2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
夏バラの微笑み♪バラ鉢を台風対策の為に家に入れました。春の庭はヴァリエガタディボローニャ♪
2017/08/05(Sat)




バラのある庭へようこそ~*



yq.jpg


8月4日


イングリッシュローズの

ザ リーブです。


黄色いシベを見せて可愛い~*




yq1.jpg


こちらを見て

やさしい笑顔で微笑んでるみたい(^^)



後ろにオルラヤが見えます。

多くが種を落としたけど

残りの種を手で落として

そろそろ抜かないとですね。

オルラヤ畑のは

全部抜いたし。



yq2.jpg


8月4日


笑顔と言えば

この子の笑顔も満面の笑み。

クシュッとした感じの繊細な花びらに

どこか水彩画で描かれたように

咲いているの。

この子もイングリッシュローズで

ジインジニアスミスターフェアチャイルド。



yq3.jpg


斜め横顔もたおやかで素敵~*



yq11.jpg


8月4日


エグランティーヌ マサコの

愛らしく控えめな微笑みも

好き。

ボタンアイが可愛らしい~*



ov7.jpg


春のエグランティーヌは

夢のような微笑み~*



昨日写した画像を見て

なぜかイングリッシュローズばかりって

思いました。





台風が来そうなので

枝を留めて

今日はバラ鉢やお花の鉢を

家の中に入れました。



こういう時

いつも家の中に入れるタイミングを

思案します。


バラは適度な風が必要だし

日照のこともあるし

水不足にならないような期間にしたいし

できるだけギリギリに

家の中へ入れるようにしています。



それと家の中に入れる前は

雨が降ったり止んだりの合間なので

水道水でバラの葉にシャワーしてから

入れました。



小山内 健先生の講習会へ行った時

こんなお話しをされたことを

記事で書きました。



「雨水には微量のミネラルが

含まれているので

黒班病になりやすくなる。

雨に当たらないところに

置いてあげるだけで

黒班病になりにくくなる。



水道水をかけても

ミネラルは含まれてないから

黒班病にはならない。」


小山内 健先生講習会記事


そのことをヒントに

雨の日の後や

水やりの時に時々

葉の表や裏に水道水を

シャワー(シリンジ)しています。

ただし薬剤散布してから

24時間以内はしていないです。


今の時期はハダニを

弱らせることもできますし。

(このことだけでは

ハダニを根絶することは

出来ない可能性は高いです。)



複数のバラブログでも

シリンジされている方の記事を

拝見しました。

情報の発信をありがとうございます。

バラ栽培に役立ちます。





今は台風予報とにらめっこというより

凝視です。


(<●>ω<●>)



奄美も心配だし

この間甚大な被害に

遭った地方も心配です。



今の予報だと我が家は

暴風雨圏内に入ります。

っていうかこちらに向かって

まっしぐらです。



バラも心配だけど

家が心配です。


鹿児島は台風の通り道だから

わかってるけど慣れません。


地植えのバラさんたちには

頑張って欲しい、

そう願うことしかできません。


台風が向かう地方の方々も

何も被害がない事を願っています。



春の庭から


5月12日、13日


yq7.jpg


ヴァリエガタディボローニャ


白にピンクの絞りが

イチゴミルクのように可愛いバラ~*



yq9.jpg


ヴァリエガタディボローニャは

白のトレリスに誘引しています。

オルラヤ畑のナチュラルな感じに

ピッタリで心躍ります♪


yq8.jpg


画像手前は

大輪ブラキカム ミスティーピンク

(花径4.5㎝)

ただ可愛いから

鉢に植えて置いただけですが

ナチュラル感が増し

心地よい風景になって嬉しかったです♪



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます♪



























関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ザ リーブ | ▲ top
| メイン |