なんて覗き込みながら囁くし。




元々買うかどうかすら迷ってない上に

ダメ押しを押すという

完璧 生産者さんとお花屋さんの勝利(笑)






バラはバラ本人がというかカタログがというかが

直接 悪魔のように『買え』って囁いてきますからね(笑)

『買っちゃえ、いいじゃない~』って(笑)

天使と悪魔が共存するバラ様 \((;◎_◎)/




この子は新品種ではないですけど

ラベンダー デンタータです。


rabe1.jpeg





昨年鹿児島の木市で買ったんですが

株が20倍くらいの大きさになって嬉しいびっくりです♪






奥のチェアの前に大きなラベンダーの株があります。

ラベンダー デンタータです。

この画像は庭改造の時に撮影したんで

少し前ですがもうこの時咲き始めていました。

isyo4.jpeg






アップです。

かわゆい~*

rabe2.jpeg





バラ ヴァリエガタディボローニャ

   (バァリエガタディボローニャ)


作出国:イタリア

作出者:Gaetano Bonfiglioli & figlio.、Lodi

作出年:1909年

オールドローズ ブルボン

花色:白地にローズピンクの絞り

ロザリアン様たちの表現 いちごミルク

花形:カップ咲き

花径: 中輪

樹高:2m
 
樹形:半横張りのつる性 

強香 
 
開花性:一季咲き

樹勢   普通

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通


耐害虫性  普通



まずボーリングしない。

しなやかな枝で誘引しやすい。

育てやすいと思います。
 


最後まで読んでくださりありがとうございます(^^)





見てくださって嬉しいです。

ブログランキングに参加しています。

お役に立てたり、共感して頂いたり

楽しかったりと思って頂けましたら

下の2つの画像をポチっと押して頂けると嬉しいです~*



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ








ribonsita.jpeg







*~楽天で ヴァリエガタディボローニャを

お探しの方はこちらから ~*




















関連記事
2015.04.09 / Top↑