FC2ブログ



こんにちは~♪

バラのある庭にようこそ~*


今日はギヨー社のバラ ヴェロニクBの

夏剪定した秋バラと春バラをご紹介したいと思います。



まず、こちらが今咲いている秋バラです♪


bero3.jpeg


やっと撮影できた秋バラです。

咲いても咲いても花汚れがして

なかなか撮影できませんでした。

中輪です。




次に春バラをご覧ください♪

コロンとしたピンクの可愛い子が咲きました♪


veronikub.jpeg


とっても素敵でしょぉ~(*^ ・^)ノ⌒☆ 


とは言っても今年の春は雨が多く、雨でお花がボーリングしたり

花が痛みやすかったりするヴェロニクBは

上の画像を撮影するのに大変でした。



ヴェロニクBは連続咲きで次から次へと咲くバラなんですが

せっかく綺麗に咲いても雨に次から次へとやられて

なかなか撮影できませんでした。


例年以上にボーリングもしましたし。


上の画像のバラを撮影出来て良かったです。


葉っぱについてる灰色のは薬剤散布の痕です。

来年からはこのような灰色がつくので(雨で流されますが)

春の花期は水和剤の薬剤をなるべく使わないようにしたいと思います。

見た目は水溶剤が一番良いと思います。

次に乳剤が見た目的には良いです。


●見た目が良い方から順に

1 水溶剤

2 乳剤

3 水和剤


●体、環境に影響が少ない順は

少ない方から

1 水和剤

2 水溶剤

3 乳剤



株全体の様子です。


bero2.jpeg


樹勢が強く丈夫で病気にも強いので育てやすいですが

とにかく花びらが雨に弱いんです。

許容範囲と判断していましたが

今年の花の傷み具合を見ると許容範囲を超えていました。




niwa-nisiberoniku.jpeg


ヴェロニクBは画像の中心辺り左寄りに地植えしています。

ソフトピンクです。

こういう画像を見ると嬉しいです。

春が来たみたい~*+.☆ ゚・*:. 。..。.:*♪



でも、私はブログでまれに書くんですが・・・

今まで2回くらい書いたかも。

バラの季節で一番好きなのは真冬。



真冬の庭で寒肥、剪定、誘引が済んだ

バラの枝を座り込んでジーッと眺めるのが至福の時なんです(笑)

何が面白いのか私にもわかりません。

好きなもんは好きなんです(爆)

たぶん、寒肥、剪定、誘引を済ませた満足感かな。


もう、そんな話をする季節になったのですね。

鹿児島に住む私はおとといから長袖です。

急に冷えてきました。



バラ ヴェロニクB


系統  Sシュラブ

作出国 フランス
 
作出者 Dominique Massad ギヨー社

作出年 1997年

花色   ラズベリーをわずかに含んだ薄いピンク~

      年、季節によって変わる。白になることも。

香り   中香
 
咲き方  春はカップ咲き→ロゼット咲き  

      春は大輪、夏冬は中大輪 冬は大輪

樹高   80cm

樹形   木立性

花期   四季咲き~我が家では繰り返し咲きに近い

樹勢   強い

樹勢が強く、シュートを出しやすい。

耐病性(黒点・うどん粉等) 強い

耐害虫性 普通


うつむいて咲くことがあるが

普通に咲くこともある。



花びらが雨に弱い。

春は雨で4分の1くらいの花が傷む。

冬が特に傷みやすい。

雨によってボーリングすることもある。


雨の予報の前にビニール袋で

蕾の時から花を覆う対策をしておくと良い。

雨が上がったらすぐビニール袋をはずします。

の繰り返しです。


がボーリング、花傷み対策ですが

今年のように雨の多かった年は

その対応ができませんでした。


例年は上記のような対策で乗り切っています。



樹勢が強いので育てやすいと思います。


 
地植え、鉢植え向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村








*~ ヴェロニクBを

お探しの方はこちらから ~*

















関連記事
スポンサーサイト



2015.11.02 / Top↑



こんにちは~♪

バラのある庭にようこそ~*


今日はギヨー社のバラ ヴェロニクBの

夏剪定した秋バラと春バラをご紹介したいと思います。



まず、こちらが今咲いている秋バラです♪


bero3.jpeg


やっと撮影できた秋バラです。

咲いても咲いても花汚れがして

なかなか撮影できませんでした。

中輪です。




次に春バラをご覧ください♪

コロンとしたピンクの可愛い子が咲きました♪


veronikub.jpeg


とっても素敵でしょぉ~(*^ ・^)ノ⌒☆ 


とは言っても今年の春は雨が多く、雨でお花がボーリングしたり

花が痛みやすかったりするヴェロニクBは

上の画像を撮影するのに大変でした。



ヴェロニクBは連続咲きで次から次へと咲くバラなんですが

せっかく綺麗に咲いても雨に次から次へとやられて

なかなか撮影できませんでした。


例年以上にボーリングもしましたし。


上の画像のバラを撮影出来て良かったです。


葉っぱについてる灰色のは薬剤散布の痕です。

来年からはこのような灰色がつくので(雨で流されますが)

春の花期は水和剤の薬剤をなるべく使わないようにしたいと思います。

見た目は水溶剤が一番良いと思います。

次に乳剤が見た目的には良いです。


●見た目が良い方から順に

1 水溶剤

2 乳剤

3 水和剤


●体、環境に影響が少ない順は

少ない方から

1 水和剤

2 水溶剤

3 乳剤



株全体の様子です。


bero2.jpeg


樹勢が強く丈夫で病気にも強いので育てやすいですが

とにかく花びらが雨に弱いんです。

許容範囲と判断していましたが

今年の花の傷み具合を見ると許容範囲を超えていました。




niwa-nisiberoniku.jpeg


ヴェロニクBは画像の中心辺り左寄りに地植えしています。

ソフトピンクです。

こういう画像を見ると嬉しいです。

春が来たみたい~*+.☆ ゚・*:. 。..。.:*♪



でも、私はブログでまれに書くんですが・・・

今まで2回くらい書いたかも。

バラの季節で一番好きなのは真冬。



真冬の庭で寒肥、剪定、誘引が済んだ

バラの枝を座り込んでジーッと眺めるのが至福の時なんです(笑)

何が面白いのか私にもわかりません。

好きなもんは好きなんです(爆)

たぶん、寒肥、剪定、誘引を済ませた満足感かな。


もう、そんな話をする季節になったのですね。

鹿児島に住む私はおとといから長袖です。

急に冷えてきました。



バラ ヴェロニクB


系統  Sシュラブ

作出国 フランス
 
作出者 Dominique Massad ギヨー社

作出年 1997年

花色   ラズベリーをわずかに含んだ薄いピンク~

      年、季節によって変わる。白になることも。

香り   中香
 
咲き方  春はカップ咲き→ロゼット咲き  

      春は大輪、夏冬は中大輪 冬は大輪

樹高   80cm

樹形   木立性

花期   四季咲き~我が家では繰り返し咲きに近い

樹勢   強い

樹勢が強く、シュートを出しやすい。

耐病性(黒点・うどん粉等) 強い

耐害虫性 普通


うつむいて咲くことがあるが

普通に咲くこともある。



花びらが雨に弱い。

春は雨で4分の1くらいの花が傷む。

冬が特に傷みやすい。

雨によってボーリングすることもある。


雨の予報の前にビニール袋で

蕾の時から花を覆う対策をしておくと良い。

雨が上がったらすぐビニール袋をはずします。

の繰り返しです。


がボーリング、花傷み対策ですが

今年のように雨の多かった年は

その対応ができませんでした。


例年は上記のような対策で乗り切っています。



樹勢が強いので育てやすいと思います。


 
地植え、鉢植え向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村








*~ ヴェロニクBを

お探しの方はこちらから ~*



















関連記事
2015.11.02 / Top↑