FC2ブログ





ひゃっほ~



ロゼのアミューズメントパーク

素敵なお花屋さんに

小山内 健先生が現れました\(◎o◎)/ って

講習会なんですが



そのつづきです♪



前回記事

小山内 健先生が素敵なお花屋さんに

現れました\(◎o◎)/




xw.jpg




鹿児島でのバラ育てについてのお話です。

とお断りが。

気候で違いますものね。




鹿児島は気温が高く

病気でもないのに

夏は葉が落ちますよね~



とお話しされた時は

ブルーローズだけが

そうなるわけじゃないんだと思いました。




バラは乾燥した

そよっ~と風が吹くような地域がよいと小山内先生。

鹿児島の気候とは違ってますね。




大変そうという感じでした。



大変なんだぁ~って

実感はあまりありませんでした。

最初からずっとそれが当たり前で

考えたこともありませんでした。




で、地植えのバラに水をあげるのは

私は8月と9月にしかあげません。

地植えしてから1ヵ月間は水をあげますが

(土の乾きを見ながらというニュアンス)

と小山内先生。




前回 木立仕立ての剪定についての

小山内先生の講習のお話をしましたが

木立バラを植えたり

鉢植えで育てたりすると

黒班病の菌の空気中のよどみは

地表から40cmくらいになるそうです。




前回記事で20cmと書きましたが

前回記事ではミニバラについての話の時に

その菌の空気中のよどみの話をされていて

木立ちバラの話になってから

そうお話しされました。




バラの樹高によって

黒班病が地表から空気中にいる高さは

違うということですね。




その後鉢バラの植え付け方法を実践されました。


xw1.jpg


赤丸で囲んだ苗を

赤四角で囲んだ鉢に植え込んで

いかれました。




鉢は段々に大きな鉢へ植え替えて

急に大きな鉢へ植え替えないこと、と。



小山内先生が使われた土は

ハイポネックスの薔薇専用 培養土。



xw2.jpg


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイポネックス バラ専用培養土(10L)
価格:680円(税込、送料別) (2016/11/15時点)




元肥はマグアンプKの大粒。


ロゼは土はバラの家の培養土と

堆肥を使ってるけど





元肥は同じだわ~


嬉しい~~~



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マグアンプK 大粒 250g
価格:368円(税込、送料別) (2016/11/15時点)





小山内先生がマグアンプKを握って

マグアンプKが根を傷ませているところを

見たことがありませんと

おっしゃっていました。



他にも溶けるべき時には溶けて

溶けるべきではない時には

溶けない、そういった肥料ですと。



1年~2年もちますと。



xw3.jpg





xw4.jpg


白いガーデンコンテナの中で

ハイポネックスの薔薇専用 培養土と

マグアンプK 大粒を混ぜ混ぜして

バラの根を崩さず

そのまま鉢に植え付けされました。




枝は上の画像のように斜めになるように

植えつけますと。



つるバラを誘引する時に

横にするでしょ、

それと同じと。




枝が斜めだと

芽が出やすくなるということですね。



それが枝になっていくと。



xw5.jpg



で、支柱をして支柱と枝を結んで

固定してくださいと、小山内先生。




xw6.jpg



それからその枝に剪定ハサミを入れる

小山内先生。



ひょぇ~

そんなにカットする勇気がないよぉ~と

思っていたら




みなさん、勇気をもって!と

小山内先生。



でも、みなさんのは結局は

このくらいの高さになるんですよね~って

剪定後の位置を

手で高い位置にお示しになる

わかってる小山内先生。




講習会が終わってから

小山内先生が植えつけた苗を

撮影しました。


xw7.jpg


ひょぇ~

剪定後の姿、

ロゼは小山内先生のお察しのとおり

勇気がありません。




枝は斜めだけど

当たり前ですが幹は真っ直ぐですね。



小山内先生の講習は続きますが

また後日に。



適した鉢の置き場所や

枝を出すコツなどを教えてくださっています。




講習会に合わせて

素敵なお花屋さんへやってきた

素敵なバラさんたちが

華やかに咲いていました~*


xw8.jpg


ロゼは午後から講習会に来たけど

午前中にはもう結構売れた様子が。




qw13.jpg


ひより


おぉぉ~

外側がピンク内側が白

これはロゼが好きなパターンです~*


コロンコロン


xw16.jpg



なんて可愛いのぉ~~~


でもどのくらいこのカップ姿を保ってるのか

わからないんです。


でも、可愛すぎる~*







何鉢かあったけど

みんな外側ピンクで内側白だったんです。

正確にいうと一番外側は白内側も白。

白と白とでサンドするように薄いピンク。




広がった感じの子


qw15.jpeg


この子も可愛くて激写。





qw16.jpg


かわゆい~*





qw17.jpg


最後はここまで広がるみたい。





ひよりを咲かせてる方のバラのブログを

色々見に行ってきたけど

複数のロザリアンさんが中心は白

外側が薄いピンクで咲かせていらした。


可愛い!



欲しい。



色々調べて

晩秋になると

このようにコロンコロンとなると。

春は上品なカップ咲き。




xw9.jpg


ひよりの春の画像を國枝啓司先生の

ホームページよりお借りしました。


もううっとり。



ひよりはあの人気のみさきの枝変わり。


みさき






お迎えの決心がつく。


冬の予約大苗をポチッ。





あ~嬉しい~*




xw11.jpg


すでに植え込まれていた

マルク シャガール



xw13.jpg


絞りが美しい豪華な子~*






xw14.jpg


しずく


繊細な花びらがそれは美しい~*

コロンの姿も可愛い。



お迎えリストに追加だわ。



汚れの部分ですが

桜島の灰に見舞われていました。






せん


xw15.jpg


優美な子~*




qw23.jpg






しずくとせんは

鉢ごと花壇に植えられて

こんなに素敵に飾られていました~*



鉢植えのままということは

販売するということと

こういった子たちは鉢植え管理の方が

いいということかな。


qw26.jpg


つづきは後日に~*


最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪



































関連記事
2016.11.15 / Top↑




バラと草花のある庭へようこそ~*



ペッシュボンボン(デルバール)の

秋バラが咲いています。



zw4.jpg



深いカップ咲きに

やさしく甘い混色具合。


なんて可愛い子なのぉ~*




zw2.jpg


やっぱりお菓子のよう~*





zw1.jpg


エレガントで





zw3.jpg


豪華で


お菓子のお姫様みたい~*





以前の春に咲いたお花です。


peFC8.jpeg


まるでキャンディーみたいな子~*


かわゆい♪






ソニアリキエル(ギヨー)の

秋バラが咲き続けています。


zw6.jpg


朝陽を浴びて美しいソニアリキエル~*


朝からフレグランスな素敵な香りを

ありがとう~*




今年の春に咲いたお花です。


sonif1.jpeg


大輪ゴージャス。


そのうえ可愛らしい色で

愛らしく咲いてくれました~*







新築した家を見に来てぇ~!という

次女夫婦の希望のついでで

次女夫婦の家の庭造りのお手伝いに

鹿児島から関東にやってきたロゼ夫婦。




小道がほぼ出来上がりました。の

つづきです。




zw8.jpg


次女夫婦がほとんど造った

レンガと砂利の小道を

ガゼボ側から写してみました。



進んでいくたび

作業もスピードアップしていく感じです。

やる気モードがアップしますもんね!


zw9.jpg


小道はこんな感じです。


次女、満足そう♪


自分たちですると達成感もあるし

自分たちがしたっていう喜びもあると思う。




zw7.jpg


主人とロゼでガゼボの中に防草シートを

敷いてサークルレンガを並べ始めました。




サークルレンガからは

婿さんも次女も一緒に。



zw10.jpg


サークルレンガを敷き終わって

その周りに砂利を敷きました。



ガゼボと小道の間が

少し空いちゃったけど

自分たちでしたっていう印というか

愛嬌かな(^^)




zw11.jpg


反対側から撮影しました。





zw12.jpg



なんか庭らしくなってきました♪



主人がアーチの塗装をしてくれました。

(画像左)


この日の作業はここで終了です。




zw13.jpg



リビングから写すと

ちょうどいい位置に

ガゼボが見えます♪



次女がリビングからこんな風に

見えるように場所を決めました。



素敵に見える! 

よかったね、次女。



ガゼボで春にバラの花が咲くと

綺麗だよね!って

みんなで語り合いました。



次女はとっても嬉しそう~*


zw14.jpg


画像左には

庭やガゼボを眺める主人、

主人がいなければ

とてもできませんでした。




ロゼが言い出したことを

愛情深く子どもたちの為なら

当たり前と言わんばかりに

先頭きってやってくれた主人。




ご苦労様でした。

そしてありがとう。




この日の翌日

ロゼ夫婦は鹿児島へ帰ります。



アーチの設置などの

作業がまだ残っていました。



つづきは後日に。




今年の春の庭です。


zw15.jpg



イチゴミルクこと

ヴァリエガタ ディ ボローニャと

お花畑の花壇のコーナー。



ヴァリエガタ ディ ボローニャは

絞りでも

庭で他のバラさんたちや草花たちと

違和感なく可愛く咲いてくれるから

ロゼ庭では貴重な絞りのバラ~*



zw16.jpg


左には群星がいっぱい咲いてくれて

ピンクの絞りの

ヴァリエガタ ディ ボローニャと

似合っていました~*






zw17.jpg


春のヴァリエガタ ディ ボローニャ、

可愛かったぁ~♪



ヴァリエガタのいるトレリスに

ルージュピエールドゥロンサールを

冬に移植するつもりです。



二人が可愛くコラボしている姿が

目に浮かびます。



頭の中では一年中

春の庭を妄想できる

春とともにあるみたいな

楽しみを与えてくれる

バラはほんとに素敵~*


最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































関連記事
2016.11.14 / Top↑





ひゃっほ~



ロゼのアミューズメントパーク

素敵なお花屋さんに

小山内 健先生が現れました\(◎o◎)/ って

講習会なんですが。




小山内先生と素敵なお花屋さんの組み合わせは

夢のようなコラボです。



ではその様子をご紹介したいと思います。


素敵なお花屋さんの前回記事 10月26日



気合を入れて講習会開始時間40分前に

到着と思ったら


qw.jpg



店内にたくさんの人がいてびっくり。

直感で小山内先生の講習会に来た方々と

ロザリアン同士はわかる。




この時店内(お花売り場)の様子は

お顔が写るとご迷惑掛けますので

撮影していません。

講習後もすごいお客さんでしたが

配慮して撮影しています。




画像は講習会がある場所だけど

もう座ってスタンバイされている方が。


 
ロゼの気合の入り方は生ぬるかったようである。



講習会10分前は席はほぼ満杯。


qw1.jpg


ロゼも席について

5分後くらいに小山内先生が登場して



小山内先生


「テレビ局を連れてくることあるんですが

今日はテレビ局もいなくて

こんなにたくさんいらしていいんですか~?

ただのおっさんですよぉ~ 」


いやただのおっさんじゃないし!!!


バラ界の超有名人じゃないですかー!!


とても素晴らしいしっかりした経歴と実績もお持ちです。



少し視界に入ったけど

立ち見の人がいっぱい。


いつの間にそんなに増えたの~??


たぶん100人近くいる。



わ~鹿児島のロザリアンの会が

自然と出来上がったみたい~♪



お仲間だわ~~~


嬉しい~♪



qw2.jpg



講習会前にバラを飾る小山内先生。




qw3.jpg


その準備中に

小山内先生が

シェエラザードの鉢を不意に持って

ロゼの顔の前に

お花を持ってきて

「いい香りでしょ!」と言われた時は

思わず「はい」って言っちゃったけど

びっくりして実のところ香りを全然かいでない \(◎o◎)/



(後でじっくり香りました。

よい香りでした) 



ロゼの中で

もうアイドル化したのか小山内先生??



で、講習会が始まる前に色々すでに

マイクで話してた小山内先生。



ロゼは午後からのに行ったけど


「午前中にいらした方のお顔も見えますが

同じように話は2度とできません。

流れに乗って話していくので。」 って小山内先生。




ロゼ、気合入れて来たつもりだったけど

午前も午後もいらしてた

熱心なロザリアンさんが何人も!




qw4.jpg


講習会が始まりました。


写真撮影はOKと説明がありました。


そして話の内容は

鹿児島でのバラ育てについてということでした。

地域によって気候が違いますものね。



ですから剪定時期も違いますし

管理の方法や時期も違ってくるというころです。



qw5.jpg


まずミニバラのお話が。

買ってきた時と同じように咲かないわ~だと思いますが。



地表から高さ20cm以内は

黒班病、黒星病ともいいますが

菌がよどんでいますから

棚の上に置いてあげるだけでも

葉が茂るようになります。



京都弁関西弁?でお話しされてる。

だけど京都弁関西弁で書けない)



雨水には微量のミネラルが含まれているので

黒班病になりやすくなる。

雨に当たらないところに置いてあげるだけで

黒班病になりにくくなる。



水道水をかけても

ミネラルは含まれてないから

黒班病にはならない。



全部のバラについて

そよ~っと風が吹くような

風通しの良いような場所に置いたり

植えたりする。



バラは蒸れるのは良くない。

病気も発生しやすい。



ロゼんちはよく強風が吹き荒れるから

それはクリアーだわ←風はそよ~っとだから違う(笑)



強風は枝が揺れて根を傷ませるからダメ×。



ミニバラの剪定の話になって

小山内先生のミニバラ剪定の

結果こういった剪定になりました。



qw6.jpg


\(◎o◎)/


皆さんざわついてました。


これだけカットすれば

病気にもかかりにくくなるとのこと。



芽が出てきていくつも花を咲かせますよと。



後の木立ちバラの剪定でのお話でも出てきますが

バラは刺激を与えなければいい花は咲かない。



刺激は剪定とのこと。



追記:2016年11月13日午後1時36分

鹿児島では冬剪定は

今じゃないですよ~
と小山内先生。

追記終わり



講習会が始まってから

小山内先生のアイドル化は終了し

ロゼは話に集中。




黒班病の菌は空中にも地面にもいるので

薬剤散布で

上からかける。


葉、枝や芽、トゲにもいるから

全部かける。


地面にもかける。


薬剤はサルバトーレをオススメでしたよ~







次に木立ちバラの剪定について。

(つるバラでないです)


qw7.jpg


枝の細い柔らかい部分には

良い花は咲かないから

せめて割り箸くらいの太さのところでカット。

その部分は固いから。



枝先の中に菌がいっぱいいるから

病気にもなりにくい。



qw8.jpg


お話ししながらどんどん剪定されていって

結果こうなりました。



剪定前の半分から3分の1になる。



バラは刺激を与えなければいい花は咲かない。

刺激は剪定。



飴とムチです!と。



最後に質問コーナーがあって

質問に答えられていましたが

斟酌するとこういった剪定をするのは

やはり健全な苗の場合の剪定。




小山内先生の講習は続きますが

また後日に。

植えつけ方や枝を出すコツを教えてくださっています。




講習会に合わせて素敵なお花屋さんへやってきた

素敵なバラさんたちがいましたよ~


qw10.jpg


結構売れてました。



鹿児島ではなかなかブランドバラの

生のお花を

見ることができないので嬉しかったです~♪



この時期にクオリティーの高い美しいお花。

ナーセリーパワーもすごい~!



qw9.jpg


シェエラザード


美しいピンクにツンツン花びらが素敵でした~*





qw11.jpg


みやび

豪華なお花~*



qw18.jpg


この子もみやび


澄んだ美しい色~*




qw12.jpg






qw19.jpg


ゆうぜん


花びらがたくさんある子が多かったです。

美しい色~*



qw20.jpg


綺麗だわ~*




qw21.jpg


深いカップの豪華な子~*






qw22.jpg


せん


とても優雅な子~*


qw24.jpg


この子もせん


この子は後で見たら

ちょうどどなたかのお宅へ

お迎えされるところでした。


qw23.jpg


花びらのゆらぎが素敵~*






qw25.jpg


バラのお花にいっぱいいっぱい囲まれて

春のような気分を味わえて

小山内 健先生の楽しく為になるお話

至福の時でした。



つづきは後日に~*


最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪




































関連記事
2016.11.13 / Top↑




バラと草花のある庭へようこそ~*



ソニアリキエル(ギヨー)の秋バラが咲いています。


aw.jpg


コロンとしたカップ咲きとやさしい色が

可愛い~*


あ~風が吹くとこのフレグランスな強い香り

玄関ポーチ横に植えて正解です。


そうです。


強風の中撮影していて

風との根気比べの撮影です。


風に吹かれて漂っている香りが

ロゼの根気を助けてくれます。




今年の春に咲いたお花です。


sonif3.jpeg


うつむいて咲くことが多いソニアリキエル。

その姿もまた美しい~*

大輪で花びらが多い豪華なバラです。






ヴァンテロ(ギヨー)が咲きました。


sw0002.jpg


昨日蕾だった子が開花♪

綺麗な紫がかったローズピンク。

まるで美しくブルーイングした時のような色~*



ヴァンテロも強風の中撮影。

素敵な香りが舞い散る中撮影。

根気はいったけどとても良い香りを堪能できて

うっとり気分。








新築した家を見に来てぇ~!という次女夫婦の

希望のついでで

次女夫婦の家の庭造りのお手伝いに

鹿児島から関東にやってきたロゼ夫婦。



昨日の記事 小道造りに取り掛かりました。 の

つづきです。


aw1.jpg


今度はロゼがちょっとしたことを

思いつきました。


レンガを最初立てていて

それを3分の1くらい土の中に

埋め込む予定でしたが

レンガをペタンと寝かした方が可愛いんじゃない?って

次女に提案。



実際寝かしてみたら可愛くて

次女喜んでこっちがいいとOKマーク。



レンガを埋め込む必要もなくなりました。

内側に入る砂利と敷石代わりのレンガが

小道のレンガを支えてくれますし

バラや花々を庭に植えているうちに

土かさが増してレンガが自動的に固定されます。



aw2.jpg


四人でレンガをペタッと寝かせて

次女夫婦は仲良く

敷石代わりの別レンガを敷いていきます。




夫婦で庭づくりいいですよね♪

ロゼは微笑ましく撮影(^^)



aw3.jpg


主人はガゼボの下に4ヵ所穴を掘って

それぞれに大きく重いレンガを地中に埋めて

ステンレスの針金でレンガとガゼボをつないで固定。



ロゼんちもその方式で

強い台風が来ても

アーチもガゼボも

固定したところは

微動だにしませんでした。



唯一それをしてなかった

ベッドで造ったパーゴラが斜めって倒れました。



aw4.jpg



次女夫婦が敷石代わりの

レンガを並べました♪




aw5.jpg


次に次女夫婦が砂利を入れて

だんだんらしくなってきました。



主人がアーチを解体して空いてる場所で

アーチの塗装をしています。(画像左)



陽が傾いてきて

婿さんが終わるかなぁ~と不安げになりました。



ロゼ夫婦はこの翌日

鹿児島に帰る予定です。



ロゼ夫婦は庭造りに慣れてるから

ここまで来れば予定通り終わるから

大丈夫だとわかっていますので

「大丈夫!」と言ったらホッとしていた様子。



つづきは後日に。




今年の春の庭です。


大人可愛いコーナーです。


aw12.jpg


カーディナル ドゥ リシュリュー と

ローズポンパドゥール

そしてスノーグースのコラボです~*


がここにはスノーグースは写っていませんね。


iw80.jpeg





aw8.jpg





aw9.jpg



カーディナル ドゥ リシュリュー


庭を大人色で引き締めてくれます~*


素敵な色。


花もちが少しだけ悪いけど満足しています。






aw11.jpg


イングリッシュローズの

スノーグースと洒落たコラボ

気に入ってます~*


iw79.jpeg





ここは日照が悪いけど

たおやかに咲いてくれて

雰囲気いっぱい~*



aw15.jpg



ローズポンパドゥールとの相性もよくて

大人可愛い~*


aw13.jpg


大輪豪華でエレガントな

ローズポンパドゥール。





aw14.jpg


薄いピンクの絞りのバラ

ブルボンクイーンと白のノイバラとの

コラボの並びにいるけど

その奥で咲いてる子たち(画像右)

素敵な庭の大人可愛い妖精さんたち~*


最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































関連記事
2016.11.12 / Top↑




バラと草花のある庭へようこそ~*



オードリーヘップバーンが咲いています。


sw5.jpg


やさしい色、佇まいで

エレガントに咲いています~*



sw01.jpg


咲きそうな子もいます。




一昨年の春に咲いたお花です。


oFC01.jpeg


大女優の名を冠した

豪華とチャーミングが共存したバラ~*






oFC1.jpeg


手前にオードリーヘップバーンがいます。


丈夫で育てやすい子。



小山内 健さんが初心者の方が

バラを買うのに迷った時

女優さんや皇室、王室関係の名前がついたバラを

選べば間違いないと言っていらしたそうです。



弱い性質ですとイメージが悪くなるので

丈夫な品種が多いそうです。




この子は鹿児島の木市で

新苗でお迎えしましたが

すくすく育ち困ったり心配したことはありません。




木市はこんな様子です。

この間行ったばかりです。



2016年鹿児島の秋の木市へ行った記事



ルージュピエールドゥロンサール(メイアン)の

秋バラが咲き続けています。



sw02.jpg


ルージュピエールドゥロンサールは

花もちいい方だと思います。



今朝は太陽が昇る直前に撮影したら

色がはじけずに撮影できました♪



どうやったら色がはじけずに撮影できるかなぁ~

そうだ太陽が昇る前だ!です。



sw03.jpg



今朝もカップのままで咲いてくれて嬉しい~*


気持ちカップが広がったかな。


気温が下がって花の動きが遅くなりました(^^)



昨年の春に咲いたお花です。


ru-19.jpeg


魅力的な赤のバラ。


ルージュは素敵なお花屋さん でその頃地植えされていて

商品じゃなかったけど

咲いてたお花が素敵でお迎えを決めました♪






ヴァンテロ(ギヨー)が咲きそうです。


sw4.jpg


蕾の色が綺麗~*








新築した家を見に来てぇ~!という次女夫婦の

希望のついでで

次女夫婦の家の庭造りのお手伝いに

鹿児島から関東にやってきたロゼ夫婦。



昨日の記事 

ロゼ夫婦、造園業者と間違えられる \(◎o◎)/の

つづきです。




sw05.jpg


ガゼボが出来上がり

婿さんは何か調節をしているようですが

その前に次女の希望を聞いて

設置位置をここと決めました。




その後


sw04.jpg


アーチをとりあえず組み立てて

(塗装は後で)

いい感じの線をみんなで意見交換しながら

アーチの位置を決めました。




アーチからガゼボへ小道がいくようにするのは

主人の提案♪

主人みんなから素敵な案だと絶賛される(^^)



アーチの微妙な向きは次女が

決めました。




主人、後ろ姿で初登場♪



sw06.jpg


小道のカーブを地面に書いて

小道の位置を次女が決定。




sw07.jpg


婿さんと次女がレンガを並べ始めて

ロゼもしました。


みんなガゼボが出来上がって

俄然、パワーが増しました。


大きな物が形になると

やる気パワーが増しますね♪



sw000.jpg



小道に防草シートを

みんなで敷きました。




こうやって親子で庭作業、楽しくていいです!



ちょっとずつ庭らしくてなってきました♪



つづきは後日に。




今年の春の庭です。


sw09.jpg


ビサンテネールドゥギヨーと

シュネープリンセスのコラボです。



赤と白のコラボも可愛いですよねぇ~






上の方で枝に白くついてるのは

昨年アーチが壊れたんですけど

その前にどうにかしようと

ちゃんと養生してから

アーチにスプレー塗装したんですけど

気が付いたらやってしまっていました。。。




sw0001.jpg


うつくしい赤バラ

ビサンテネールドゥギヨー


深い赤からワインレッドに変化する大人なバラ~*





枝は暴れますが

木立仕立てにするとまとまります。



sw006.jpg





sw003.jpg


シュネー プリンセスは

コロコロして可愛い

小さなお姫様みたい~*



この二人のコラボの足元には

開花したばかりのグリーンアイスが


sw004.jpg


かわゆくボタンアイをつけて~*





sw005.jpg


画像の一番下にいます。



グリーンアイスは鉢植えでも可愛いし

こうして花壇の一番手前でも

活躍してくれます。



株が大きくなる子から

グリーンアイスのような小さい子まで

バラさんも人のように

それぞれ大切な役割があるのだなぁ~と

そんなことも考えさせられたロゼでした~*


最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































関連記事
2016.11.11 / Top↑




バラと草花のある庭へようこそ~*



ヴァンテロ(ギヨー)が咲いています。


ew5.jpg


美しい紫がかったローズ色が素敵~*


ヴァンテロは鉢植えで管理してるのですが

撮影の為、鉢を持ち上げると

とても良い香りのする強香の子。




昨年の春に咲いたお花です。


vFC1.jpeg


ウェーブ状の花びらが

幾重にも重なって美しいヴァンテロ。



内側の花びらへ向かうほどに

紫がかっていくグラデーションがとても綺麗です~*






ルージュピエールドゥロンサール(メイアン)の

秋バラが咲き続けています。



dw.jpg


今日は昨日とは反対側の角度から

撮影してみました。



少しカップが広がったように思いますが

今日もカップを保ったまま咲いてくれています~*



sw.jpg


正面から写すと色がはじけてしまいます。




昨年の春に咲いたお花です。

ru-20.jpeg


花びらぎゅうぎゅうで深いカップ

とても嬉しかったです~*








新築した家を見に来てぇ~!という次女夫婦の

希望のついでで

次女夫婦の家の庭造りのお手伝いに

鹿児島から関東にやってきたロゼ夫婦。



昨日の記事のつづきです。



sw2.jpg


早朝5時に目が覚めて

太陽が昇ってくるのを待って

塗装を始めたロゼ。




主人もすぐに起きてきて朝食をとり

作業に取り掛かりました。



斜め前のお家は内装に取り掛かっている模様。

大工さんが出勤してきました。



塗装をしていたら

お隣の土地からふいに声を掛けられ

「あそこにある手洗いを使っていいですか?」と

聞かれました。



建築現場に置かれている簡易の手洗いです。



ここ一帯は建築する家が多く

職人さんがいっぱいいます。



同じ建築業者なので1軒につき1個手洗いが

あるわけではありません。



「主人は鍵が掛かってなければ

使っていいんじゃないですか?」と声を掛け

鍵は掛かってなかったようで使用されていました。



そうです。


ロゼ夫婦は造園業者と間違えられたのです \(◎o◎)/


とても名誉なことで嬉しくなりました。



っていうかロゼ夫婦の仕事ぶりが

評価されたわけでなく

造園業者がいてもおかしくない

状況的に自然な成り行きだぁ~と気がついて

面白かったです。




塗っていたら

次女夫婦も庭に出てきて作業をしようとしたけど

もう塗装は完了しそうなので

朝食をとるように言いました。



塗装完了。




sw3.jpg



デッキの東側には何も植えないとのことなので

防草シートを貼りました。



sw4.jpeg


次女夫婦が砂利を敷きました。




昼食をとったりしばらく休んでいるうちに

塗装は乾き

ガゼボの組み立てです。




こんなに大きなのを組み立てるのは初めてで

ちょっと不安でドキドキしました。



組み立て最中はロゼも手が離せなかったので

画像はないんです。



sw6.jpg


ジャーン


ガゼボが出来上がりました♪


婿さんが何やら調節してますね。


次女は「可愛い、可愛い」と満面の笑み。


ロゼも素敵♪ってウフフ。


国華園 ガゼボ

高さ3m 直径2m



通りがかったお子さん連れの奥様が

「可愛いね~」と言いながら通り過ぎました。



「もっと言ってぇ~」




つづきは後日に。




今年の春の庭です。


sw7.jpg


ポールズヒマラヤンムスクの

パーゴラの奥にいる

バラの妖精さんたちは



sw8.jpg



ひっそりと暮らしています。


日照1~2時間のパーゴラの奥は

バラの妖精さんの住処みたいで神秘的。



sw9.jpg


小輪のボタンアイをつけた

可愛い子~*


釣り針のようなトゲをもってるけど

慣れました。






ルッセリアナ


sw10.jpg


この子も小輪の妖精さん~*





フェリシテパルマンティエ





sw11.jpg


小さなバラの妖精さんたちの住処へいく小道でも

バラの妖精さんが賑やかに何かはなしてそう~*


最後まで読んでくださってありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーをクリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪





































関連記事
2016.11.10 / Top↑