2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
こぼれ種のオルラヤの鉢上げ方法♪可愛いペッシュボンボン♪
2017/11/30(Thu)


ロゼ庭へようこそ~*



オルラヤの鉢上げをしました。

今年は夏から秋に掛けて

あまり雨が降らず

こぼれ種の発芽が遅れた感じが

ありますので

あまり大きくなっていないですが

意中の数は確保出来ました。



wy6.jpg


こんな感じのしっかりした苗を

できるだけ選んでしました。



wy7.jpg


鉢は10.5cmのポリ鉢に鉢上げ

しました。



wy8.jpg


オルラヤは種の移動や移植を嫌うので

自分の庭の土は良い土なので

自分の庭の土をポットに入れ

そこへマグアンプKを

元肥として入れました。



次女もオルラヤのこぼれ種から

生えてきた苗を鉢上げしていますが

土がアリゾナの砂漠のような

固い土なので

培養土に鉢上げしていました。




wy10.jpg


スコップでオルラヤの根を

傷つけないよう

掘って



wy9.jpg


土は自分の庭の土を

入れて水をたっぷりあげて

完了。



wy11.jpg


数はこちらに21個。



wy12.jpg


こちらに10個。


合計31個鉢上げしました。


最初は100個くらい

鉢上げしないといけないかなと

思っていたのですが

今年は咲いて欲しい小道脇に

しっかりとしたオルラヤが

結構生えていたので

必要な数を数えたら

これくらいになりました。



pi-tif.jpeg


去年の春の

バラとオルラヤと草花の

コラボ花壇♪

次の春の草花は

オルラヤは決定だけど

あとはどうしようか

妄想中 (≧▽≦)



it5.jpg


レースのように繊細で美しく

バラが咲く前から終わるまで

咲いてくれるオルラヤ。



次の春もこんな素敵な

お花が見られると思うと

鉢上げも楽しい作業♪


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オルラヤ ‘ホワイトレース’(オルレア グランデフロラ)
価格:324円(税込、送料別) (2017/11/29時点)






ロゼ庭で咲いてる秋バラです。



wy.jpg



この間咲いたお花は

ワイン色に近い黒赤だった

アストリット グレーフィン フォン

ハルデンベルク ですが

今回咲いたお花は黒赤になりました。



wy1.jpg


朝露をいっぱいまとっています。

深い赤黒が美しい~*





wy3.jpg


アニエスシリジェルは

ジェネラシオンジャルダンのように

今10輪以上咲いていますが

可愛い子が咲いたので撮影(^^)



オルラヤの鉢上げをしていたら

女性の方が声を掛けていらして

アニエスシリジェルの名前が

知りたいとのこと。

メモ用紙とペンも用意してみえました。

晩秋にバラについて

尋ねられることは

大変珍しいです。

本当にお好きなのでしょう。




ずっと数多く咲いてるので

名前が知りたかったそうです。



ホームセンターやお花屋さんでは

売ってないんです、と言ったら

ネットで?と尋ねられました。



色んなネットショップを

ご存じで買えますとのこと。

安心というかホッとしました。

ネットが使えないと買えない品種を

聞かれた時は心配で気を揉みます。



特に70歳を過ぎた方の様に

見えたので気を揉みました。

でも最近の熟年(ロゼもですが)

ネットを使いこなせる方が

多くなりましたよね。

気を揉むなんて失礼な心配でした。




wy4.jpg


春に咲いたアニエスシリジェルです。

花びらがクルクル巻き巻きして

フリフリフリルで愛らしいです~*

ステムは細めで長いのですが

好きなステムです。






wy5.jpg


またコロンコロンした子が

咲いてくれたペッシュボンボン。

今度咲いた子は

ピンクのピコが入った

可愛らしい子です♪






可愛らしいバラさんたちを

たまに眺めながらの

庭仕事は気分がとてもいいです。

ヽ(*^^*)ノ



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪



























関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | オルラヤ(オルレア) | ▲ top
バラ庭の人工芝と防草シート張り♪可愛いコロンコロンのマダムフィガロ♪
2017/11/29(Wed)



次女庭へようこそ~*


次女庭造りのつづきです。



wu.jpg


前回つづきは人工芝張りと

書きましたが

人工芝を張る前に

防草シートを張りました。



wu1.jpg


婿さんと、次女と主人と

最初は作業してたのですが

主人は朝早くから作業をしてたので

休憩。




wu2.jpg


防草シート張りは

婿さんと次女で済ませ

人工芝張りに取り掛かりました。

主人復活です。



思ったり人工芝の感じが良くて

「わ~~~!いいねぇ~!」って感じの

現場監督ロゼ。



wu03.jpg


人工芝をどんどん張っていきますが

人工芝カットにしばしば困惑。

次女はある程度の値段の

ハサミを買ってきましたが

人工芝カットには合わず

人工芝を張る場合は

ハサミ選びは合うものを

買った方が良さそう。




wu04.jpg


ジャーン


人工芝張り完了


芝目が違う部分がありますが

もうみんな疲れてもーいいかって感じに。


そして右にピエール君が (ノ*゚▽゚)ノ


つづきはピエール君の

剪定?!誘引完了です。



次女庭のバラたちです。


wo05.jpg


ロゼたちが鹿児島へ

帰ったあとの

レッドレオナルドダビンチですが

美しい花姿です~*



ik2.jpg


春に咲いた

レッドレオナルドダビンチ。

花付き良く、花もちが良いですが

香りは微香です。





wo06.jpg


マダムフィガロが

優雅にコロンコロンと

咲きました~*



見上げるくらい高い所で

咲くようになるようなので

木立ち仕立てにしたい次女は

強剪定するようです。





wo07.jpg


今咲いてるブルーバユー

たおやかに咲いています。

紫ってどこか魅惑的。



iu.jpg

春に咲いたブルーバユー。





可愛らしくもあり

魅惑的でもある春のブルーバユー。

オルラヤとのコラボが

とても素敵でした。


ヽ(*^^*)ノ



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪








イングリッシュローズ2017年新品種






イングリッシュローズ2017年新品種






イングリッシュローズ2016年新品種
















関連記事
この記事のURL | 次女の家 庭造り編 | ▲ top
バラの耐暑性を見て見ぬふりをして買っていた強者ロゼ\(◎o◎)/可愛い秋バラ ジェネラシオンジャルダン♪
2017/11/27(Mon)


ロゼ庭へようこそ~*


去年のちょうど今頃でしょうか、

もうちょっと早かったかも、

小山内健先生の

講習会を聞きに行った時


「鹿児島でバラを育てるのは

大変ですねぇ~!」



との小山内先生からの

お言葉でやはり鹿児島で

バラを育てるのは大変だったんだ、と

思ったロゼ。


wo.jpg

(講習会の準備をしている

小山内先生)


な、なんとなくは思ってたんですけどね。

バラの業者さんで

「耐暑性」

とか説明があるじゃないですかねぇ~


あれ、鹿児島の

ロゼんち入るんですよね~


っていうか丸々

ロゼんちど真ん中に入るでしょぉ~


\(◎o◎)/



wo1.jpg

(またまた講習会の準備を

している小山内先生)


ってことはロゼ庭で元気にしてるバラは

耐暑性があるってことですね。


それにしても

「耐暑性」は見て見ぬふりをして

バラを買っていたロゼ。

なかなかの強者です(爆)←自虐



wo2.jpg

(今度は講習会中の

小山内先生)



ワクワクの講習会からもう一年

一年は早いものですねぇ~


弱気の剪定を強気の剪定にしてくれた

小山内先生。

今年の春は

天候に恵まれたこともありますが

強気の剪定のお陰かも

綺麗にバラさんたちが咲いてくれました。

そして楽しかった講習会でした。


小山内 健先生

講習会シリーズ




ロゼ庭で咲いてる秋バラです。


wo3.jpg


ワイン色に近い黒赤で咲く

アストリット グレーフィン フォン

ハルデンベルク

ダマスク香の強い香りに

うっとり。



wo4.jpg


素敵な秋色で咲いてくれて

嬉しい~*





wo5.jpg


コロンとお菓子のような

ペッシュボンボン。

この子も香りが良い子です。


可愛さは満点だけど

つる仕立てにすると花付きが

若干悪いです。

強剪定の木立ち仕立てが

向いていると思います。




wo6.jpg


ジェネラシオンジャルダンが

こちらを見て満面の笑みで

咲いています。





ジェネラシオンジャルダンは

すごいいっぱい咲きまくるのですが

やっと可愛い子が咲いてくれて

嬉しいロゼです。 


ヽ(*^^*)ノ



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪



























関連記事
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
バラのアーチ設置完了♪飾られた可愛いマダムフィガロ♪
2017/11/26(Sun)



次女庭へようこそ~*


次女庭造りのつづきです。

ピエール君お待たせのアーチ設置です。

ピエール君予約大苗2年生で

今年の1月末にやってきたとは

思えないほどに

大きくなったピエール君。

まだ次女庭にやってきて9ヵ月。

実物の枝を見て

その太さにも驚愕のロゼでした。



前回次女庭造り記事


11月初旬のことですが

次女も半袖になって

作業です。


wp.jpg


油性塗料で塗装して

乾いたアーチのうち1本を

土の中に足部分を埋めて

アーチが立ちました。



wp2.jpg


婿さんと次女が2本目のアーチを

立てているところです。


同じアーチを注文したとのことですが

新しい方は

バージョンアップしていて

少し幅が太くなっているのが

わかりますね。



wp3.jpg


婿さんと次女と二人で

2つのアーチを

ビニール帯でくっつけていきました。


ロゼはステンレスの針金がいいと

言ったのですが

取り敢えずはこれで大丈夫だと思います。



wp1.jpg


アーチが立ったところに

主人が穴を深めに掘って

そこにレンガを入れて

ステンレスの針金で

レンガとアーチを繋げて

アーチをしっかり固定します。



主人曰く

アーチが細かった事と

レンガを深く埋め込まなかったのが

台風でアーチが

倒壊しそうになった原因との事。



レンガは全部で4個埋めました。

とても重いレンガです。



wp4.jpg


アーチ設置完了です。

ヽ(*^^*)ノ



つづきは人工芝張りです。

ピエール君、誘引もうちょっと待ってね。

待たせ続けられるピエール君。

(; ̄ー ̄川 アセアセ





私たちロゼ夫婦が鹿児島へ

帰ってきてから

咲いたお花の画像が

次女から送られてきました。



wp5.jpg


快挙


やさしいレモン色で咲いています。





wp6.jpg


羅倫が濃い目に咲いた

ニコール。

育てやすさと愛らしさは文句なしです♪





wp7.jpg


アーチが完成した日に

次女が庭から摘んできた

バラで作った小さなブーケを

飾った様子です。


ピンクのバラはマダムフィガロ

コロンコロンのバラ。

目線より上で咲きます。





ブーケの飾りは

すっごく可愛かったです。

。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))



つづく


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪



























関連記事
この記事のURL | 次女の家 庭造り編 | ▲ top
わかな(ロサオリエンティス)が美しく開花しました。お久ぶりです。次女です♪
2017/11/20(Mon)



ご無沙汰しております。次女です。

関東は雨続き&台風で

秋バラがあまり

楽しめなかったですね(T_T)

その中でもたぶん

一番きれいに咲いてくれたのは

ロサオリエンティスのわかなです。

開花一日目

スマホで撮影しました。



rz.jpg




rz1.jpg




rz2.jpg




ここからは翌日に

一眼レフで撮った写真です。

開花がゆっくりなわかなだからこそ、

「ちゃんとカメラで撮るのは

明日でもいいや〜」

っていうのができます。

翌日にはパッカーン!と

花が開いちゃうような品種だと

こうはいかないですよね。


rz6.jpg

1年目からこんなにきれいに

咲いてくれるとは

思ってなかったので

うれしいです(*^_^*)


rz4.jpg


残念ながら香りは感じません


rz5.jpg


だけど花持ちは抜群にいいです

1週間くらいは余裕で咲いています


rz7.jpg


わかなはこれからも

鉢で育てる予定です。

もっと株を大きくして、

同時にたくさん

花が咲くようにしたいなあ・・




冬の間花が無いのが寂しいので、

パンジーを買ってきました

rz8.jpg


ビバホームオリジナル品種のようです

微妙な色合いで

かわいい〜〜o(^▽^)o


rz9.jpg


こちらは

オセロブルーという品種で

咲き進むと色が

水色→青紫に濃く変化するようです


rz10.jpg


パンジーを育てるのは

初めてですが

春にはプランターから

溢れるくらい

もりもりに育てたいですp(*^-^*)q


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

豪華なフリル咲きビオラ ミルフル 花苗
価格:450円(税込、送料別) (2017/11/19時点)




玄関がぱっと明るくなりました(*^_^*)



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪








イングリッシュローズ2017年新品種

3品種





















関連記事
この記事のURL | わかな | ▲ top
小道沿いと東側に鉢バラを地植えして素敵になりました♪次女が眺める小道沿いのバラたち♪
2017/11/16(Thu)



次女庭へようこそ~*


次女庭造りのつづきです。

昼食もお弁当を庭で食べ

外で食べるご飯は

美味しいねと言いながら

気分良く食べました。



rx.jpg


主人、婿さん、次女が3人で

植え付ける苗の深さや

苗の向きを話し合いながら

小道沿いに植えるバラを

次から次へと植えていきました。



rx1.jpg


パンパカパーン☆彡


小道沿いのバラを

全部植え終わりました。



rx2.jpg


小道沿いのバラが植わって

ひと息ついてる次女です。


腕を組んで

満足感と疲れと

これでいいわよね、という

厳しい目でしょうか。


満足感が大きいでしょう。

小道沿いにバラが植わっただけで

より庭らしくなりましたもんね。



rx3.jpg


その後たっぷり水やりした

バラさん。

ロゼが水やりをしました。



この日は前日頑張り過ぎて

ここまではアーチを塗装した以外は

ほぼ現場監督のロゼ。

3時過ぎからはちょっとだけ

頑張りました。



rx4.jpg


小道を素敵にしてくれていた

あおい♪






rx5.jpg


次は東側に鉢植えバラを

地植えにしていきました。



rx6.jpg


東側のコーナーでは

ニコールが咲き進んで

やさしい感じになっていました~*





rx7.jpg


東側のコーナーは

ガゼボ側から見ると

ピエールドゥロンサールの

アーチの向こう側

突き当りに見えるという

素敵な配置になっています。

ヽ(*^^*)ノ


正面は花汚れしにくい

白バラ アンナプルナです。

ピンクのピエール君の中に

清楚な白バラ アンナプルナ

素敵です~*

超強香で東側は

とても良い香りがしていました。






あっ、ピエール君から

「早く何とかしてよ!」という声が

聞こえてきそうな姿ですが。



東側の子たちにも

水やりするロゼ。

一番簡単な作業です。

あとお茶入れも。

前日はりきってピッチアップして

エネルギーが枯渇気味。



rx8.jpg


お待たせしましたピエール君。

いよいよピエール君のアーチ設置に

取り掛かりました。


つづく


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪








つぼみ付き 30%OFF






つぼみ付き






つぼみ付き

















関連記事
この記事のURL | 次女の家 庭造り編 | ▲ top
| メイン | 次ページ