FC2ブログ
第20回国際バラとガーデニングショウ2018 大賞の庭とデルバール
2018/05/31(Thu)





国際バラとガーデニングショウ

2018の会場に着いたのは

お昼前でした。

ロゼはいきなり

「お弁当食べよ」でした。

次女はそうしようかということで

会場の椅子のある所へGO-!



gp.jpg


お弁当を食べながら

見た景色です。



田舎で暮らしているロゼは

こんな人混みに投げ込まれたのは

初めてで

自分で行ったんですけど(笑)

お弁当を食べながら

呆然としていました。



ロゼは

都会生まれ都会育ちだけど

都会にうとい





次女の自己紹介 少しだけ




鹿児島中心部の様子

都会です。

主人と長女も登場




お弁当を食べ終わり

素敵なバラや景色を見にGO-


gp03.jpg


次女と素敵だねぇ~キラキラ

などとワクワクしながら

さっそく誘引されているバラを撮影。



右側の白バラ


gp02.jpg


シュネーバルツァー


少しクリームがかった

美しい白バラでした。



左側のバラは


gp04.jpg


清楚な白バラ

ボビージェイムス。



gp05.jpg


庭の周りも

白系のクレマチスや

草花で飾られていました。



クレマチスが次女庭にいる

白万重だったので

こうすると可愛いよね、

などと話しながら

可愛いを連発(笑)



gp06.jpg


このコーナーでは

ニュアンスカラーの

バラが素敵!と

次女とロゼ。




gp07.jpg


この茶バラが魅力的で

どうしても品種名を

知りたかったけど

どうしてもわかりませんでした。




gp08.jpg


素敵なシャビーの

コーナーもありました。




gp09.jpg


こちらは大賞のお庭。



ナチュラルで

自然と融合した

シックで大人な

アンティークシャビーの

お庭ですね。



gp001.jpg


ホワイト系と緑で

まとめられていて

こういった組み合わせを

すると大人で落ち着いた

お洒落な庭になりますよね。



そこにワンポイント

シックなブルーが

効いてます。



シャビーは

20年くらい前から

雑誌等でよく紹介されるように

なってから

少しずつシックで大人な感じに

なっていって

その過程をずっと眺めてきましたが


シャビーの前段階として

(シャビーとは違いますが)

素敵だった

クローズされてしまいましたが

自由が丘のトゥワイス

王 由由さんや

こちらもクローズ

されてしまいましたが

マニー。



gp009.jpg

ロゼが持っている

王 由由さんの本。 




アンティークの世界では

シャビーのきっかけに

なるようなお店は

いくつかありましたが

(シャビーとは違いますが

醸し出す雰囲気がです。)

酒井しょうこさんの

マチルド イン ザ ギャレットの

スージークーパー等

上品で素敵で憧れていた頃を

思い出しながら

お庭のコーナーを眺めていました。



その方々の世界は

輝きを放ち今でも憧れです。



マチルド イン ザ ギャレットさんの

ブログ




gp002.jpg


デルバールのブースが

見えてきました。



gp003.jpg


ボルデュールアブリコ




gp006.jpg


こちらも

ボルデュールアブリコ




gp004.jpg

この画像は

バラの家さんから

お借りしました。



ロゼが見たのは

退色する過程の頃の

色でしょうか。

本来はバラの家の

画像のようなお色なのかな。



gp005.jpg


エドゥアール マネ


美しい絞りのバラでした。





デルバールのバラは

素敵なお花のバラがいっぱい

なのですが

特にステムがどうなのか

完璧を求めるわけでは

ないですが

新作発表されて販売されてから

しばらく様子を見て判断するのが

いいのではないかな、と

経験上個人的にはそう思います。

(ステムが普通のバラもいます。)




庭に配置する時

多少ステムが長くても

そこに向いているバラも

ありますし

そこは個々人で違うと思いますが

その点きついバラがありますし。



そしてデルバールのブースを出て


gp007.jpg




gp008.jpg


シャビーで大人可愛い

コーナーなどを見て

真剣な眼差し&ワクワクしながら

次女と歩くロゼでした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。























関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 第20回国際バラとガーデニングショウ | ▲ top
ピエールドゥロンサール 満開 関東 千葉 可愛いピエールに癒されました。 
2018/05/30(Wed)




次女庭へようこそ~*



hz.jpg


5月18日


満開のピエールドゥロンサール

とても可愛らしく優雅でした。







「下の方にも花が付いて良かったぁ」と

ロゼが言いながら

次女と一緒に主幹以外の

下の方の枝を

たぐって下の方にも

良花が満足いくくらい

咲いているのを確認しました。




去年の11月に

ロゼが剪定、誘引をした時

主幹、サイドシュート以外の枝で

枝の長さは

60cm~1mちょっとしか

ありませんでしたが

主幹より少し細め枝も数本

剪定、誘引しておきました。



次女

「ほんとだね、細めの枝にも

たくさんお花が付いてるね」



ロゼ

「ピエールは優秀だよねぇ」



ピエールドゥロンサールの

育て方

1年間を通して





hz1.jpg


ふわっふわっに咲いてる

ピエールドゥロンサール。




hz2.jpg


愛らしいピンクで咲く

ピエールドゥロンサール。




hz3.jpg


小道を歩いていると

天使が奏でる音楽が

聞こえてきそう。




小道脇の

紫のバラはブルーバユー


hz4.jpg


5月19日


大きな房でエレガントに

咲いていました。






hz5.jpg


赤いバラは

レッドレオナルドダビンチ。




hz9.jpg


5月19日


あおいとピエールドゥロンサールの

ピンクの濃淡が素敵。



hz11.jpg


5月19日


ブーケのように

大きな束で咲く茶バラの

あおい。






hz12.jpg


夢のような

ピエールドゥロンサールの

世界に浸って癒された

ロゼでした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。




















関連記事
この記事のURL | ピエール ドゥ ロンサール | ▲ top
ペッシュボンボン 可愛いバラ 薬剤散布しました。
2018/05/29(Tue)



ロゼ庭へようこそ~*



バラ ペッシュボンボン

デルバール 2009年作出

四季咲き

シュラブ 樹高 1.8m

大輪 ディープカップ咲き

香りは強香


hx10.jpg


4月23日


刻みもいっぱい入って

愛らしい姿と色で咲いた

ペッシュボンボン。



hx4.jpg


4月26日


花びらに可愛らしい刻みが

入って少しフルフルっとした

エレガントなペッシュボンボン。



お菓子のように可愛い

ペッシュボンボンも好きだけど

花びらが優雅に揺らぐ

ペッシュボンボンも好き。




hx6.jpg


4月22日


バラは蕾もですし

咲きかけの姿も

美しいですよねぇ。



hx9.jpg


4月23日



その咲始めた子が

深いカップで開花して

可愛らしい。




奥に見えるのは

スパニッシュビューティー。


hx8.jpg


多花性で育てやすい

スパニッシュビューティー。

香りも良い香りがします。




hx.jpg


この子はピンクに

黄色が入った混色で

お菓子のような子。




ロゼ庭は梅雨入りして

バラが病気に

なりやすい時期になりました。



さぁ薬剤散布です。




黒点病もあまり出なかったので

1ヵ月ぶりの薬剤散布です。

予防が肝心なんですけどね(汗)




バラの病気害虫駆除対策

肥料施肥日記一覧表 

2018年版





2018年5月27日


バラの病気の予防治療薬剤

・ポリオキシンAL水溶剤 希釈2500倍

(うどん粉病、スリップス) 

抗生物質

年間総使用回数 5回以内



バラの殺虫剤

・オルトラン水和剤

 希釈1000倍

(アブラムシ、コナガ、アオムシ、

スリップス、カイガラムシ、

コナガ ヨトウムシ)

アブラムシについては

春1~2回しか効果が

ないようだとのこと。

系統 有機リン系 

年間総使用回数 5回以内


・展着剤  

希釈1ℓ(リットル)で

0.1~0.4ml(ミリリットル) 

1リットルにスポイトで1滴

・活力剤 HB101 希釈1000倍 

1リットルに容器から直接1~2滴 

・液肥 アルゴフラッシュ




ポリオキシンAL水溶剤を

散布したのは

うどん粉病の為でなく

(うどん粉病には

なりませんでした。)

殺菌の為の

ローテーション薬剤として

使う為です。




オルトラン水和剤を使ったのは

アオムシが出てきたからです。




hx12.jpg


ペッシュボンボンは

四季咲き性が強く

よく咲くバラなので



hx11.jpg


これからの季節も

楽しみにしています。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。




















関連記事
この記事のURL | ペッシュボンボン | ▲ top
あおい 美しいバラ 満開のバラ庭 2018 千葉
2018/05/27(Sun)




三菱一号館美術館で

ランチをして

都会のバラの癒しの空間で

さっそく次女とバラ談義を

堪能したロゼ。



三菱一号館美術館の

バラ園とカフェへ 




次女の家へ向かって到着。



真っ先に向かったのは

次女庭。



hc.jpg


そこには夢のようなバラ庭が

広がっていました。



ロゼはただただ凄い。

綺麗。

やっぱりバラは素敵だね、

こんな言葉を並べながら

デッキでバラのシャワーを

浴びていました。



とにかく気分が良くて

心が浄化されるよう。



次女がここでお茶をよくする気分が

わかります。



hc12.jpg


ロゼ


「満開だね。」



次女


「ピークかな。」



ロゼ庭の満開は

4月30日で

次女庭の満開は

5月18日。



ざっくりとですが

鹿児島と千葉とでは

満開期が18日ずれたことに

なります。








hc4.jpg


5月16日



どのバラも素敵で

今日はどのバラについて

お話ししようかと思ったのですが

あおいについて

お話ししたいと思います。



hc5.jpg


5月16日


ニュアンスカラーが魅力的な

茶バラのあおい。




hc7.jpg


5月16日


ブーケのようなお花の束を



hc6.jpg


あちらこちらに咲かせて素敵。




hc8.jpg


5月16日


茶を含んだバラは

アンニュイな感じで

不思議な魅力がありますよね。




hc9.jpg


5月19日


5月16日の時に

まだ蕾だった部分も開いて

もっと大きなブーケになったあおい。




hc11.jpg


5月19日


あおいは横張り性で

弧を描くようなステムなので

次女は支柱を立てて

全体を整えていましたが

前日の雨風で

全体が崩れてしまいました。

整えて撮影すれば

良かったのですが

こういった様子も

参考になるかもと思いました。




hc10.jpg


画像下にあおい。






紫のバラは

エレガントなブルーバユー。






ガゼボにはお菓子のように

可愛いペッシュボンボン。



ペッシュボンボンの前の

極薄いピンクのコロンとしたバラは

可愛くて上品なマダムフィガロ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バラの苗/デルバールローズ:マダム・フィガロ新苗4号鉢植え
価格:2967円(税込、送料別) (2018/5/26時点)





美しい色合いのバラさんたちが

つくり出した景色に

うっとりして陽が暮れるまで

デッキで癒されていた

ロゼでした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。




















関連記事
この記事のURL | あおい | ▲ top
三菱一号館美術館のバラ園とカフェ バラ園でのロザリアン親子
2018/05/25(Fri)




次女に会う為に、

国際バラとガーデニングショウ

2018へ行く為に、

次女庭を見たい為に、

そんな気持ちをいっぱい持って

鹿児島から東京へ飛んだのが

5月18日。




ちょうどお昼過ぎ到着して

次女が雰囲気の良い

カフェがあるから

そこでランチをしよ!っと

連れて行ってくれました。



hv.jpg


大正ロマンの

レトロでゴージャスな雰囲気の

カフェで楽しくランチ。




hv1.jpg



場所は三菱一号館美術館内の

カフェ。



hv5.jpg


次女がここに

いい雰囲気の場所があるから

行ってみよ!ということで

行ってみたら

三菱一号館美術館の

時代を感じさせる

レトロな雰囲気のある

素敵な建物と

そこには素敵にバラが

植えられていました。



hv3.jpg


品種不明ですが

薄いピンクと

薄い緑が素敵なバラがいました。



hv4.jpg


品種名を知りたくて

タグを探しましたが

ありませんでした。

残念。←お迎え候補?もうー怖い怖い



hv6.jpg



次女と一重のバラも

可愛らしいねぇと

話しながらタグを探す

次女とロゼ。



キューピットインザガーデンと

ありました。



hv7.jpg


プチトリアノンが

やさしいピンクの大きな房で

咲いていて

次女と可愛いねぇ。






hv8.jpg


メイアンのピンクサクリーナが

可愛く咲いていましたが

終わりかけなのかな、

本来はもっと可愛い子です。



kw.jpg


この子は2016年の秋に

鹿児島の錦江湾公園で

撮影した

ピンクサクリーナの秋バラ。

ピンクの花びらに

濃いピンクのシベが

可愛らしい。



でもですね、

次女と二人で気になることが。


hv9.jpg


ピンクサクリーナの

シュートが1m以上に。




木立ち仕立てにしてあったので

次女との会話は



「ピンチしたいよねぇ~」



もう二人の会話は

ロザリアンの会話(笑)



このシュートをピンチしたいけど

できないこのもどかしさ。



(半つる仕立ての場合

シュートをピンチする

場合もありますし

しない場合もあります。)



シュートを横目に

次のバラへ。



hv10.jpg


この黄色のバラも

素敵だよねって

名前のタグを探す

ロザリアン親子(笑)


コンテッサというバラでした。






hv11.jpg


この白のフルフルしてる

バラ綺麗だよねぇと







また株元を見て

タグを探すロザリアン親子。



hv12.jpg


ロゼ


「ファビラスってあるよ。」



次女


「あのファビラス!っていう風に

品種名に!ビックリマークが

あるバラだよね!」



ロゼ


「そうそうビックリマークが

あるバラ!」



もう完全に

コアなバラ談義を

している

ロザリアン親子(笑)



hv15.jpg



東京駅近くの

都会の真ん中に

こんな素敵なバラの園があって



hv13.jpg


お花ってっていうか

バラっていうか

皆さんがバラを見て

幸せそうな笑顔で憩いで

いらっしゃるって

とても素敵なこと。




hv16.jpg


5月の爽やかな風に揺れる

バラさんたちは

とても素敵でした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。
























関連記事
この記事のURL | バラ園 | ▲ top
ロサオリエンティスのバラと木村卓功先生 第20回国際バラとガーデニングショウ2018
2018/05/24(Thu)




昨日は

国際バラとガーデニングショウ

2018で買ったバラ

シャルドネとレトワールの

ご紹介しました。



シャルドネとレトワールを

買いました。




買った後

前日ひととおり

ブースを見終わっていたのですが

もう一度見ておきたかった

ブースがあったので

次女とそのブースへ行きました。




hb.jpg


それはロゼにとっては

ロサオリエンティスの

販売ブースです。



次女はアンドレエヴのバラ

ピエールエルメ。



ロサオリエンティスの

販売ブースと

ピエールエルメは

接していました。



hb2.jpg


一日目に

ロサオリエンティスの

ブースへ行った時

「カタログより綺麗ー!」って

次女と同時に声をあげました。



ロゼ庭にも

ロサオリエンティスの

可愛いバラがいるけど

他のバラでカタログでは

そそられなかった子が

可愛いかったり素敵だったりで

びっくりしました。




その事で2日目に

もっとじっくり見たいと

思ってもう一度

ロサオリエンティスのブースへ

向かったのです。




hb3.jpg


次女はピエールエルメの色を

もう一度見てみたいと

いうことでした。



次女もロゼも

ピエールエルメを見た時は

二人揃って

「可愛い~~~!」でした。




gt18.jpg



ロサオリエンティスのブースへ

到着して

次女はヘレンが気になる様子で

カタログを見ながら

実物を見ていました。






実物の方がやはり素敵。



hb5.jpg


ロゼはオーブが

とても素敵だと思いました。


やわらかくゆるく揺らぐ花びら。

色合い。






次女とロゼが

一番カタログより可愛いと

騒いだのは

ニンファでした。



hb7.jpg


特徴的な花びらの端側にある

水彩画で描いたような

ピンクのあしらい。

リップですね。

やわらかな花びら。

カタログでは

伝わりにくいのでしょう。

すっごく可愛いです。






こんな可愛いバラを

実際に見て思うことは

バラのお世話をするのに

これ以上バラを増やして

大丈夫かということと

どこに植えるの?鉢?



もうそれとの格闘です。




hb10.jpg

ピエールエルメは

画像上左と真ん中

オデュッセイアは

右の赤いバラ


hb13.jpg


オデュッセイアは

雰囲気のある

美しい大人なバラでした。





次女がもう一度見たがっていた

ピエールエルメですが

上の方に飾られていたので

ロサオリエンティスのバラも

上の方にあって

上の方の

ピエールエルメを見ながら

次女と話しをしていました。



hb9.jpg


「あっちが退色して(画像右)

咲き始めといい感じだよね~」と

話していたら



「そうなんですよぉ~

こんな感じから

咲き始めるんですよね~」と

話しかけられて

その人の

お顔を見たらびっくり仰天

キムタク元てんちょでは

ありませんか!!



ロゼ


「キムタクてんちょですか?」




木村卓功先生


「はい」ニコッ



ロゼ


「一緒に写真撮ってもらって

いいですか?」



木村卓功先生


「いいですよ」ニコッ


次女に撮ってもらいました。



ロゼ



「先生お一人でブログに

載せたいのですが

いいですか?」



木村卓功先生


「いいですよ」ニコッ




hn11.jpg


こんなに

自然なシチュエーションで

キムタク元てんちょに

話しかけられるなどとは

思ってなかったので

(そもそもタイミングが

よほど良くなければ

お会いすることも

できないと思っていました。)

びっくり嬉しい

偶然のサプライズでした。




木村卓功先生は

色んなロザリアンさんからの

握手の要望に応えていらしたり

気さくにカタログを配っていたり

していらっしゃいました。



次回からは次女庭やロゼ庭を

ご紹介したり

国バラの事を書いたり

その他の事も

交互に書いていきたいと

思ってます。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。























関連記事
この記事のURL | 第20回国際バラとガーデニングショウ | ▲ top
| メイン | 次ページ