FC2ブログ




三菱一号館美術館で

ランチをして

都会のバラの癒しの空間で

さっそく次女とバラ談義を

堪能したロゼ。



三菱一号館美術館の

バラ園とカフェへ 




次女の家へ向かって到着。



真っ先に向かったのは

次女庭。



hc.jpg


そこには夢のようなバラ庭が

広がっていました。



ロゼはただただ凄い。

綺麗。

やっぱりバラは素敵だね、

こんな言葉を並べながら

デッキでバラのシャワーを

浴びていました。



とにかく気分が良くて

心が浄化されるよう。



次女がここでお茶をよくする気分が

わかります。



hc12.jpg


ロゼ


「満開だね。」



次女


「ピークかな。」



ロゼ庭の満開は

4月30日で

次女庭の満開は

5月18日。



ざっくりとですが

鹿児島と千葉とでは

満開期が18日ずれたことに

なります。








hc4.jpg


5月16日



どのバラも素敵で

今日はどのバラについて

お話ししようかと思ったのですが

あおいについて

お話ししたいと思います。



hc5.jpg


5月16日


ニュアンスカラーが魅力的な

茶バラのあおい。




hc7.jpg


5月16日


ブーケのようなお花の束を



hc6.jpg


あちらこちらに咲かせて素敵。




hc8.jpg


5月16日


茶を含んだバラは

アンニュイな感じで

不思議な魅力がありますよね。




hc9.jpg


5月19日


5月16日の時に

まだ蕾だった部分も開いて

もっと大きなブーケになったあおい。




hc11.jpg


5月19日


あおいは横張り性で

弧を描くようなステムなので

次女は支柱を立てて

全体を整えていましたが

前日の雨風で

全体が崩れてしまいました。

整えて撮影すれば

良かったのですが

こういった様子も

参考になるかもと思いました。




hc10.jpg


画像下にあおい。






紫のバラは

エレガントなブルーバユー。






ガゼボにはお菓子のように

可愛いペッシュボンボン。



ペッシュボンボンの前の

極薄いピンクのコロンとしたバラは

可愛くて上品なマダムフィガロ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バラの苗/デルバールローズ:マダム・フィガロ新苗4号鉢植え
価格:2967円(税込、送料別) (2018/5/26時点)





美しい色合いのバラさんたちが

つくり出した景色に

うっとりして陽が暮れるまで

デッキで癒されていた

ロゼでした。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。




















関連記事
スポンサーサイト



2018.05.27 / Top↑