FC2ブログ




バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*


また、いつもロゼを応援してくださって

ありがとうございます。

とても感謝しています。





ベイサルシュート、サイドシュートやその候補が

出てきてますのでご紹介したいと思います。




ホワイトドロシーパーキンス


beisaru.jpeg


うわさ通りのモンスターの気配を感じさせる

4つのベイサルシュートを出しています。

ですのでモンスター化を防ぐ為

半日影に植えたのですが

それも効果なしのよう。

こうなったら思う存分大きくなって

いっぱい咲いてもらおうと私も決意しました。

あなたのしもべになります!



昨年の春のお花です。

howaito1.jpeg


真っ白なフリフリしたお花が素敵です♪



howaito7.jpeg


清楚な小輪の可愛らしいお花をいっぱい付けるんです。

他のバラが終わった後に咲く遅咲きのバラ。

バラが終わっちゃったって寂しく感じた時に

咲いてくれる癒しのバラです。





パーゴラに誘引しています。

これから大きくなって

剪定、誘引では途方に暮れながら

過ごすことになるでしょう。

でもこの可愛いお花が

いっぱい咲いてくれることを思うと

たくさんのベイサルシュートが嬉しくなります。








ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール


beisaru2.jpeg


オベリスクに誘引していて

現在芽出しの為に寝かしている枝の

株元から10cmの場所に

サイドシュート(側枝)を出しています。

現在10cmくらいになっています。




一昨年の秋バラです。

この画像、すごく気に入っていてよく使っています。

ruFC8.jpeg


とても豪華で素敵な房咲き。




昨年の春のお花です。

ru-2.jpeg

深いカップにこのぎゅうぎゅうな花びら。

大人可愛いの赤。

夢の世界のルージュ~*




ru-20.jpeg


今年もこんなルージュが咲いてくれることを

夢見て一所懸命枝を寝かしました。

(ただ寝かしただけ、超簡単)







ピエール・ドゥ・ロンサール


beisaru3.jpeg



株元には苔が生えてるんです。

一昨年まで日光が当たっていなかったから。

今は当たっています。


beisaru4.jpeg


サイドシュート(側枝)候補の芽たち。

画像以外にもいっぱい。


ピエール・ドゥ・ロンサールは

サイドシュート(側枝)を出しやすい品種ですので

古い枝も大切にしたいのに

昨年、2本も株元から剪定してしまった私。

反省。

その代わりか今年のサイドシュート(側枝)候補の数が

すごいのと勢いが良く

本当にサイドシュート(側枝)になりそうな気配(^^)


*側枝は脇枝とも言います。





うんざりするほど出てくるピエール君の同じ画像。

でも綺麗だと思うから許してぇ~


pFC1.jpeg


外側の白い花びらから

内側の薄いピンクの花びらの色が

透けて見えているところが好き。

幻想的な美しさを感じるの。




pFC3.jpeg


深いカップの中の花びらの美しさ。

ピエール・ドゥ・ロンサールは

本当に素晴らしい。







ブルーロマネスク


beisaru5.jpeg


すごい勢いで伸びている2本の

ベイサルシュート候補。

候補というよりこれはもう

ベイサルシュート確定のような感じですね。


昨年の春のお花です。


bur1.jpeg


他のバラに見ない花容は

個性的且つ魅力的。

葉の灰色のは薬剤(水和剤)の痕です。



bur11.jpeg


色も素晴らしい紫~*



bur3.jpeg


大人なバラ。

一年前の2月ごろお迎えして今年地植えしたら

いきなりベイサルシュートを出しました。

うん、勢いからいってベイサルシュートになると思う。




ガブリエル


beisaru6.jpeg


ベイサルシュート候補1本目。


beisaru7.jpeg

ベイサルシュート候補2本目。



わかりにくいですけど

ベイサルシュートの葉なのです。

もう多くの葉が展開していて

わかりにくくなっていますが

ベイサルシュート候補を2本出しています。

このまま順調に伸びて欲しいです。

勢いが良いので大丈夫でしょう。



一昨年の春のお花です。

gabu1.jpeg


ため息が出るほどエレガント~*

目が釘付けになってしまいます。

ガブリエルのお花を見ていると

本当に幸せな気分になります。





そう、バラのシュートを見ていても

幸せな気分になります。







最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ














関連記事
2016.03.19 / Top↑




バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*



バラの鉢植えの芽出し肥は

すでに済んでいたのですが

地植えのバラをしたので

その様子を綴っていこうと思います。





地植えはすごく遅くなりましたが

寒肥の時株元から一定範囲

極薄く寒肥の材料を敷いておいたので

それが芽出し肥料になっていると

思っていたので

遅くてもOKと思っていました。

(極薄く敷かないと油粕が当たって

株を弱らせる可能性が

ありますので注意です。)



最初の追肥です。




モデルはデルバールの

ビエドゥーです。


medashi1.jpeg



株の周りに追肥の肥料を撒きました。

1株あたり株の大きさで

多少多い少ないがありますが

この肥料の場合は

女性の手で2~3握り分くらい。

女性の手、一握りは約25グラム。





medasihiFC2.jpeg





medasiFC2.jpeg


肥料はホームセンターで買った有機肥料配合

ペレットタイプ。


本当はチッソ、カリ、リンが1:1:1が

良かったのですがなかったので

これでよしということで。


コストパフォーマンス的にも良かったです。



明日、雨が降るということで

ちょうど良かったです。

水がないと肥料が染み込まないので。



あとは追肥を1ヶ月に1回して

液肥のアルゴフラッシュを

4~5日に1回しておけば春のお花は

我が家ではOKです。

液肥は1週間に1回くらいになる時もあります。

(それとは別に薬剤散布時に薬剤と一緒に

活力剤HB101と液肥アルゴフラッシュを

葉面散布しています)





medasihiFC3.jpeg


他のバラも全部施肥しました。

善は急げ、株周りだけ

とりあえず草むしりだー(笑)

って、これ善?悪知恵でしょう~(笑)





追肥したモデルは

デルバールのビエドゥー。

ビエドゥーをご紹介したいと思います。



現在はこのような芽吹きです。


medasiFC0.jpeg

ビエドゥーの誘引ですが

上の方まで行ってる側枝2本は

オベリスクをはずさないと

誘引できなかったので

その時、そのパワーがなくてできませんでした。

ですのでその2本は少し斜めにしただけです。

来年オベリスクを抜いて誘引したい良い枝です。



昨春のお花です。


biedo-14.jpeg


ソフトピンクにオフホワイトの絞りが可愛いバラ。

絞りの入り方が絶妙なの。

可愛いでしょ~*




biedo-1.jpeg


お花はお気に入りだけど

ステムが長いの。

ナエマほどではないとは思うけど

長いんです。

ですからアーチやガゼボ、

パーゴラ向きではないと思います。



一番向いているというか

ステムの長さをごまかせるのは(失礼、見栄え良くできるのは)

オベリスク仕立てだと思います。



biedo-8.jpeg


ステムの長さはこんな感じです。

ナエマよりは短い感じです。

オベリスク仕立てにしてるからかなぁ~



それでも天高く咲いちゃって

今年の誘引はできるだけ

オベリスクの下の方へ枝を誘引しました。

枝はできるだけ寝かしてです。




枝はわりと誘引しやすい枝です。

木立ち仕立てにしておくと

花の重みでイナバウワーしちゃうくらいの

しなやかさはあります。




ご覧のように花つきは良いと思いますし

花もちも良いと思います。



若干花汚れする子がいますが

気にならない程度です。



ビエドゥーを植えている場所は

日照3時間以下です。

もしかして半日陰大丈夫のバラかも。

でもメーカーその他の情報では

そういった情報はありません。




日照3時間以下でも満足できる花つきですから

日照5時間確保できれば花数の面で

それは華やかだと思います。

たぶん3分の1~半分くらい花数は増えますから。




大好きなビエドゥー、

今年も可愛いお花をいっぱい見せて欲しいです♪



バラ ビエドゥー

作出:フランス デルバール

発表年:2012年

Shシュラブ

花色:ピンクにオフホワイトのストライプ

花形:カップ咲き

花径: 中輪(中大輪くらいの大きさはあると思うのですが)

樹高:1.7m

芳香の強さ:中香

開花性:繰り返し咲き 

樹勢:強い

強健

耐病性(黒点・うどん粉など) 強い

耐害虫性  普通



ボーリングすることはまずない。


花もちがいい。


枝は太さはあるがしなやかで誘引しやすい。


育てやすいと思う。


 
地植え、鉢植え、オベリスク向き。



名前が可愛いです。

~* ビエドゥー *~

フランス語で小さなラブレターという意味




最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






楽天でビエドゥーをお探しの方はこちらから












関連記事
2016.03.18 / Top↑



バラと草花のある庭へようこそ~*


ヤッホー♪


今年初めての蕾が出来ましたヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


今年はデルバールのジェネラシオン ジャルダンが

初蕾でした。


tubo.jpeg




ジェネラシオン ジャルダンの

芽吹きの様子です。


tubo1.jpeg



ジェネラシオン ジャルダン、

青々としています。



tubo2.jpeg


今年はバラの蕾の出が遅かったのですが

お花の方は早いんです。



tubo3.jpeg

こぼれ種から発芽したオルラヤの蕾が!

こぼれ種から発芽した子は庭中周って数えたら

100以上ありました。



寄せ植えした時のオルラヤ。

oruria.jpeg





tubo4.jpeg

こちらもこぼれ種から発芽した

ネモフィラ スノーストームの蕾が!

こちらも庭中30株以上発芽しています。

昨年買って植えたのは2株です。

そのうちの1株はネモフィラ スノーストーム。

もうひと株はネモフィラ ペニーブラックです。

どちらもこぼれ種から発芽しているの。 



昨年のネモフィラ スノーストームのお花。

tubo5.jpeg



オルラヤさん達、ネモフィラさん達、

もう少し待っててくださいね。

バラさんがいつもより

お目覚めが遅いものだから

もう少しだけ待ってぇ~~~

一緒に咲いて欲しいのぉ~



春はもうそこに来ているかのように

うぐいすは鳴いて

色んなお花が咲き始めています。



tubo6.jpeg


宿根イベリス

一昨年お迎えしたお花。



tubo7.jpeg


プルモナリアと班入りポリゴナム

プルモナリアは4年前、

班入りポリゴナムは一昨年にお迎えしました。

班入りポリゴナムはこぼれ種から

どんどん増えます。




一番早く蕾を出したジェネラシオン ジャルダン

一昨年のお花。


jeneFC003.jpeg

華やいだ雰囲気をもつバラです~*




niwaFC2.jpg

花つきも良いの。

画像左です。



jenerasionFC003.jpeg

一昨年の12月に咲いた子。

すっごく可愛かった(*^ ^)ノ⌒☆

今年も綺麗に咲いてね♪




バラ ジェネラシオン ジャルダン


系統  Sシュラブ

作出国 フランス

作出者 デルバール

作出年 2009年

花色   ピンク

香り   カタログでは微香 我が家では強香
 
咲き方  大輪 カップ咲き 丸弁 盃状咲き
 
樹高   1.8m(2m以上になると書いているブロガーさんがいる)

樹形   シュラブ樹形 直立性

花期   四季咲き よく咲く 我が家では連続咲き

樹勢   強い

耐病気性(黒点・うどん粉等) 強い

耐害虫性 強い

強健

シュートがよく出る。


ボーリングはまずしないです。

多花性。

花弁が丈夫で花の傷みが少なく花もちが良い。



名の「ガーデン世代」は

同名のガーデニングの振興協会に捧げられた。



オベリスク、トレリス、フェンス、ガゼボ、壁面向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ







*~楽天で ジェネラシオン ジャルダンを

お探しの方はこちらから ~*




















関連記事
2016.03.17 / Top↑



こんばんは~♪

バラのある庭へようこそ。


今日は癌腫の画像が出てきます。



我が家には癌腫のバラ、キングローズと

トットちゃんがいました。

キングローズは購入した日に

鉢から地植えしようとして癌腫が発覚。



トットちゃんの癌腫は状況から

我が家で発生したように思います。



以前、癌腫のキングローズを処分した時

トットちゃんも癌腫なので処分しますと

書きました。




下の画像は癌腫を削り取る前の

トットちゃんの癌種。

その後削り取りました。


gansyuFC2.jpeg




トットちゃんを今日処分しました。

とても元気良くしていて

昨年も綺麗な花をいっぱい咲かせていましたが

堀り上げる時、根が深く張っていて大変でした。

十分根を張っていて元気でしたので

綺麗な花をたくさん咲かせてくれていたのでしょう。



堀り上げる前の様子です。


toto.jpeg

新芽もいっぱい出していました。

処理予定でしたので剪定もしていません。




toto1.jpeg

株元です。

赤丸のところに癌腫があり

1年前に削り取りました。

その部分は癌腫は増殖していませんでした。


toto3.jpeg

赤丸で囲んだ部分が癌腫を削り取った部分です。

地植えにしているまま削り取りました。




しかし、根にあるかもしれないと思っていました。


toto2.jpeg

やはりありました。

赤丸で囲んだ部分です。

なくても他のバラにうつす可能性があるので

処分することに決めていました。



toto4.jpeg


根は細かいものまで取り上げました。




15年間バラ育成をしていて

癌腫に出会ったのが2本だけとは

運が良かったと思っています。




では、綺麗に咲いてくれた

トットちゃんをご紹介します。



昨年はトットちゃんは撮影したくなくて

撮影していません。


一昨年のトットちゃんです。


toxtutocyann1.jpeg

花びらぎっしりのコロンとした

可愛らしいバラです。




一昨年の秋バラです。

toxtutocyann3bannka6.jpeg

秋も中大輪でやさしい色で咲いてくれました。

春の花もこのような色で咲くと思うのですが

不思議と春は紫が掛かったような色で咲きました。

丈夫で育てやすいバラだと思います。


残念でした。



バラ トットちゃん


系統  HT ハイブリッドティ

作出国 日本

作出者 河本純子

作出年 2009年

花色   ピンク

香り   強香 

咲き方  コロンとしたカップ咲き ロゼット咲き 

花径  中大輪

樹高   1.3m

樹形   木立ち 

花期   四季咲き

樹勢   普通

耐病性(黒点病・うどん粉病) 普通

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしない。


元気な子なので地植えしていました。

癌種もちでしたがシュートも出し元気でした。



花首の枝が細いので俯き加減に咲きます。

育てやすいと思います。



黒柳徹子さんに捧げられたバラです。

売上金の一部は社会福祉法人トット基金に

寄贈されるとのことです。




最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






*~楽天で トットちゃんを

お探しの方はこちらから ~*
















関連記事
2016.03.15 / Top↑



こんばんは~♪

バラとクリスマスローズのある庭に

来てくださって

ありがとうございます~*



正妻(バラ)の休眠中に

クリスマスローズに嵌ってしまった私。

とうとうクリスマスローズのお庭コーナーも

造ることになってしまいました。

記事の最後に決定場所を

ご案内いたしますね~(^^)(満面の笑)



では新入りさんを

ご紹介したいと思います。




クリスマスローズ  sd セミダブル 

ライム色 ライムネクタリー


aa.jpeg


ライム色なんですけど

少しだけ黄色っぽくもあるライム色です。

ライム色に嵌りかけたと思った時

少し自分が玄人っぽく感じました(笑)

感じただけで全然わからん世界に

飛び込み中なんですけど

そう少年が少年であるのに

何か大人っぽいものをチョイスした時に

自分が大人になったように感じた、

そんな感覚ですかね~

(何だか詩的に表現できて密かに嬉しいロゼ・笑)




aa2.jpeg


撮影の仕方も工夫できるようになったロゼ。

バラと同様、可愛く、美しく撮りたいと

思っている意思の表れだと思います。

けど、ここだけの話、正妻(バラ)を撮影する時は

クリスマスローズを撮影するより10倍くらい

多く写真を撮っています。

やはり正妻(バラ)は私にとって別格。




aa3.jpeg


なんか一番最初のお花と同じ様な画像だと

皆さん、お思いになりませんか?

でもロゼにとっては違うんです。

何だか正妻(バラ)の記事の時も

そう言ってるような気がする。

やはりクリスマスローズは

正妻(バラ)に次ぐ存在になっている模様。




aa4.jpeg



大人色のあなたが好きです。

❤を文章の後に付けないところが

大人な感じ。

どうやら今日は自分に酔いしれバージョンのようです。



で、今更なんですが

クリスマスローズ界ではこれをライム色と言って

いいのでしょうか?

ライム色に見えたからライム色と書いてるのですが。



そもそも基本からわかっていないロゼです。





クリスマスローズ  sd セミダブル 

白地に白色、少し黄色が入るネクタリー 


aa6.jpeg


清楚な白が欲しくてお迎えしました。

可憐ですね~*


aa7.jpeg


ネクタリーに少し黄色が入っているところが

チャームポイント~*





クリスマスローズ  sd セミダブル 

白地にライム色花びら、紫ピコティ、紫ネクタリー 


aa8.jpeg


白地ライム色の花びらに

ピコティが入ってるのが素敵~*

糸ピコ好きです。



aa9.jpeg


丸い花弁も好き~*



aa0.jpeg


ネクタリーの紫も好きなんです。

・・・全部好きってことですね^^

というかまたもやライム色と書いたのですけど

緑色のような気がしないでもないんですよね。

・・・クリスマスローズ界に

足を踏み込んだばかりなので

色の表現でさえとまどうロゼです。

なのでオリエンタス??色とは違う何か?とか

まず色の表現や

用語を覚えないといけない状態です(汗)





クリスマスローズ  sd セミダブル 

白地花びら、白色ネクタリー 


aa10.jpeg


白いクリスマスローズの

花びらが丸い子も欲しくて

お迎えしました。

花びらの形が違う子も欲しくなっちゃう。




aa11.jpeg


可愛い。



aa12.jpeg


普段はお顔を上げてもらって

見ているのですが

こういう姿は

クリスマスローズ独特でとても素敵ですよね。





クリスマスローズ  sd セミダブル 

白地に紫のピコティの花びら、緑の花びらの混色。

白色ネクタリー 


aa13.jpeg


白地に紫のピコティ、緑の花びらの

混色が何とも言えません。

かわゆいヾ(≧∇≦)ノ



aa15.jpeg


メチャ可愛い~❤



aa16.jpeg


ネクタリーにピンクが入ったりもするんです。

このお花より少し前に咲いたお花が過ぎていて

(業者さんから到着するまでに変化して)

写真では撮らなかったけど

ネクタリーにピンクが混じっていて

メチャ可愛いかったんです。




クリスマスローズ地植えコーナーは

赤丸で囲んだところです。


aa17.jpeg


半日影で桃の木の下辺りです。

結構広さがあるんです^^

相変わらず草だらけです(笑)




niwaFC1.jpeg



上の画像のピンクのバラを這わせている

アーチの左横辺りになります。

とても楽しみです(^^)


最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ
















関連記事
2016.03.14 / Top↑



バラのある庭へようこそ♪


河本バラ園のアブデルです。

一昨年春のお花。

アブデルはヘブンシリーズ。


abuderu001.jpeg



ぎっしり詰まった深いカップの花びらで

とても豪華に咲いてくれました。

大輪房咲きは本当にゴージャスですね。




abuderu002.jpeg

咲き始めから花びらぎっしりになりそうな

予感です。

咲き始めからとても可愛らしい

雰囲気を漂わせています。



abuderu004.jpeg



明るいピンクですが

ショッキングピンクではなく

絶妙な大人可愛いの色合いです。



河本バラ園さんのバラは女性好みのバラが多く

魅力的ですよね~*

そして魅惑的。

新作が出るたび心惹かれます。

ですのでヤバイです(笑)



今はまつお園芸専売の

ローズアンシャンテの

ジャンティーユとセ・ミニョン!が

気になっていますが

(ジャンティーユはバラの家やその他でも販売されます。

ジャンティーユとセ・ミニョン!は2014年作出。)

河本バラ園さんのは上級者向けのバラが

ありますので情報収集中です。



他のブログのお庭で咲いたお花を

見て花姿、色、香りなどを見たりも

してますし、育てやすさもポイントですし、

なるべく鉢植えのバラを減らしたいし

手が掛かるかもしれない?

(まだ他ブログではわかっていません。

販売元発表ではわかっています。)

バラはよくよく検討します。



ジャンテーユ

jyannFC.jpeg

コロンな可愛らしさ。


ジャンテーユについての

河本バラ園のサイト




セ・ミニョン!

seminyon.jpeg


素敵な紫と花姿。



ジャンテーユとセ・ミニョン!の

画像はまつお園芸さんからお借りしました。



セ・ミニョン!について書かれている

まつお園芸スタッフブログ




abuderu003.jpeg



話がそれてしまいました。


アブデルはよく新芽も出し元気なバラです。


河本バラ園さんのバラの中では

繊細で樹勢が弱く

育てにくいというか

上級者向けのバラが何本かいますが

このアブデルは私自身育てやすいと思いますし

他のバラブログを見ても育てやすいように思います。




バラ アブデル

系統  Sシュラブ

作出国 日本

作出者 河本バラ園 河本純子

作出年 2008年

花色   濃いピンク

香り   微香 
 
咲き方  大輪
 
カタログではシャローカップ咲きとあるが

深いカップ咲きで深いカップのまま

ロゼット咲きになることもある
 
樹高   1.2m

樹形   木立性

花期   四季咲き

樹勢   普通

耐病気性(黒点・うどん粉等) 普通

耐害虫性 普通

河本バラ園のバラは育成が難しい品種があります。

ですがアブデルは地植えにしていますが

他のメーカーと同等程度育てやすく生育順調です。


地植え、鉢植え向き。



最後まで読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ



















関連記事
2016.03.13 / Top↑