FC2ブログ



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



スパニッシュビューティーに蕾が付きました♪

baratubomiFC.jpeg


スパニッシュビューティーの開花は毎年早咲きで

他ブログでも早咲きと言われていますよね。

ですが今年は昨日の記事でも書きましたが

鹿児島は大雪と寒波が来て

このスパニッシュビューティーも早咲きゆえ

新芽がその時すでに出ていましたので

ブラインド対策として

新芽を全て摘むということになってしまいました。




ですので今年は遅れるだろうと思っていたら

なんと3番目の品種の蕾となりました。




現在のスパニッシュビューティーの芽吹きです。

sinnmeFC.jpeg





一旦わさわさした新芽を

摘んだとは思えないほどの芽吹きです。




*枝を下に向けて誘引すると

枝が枯れる場合があります。

スパニッシュビューティーの場合は枯れませんが

花が大きくなるほど枯れることが多くなります。

小輪、特にランブラーは枝を下に向けて

誘引しても大丈夫なバラは多いです。




sinneFC2.jpeg


ところで昨年までこのスパニッシュビューティーを

半分誘引していた白のアイアン棚を

クリスマスローズを飾る為に

復活させようと思っているのですが

やはりボロボロで厳しいかな、って思ってます。

ん~~~気に入ってるから使いたい~~~

aiantana.jpeg




aiantana2.jpeg


ボロボロ~




昨年まではこんな風に可愛かったのですが・・・

どうにか復活させたいなぁ~

(画像は一昨年のです)

supaFC8.jpeg



では昨春のスパニッシュビューティーを

ご紹介したいと思います。




昨年の春のお花です。

supan3.jpeg


大きな房咲きで咲いています。

樹勢も強くて育てやすいバラです。

可憐で且つ大輪房咲きで育てやすい、

人気品種所以たるのもわかります。



葉の灰色は薬剤散布の時の薬剤の痕で

今年から花期は水和剤を使はないように

しようと思っています。




supan1.jpeg


誘引で作ってるのに

作られた感がないステムの動向で

華やかで自然な感じがします。




buru-14.jpeg

お気に入りの画像です♪






バラの蕾ばかりに目がいってましたが

なんとクレマチスのジョセフィーヌに

大きな蕾が付いてました。


jyosefi-nu.jpeg


我が家ではバラよりクレマチスの開花の方が

若干早く時期は被りますが少しずれるんです。

で、ジョセフーヌ様、今年もバラの為に

待ってくれませんでした。


「私はジョセフーヌよ、バラにも劣らない

華やかでゴージャスなわたくしよ!

単体で咲いて十分見応えがあるのよ。オーホホホッ。」

などという声が聞こえてきそうなジョセフーヌ様の

我が家で咲いたお姿をどうぞ。


12cm~15cmくらいの大輪で豪華です!!


jyose1.jpeg


色もとても素敵ですよね。



jyose3.jpeg





今は人気品種でお花屋さんでも

見かけるようになりましたが

私がお迎えした当時は

日本で発売されたばかりで

新苗を手に入れるのがやっとでした。

こんな綺麗なお花を咲かせるまでになってくれて

嬉しいです。

もうジョセフィーヌは

バラと一緒に咲かなくていいです。

あなたは素晴らしい~*




今咲いてるアザレアの全体像です。

azareaFC0.jpeg

ほんとにあまり手を掛けてないのに

蕾もいっぱいで

今年はすごく調子が良さそう。

姫こぶしもそうだけど

この手のは手を掛けすぎは

かえってよくないのかなぁ~




kinngyo.jpeg

お花屋さんからもらった

もうダメになりかけたキンギョソウ。

よくそんな感じの苗をサービスでもらうんですけど

植えるとすごくよく咲いてくれます。

もらった時は蕾も付いてなくて

タグもないから何の花かもわかりませんでしたが

とりあえず植えてみました。

可愛いお花~ラッキー♪




バラ スパニッシュビューティ ー

系 統 LCl ラージフラワードクライマー

作出年 1927年
 
作出国  スペイン

作出者  Pedro Dot

花 色 ピンク

花 径 大輪

香 り  中香とありますが我が家では強香

開花性  一季咲き

樹 形 つる

伸 長 3m~5m

樹 勢 強い

耐病性(黒点病・うどん粉病) 普通

耐害虫性 普通


ボーリングはまずしない。

強健で育てやすいと思います。


壁面、パーゴラ、アーチ向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ







*~楽天で スパニッシュビューティーを

お探しの方はこちらから ~*























関連記事
2016.03.25 / Top↑



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



今年の1月25日に鹿児島では大雪が降りました。

yuki3.jpeg

何年ぶりかに積もった雪です。

その時、ペッシュボンボンの新芽がしなっとしてしまって

ブラインド処理をしました。




通常のブラインド処理とは違って

雪と寒さによるブラインドの可能性があったことと

まだ時期が新芽を付けるにあたって

早かったのでこの場合のブラインド処理は

新芽を全て摘むということにしました。



しなったとなったペッシュボンボンの新芽です。

しなっと見えませんが実際しなっとしています。


yuki4.jpeg



あの時は新芽を摘むという処理がベストと思いましたが

その日の午後から新芽が立ち直りましたので

実際ブラインドが起こってから

別のブラインド処理をしても

良かったのではないかと思います。

なぜなら一番勢いのある真ん中の新芽を

摘んでしまうことになるからです。

その辺は何とも言えませんが。




現在のペッシュボンボンの新芽の様子です。

順調に芽吹いています。

tunda.jpeg

赤丸で囲んだ部分は

雪と寒さでしなっとなった新芽を摘むという

ブラインド処理した箇所です。



その後画像の新芽が出てきました。

2つ新芽を出している箇所も多いです。


ペッシュボンボンの現在の芽吹きの様子です。

tunnda2.jpeg


順調ですのでこれで良かったと思っています。




ではペッシュボンボンを

ご紹介したいと思います。




昨年の春のお花です。

pextusyubonbon7.jpeg

大輪で可愛らしい混色のバラです♪




以前咲いたお花です。


peFC6.jpeg


花びらに刻みがよく入るんです。

そんなところもペッシュボンボンのチャームポイント~*




peFC8.jpeg

お菓子みたいです。

命名は「桃のお菓子」ですから

作出された時にそう見えたからかな。




peFC1.jpeg


大輪花びらぎゅうぎゅうはたまりません~❤







我が家で地植えで咲いてる

クリスマスローズ ピンクのダブルです。

大きめのお花です。



第一次クリスマスローズマイブームが訪れた時に

お迎えしました。

もう何年前にお迎えしたかわからないくらいで

大株になっています。



咲き始めは薄いピンクでした。

pinkudaburu3.jpeg

可愛い~*

昨年まではあまり関心がなかったけど

今年は何度も見ています。



pinkudaburu2.jpeg

だんだんピンクが濃くなってきたの。

こんな可愛い子がいたのになぜ気にしてなかったの?

自分に問う・・・

はい、マイブームが到来してなかったからと

最初のマイブームから月日が経ち過ぎていたから。



pinkdaburu.jpeg

まだ蕾がいっぱいあるので

当分は楽しめそうです。





昨日の朝、我が家の裏の雑木林に住む

キジ夫婦が食事の為に裏の畑に出てきました。



キジ夫婦は10年ほど前から

その雑木林に住んでいますが

姿を見せたのは2度目です。

野生のキジは用心深いんですよね。




キッチンの窓から見えて

慌ててカメラを手にお邪魔しました。



kijikirei6.jpeg





kijikirei8.jpeg


私の視線を感じて体を膨らませて威嚇しています。

ちなみに体長は尾を入れて80cm。





でも、威嚇はすぐにやめて

メスの方へ行って

メスと一緒に食事をしていました。


kijikirei12.jpeg




夫婦仲良くお食事中、お邪魔なので

撮影してすぐ自宅に戻ってきました。

朝から心躍りました。

ってキジにとってはとんでもない迷惑ですよね。

今度からはお邪魔しませんので

ゆっくり食べに来てね。




バラ  ペッシュボンボン

系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   黄 アプリコット ピンクの複色

香り   強香 フルーティーな甘い香り

咲き方  大輪 コロンとしたカップ咲き
 
樹高   1.8m 

樹形   シュラブ

花期   四季咲き よく咲く

樹勢   強い

耐病性(黒点・うどん粉など)  普通 

耐害虫性  強い

春の花の花びらで少し色染みが出るお花が一部ある。

(許容範囲内で気になりません)


まずボーリングしない。

花もちは良い。

花つきは普通にしていたら良くない。

寝かせると良い。

トゲは大きいが誘引時には差し支えない。

育てやすいと思います。



桃のお菓子という意味。

 
地植え、フェンス、トレリス、壁面向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






*~ペッシュボンボンを

お探しの方はこちらから ~*






松虫草(スカビオサ)‘パーフェクタ’

松虫草(スカビオサ)‘パーフェクタ’
価格:432円(税込、送料別)



















関連記事
2016.03.24 / Top↑



バラと草花のある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



只今、バラ庭を綺麗にしよう

キャンペーンを実施中です(笑)



この間は大変お見苦しい庭をお見せしました。

ので汚名挽回です。


実はこんなもん悲惨な庭です記事。



上のリンクの代表画像です。

2016年3月6日撮影のロゼ邸庭。

kita1.jpeg

そして画像右の白のトレリス前部分が

バラ庭を綺麗にしよう

キャンペーンを実施中の場所です。




ほんとは毎年この時期あたりから

バラ開花期に向けてロゼの庭は

綺麗になっていきます、

というかそうしています。



いつも綺麗にしているのが

普通なのでしょうから

大いに毎年反省しています。




ということで

少し綺麗になったので

喜んでお見せするところです。




まず、このコーナーには歴史があって

(昨年の12月から・・・歴史って・笑)

そこまで逆戻ります。




昨年の12月に東京にいる次女が友人の結婚式の為

鹿児島に帰省していました。

空港まで迎えに行ったのですが

次女の乗った飛行機は

強風で出発が2時間遅れ。

私たち夫婦が鹿児島空港に迎えに着いた時

まだ飛行機は東京を出発していませんでした。




で、急遽、ひまつぶしに空港の近くにある

お花屋さんへ行くことにしました。

ひまつぶしってホント?速攻で行ったくせに(汗)



そこで買ったのが宿根ブラキカムホワイティ。


rekisi1.jpeg


ブラキカムはバラと同じ時期に咲いてくれる

花期の長い可愛らしいお花です。


~次女は鹿児島空港に2時間半後無事到着しました。




rekisi4.jpeg

さっそく地植えしました。

地植えした場所は

バラ庭を綺麗にしようキャンペーンを今している場所です。




それからほどなくして

バラと同じ時期に咲いてくれる

ジギタリスや千鳥草の苗を買わなきゃと

DIYショップで買ってきました。


rekisi3.jpeg

ジギタリス ラベンダー



rekisi2.jpeg

千鳥草ブルーピコティー。

千鳥草ホワイト。



ジギタリスと千鳥草を

またまたバラ庭を綺麗にしようキャンペーン中の場所に

地植えしました。


現在の成長したジギタリス。

rekisi6.jpeg


ジギタリスなどここにいるお花たちの多くに

この間、肥料を施肥しました。

ジギタリスも千鳥草も昨年は3月初旬に地植えして

ヒヤヒヤものでしたが4月後半には

無事綺麗に開花したので良かったですが

今年は早めに地植えしました。




現在の成長した千鳥草。

蕾が付いています。

rekisi7.jpeg





そしてこぼれ種で芽が出てきたオルラヤを

そこへ移植したりしました。

花が咲いているオルラヤも3本いますが

ここの場所にいる子ではないです。

ここにいる子は咲くのはまだまだ先のようです。



ここには一年前の今頃地植えした

宿根イベリスがいたり

rekisi5.jpeg



こぼれ種から発芽したネモフィラがいたりします。


rekisi8.jpeg

ネモフィラ スノーストーム


rekisi9.jpeg


ネモフィラ ペニーブラック




ペニーブラックは少し色が薄いですね。

草による日照不足か肥料不足かも。





で、途中経過は草だらけで

汚すぎて写してなくて

それから月日が経ち

2016年3月6日撮影のロゼ邸庭と

なったわけです。

kita1.jpeg




そして

ジャーン

現在のロゼ邸


rekisi10.jpeg


画像左の白のトレリス前部分が

バラ庭を綺麗にしよう

キャンペーンを実施中の場所です。



草むしりをして枯葉を拾って

バラ庭を綺麗にしようキャンペーン

玄関斜め前コーナー部門完了です (○⌒∇⌒○) V

汚い庭の画像とは反対側から撮影しました。



嬉しいです♪

庭を綺麗にすることに目覚めたロゼ。



あなた何者?エセロザリアンじゃろ(笑)



ただ、今画像を見て思ったんですが

トレリスをわーっと覆っている

白のノイバラのロサ ムルティフローラ


buru08.jpeg





ピンクのバラのブルボンクイーン と

コラボしてるんですけど

ノイバラだから少しは予想してたんですけど

これ以上大きくなったら困るわぁ~


昨年の春はこんなに素敵だったのに・・・

rosa01.jpeg




niwaburubnn7.jpeg






今年はこのコラボは成立するのでしょうか?

このトレリスにおいては

今年の春はどんな景色になるのか

よく想像できないの。

それくらい大きくなっちゃって。

でもお花が可愛いから楽しみでもあります。



このロサ ムルティフローラは

ターシャの庭にもあるバラなんです。

テレビ番組で出てきて

知った時は嬉しかったです♪





バラ 白のノイバラ 

品種名→ロサ ムルティフローラ

系統  原種

作出国 日本

作出者 自生している

作出年 

花色   白

花径  2.5cm    

咲き方  小輪 一重咲き 

香り   微香

樹高   3.5m 

樹形   半横張り性

花期   一季咲き

耐病性(黒点・うどん粉等) 強いと思う

樹勢   強い


トゲナシノイバラとして流通していますが

全くトゲのない品種ではないとのこと。

(我が家では今のところトゲはありません)

元気良く出てきたシュートにはトゲがつきやすい

性質があるそうです。



ボーリングはまずしません。

とても育てやすいと思います。


バラの世界に房咲き性をもたらした原種。





バラ ブルボンクイーン



系統  オールドローズ ブルボン

作出国 フランス

作出者 Mauget

作出年 1834年

花色   ピンクに薄いピンクの絞り
     
香り   微香

咲き方  カップ咲き 中輪

樹高   3m~3.5m 

樹形   半横張り性

花期   一季咲き

耐病性(黒点・うどん粉等) 普通より強いと思う

樹勢   強い




ボーリングはまずしません。

育てやすいと思います。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ










イベリス ‘ピンクアイス’

イベリス ‘ピンクアイス’
価格:432円(税込、送料別)

イベリス センパービレンス

イベリス センパービレンス
価格:324円(税込、送料別)

















関連記事
2016.03.23 / Top↑



バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



ルージュピエールドゥロンサールに蕾が付きました♪


ru-jyutubomi.jpeg


ルージュピエールドゥロンサールの枝は

まだ横に倒して寝かせたままです。





オベリスクに誘引しているつるバラ

ルージュピエールドゥロンサールを

昨年2015年12月24日に

剪定して寝かしましたという記事を書いています。




ルージュピエールドゥロンサールの枝を

剪定して寝かした様子です。

fuyuru1.jpeg


3本の太い枝が

ルージュピエールドゥロンサールで

細い枝はレイニーブルーです。




昨年春のルージュです。


rei8.jpeg


右に赤いバラが見えますが

それがルージュピエールドゥロンサールです。

オベリスクの半分だけ写っているので

お花は半分しか写ってないですが

花つきが悪かったので

枝を誘引時斜めにするだけでは

ルージュの場合不足していて

横に寝かさないと新芽を出しにくいと判断しました。



昨日の様子です。

ru-jyutubomi1.jpeg

赤丸の部分に蕾を付けています。





ru-jyutubomi2.jpeg


横に寝かした成果がありました。

新芽が1年前より5倍も増えました。

ということは5倍も花を咲かせてくれるってこと?

ヤッター♪




蕾が付いてるけどもう少し

寝かしてからオベリスクに誘引しようと思います。

サイドシュートが出てるから♪

15cmくらいの長さになっていて

もっとどんどん伸びて欲しいと思っています。


ru-jyutubomi3.jpeg




ではルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールを

ご紹介したいと思います。




昨年の春のお花です。

ru-2.jpeg


このルージュピエールはとても気に入っていて

同じ画像を何度も使ってしまっています。






ru-20.jpeg

深いカップに花びらぎゅうぎゅう

今年の春もこんな風に咲いて欲しいです。






ru-18.jpeg


コロンコロン~*


ru-19.jpeg


赤の中でも魅力的な色をしていて

大好きなバラです~*




今咲いているお花です。

ru-jyutubomi4.jpeg

アザレアが咲き始めました。

あまり手を掛けないのに

毎年時期になるといっぱい花を咲かせてくれます。





ru-jyutubomi7.jpeg

姫こぶしの花が咲いています。

こちらもほとんど手を掛けてないけど

かわいらしく咲いてくれます。

蕾もまだまだあってたくさん咲いてくれそう♪




ru-jyutubomi5.jpeg


薄桃色のお花が気に入っています。

花びらがひらひらして可憐なんです。

これから満開、楽しみです。



ru-jyutubomi6.jpeg


芍薬が芽を出し始めました。




ru-jyutubomi8.jpeg


牡丹の蕾が膨らんできました。

画像では2つ蕾が見えます。



我が家には意外にも和のお花も

結構あるんです。




私、和のお花も好きなものが色々あって

鹿児島の木市へ行って綺麗なお花があったら

連れて帰ってきたりして

そんな子たちが今お花を咲かせたり

新芽を出したり大きな蕾をもったりしていて

バラの他にも楽しみがいっぱいです。

もちろん正妻はバラですが(o〃∇〃)oキャッ♪.



バラ ルージュ ピエール ドゥ ロンサール


系統 Sシュラブ  

作出国 フランス

作出者 メイアン

作出年 2002年

花色   赤

香り   中香 ダマスク香とティーの香り 
  
咲き方  大輪 カップ咲き 
 
樹高   2.0m

樹形   シュラブ直立タイプ

花期   四季咲き

樹勢   普通


耐病気性(黒点・うどん粉等) 普通

耐害虫性 普通




春はあまりボーリングしないが

雨に当たるとボーリングすることがある。

秋は雨に当たるとボーリングしやすい。

花つきの面では寝かすなど工夫が

いると思います。


オベリスク、トレリス、フェンス、壁面向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ







*~ルージュ ピエール ドゥ ロンサールを

お探しの方はこちらから ~*






















関連記事
2016.03.22 / Top↑




バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



今日は記事タイトルとおりの

バラのカタログと違い過ぎて綺麗過ぎて

ビックリしたバラランキング\(◎o◎)/!を

発表していきたいと思います。




当然、今日のいじられ役は

あの【カタログより綺麗に咲くので

ある意味カタログが信用できない不思議なメーカー】で

有名な(あくまでも私の中で)ギヨー社で、

話題の中心をさらうことになるでしょう(笑)




今日はぶっちゃけちゃいます。

いつもぶっちゃけちゃってるか(笑)




それでは発表です。

ジャーン!


☆ 第1位 ソニアリキエル(ギヨー)


我が家で咲いたバラです。


sonia01.jpeg







花径は12cm外側3~4枚はピンク

その内側5~6枚がコーラルピンクで

一番外側より濃くなり

その次、内側へ行くほど薄いピンクになっていく

絶妙なグラデーションでした。

濃い目のピンクを外側と内側のピンクで

サンドしているみたいです。

ほんとに美しすぎてびっくりしました。



このバラは日本での発売前に

すでに反響を呼んでおり

ヤフーオークションでは高値で

取引きされていたとのバラ友からの情報あり。




私は全然そのことを知らずに

その数年後日本で正規で販売されてから

ナーセリーから買いましたので

確か3980円くらいで買いました。




が、それよりカタログとはまるで別人でしたので

びっくりしました。



今現在のカタログは下記掲載のものです。

バラの家さんから画像をお借りしました。

私が見たのはそれより以前の

バラの家さんの画像とは違う画像です。


soniFC1.jpeg


私がお迎えした時の画像は

公式カタログではなかったと思いますが

(ナーセリー出?バラの家とは違うナーセリー)

ひどくてお見せできません。


あっ、ナーセリーまでぶった切った(汗)



一番上の画像でご紹介したお花はあまり咲かず

バラの家さんのカタログのように

咲くことが多いです。

ほとんどそうです。

このバラの家さんのカタログ画像のお花は

実物と同じように咲いていて綺麗ですね。




そのように我が家で咲いた

画像はどこかにあるはずですが

行方不明なので

バラの家さんからお借りしました。




☆ 第2位 アブデル(河本バラ園)


我が家で咲いたバラです。


abuderu001.jpeg







このバラの場合、

バラの家の堆肥を初めて使って

移植を行った時に

それ以前よりはるかに花びらぎゅうぎゅう

大輪豪華に咲いてびっくりしたバラ。



そもそも我が家に来て初開花した時点で

カタログと花色も姿も全然違って

クオリティーアップしていて喜んだお花。

それが他ブログの画像を見ても

我が家と同じ様な色で

ゴージャスに咲かせている方が多数。



河本バラ園公式カタログです。

画像は河本バラ園さんからお借りしました。

katarogu.jpeg

???

花色も違いますし

それよりも花びらの枚数が違いすぎる。

確かにこのカタログのお花で可愛いので

お迎えしたのですが。

リサーチも他ブログでしましたが

全然違う素敵なお花が咲いてましたで

ありまする・・・で、そのことを承知で

お迎えしました。。。




☆ 第3位 プリP.J.ルドゥーテ(ギヨー社)


我が家で咲いたバラです。


purFC9.jpeg







またもやギヨー社(笑)

ギヨーのカタログはここ2~3年前から

やっとやる気を見せて

実物と同じお花をカタログに掲載するようになって

今見てもカタログより綺麗過ぎてびっくりが

あまりないかもしれませんが

当時は数種ありました(笑)←あくまでも褒め言葉。



ですがそもそもカタログと同じということ自体

ギヨーの人の良さが伝わってきます。



皆さんにはどういう意味かわかると思います。

だってでしょ。。。



画像はバラの家さんからお借りしましたが

どこのナーセリーさんもあまり画像は変わりません。


katarogu3.jpeg


公式の画像でないのでなんともなんですが

我が家で咲いたプリP.J.ルドゥーテの

お花の画像の上から二番目のお花を

ご覧頂くとわかりやすいのですが

ギヨーは色の魔術師と言われる所以がわかるような

素晴らしい混色で咲くことがよくあります。

それがカタログでは

上手く表現されていないことがあると思うのです。




ナーセリーの画像でしょうから

ギヨーのせいではありませんが

カタログの方が普通は綺麗に掲載されるのが

普通のこの世の中で

ギヨーのカタログと実際咲くお花の違いに

(実物より綺麗で)

よくびっくりさせられるというのは

良い事だと思う私です。



☆ 第4位 マダムドゥスタール(ギヨー社)


我が家で咲いたバラです。


madamuFC1.jpeg





これ一束なんです。

ブーケみたいですよね。





公式かどうかわかりませんが

色んなナーセリーでこういう感じのお花が

掲載されています。

画像はバラの家さんからお借りしました。


katarogu4.jpeg


もうここまでくるとよくわかりません。

初めは品種違いかと思いました(笑)

だってすごいブーケみたいな房咲きが

カタログでは一輪で咲いてる。




確かに他ブログでこういったカタログのようなお花を

見かけますので

我が家限定バージョンかもしれません。

気候とかあるのでしょう。



☆ 第5位 プティットコケット(寺西菊雄氏)


我が家で咲いたバラです。


pu12.jpeg



pu9.jpeg








バラの家さんから お借りした画像です。

katarogu5.jpeg


確かにこの画像、素敵だと思います。

とても綺麗ですよね。

私はこの画像を見て綺麗だポチッとしようと

決心したくらい綺麗です。



我が家で咲いたのとそんなに差があるとも

思えませんが

我が家で咲いた画像のうち上の画像のように

まさか咲くとは思いませんでした。

正直びっくりしました。



最初は他ブログで見つけて

欲しいなぁと思って

色んなブログを見ましたが

やはり美しく咲いています。





今日の記事ですが、

ちょっとある方面をディスり加減なのですが

ギヨー自体が公式カタログのような感じのするものが

ないような感じなのでその方面への業者様には

申し訳なく思っています。

ただ、カタログより綺麗に咲くということが

面白くて記事にしたかっただけですので

素人の書くこととお許しください。




最後にランキングに登場したバラの

お花自体の(そのバラの特性などや育成環境による違い抜き)

べた褒めの記事であることを

記して今日の記事は終わりにしたいと思います。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ



















関連記事
2016.03.21 / Top↑




バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



今日は昨年春のバラの小道を

皆さんと散策してみたいと思います。



散策といっても実質歩いて1分も掛かりませんが

バラをゆっくり眺めながら歩くと

時間はすぐ過ぎていくのですね。

時には小道の横にあるテーブル&チェアで

お茶を飲みながらバラ庭を眺めます。




まず、庭の入り口から小道を見て・・・

ゲート付きアーチの扉が閉まっているところから

小道です。



komiti2.jpeg




さあぁ、どうぞ。

ようこそ~*

komiti3.jpeg





小道がかすかに見えます。

アーチにはピエール・ドゥ・ロンサール


komiti4.jpeg

一番手前にはノイバラ ピンク



小道がはっきり見えてきました。


komiti5.jpeg


手前の大輪はオードリヘップバーン。

美花で丈夫なバラです。

皇帝や王妃、女優さんの名前が付けられたバラは

丈夫なバラが多いそうです。




もう少し行ってみましょう。


komiti6.jpeg


左にガゼボが見えます。

ガゼボのピンクのお花はジェネラシオン ジャルダン。

ジェネラシオン ジャルダンの前の

白とピンクが混じったバラはプシュケ ランブラー。





小道を入ったばかりの右側に

かすかに見えますが

白いテーブル&チェアを置いています。

ここでお茶を飲んだり

食事をしたりすることもあります。


komiti8.jpeg





小道を正面から見ると

小道の途中にアイアン飾り棚が。


komiti7.jpeg


寄せ植えを飾っていました。

寄せ植えは庭のあちらこちらを

よく移動させて置いて楽しんでいましたので

場所固定ではないです。


yoseueFC3dann.jpeg





小道を行くと左にガゼボ。


komiti9.jpeg




ガゼボの手前に

ローズマリー ヴィオードを這わせている

黒のトレリスがあります。


ro-zumari-2.jpeg




ローズマリー ヴィオードは

ブーケのように束になって咲くんですよ~* 


ro-zumari-9.jpeg




この紫はピンクの多い我が家では

アクセントになっていて

紫ですがとても他のバラの中に

素敵になじんでくれています。

ro-zumari-5.jpeg





ガゼボの下には

耳つきラベンダーを地植えしています。

まだ鉢植えで育てていた時に

ガゼボの下にある白いアイアンテーブルの上で

撮影しました。

rabenFC.jpeg


斜め前に白いテーブル&チェアがかすかに見えます。





komiti10.jpeg



春になるとバラづくしになる小道。

ワクワクする小道です~*


最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ



















2016.03.20 / Top↑