FC2ブログ



こんにちは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



オベリスクに誘引しているつるバラ

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールを

剪定して寝かしました。



剪定して寝かした様子です。

fuyuru1.jpeg


3本の太い枝が

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールです。

細い枝は昨日ご紹介しましたレイニーブルーです。


fuyuru2.jpeg




ここにカイガラムシがアップ?でついた

画像を載せていたんですが

せっかくのお花の記事ですので削除して

後日、別記事で載せますね。

ブログ画像を見ていて何か変、これ何?って思いながら

実物を庭に見に行って

バラ栽培15年目にして初めてカイガラムシなるものと

ご対面でした。

枝を寝かす作業をしていても小さくて気づかないものですね。

未知との遭遇とはまさしくこのこと\(◎ ◎;) /

では本題に戻りますね。



fuyuru4.jpeg

このオベリスクに誘引しています。

今はこのオベリスクにいなくて枝は寝てます。

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールの枝が

画像左側に見えています。

今年は2mのシュートも1本出たので来春が楽しみです。



●ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールは

大輪で太い枝ですので

鉛筆以上の枝を残し剪定しました。



ペッシュボンボン同様、花つきが悪いので

重い腰を上げて

今年から芽出しの為に枝を寝かすことにしました。

上手くいくといいんですが。

新芽が出てきたらオベリスクに誘引します。



rei8.jpeg

昨日も出てきた画像ですみませんが

右に赤いバラがいますが

それがルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールです。

オベリスクの半分しか写っていないので

お花はちょろんとしか写ってないですが

どのみち花つき悪いです。

誘引を斜めにしてるんですけど

斜めだけではダメだよんとルージュが言ってます。

普通にしていたらダメだよん寝かしなさいと。



ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールの

花つきが悪いのは気にしていませんでした。



ピンクのバラが多い我が家では修景として

赤がアクセントになってくれればいいなという程度の

感じでしたので。


それより花一輪が気に入っていて

今までそれを楽しみにしていました。


ですがペッシュボンボンも寝かしたし~

ルージュ・ピエールも寝かしましょうと。



ではルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールを

ご紹介したいと思います。


昨年の秋バラです。

ruFC8.jpeg

房咲きでゴージャスに咲いてくれました~*

今年はよく咲いてくれましたが

写したいと思うお花はなくて写さなかったです。



今年の春のお花です。

ru-2.jpeg

カップの中の花びらの様子が素敵で好きです~*



この子はオベリスクにいる子ではなく

鉢で育てていて玄関柱に誘引している子です。

この鉢は同じオベリスクのところに地植えして

誘引する予定です。



ru-20.jpeg

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールの香りは

中香でダマスク香とティーの香りがします。



ru-18.jpeg


コロンとして可愛いです~*


ru-19.jpeg


大好きなバラです~*



バラ ルージュ ピエール ドゥ ロンサール



系統 Sシュラブ  

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 2002年

花色   赤

香り   中香 ダマスク香とティーの香り 
  
咲き方  大輪 カップ咲き 
 
樹高   2.0m

樹形   シュラブ直立タイプ

花期   四季咲き

樹勢   普通


耐病気性(黒点・うどん粉等) 普通

耐害虫性 普通




春はあまりボーリングしないが

雨に当たるとボーリングすることがある。

秋は雨に当たるとボーリングしやすい。

花つきの面では寝かすなど工夫が

いると思います。


オベリスク、トレリス、フェンス、壁面向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ







*~ルージュ ピエール ドゥ ロンサールを

お探しの方はこちらから ~*

















関連記事
2015.12.24 / Top↑



こんにちは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



オベリスクに誘引しているつるバラ

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールを

剪定して寝かしました。



剪定して寝かした様子です。

fuyuru1.jpeg


3本の太い枝が

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールです。

細い枝は昨日ご紹介しましたレイニーブルーです。


fuyuru2.jpeg




ここにカイガラムシがアップ?でついた

画像を載せていたんですが

せっかくのお花の記事ですので削除して

後日、別記事で載せますね。

ブログ画像を見ていて何か変、これ何?って思いながら

実物を庭に見に行って

バラ栽培15年目にして初めてカイガラムシなるものと

ご対面でした。

枝を寝かす作業をしていても小さくて気づかないものですね。

未知との遭遇とはまさしくこのこと\(◎ ◎;) /

では本題に戻りますね。



fuyuru4.jpeg

このオベリスクに誘引しています。

今はこのオベリスクにいなくて枝は寝てます。

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールの枝が

画像左側に見えています。

今年は2mのシュートも1本出たので来春が楽しみです。



●ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールは

大輪で太い枝ですので

鉛筆以上の枝を残し剪定しました。



ペッシュボンボン同様、花つきが悪いので

重い腰を上げて

今年から芽出しの為に枝を寝かすことにしました。

上手くいくといいんですが。

新芽が出てきたらオベリスクに誘引します。



rei8.jpeg

昨日も出てきた画像ですみませんが

右に赤いバラがいますが

それがルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールです。

オベリスクの半分しか写っていないので

お花はちょろんとしか写ってないですが

どのみち花つき悪いです。

誘引を斜めにしてるんですけど

斜めだけではダメだよんとルージュが言ってます。

普通にしていたらダメだよん寝かしなさいと。



ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールの

花つきが悪いのは気にしていませんでした。



ピンクのバラが多い我が家では修景として

赤がアクセントになってくれればいいなという程度の

感じでしたので。


それより花一輪が気に入っていて

今までそれを楽しみにしていました。


ですがペッシュボンボンも寝かしたし~

ルージュ・ピエールも寝かしましょうと。



ではルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールを

ご紹介したいと思います。


昨年の秋バラです。

ruFC8.jpeg

房咲きでゴージャスに咲いてくれました~*

今年はよく咲いてくれましたが

写したいと思うお花はなくて写さなかったです。



今年の春のお花です。

ru-2.jpeg

カップの中の花びらの様子が素敵で好きです~*



この子はオベリスクにいる子ではなく

鉢で育てていて玄関柱に誘引している子です。

この鉢は同じオベリスクのところに地植えして

誘引する予定です。



ru-20.jpeg

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールの香りは

中香でダマスク香とティーの香りがします。



ru-18.jpeg


コロンとして可愛いです~*


ru-19.jpeg


大好きなバラです~*



バラ ルージュ ピエール ドゥ ロンサール



系統 Sシュラブ  

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 2002年

花色   赤

香り   中香 ダマスク香とティーの香り 
  
咲き方  大輪 カップ咲き 
 
樹高   2.0m

樹形   シュラブ直立タイプ

花期   四季咲き

樹勢   普通


耐病気性(黒点・うどん粉等) 普通

耐害虫性 普通




春はあまりボーリングしないが

雨に当たるとボーリングすることがある。

秋は雨に当たるとボーリングしやすい。

花つきの面では寝かすなど工夫が

いると思います。


オベリスク、トレリス、フェンス、壁面向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ







*~ルージュ ピエール ドゥ ロンサールを

お探しの方はこちらから ~*


















関連記事
2015.12.24 / Top↑



こんにちは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



天使像に誘引しているつるバラ レイニーブルーを

剪定、誘引しました。



剪定、誘引した様子です。


fuyur.jpeg

あっ、玄関にほとんどお花を飾っていない。

そうです。

今はバラの剪定、誘引、寒肥に専念するのに

修行僧のような身。

宿根草や草花のお世話を少しでも減らす為

あまりお花は買っていません。

って、ほんとは買ってるんですけど

これはオフレコということで。




fuyur2.jpeg


剪定し枝を横へ寝かすようにしながら

天使像に白い紐でくくりつけています。




fuyur3.jpeg




●レイニーブルーは中輪で中細くらいの枝ですので

割り箸以上の枝を残し剪定しました。

良い芽がプクッとしたところ1cm上を

カットしました。



ではレイニーブルーをご紹介したいと思います。



今年の春のお花です。

rei3.jpeg

エレガントな美しいバラです~*




rei8.jpeg

もう少ししたら満開という時に撮影した画像です。


レイニーブルーはトゲも少なく

しなやかな枝をしているので誘引しやすいです。

病気は普通ですが

ブルーローズとしては株の力が強く

育てやすいバラです。



rei2.jpeg


微香ですがブルーローズ香がします。




tensi1.jpeg


画像上のピンクはスパニッシュビューティー、

ソニアリキエルも混じっています。

同じような系統の色のバラをなぜ横並びに

植えちゃったんでしょう。

どちらも強い香りだからだったのかなぁ~?

玄関横だし。



レイニーブルーは前の冬に天使像の前を飾ってもらう為

移植したバラです。

思ったとおりに素敵に飾ってくれて嬉しいです~*



バラ レイニーブルー



作出:ドイツ タンタウ社 

作出年:2012年

花色:パールヴァイオレットカラー 藤色

花形:ロゼット咲き

花径: 中輪6~7㎝

樹高:1.5m
 
樹形:つる性

微香 ほのかにブルー系の香り

開花性:四季咲き

樹勢 強い



伸びてくると枝がしなやかなので自立できないので

どこかに誘引が必要だと思います。

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通 

耐害虫性  普通



私は地植えで育てていますが丈夫で育てやすいと思う。



地植え、壁面、トレリス、フェンス、小さめのオベリスク向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






*~ 楽天でレイニーブルーを

お探しの方はこちらから ~*



長尺苗




大苗


















関連記事
2015.12.23 / Top↑



こんにちは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



天使像に誘引しているつるバラ レイニーブルーを

剪定、誘引しました。



剪定、誘引した様子です。


fuyur.jpeg

あっ、玄関にほとんどお花を飾っていない。

そうです。

今はバラの剪定、誘引、寒肥に専念するのに

修行僧のような身。

宿根草や草花のお世話を少しでも減らす為

あまりお花は買っていません。

って、ほんとは買ってるんですけど

これはオフレコということで。




fuyur2.jpeg


剪定し枝を横へ寝かすようにしながら

天使像に白い紐でくくりつけています。




fuyur3.jpeg




●レイニーブルーは中輪で中細くらいの枝ですので

割り箸以上の枝を残し剪定しました。

良い芽がプクッとしたところ1cm上を

カットしました。



ではレイニーブルーをご紹介したいと思います。



今年の春のお花です。

rei3.jpeg

エレガントな美しいバラです~*




rei8.jpeg

もう少ししたら満開という時に撮影した画像です。


レイニーブルーはトゲも少なく

しなやかな枝をしているので誘引しやすいです。

病気は普通ですが

ブルーローズとしては株の力が強く

育てやすいバラです。



rei2.jpeg


微香ですがブルーローズ香がします。




tensi1.jpeg


画像上のピンクはスパニッシュビューティー、

ソニアリキエルも混じっています。

同じような系統の色のバラをなぜ横並びに

植えちゃったんでしょう。

どちらも強い香りだからだったのかなぁ~?

玄関横だし。



レイニーブルーは前の冬に天使像の前を飾ってもらう為

移植したバラです。

思ったとおりに素敵に飾ってくれて嬉しいです~*



バラ レイニーブルー



作出:ドイツ タンタウ社 

作出年:2012年

花色:パールヴァイオレットカラー 藤色

花形:ロゼット咲き

花径: 中輪6~7㎝

樹高:1.5m
 
樹形:つる性

微香 ほのかにブルー系の香り

開花性:四季咲き

樹勢 強い



伸びてくると枝がしなやかなので自立できないので

どこかに誘引が必要だと思います。

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通 

耐害虫性  普通



私は地植えで育てていますが丈夫で育てやすいと思う。



地植え、壁面、トレリス、フェンス、小さめのオベリスク向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






*~ 楽天でレイニーブルーを

お探しの方はこちらから ~*



長尺苗




大苗


















関連記事
2015.12.23 / Top↑



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



ガゼボに誘引しているバラ プシュケランブラーを

剪定、誘引しました。



ペッシュボンボンを誘引する前に

すでに済ませていましたが

写真撮影がペッシュボンボンと後先になってしまい

ペッシュボンボンと重なってしまいました。

すみません。



ペッシュボンボンの枝をガゼボの柱を使って

寝かせているのでその枝が左横から写っています。



この間、剪定、誘引した様子です。


sep2.jpeg


sep1.jpeg


プシュケランブラーは花つきが良く

たぶん枝を斜めにしたり蛇行させたり

寝かさなくてもたくさん花をつけてくれると思います。



前の冬にバラの家から長尺苗でお迎えしましたが

ガゼボに真っ直ぐ誘引しました。

にもかかわらずとても花つきが良かったです。



ですが今回は長いシュートが2本出て

ガゼボの長さを飛び出してしまうので蛇行させました。

蛇行させた方が花つきも良いでしょうし。




剪定は枝先を7cmほどカットするように

チョコンチョコンとハサミを入れていきました。

sep3.jpeg

芽の上1cmのところをカットしましたが

この子の場合良い芽がプクッとしたところをとか関係なく

花つきが良いので芽の状態を

お構いなしにカットしていきました。

葉っぱは後日まとめて取ります。



●プシュケランブラーは

小輪~中輪で中くらいの太さの枝ですが

小輪と同じ扱いをして

竹串より太い枝を残してあとは剪定しました。


sep4.jpeg


細い枝も残しています。

これで来春良くなければ

割り箸以上の枝を残して剪定するに切り替えます。




ではプシュケランブラーをご紹介したいと思います。



今年の春のお花です。

pusyukeranbura-2.jpeg

ふわんふわん~な可愛いバラ~*




pusyukeranbura-.jpeg

手前の白に見えるお花がプシュケランブラーです。

花一輪で見ると白と薄いピンクが不定期に入って

それも素敵なのですが

全体で見ると白に見えるところがお気に入りです~*



キュートなボタンアイがつきます。

花径は5~6cm。

pusyuke7.jpeg


かわゆいです~*

そして病気にも強く樹勢も強く育てやすいです。



バラ プシュケランブラー

   (ロサオリエンティスのプシュケではないです) 

作出年 1899年

作出国 イギリス

作出者 G. Paul

系統 R ランブラー 

樹形 半横張り性

花径  小輪~中輪 5~6cm  

花色  白 白とピンクの不定期な混色

樹高  3m~5m

香り  微香

一季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  強い

樹勢 強い



ボーリングはまずしない。

とても育てやすいです。


 
地植え、壁面、トレリス、フェンス、アーチ、ガゼボ向き。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






現在売り切れ中です(2015年12月22日現在)



*~ プシュケランブラーを

お探しの方はこちらから ~*

















関連記事
2015.12.22 / Top↑



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



ガゼボに誘引しているバラ プシュケランブラーを

剪定、誘引しました。



ペッシュボンボンを誘引する前に

すでに済ませていましたが

写真撮影がペッシュボンボンと後先になってしまい

ペッシュボンボンと重なってしまいました。

すみません。



ペッシュボンボンの枝をガゼボの柱を使って

寝かせているのでその枝が左横から写っています。



この間、剪定、誘引した様子です。


sep2.jpeg


sep1.jpeg


プシュケランブラーは花つきが良く

たぶん枝を斜めにしたり蛇行させたり

寝かさなくてもたくさん花をつけてくれると思います。



前の冬にバラの家から長尺苗でお迎えしましたが

ガゼボに真っ直ぐ誘引しました。

にもかかわらずとても花つきが良かったです。



ですが今回は長いシュートが2本出て

ガゼボの長さを飛び出してしまうので蛇行させました。

蛇行させた方が花つきも良いでしょうし。




剪定は枝先を7cmほどカットするように

チョコンチョコンとハサミを入れていきました。

sep3.jpeg

芽の上1cmのところをカットしましたが

この子の場合良い芽がプクッとしたところをとか関係なく

花つきが良いので芽の状態を

お構いなしにカットしていきました。

葉っぱは後日まとめて取ります。



●プシュケランブラーは

小輪~中輪で中くらいの太さの枝ですが

小輪と同じ扱いをして

竹串より太い枝を残してあとは剪定しました。


sep4.jpeg


細い枝も残しています。

これで来春良くなければ

割り箸以上の枝を残して剪定するに切り替えます。




ではプシュケランブラーをご紹介したいと思います。



今年の春のお花です。

pusyukeranbura-2.jpeg

ふわんふわん~な可愛いバラ~*




pusyukeranbura-.jpeg

手前の白に見えるお花がプシュケランブラーです。

花一輪で見ると白と薄いピンクが不定期に入って

それも素敵なのですが

全体で見ると白に見えるところがお気に入りです~*



キュートなボタンアイがつきます。

花径は5~6cm。

pusyuke7.jpeg


かわゆいです~*

そして病気にも強く樹勢も強く育てやすいです。



バラ プシュケランブラー

   (ロサオリエンティスのプシュケではないです) 

作出年 1899年

作出国 イギリス

作出者 G. Paul

系統 R ランブラー 

樹形 半横張り性

花径  小輪~中輪 5~6cm  

花色  白 白とピンクの不定期な混色

樹高  3m~5m

香り  微香

一季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  強い

樹勢 強い



ボーリングはまずしない。

とても育てやすいです。


 
地植え、壁面、トレリス、フェンス、アーチ、ガゼボ向き。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






現在売り切れ中です(2015年12月22日現在)



*~ プシュケランブラーを

お探しの方はこちらから ~*


















関連記事
2015.12.22 / Top↑