FC2ブログ








ロゼ庭へようこそ~*




バラ栽培18年目にして

初めてクロロシスになりました。



以前

液肥アルゴフラッシュを

ここ一週間で2度

与えています。

その理由を後日書きますとしましたが

クロロシス対策をしていました。




クロロシスに

なったバラの葉です。



jz1.jpg


ミルフィーユ


葉の一部が黄色っぽくなって

葉脈が見え

縮んだ感じの部分もあります。



クロロシスになった葉は

薄緑色や黄色っぽい色に

なって

葉脈が見えるだけの場合も

あります。



原因はリン酸過多か

鉄、銅、マグネシウム不足、

あるいは

そのどちらもというのが

原因ではないかと

ロゼは考えています。



今年は液肥やりを

していましたが

例年の4分の1程度しか

株に与えていませんでした。



ですので

鉄、銅、マグネシウム不足の

可能性があるので

鉄、銅、マグネシウムが入った

アルゴフラッシュを

株元にたっぷり与え

葉面散布もしました。



1回しただけで

効果が現れたので

3日おいて

2度目をしました。



その結果です。



jz1.jpg


ミルフィーユ


ビフォー




jz7.jpg


アフター


葉が縮んだ部分は

そのままですが

ほとんど緑になって

改善しています。



jz5.jpg


葉の一部がクロロシスに

なった

ミルフィーユの全体像。



jz4.jpg


液肥アルゴフラッシュを

与えて1週間後。

特に新芽の部分が緑になって

改善した全体像です。



クロロシスになる部分は

新芽の部分に多く

下葉の部分はなっていません。



リン酸過多も

もしかしてあったのかも

しれません。



株の大きさによって

肥料の量を調整していましたが

調整が下手で

多めだったかもしれないです。



クロロシスがひどい時は

対策をしても

開花や咲いた花のクオリティーに

影響するようですが

対策したミルフィーユは

綺麗に咲いてくれました。



jz2.jpg


クロロシス対策に使った

液肥 アルゴフラッシュ バラ用です。





jz18.jpg


4月24日


ミルフィーユの全体像です。


綺麗に咲いてくれました。



jz14.jpg


4月23日


甘いケーキのような

とっても可愛い

お花なんです。




上の画像と同時に咲いた

別のお花です。



jz16.jpg


4月23日


白地にピンクの絞りが

愛らしいです。



jz10.jpg


咲き進むと

ロゼット咲きのような



jz19.jpg


ポンポン咲きのような

そんな感じになります。





バラ ミルフィーユ

系 統  FL フロリバンダ 

作出年 2013年
 
作出国  日本

作出者  河本純子

花 色 白地にピンク

花 径  中輪  ロゼット咲き

香 り  微香

開花性  完全四季咲き

樹 形 木立、横張りタイプ

樹高  50cm

樹 勢 普通より若干強い


ボーリングはまずしない

花持ちがいい

花つきがよい

若干花びらは

汚れるのかなと思いますので

雨の前日には

家の中に入れます。

鉢植えが向いていると思います。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。

















関連記事
スポンサーサイト



2018.04.30 / Top↑