FC2ブログ



こんばんは~♪

バラのある庭へようこそ~*



今日は昨年書きました剪定・誘引で効果が出ましたので

そのご報告です。




1mにもなるステムを20cmくらいに出来る剪定方法を

キャスリンモーリーを実験台にしてしたのですが

花数が多くなりステムも20cmくらいと短くなりましたので

成果が出ました。



【*ステムと側枝は違いますのでご注意ください。】



小山内健さんがナエマの剪定のやり方で

ご指導された方法とのことです。





ナエマでこの剪定方法をすると

ブッシュ仕立て(木立仕立て)と

つる仕立ての中間のような仕立てになってしまいますが

ステムは20cmくらいで咲くそうです。

それが効果ですね(^^)



他のブログでやり方をご紹介されていたいましたが

小山内健さんがナエマの剪定でご紹介されていた

やり方だと書かれていました。

小山内健さんの講習会へ行かれてそこで

やり方の説明を受けたとありました。




そのブロガーさんは2年以上ブログを更新されていませんので

リンクの申し込みをできませんでしたので

あえてリンクはらないことにします。




ナエマを私も同じ様にしたかったのですが

昨年春からつる仕立てからブッシュ仕立てにするようにしていて

今はすでにブッシュ仕立てにしているので

できませんでした。



ですので

イングリッシュローズのキャスリンモーリーをモデルにして

剪定しました。




キャスリンモーリーもステムが1m以上と長かったです。

私はキャスリンモーリーのステムが長いことは

気にしていなかったのですが

良い機会だと思いキャスリンモーリーをモデルに

剪定してみました。

それが昨年の冬です。




下記はその時にアップした剪定方法の画像です。




剪定前の様子です。

ステムが1m以上です。

長すぎて画像に入りきっていません。


sutemuFC01.jpeg






図で剪定する部分を書きました。

sutemuFC03.jpeg





剪定後です。


senteiFC04.jpeg





この剪定方法をしたらステムが20cmくらいのお花が咲きました。

つる扱いしているので枝を横に寝かせる誘引をしました。

つる扱いする場合は誘引時、枝を寝かせることが大切です。



こういった剪定をすると樹高が短くなってしまい

ブッシュ仕立てとつる仕立ての中間のくらいの

長さになるような。


ちょっとつる寄りかな。と以前の記事では書きましたが

ナエマではたぶんそうなると思います。

キャスリンモーリーではつる樹形を維持できました。




まとめるとステム部分を15cmくらい残して

剪定するということになります。





この剪定の仕方をご紹介されていたブロガーさんは

ナエマではいずれにしても花首でしか咲かないような

ニュアンスの画像を載せられていました。

全体が写っていなかったのですが

花首部分のお花だけ載せられていたので。





キャスリンモーリーではつる樹形は維持でき

ステムも短くなり花数が増え良い結果がでました。





今年の春のキャスリンモーリーの様子です。


kasFC5.jpeg


*:. 。..。.:*大輪で花びらがぎっしりでとても美しい ゚・*:. 。..。.:*



斜め横からの姿も。

kasFC6.jpeg



画像に全体が入らない位置にいるので

一部分です。

kya3.jpeg



手前に見える薄いピンクが

キャスリンモーリー。

奥のピンクがスパニッシュビューティー。

赤のルージュ ピエール ドゥ ロンサールは

もう終わりかけです。


kya8.jpeg




こちらは昨年の春のキャスリンモーリー

深いカップ姿がとってもかわゆい(*^ ・^)ノ⌒☆ 

大輪が房で咲いてとても素敵です~*


kFC1.jpeg



バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




キャスリンモーりーは大輪ですので鉛筆以上の枝を

残しこのように剪定してみました。


ナエマも同じですね。

鉛筆以上の太さの枝を残して剪定することになりますね。





枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。




同じステムの長いバラでもどうやら

ナエマでは完全な解決法にはならず

とりあえずの手段で

(ステムは短くなるが花首でしか咲かないので・・・

枝を寝かしたら花首以外でも咲くかもしれませんが

そこで咲いてもステムが長いままかもしれませんし

私はナエマでしていないのでわかりません)

キャスリンモーリーでは効果がしっかり得られ

満足した結果となりました。




ステムが長いバラといっても品種によって

このように違うようです。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*


バラ キャスリン モーリー

系 統  Sシュラブ 

作出年 1990年
 
作出国  イギリス

作出者  デビッド オースチン

花 色 ソフトピンク

花 径 大輪

香 り  強香 ティーローズ香

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 2.5m

樹 勢 強い

耐病性(黒点病、うどん粉病) 普通



ボーリングはまずしない

育てやすいと思います。


地植え トレリス フェンス 壁面向き



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






















関連記事
スポンサーサイト



2015.12.07 / Top↑



こんばんは~♪

バラのある庭へようこそ~*



今日は昨年書きました剪定・誘引で効果が出ましたので

そのご報告です。




1mにもなるステムを20cmくらいに出来る剪定方法を

キャスリンモーリーを実験台にしてしたのですが

花数が多くなりステムも20cmくらいと短くなりましたので

成果が出ました。



【*ステムと側枝は違いますのでご注意ください。】



小山内健さんがナエマの剪定のやり方で

ご指導された方法とのことです。





ナエマでこの剪定方法をすると

ブッシュ仕立て(木立仕立て)と

つる仕立ての中間のような仕立てになってしまいますが

ステムは20cmくらいで咲くそうです。

それが効果ですね(^^)



他のブログでやり方をご紹介されていたいましたが

小山内健さんがナエマの剪定でご紹介されていた

やり方だと書かれていました。

小山内健さんの講習会へ行かれてそこで

やり方の説明を受けたとありました。




そのブロガーさんは2年以上ブログを更新されていませんので

リンクの申し込みをできませんでしたので

あえてリンクはらないことにします。




ナエマを私も同じ様にしたかったのですが

昨年春からつる仕立てからブッシュ仕立てにするようにしていて

今はすでにブッシュ仕立てにしているので

できませんでした。



ですので

イングリッシュローズのキャスリンモーリーをモデルにして

剪定しました。




キャスリンモーリーもステムが1m以上と長かったです。

私はキャスリンモーリーのステムが長いことは

気にしていなかったのですが

良い機会だと思いキャスリンモーリーをモデルに

剪定してみました。

それが昨年の冬です。




下記はその時にアップした剪定方法の画像です。




剪定前の様子です。

ステムが1m以上です。

長すぎて画像に入りきっていません。


sutemuFC01.jpeg






図で剪定する部分を書きました。

sutemuFC03.jpeg





剪定後です。


senteiFC04.jpeg





この剪定方法をしたらステムが20cmくらいのお花が咲きました。

つる扱いしているので枝を横に寝かせる誘引をしました。

つる扱いする場合は誘引時、枝を寝かせることが大切です。



こういった剪定をすると樹高が短くなってしまい

ブッシュ仕立てとつる仕立ての中間のくらいの

長さになるような。


ちょっとつる寄りかな。と以前の記事では書きましたが

ナエマではたぶんそうなると思います。

キャスリンモーリーではつる樹形を維持できました。




まとめるとステム部分を15cmくらい残して

剪定するということになります。





この剪定の仕方をご紹介されていたブロガーさんは

ナエマではいずれにしても花首でしか咲かないような

ニュアンスの画像を載せられていました。

全体が写っていなかったのですが

花首部分のお花だけ載せられていたので。





キャスリンモーリーではつる樹形は維持でき

ステムも短くなり花数が増え良い結果がでました。





今年の春のキャスリンモーリーの様子です。


kasFC5.jpeg


*:. 。..。.:*大輪で花びらがぎっしりでとても美しい ゚・*:. 。..。.:*



斜め横からの姿も。

kasFC6.jpeg



画像に全体が入らない位置にいるので

一部分です。

kya3.jpeg



手前に見える薄いピンクが

キャスリンモーリー。

奥のピンクがスパニッシュビューティー。

赤のルージュ ピエール ドゥ ロンサールは

もう終わりかけです。


kya8.jpeg




こちらは昨年の春のキャスリンモーリー

深いカップ姿がとってもかわゆい(*^ ・^)ノ⌒☆ 

大輪が房で咲いてとても素敵です~*


kFC1.jpeg






バラの剪定の基本形です。


小輪タイプ(枝が細い) 竹串くらいの枝
 
中輪タイプ(枝が中くらい) 割り箸くらいの枝

大輪タイプ(枝はピエールのように太い) 鉛筆以上の枝

となる部分を残しカットする。




キャスリンモーりーは大輪ですので鉛筆以上の枝を

残しこのように剪定してみました。


ナエマも同じですね。

鉛筆以上の太さの枝を残して剪定することになりますね。





枝のカット面は斜めでなく

カットした後が丸くなるようにカットしています。


私の場合、斜めにカットするとその分断面が多くなり

病気になる可能性が高くなる為

カット面を少なくする為断面が丸くなるようにカットしています。




同じステムの長いバラでもどうやら

ナエマでは完全な解決法にはならず

とりあえずの手段で

(ステムは短くなるが花首でしか咲かないので・・・

枝を寝かしたら花首以外でも咲くかもしれませんが

そこで咲いてもステムが長いままかもしれませんし

私はナエマでしていないのでわかりません)

キャスリンモーリーでは効果がしっかり得られ

満足した結果となりました。




ステムが長いバラといっても品種によって

このように違うようです。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*


バラ キャスリン モーリー

系 統  Sシュラブ 

作出年 1990年
 
作出国  イギリス

作出者  デビッド オースチン

花 色 ソフトピンク

花 径 大輪

香 り  強香 ティーローズ香

開花性  四季咲き

樹 形 つる

伸 長 2.5m

樹 勢 強い

耐病性(黒点病、うどん粉病) 普通



ボーリングはまずしない

育てやすいと思います。


地植え トレリス フェンス 壁面向き



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ
























関連記事
2015.12.07 / Top↑