FC2ブログ


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




ペッシュボンボン(デルバール)の夏花です。


fufu7.jpeg


混色で可愛く咲いてくれました。

やっぱりペッシュボンボンは可愛い~*





以前春に咲いたペッシュボンボンです。


peFC8.jpeg


桃のお菓子という意味で命名されたとおり

お菓子のような可愛い子~*






スノーグース(イングリッシュローズ)の

夏花です。


fufu9.jpeg


ひっそり咲いてて

ほんとにお庭の妖精さんのような

透明感のあるスノーグース~*



今年春のお花です。



pon20.jpeg


日照が少ない場所にいるから

春もひっそり咲いてて妖精さんみたいでした。







カーディナル ドゥ リシュリュー と

ローズポンパドゥールとコラボしています。


an7.jpeg


一番下に見えます。

大人可愛いのコラボです~*




今年春のカーディナル ドゥ リシュリュー


gaf2.jpeg



大人なバラ~*






今年春のローズ ポンパドゥール (デルバール)


ro-zuf1.jpeg


大輪、ゴージャスで美しいバラ~*






ジェネラシオンジャルダン(デルバール)が

今日も元気に咲いています。


fufu.jpeg



朝陽を浴びて輝いてみえる

ジェネラシオン。




fufu1.jpeg


可愛い子が二人並んでて

嬉しいです~*




fufu3.jpeg


花びらの縁のフリルが可愛い~*





産経デジタルのイザで

なんと多肉の記事が

アクセスNO1なんです。



産経デジタルのイザの記事タイトルは



“日本産”人気すぎて盗難も…

不思議なカタチ「多肉植物」の世界





中でも「ハオルチア」という品種が

日本では4万円で売られてるけど

中国でオークションしたら

40万円で落札されたとのことで

中国でも人気で

ブームになってるらしいんですよね。





日本で4万円っていうのにも

びっくりしたけど

中国で40万円にもびっくりしました \(◎o◎)/




でもこの↓のハオルチアは

980円で販売されてるんです。

他のショップでも同じような価格です。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ハオルチア雫石 Haworthia.obtusa.cv.Truncata (育成苗)陶器鉢3号入り
価格:980円(税込、送料別) (2016/8/25時点)





産経デジタルのイザの記事によると

「ハオルチア」は、美しい葉を作るため

10年前後かけて品種改良しなければならない。

ということらしいです。



特別な品種改良されている品種が

高価なのかなぁ??

多肉界のことはわかりませんので

何ともいえないですけど。




多肉のことを追っていたわけではなくて

時事記事をサーフィンしていたら

偶然たどり着いたんです。





この記事を読んで思い出したのが

メイアン作のピースのことです。




ピース


pf.jpeg


画像はバラの家さんからお借りしました。






ピースにはとても素敵な話があるのですが


以前こちらで書いています。


ピース(メイアン)の素敵な話



当時、バラ界でそれまでなかった

素晴らしいバラが作出された、

それがピースなのですが



戦争で作出者のメイアンですら

一時期失ってしまったピースが

アメリカで大切に育成されていて

平和に捧げられたという

とても素晴らしい話なのですが




それまでのバラ界にはなかった

大輪の画期的なバラ ピースが

日本で爆発的人気となり
 

ウィキペディアより。




「当時の大卒銀行員の初任給が

3000円だったのに対してピースは1本で6000-10000円で

発売されたという」



話を思い出しました。





価格だけでいうと

多肉のハオルチアと同じような現象だと思うんですが

長年品種改良を繰り返し

画期的な素晴らしい品種が

出来上がった時にはそういったことが

起こるのかもしれないですね。





ロゼは金額の話より

ピースの歴史の話しが

もちろん好きです。



バラが大好きですもの。




それだけピースは画期的で

人を魅了する素晴らしく美しいバラであり

今でも愛されているバラであるということですね。




ロゼはピースというバラの命名に至る

素晴らしい話がとても好きです。





今年の春の庭です。



玄関ポーチなんですが


bif9.jpeg


画像左にローズピンクの

サントリー ボンザマーガレットを

小さい苗を冬のうちに育てて

春には大きくなったので

飾りました。




濃いローズピンクのボンザマーガレットと

それとはまた違った美しいピンクの

スパニッシュビューティーとの

色の濃淡のコントラストが素敵でした~*







次の春の玄関ポーチが

どうなるかロゼにもわかないです。




昨年の春の玄関ポーチはこんな感じでした。



buru-14.jpeg


画像手前の右の紫のバラは手前ブルーフォーユーと

その奥に夜来香(よるか)を玄関ポーチに置いていました。

ピンクのバラはスパニッシュビューティー





毎年冬の間に偶然見つけた

気に入ったお花の苗を鉢に植えて

お花が鉢いっぱいに大きくなったところで

バラの季節がやってきます。




ずっと育てている宿根草も玄関ポーチに飾ります。




次のバラの季節、

玄関ポーチの花々が

どのようにバラと素敵にコラボしているか

とても楽しみです~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































関連記事
2016.08.25 / Top↑


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




ビサンテネールドゥギヨー(ギヨー)の夏花が

シュネープリンセスの夏花とコラボして

咲いてます。


hoho-.jpeg


春の再現のよう~*




春の二人のコラボです。


ori36.jpeg


赤と白のコラボとか

お花の大小のコラボ可愛いですよね~*






アブデル(河本バラ園)の夏花です。


hoho-1.jpeg


よく咲いてくれますしかわゆいです。





hoho-3.jpeg


こちらを見てツーショットです(^^)




今年春に咲いたお花です。


natu-21.jpeg


深いカップで可愛くて豪華な子~*








ニコールの夏花が咲いています。


hehe5.jpeg


羅輪のグラデーションが可愛い~*




hehe4.jpeg


こちらを見て笑っているニコール。





hehe6.jpeg



斜め顔も綺麗~*





昨年の春のニコール


nikoru3.jpeg


雨粒をまとって可愛い~*






ジェネラシオンジャルダンの夏花です。


hehe.jpeg




百日草のうらしまたろうや


hehe2.jpeg






ブルーのロベリアともコラボして


hehe1.jpeg



好きな色合いのコラボ(^^)

毎日眺めて楽しんでいます~*



hehe3.jpeg


花びらのゆらぎが優雅な

ジェネラシオンも咲いています~*





無農薬栽培をしていたバラ友さんのブログで

よくテデトールしたという記事を読んで

ずっとテデトールという薬剤を

使っているのだと思っていました(笑)




無農薬栽培されてたから

テデトールはニームのようなのかな、と

思っていました。





他のブログでもテデトールというのは

見かけていたんで

無農薬栽培をされているロザリアンさんは

テデトールというニームのような製品を

使っている方もいるものだとばかり

思っていました。





薬剤じゃないけど害虫を防ぐことができるものという

感じで思ってました。

薬剤と思ったのは薬剤っぽいネーミングだったんで

ロゼの思い違いです。

ややこしい表現ですけど薬剤じゃないけど

薬剤みたいなネーミングだから

無農薬栽培として効果がある

自然に害のない薬剤っぽい何か?って感じです。





かれこれ3年間くらいそう思ってたんですが

ある日、その無農薬栽培をしていた

バラ友さんが

「ハシデトール」しました。と

割りばしで虫を採っている画像を載せたのを見て

はじめてテデトールが薬剤でなくて

手で採るのだとわかりました \(◎o◎)/




大ぼけのロゼらしくて自分でも

笑えてきました。




こんな大ボケもありました。



バラ都市伝説 コガネムシの幼虫を

カブトムシの幼虫と間違えて

大事に土に埋め戻してあげていた事件\(◎o◎)/!


 


今、暑くて電動薬剤散布機で

50分かかる薬剤散布ができる自信がなくて

虫を手で採る

テデトールをしています。




バラの病気は

特別対処しなければならないのもないですし

害虫被害も大きなものは

特にないです。




たまに蕾やお花が少しかじられてますが

テデトールで大丈夫な範囲です。





今年は今のところ

コガネムシもカミキリムシも一匹ずつしか

見かけていませんし

毎年そんな感じなんですが

今年は特に他の害虫が少ないと感じます。





また暑さが少しやわらいだり

病気や害虫被害が大きくなりそうでしたら

薬剤散布を再開したいと思っています。





今年の春の庭です。



hehe8.jpeg


左からジェネラシオンジャルダン、

スパニッシュビューティー、

キャスリンモーリーです。




スパニッシュビューティー


大輪なのに可憐で可愛いバラ~*


jif14.jpeg






hehe11.jpeg



オルラヤ畑とのコラボ画像が嬉しい♪


ピンクばかりですが

柱にいるヴァイオレットが大きくなったら

お庭を引き締めてくれると思って

ワクワクしてます。




ヴァイオレット

素敵なすみれ色~*


vaif7.jpeg






春のバラ庭はキラキラに輝いていました。

次の春の庭のキラキラが

今から楽しみです~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































関連記事
2016.08.24 / Top↑


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




ジインジニアスミスターフェアチャイルド

(イングリッシュローズ)の夏花です。


hoho-8.jpeg


夏はやさしく




kei6.jpeg


春は大きなお花をコロンと咲かせて

どちらも可愛い~*






マサコ(エグランティーヌ)

イングリッシュローズの夏花です。


hoho-5.jpeg


頬を染めたような薄いピンクは

春の色のよう~*




春のお花


masakohi7.jpeg






masakohi8.jpeg


春にお花屋さんでお花を見て

連れて帰ってきた子~*







フランシスデュブリュイの夏花です。


hoho-7.jpeg


シベをのぞかせたおやかに咲いています。



今年の春のお花です。


fuf1.jpeg


黒赤でシックに咲いてくれました。



フランシスデュブリュイといえば

超強香のダマスク香

鉢で育てているので

蕾が開きかけたら玄関ポーチにもってきますが

それは芳醇な香り~*

我が家で一番香るバラです。







今日も素敵に咲いてるジェネラシオンジャルダン

(デルバール)


hoho-9.jpeg


ほわんほわんとしたほっこり癒し色で

咲いています~*




DIYショップハンズマンの

園芸コーナーで


hoho-11.jpeg




8月末~9月上旬に撒くまたはすき込む

肥料を買ってきました。



hoho-12.jpeg


花ごころ バラの肥料です。



500g






1.8kg


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

花ごころ バラの肥料 1.8kg
価格:700円(税込、送料別) (2016/8/23時点)





マグアンプK


hoho13.jpeg



250g







1.3kg

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

マグアンプK 大粒 1.3kg
価格:1177円(税込、送料別) (2016/8/23時点)




ロゼは撒くだけですが

すき込むとより効果があると思います。




ロゼは前回撒いた時の記事で

花ごころは水を吸収すると

発酵したように見た目が良くないと

書きましたが




前回撒いた時は発酵現象が起きませんでした。

撒いてから雨が多いと発酵現象が起きるのかな、と

思っています。




8月下旬から9月上旬の施肥は

シュートを出しやすくするようですので

(そう言われていますが必ずシュートが出るとは

限りません)

暑いですけどボチボチ撒こうと思っています。




主人と一緒に行ったんですが

主人はこれ↓を見ていました。


hoho-14.jpeg


栗の木 

品種名 美玖里 

確か樹高1mくらいで3480円?くらいでした。




実のついた栗の木は

主人にとって

とても魅力的に見えていたのかも

しれません。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

栗 苗 美玖里 ( みくり ) 1年生 接ぎ木 苗 果樹苗木 栗 果樹苗
価格:2138円(税込、送料別) (2016/8/23時点)






でも主人は実を植えて育てて

その過程を楽しむタイプに見えるので

もしかして頭の中では

スーパーで栗の実を買って

植えて3年後にこのようになる図を

想像していたかもしれません。




ロゼはもちろんお花コーナーにいました。


hoho-15.jpeg


画像上の方に綺麗な

ブーゲンビリアが。



ネットで調べたら



寒さにも比較的強く、

霜が降りない地域では

屋外で越冬させることも可能です。



とありましたが霜が降りない地域は

暖地ということになるので

暖地以外は冬は屋内が良いと思います。




可愛いけどトゲがあるんですよねって

バラも多くにトゲがあるけど(笑)




hoho-10.jpeg


素敵にデコレーションされている

イーゼルプランターがお出迎えしてくれます。




イーゼルプランターって

素敵なのが色々あるんですね~










施肥がんばります~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




































2016.08.23 / Top↑


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




ペッシュボンボン(デルバール)の夏花です。


age11.jpeg


可愛らしく咲いています~*




以前春に咲いたお花です。


peFC6.jpeg


花びらに刻みがよく入って

チャーミングで大輪豪華です~*







セリーヌフォレスティエの夏花です。


hoho2.jpeg


可愛いポンポン咲きです~*




今年の春に咲いたお花です。


seri3.jpeg


素敵なロゼット咲きから咲き始めるんです。





sef.jpeg


その後ポンポン咲きになったり





fuf7.jpeg


キュートなボタンアイをつける子もいるんです。

どちらも可愛い子~*





fuf10.jpeg


中大輪のバラで

香りも色も爽やかバラです~*








人気のミニュチュアローズ

グリーンアイスの夏花です。


hoho3.jpeg


ピンクで咲いてる子




hoho4.jpeg





hoho5.jpeg


グリーンで咲いてる子が

同時にいて

とても可愛らしい♪








今日も美しく咲いてるジェネラシオンジャルダン

(デルバール)


hoho8.jpeg



今日のジェネラシオンジャルダンは

お花のアップ画像でなくて

少し引いて撮影してみました。



ライム色で買ってきたけど

今は少しライムがかってる薄い黄色の

百日草 うらしまたろう

コラボしました。



hoho1.jpeg


こんなに可愛いのに

なぜ「うらしまたろう」なんだろう。

でも命名的には成功だと思います。

「うらしまたろう」はインパクトが強くて

忘れません。



画像下に見えるブルーのロベリアも

綺麗に咲いていて

爽やかです。


hoho09.jpeg





次女の家の建築が進んでます。


次女が画像を送ってきました。





hoho6.jpeg


庭になる南側からの様子です。




hoho7.jpeg


庭の幅ですが

前の家の敷地から

自分の家まで4.5mだそうです。



この間の記事内で出た話のオルラヤ  は



南側に植えるそうです。




バラをどこに植えようか

考えているようで



前や近隣に別のお宅が建つので

日照のことを気にしていました。




全く同じ条件のバラ友さんが

花付き良く上手に育てていらっしゃるので

心配はないよ、とロゼは言いました。





西日はバラに良くないという話を聞きますが

そんなことはないと思います。

ロゼんちでは西側の子は良好です。




それと次女が


「絶対に庭に植えてはいけない

悪魔の繁殖力をもつ植物」



というタイトルが書かれたサイトを

色々お花を検索していたら見つけたと

アドレスを送ってきたので

ロゼもそれを見ました。




とても参考になる内容でしたし

タイトルのつけ方が爆笑でうけました。




その話からの延長線上で

バラ庭でよく植えられている

ジギタリスは全草猛毒だよって

取り扱い注意だから、って話をしました。




次女はびっくりしていたようです。

ロゼも毎年冬になると数本植えますから。




ジギタリスはどうか知りませんが

毒(切り口からの汁)が

皮膚につくと良くない植物もいるようですし

毒のある植物は把握してなくても

案外いますので

ロゼは薄い手袋をして

取り扱っています。




それとお庭に出た後は必ず手を洗っています。




ジギタリスは子供たちが

自立して家を離れてから植えました。




もうわかる年齢になっていれば

そのことを教えれば

触ることもないと思うので

いいと思いますけどね。





あと最近知ったのは

ロゼの中で話題になっている

多肉植物のマハラジャに毒があるということを

マハラジャを調べていたらわかりました。




マハラジャに興味のあるロゼ



多肉にも毒がある品種があるんだってびっくり \(◎o◎)/




マハラジャのことを記事内に書いた記事



次女んちの日当たりですが

東側からの日照もありますので

バラ育成には問題なしと思っています。




前に家は建ちますが

庭は南側ですし。




だいたいがですよぉ~

今も次女は日照30分のほぼ真北で

ブルーバユーを育てていて元気なんですから。

バラには何が起こるか

わからないと思っています。




次女が育てているブルーバユー


今年の春バラ


bayu2.jpeg




 

今年の春のロゼ庭です。


pi-tif.jpeg


お花畑の花壇は素敵でした。




ori55.jpeg


バラと草花たち~


紫のバラはブルーフォーユー



ナチュラルな感じがして

風で花々がゆらゆら揺れている姿に

癒されました~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




































関連記事
2016.08.22 / Top↑


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




昨日の朝、ヴァンテロ(ギヨー)の夏花が

開花しかかっていました。


popo2.jpeg


夜来香の時のように

昼間のうちに開花するような感じだったんで

昼間に見に行ったら

開花していました。



age17.jpeg


夏顔でフリフリ度は春より随分ないけど

素敵な色で咲いてくれました♪




昨年春に咲いたお花です。


vFC1.jpeg


若干紫がかった素敵な赤で

波状のひらひらした花びらが

幾重にも重なった姿が美しかったです~*






ジャックカルチェの夏花です。


popo1.jpeg



夏顔でキュートなボタンアイをつけています。




以前春に咲いたお花です。


jyak3.jpeg


キュートなボタンアイをつける可愛い子もいるし

このように繊細に咲いて

大人な感じになる子もいるの。

どちらも好き~*






ホワイトジャックカルチェもいます。






ビサンテネールドゥギヨーの夏花です。

また同じ方向から撮影しています(笑)


age12.jpeg


開花するたびにお気に入りの方向から

撮影できるように咲いてくれるって

考えてみたら面白いですね(笑)



今年の春に咲いたお花です。


natu-23.jpeg


落ち着いた赤なんですが

今度のカメラは赤を上手くとらえることが

できないです。




前のカメラは少しだけ動くんですが

来年の春は赤と白だけ前のカメラで撮影できたら

いいのですが。




主人が好きなニコールの夏花が咲いています。


age24.jpeg


主人は春バラの時もニコールが

綺麗だと言います。



昨年の春のニコール


nikoru5.jpeg


可愛いですよね♪


主人は可愛いバラが好きなようです。







今日も素敵なジェネラシオンジャルダンが

咲いています。


age23.jpeg


今日も美しく咲いてくれて嬉しいです~*




バラにはまった歴史6です。



バラにはまった歴史の1~5は


こちらの記事内で書いています




ファーストローズ 


ピエールドゥロンサールを

主人がアーチの両側に植えたんですが

それからロゼは

ピエール君のお世話を丸一年

一切していませんでした \(◎o◎)/




寒肥もしてなかったですし

寒肥って言葉すら

知らないくらいでしたし(笑)



剪定も同じく言葉自体知りませんでした。



追肥もしていませんでした。



薬剤散布は主人が

黒点が出てるって言うもんですから

「これが黒点か」と思って

黒点病になったら

主人に

「黒点が出たから薬剤散布しといてね」って

言うだけでした。

フットワークのいい主人はすぐしてくれました。




こういったのでですね。


yakuzai01.jpeg


ベニカXファインスプレー






ベニカXファインスプレー バラ用






今はロゼが電動薬剤散布機でしてますから

変われば変わるもんだなぁ~と我ながら

感心しています(笑)




ロゼがしたことは

ビヨ~ンと伸びてきた枝をアーチに留めないと

どうしようもないので

何も考えずアーチに留めていました。

それだけです。




シュートを伸ばすのに方向性としては

それで良かったと思うんですけど

もちろん知ってて

ビヨ~ンと伸ばしっぱなしに

放置していたわけではありません。




その枝がシュートだということが

わかったのもその翌年くらいでした(笑)




そしてピエール君は

ついに両側から枝が重なって

アーチを飾りました。



P3.jpeg


主人のお陰とピエール君のお陰で

頑張って綺麗に咲いた

けなげなピエール君です。




ロゼは何もお世話しないくせに

「綺麗だ、綺麗だ」と言いながら

写真を撮りまくっていました。




なんて幸せで何も考えてないロゼ。。。。。




その翌年からはロゼは少しお世話してたようで

追肥は少しした覚えがあります。




ホームセンターで買ってきた配合成分も知らない

安い玉肥をちょこっと年に2回くらい?




今では配合成分に目を凝らし

その役割もそれなりに把握してますので

関心があるのとないのとはでは

人間自体大きく変わるものですね。

当たり前のことですけど。





こんなに綺麗なピエール君を

堪能したにも拘わらず

まだバラにはまっていないロゼは

いったい全体いつバラにはまったのでしょう?




つづきはまた機会を見て書きたいと思いますので

読んで頂けたら嬉しいです。




今年の春の庭です。



uf1.jpeg


ポールズヒマラヤンムスクが

画像左上パーゴラにいます。



ポールズヒマラヤンムスクは

モンスター化するイメージが大きくて

大きくなるバラをお迎えするのに

少し不安があったロゼは



pof3.jpeg



この桜のような可憐なお花を見て

お迎えして良かったととても嬉しかったです。






大苗2年生でお迎えして2年目の春でしたが

素敵な景色を作ってくれて

ほんとに気分がいいです。



シュートも4本出ていますが

誘引しやすく

すでに長くなったものを

今のうちにあちらこちらに誘導しています。




次の春はどんな素敵な景色を作ってくれるのか

今から楽しみです~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




































関連記事
2016.08.21 / Top↑


バラと宿根草のある庭にようこそ~*




今日 テレビNHKBSプレミアムで

魔法の庭 ダルメイン

~イギリス湖水地方の田園ライフ~が

ありますよ~


8月20日(土) 夜7時30分~9時




ペッシュボンボン(デルバール)の

夏花です。


age18.jpeg


やっぱり可愛らしい

ペッシュボンボン~*



以前春に咲いたお花です。


peFC8.jpeg


ペッシュボンボンの混色具合といい

愛らしい姿といい

ほんとにお菓子って感じ♪







ジインジニアスミスターフェアチャイルド

(イングリッシュローズ)の夏花です。


age25.jpeg


ミスターフェアチャイルドのこの咲き方も

たおやかで可愛らしくて好き。





春の子のような大輪で豪華に咲く

コロンなお花も好き。



kei6.jpeg








昨日カップ咲きで咲き始めた

ジェネラシオンジャルダンが

開いてきました。


age13.jpeg


色も少し薄くなって

ほわんほわん。



ロゼはいつのバラも好き。


蕾も好きだから

いっぱい撮影してあるの。



退色した色や姿も大好き。

 




ロゼは今年の母の日のプレゼント

自分に送っちゃいました(^^)




こちらの記事に

その時の様子を書いています。

長女や次女からの

プレゼントについても書いています。




母の日のプレゼントを自分に贈る

クレマチス ビエネッタ♪





この間の素敵なお花屋さんへ行って

お花を買ったでしょぉ~





そういうのをロゼは全部自分へのプレゼントと

呼んでいます。




それで今年の母の日に自分にプレゼントしたのは

念願のクレマチス ビエネッタ




どうしても正妻のバラの優先度が高いから

後回しになっちゃって

なかなかお迎えできなかった

クレマチス ビエネッタを

やっとお迎えすることができました。




age37.jpeg


待ち望んでた子をお迎えするのは

嬉しいですよねぇ!





ビエネッタは元々単独で好きで

近いうち絶対お迎えしたいと思っていたんですが

ミステリューズをお迎えしたことにより

一層、優先順位が上がったんです。





ミステリューズが素敵な色で

お迎えを決めた時

ビエネッタとコラボさせたいと思いました。





ミステリューズが咲き始めて

一輪目が咲いてたんで

さっそくコラボ写真を撮影。



age29.jpeg


似合うかしらと思いながら

ビエネッタの鉢を

ミステリューズが咲いている場所に

持ち込んで置いてみたら

いい感じ。


素敵♪






age35.jpeg


オルラヤも入れて撮影。

一層素敵~*



オルラヤはどんなバラも

より素敵にしちゃう魔法のお花。



age30.jpeg



ピエールドゥロンサール


「ねぇ、ねぇ、あの子新入りさん?」



「そうみたい、クレマチスのビエネッタよ。

名前も可愛いよね。」



ビエネッタ


「あっ、ビエネッタです。

よろしくお願いします!」



ピエール君


「あっ、ども!アーチにいるピエールです。

こちらこそよろしく!」






age34.jpeg



お花畑の花壇にいる

ブルーフォーユーの紫色とも

相性がいいみたい(^^)



age33.jpeg



景色も素敵~*





age36.jpeg


素敵なミステリューズと

可憐で可愛いビエネッタのコラボ

素敵にコラボしてくれて嬉しいです。




それにしても

素敵色ですね、

ミステリューズ~*




最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




































2016.08.20 / Top↑