FC2ブログ




こんばんは~♪

バラのある庭へようこそヽ(*^^*)ノ



今回も始まりました。

バラの剪定・誘引です。


ホワイトドロシーパーキンスを

バラのパーゴラに

剪定して誘引をしました。



ホワイトドロシーパーキンスが

我が家に来たのは今年の2月。





こんな感じで剪定しました。

枝先を芽の上1cmの場所で

剪定しました。

剪定・誘引は12月8日にしました。

撮影は昨日しています。


w1.jpeg




赤で囲ってあるところに誘引して

(前面、天井)

剪定・誘引完了しました。

マイ脚立が写ってます(^^)

w2.jpeg




脚立、赤丸なし画像です。

どこに誘引してるんだわかりません。

すみません。

w3.jpeg





向かって右の柱です。


w4.jpeg





葉は剪定・誘引をしながら取ったり

残りは後でまとめて

取ったりしているので

今は葉は少し残っていたりします。


w5.jpeg





w9.jpeg





向かって左です。


w10.jpeg






天井です。

上から。

w8.jpeg





下から見上げて撮影。


w12.jpeg





春に咲いた

ホワイロドロシーパーキンスです。



フリフリの可愛い小輪が

いっぱい咲くバラ~*



howaito1.jpeg


花びらは散らなくて

そのまま朽ちていきます。




トゲは普通です。

上の方の

剪定・誘引画像に写っています。

素手で誘引・剪定してるけど全然OK。

だけど他のバラも同じだ(笑)

ですからそれは基準にならないです。

でも嫌なトゲをもつバラは3種いる。




一季咲きで花つき良いです。

ホワイロドロシーパーキンスは

バラの家から長尺苗で

お迎えして最初の春

日照3時間以下の場所にいますが

この花つきです。


howaito6.jpeg


他のバラが終わった頃に咲く遅咲き。

他のバラが終わって

寂しいなと思っている頃に

満開なので嬉しいです。




白バラだけど花汚れしないです。

白バラは花汚れするバラはわりといて

他の色より花汚れ率は高いですね。


howaito7.jpeg


パーゴラを初めて飾ってくれそうな春

とても楽しみです(*^ ・^)ノ⌒☆



バラ ホワイト ドロシー パーキンス


作出年 1908年

作出国 アメリカ、イギリス説どちらがほんと?

作出者 Benjamin R. Cant & Sons

系統  ランブラー、Hybrid Wichuraiana 

樹形 つる性

花径  小輪~中輪 3~4cm  

花色  白 

樹高  5m~6m

香り  微香

一季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  強い

樹勢 強い



ボーリングはまずしない。

花もちは普通。

ドロシーパーキンスと姉妹。

半日陰、北側でも丈夫に育つ。

北側に地植えした場合の花つきは

わかりません。

(我が家は半日陰に植えてますが

半日陰でも生育旺盛、花つきもいいです)

耐寒性、耐暑性あり。

トゲは普通。

とても育てやすいです。


 
地植え、壁面、トレリス、フェンス、

パーゴラ向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ







*~バラのパーゴラを

お探しの方はこちらから ~*
















関連記事
スポンサーサイト



2015.12.13 / Top↑



こんばんは~♪

バラのある庭へようこそヽ(*^^*)ノ



今回も始まりました。

バラの剪定・誘引です。


ホワイトドロシーパーキンスを

バラのパーゴラに

剪定して誘引をしました。



ホワイトドロシーパーキンスが

我が家に来たのは今年の2月。





こんな感じで剪定しました。

枝先を芽の上1cmの場所で

剪定しました。

剪定・誘引は12月8日にしました。

撮影は昨日しています。


w1.jpeg




赤で囲ってあるところに誘引して

(前面、天井)

剪定・誘引完了しました。

マイ脚立が写ってます(^^)

w2.jpeg




脚立、赤丸なし画像です。

どこに誘引してるんだわかりません。

すみません。

w3.jpeg





向かって右の柱です。


w4.jpeg





葉は剪定・誘引をしながら取ったり

残りは後でまとめて

取ったりしているので

今は葉は少し残っていたりします。


w5.jpeg





w9.jpeg





向かって左です。


w10.jpeg






天井です。

上から。

w8.jpeg





下から見上げて撮影。


w12.jpeg





春に咲いた

ホワイロドロシーパーキンスです。



フリフリの可愛い小輪が

いっぱい咲くバラ~*



howaito1.jpeg


花びらは散らなくて

そのまま朽ちていきます。




トゲは普通です。

上の方の

剪定・誘引画像に写っています。

素手で誘引・剪定してるけど全然OK。

だけど他のバラも同じだ(笑)

ですからそれは基準にならないです。

でも嫌なトゲをもつバラは3種いる。




一季咲きで花つき良いです。

ホワイロドロシーパーキンスは

バラの家から長尺苗で

お迎えして最初の春

日照3時間以下の場所にいますが

この花つきです。


howaito6.jpeg


他のバラが終わった頃に咲く遅咲き。

他のバラが終わって

寂しいなと思っている頃に

満開なので嬉しいです。




白バラだけど花汚れしないです。

白バラは花汚れするバラはわりといて

他の色より花汚れ率は高いですね。


howaito7.jpeg


パーゴラを初めて飾ってくれそうな春

とても楽しみです(*^ ・^)ノ⌒☆



バラ ホワイト ドロシー パーキンス


作出年 1908年

作出国 アメリカ、イギリス説どちらがほんと?

作出者 Benjamin R. Cant & Sons

系統  ランブラー、Hybrid Wichuraiana 

樹形 つる性

花径  小輪~中輪 3~4cm  

花色  白 

樹高  5m~6m

香り  微香

一季咲き 

耐病性(黒点、うどん粉病)  強い

樹勢 強い



ボーリングはまずしない。

花もちは普通。

ドロシーパーキンスと姉妹。

半日陰、北側でも丈夫に育つ。

北側に地植えした場合の花つきは

わかりません。

(我が家は半日陰に植えてますが

半日陰でも生育旺盛、花つきもいいです)

耐寒性、耐暑性あり。

トゲは普通。

とても育てやすいです。


 
地植え、壁面、トレリス、フェンス、

パーゴラ向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ







*~バラのパーゴラを

お探しの方はこちらから ~*
















関連記事
2015.12.13 / Top↑