FC2ブログ



こんばんは~♪

バラのある庭に来てくださって

ありがとうございます~*




今日は一年前の2月にお迎えした

イングリッシュローズの小輪の

スノーグースをご紹介したいと思います。


sno-gu1.jpeg

はじめはクリーム色で咲き始めます。




suno-g2.jpeg


ほんの少し経つと真っ白になります。

小輪でポンポン咲き、

可愛らしいですね。




suno-g4.jpeg

咲き始めの全体像です。




suno-g5.jpeg


咲き始めを上から写しました。

スノーグースの香りは中香でティーの

香りがします。




suno-g6.jpeg


満開のスノーグースです。

我が家ではスパニッシュビューティー以外

うどん粉にならないと思っていましたが

スノーグースが少しうどん粉病になっていますね。

画像ではじめて気づきました。

全体の開花に影響がなかったので

気づかなかったのでしょうね。

しかし、この程度なのでうどん粉病になりやすいとは

思いません。

普通だと思います。




suno-g7.jpeg


満開を上から写したスノーグースの画像です。

スノーグースは花もちが悪いですが

次から次へと咲くので

全体としてあまり花が急激に減る印象はありません。

ただ、花もちが悪いことにより

下が散れます(笑)




カーディナル ドゥ リシュリュー と

将来コラボ予定で

カーディナル ドゥ リシュリュー の横へ

地植えしました。



suno-g8.jpeg


中心にスノーグース。

右に少し見えるのは

カーディナル ドゥ リシュリュー 。


ka-deinaru2.jpeg





suno-g3.jpeg


スノーグースは最初の2~3年は

成長が緩慢でその後急激に成長する

性質があるそうですので

最初は少し我慢かな。

トゲはほとんどなくなく枝も誘引しやすいです。





では恒例の妄想タイムです(笑)


ka-deinaru3.jpeg


昨年春のカーディナル ドゥ リシュリューです。





suno-g10.jpeg


カーディナル ドゥ リシュリューと

スノーグースの妄想で造った画像です。

2~3年経ったらこうなるのかなぁ~

大人可愛いですよね~*

とても楽しみィ~ヾ(≧∇≦)ノ




バラ スノーグーズ

作出国 イギリス

作出:デビッド オースチン

作出年:1997年  

Sシュラブ

花色:クリーム色→少しすると白になる。

花形:ポンポン咲き 

花径: 小輪 3~4cm

樹高:2m 

樹形:つる性

中香  ティーの香り
 
開花性:四季咲き

樹勢 普通(初めは緩慢のちに急激に成長)

耐病気(黒点病、うどん粉病) 

黒点病は強い うどん粉病は普通

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしません。



地植え、鉢植え、トレリス、フェンス向き。




バラ カーディナル ドゥ リシュリュー

作出国 ベルギー

作出:Louis-Joseph-Ghislain Parmentier

作出年:1847年以前

オールドローズ ガリカ

花色:深い紫

花形:カップ咲きのポンポン咲き 

花径: 中輪

樹高:1.5m~2m 

樹形:半つる性

強香
 
開花性:一季咲き

樹勢 強い

耐病気(黒点病、うどん粉病) 普通

耐害虫性 普通




ボーリングはまずしません。


生育が若干緩慢なようにも感じますが

シュートも出ていますしはっきりそうとも言えず

樹勢が強いという説もあるので観察中です。


命名 フランスの宰相に由来する


地植え、鉢植え、トレリス、フェンス向き。






最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ






















関連記事
スポンサーサイト



2016.03.09 / Top↑