FC2ブログ




次女庭へようこそ~*



gf.jpg


5月9日


やくもたつ

一輪目が美しく開花しました。




gf1.jpg


しっとり大人なバラです。




gf2.jpg


とても花付きがいい!けど

摘蕾した方がいいかな、と次女。



快挙も花付きが良くて

蕾が多く

やくもたつと快挙の摘蕾を

どうしたらいいか悩んでいました。



様子を見ていた結果

快挙は摘蕾しなくても

クオリティーの高い花を

咲かす事が判明。


gy2.jpg


5月19日


快挙


コロンと咲き始め

ロゼット咲きになる

美しいバラ。




やくもたつは

摘蕾をしないと

花のクオリティーが

落ちる事が分かり

次女はやくもたつの

蕾をある程度摘みました。




来年の春からは

やくもたつは

あらかじめある程度

摘蕾をするとのこと。



品種によって特性が違うので

対処も色々ですよね。



バラをお迎えしてから

こうしてバラさんと

付き合っていくことも

ロザリアンの楽しみですよね。



gf3.jpg


やくもたつは咲き進むと

色が薄くなり

花びらが反るようです。



gf4.jpg


これでもある程度

摘蕾していますが

花つきがいいですね。



gf10.jpg

5月19日


画像手前に

やくもたつの全体像。



やくもたつには

ほんの少しうどん粉病が

ありました。



ロゼが今ではうどん粉病対策として

薬剤散布時に

一緒に混ぜて葉面散布している

液肥アルゴフラッシュの

濃度を規定より濃いめに

していることを

次女には言っていませんでした。



肥料あたりした場合のことが

ありますので

ブログにもなかなか書けずに

いましたけど

いつぞやか書きました。

その時に次女にも言いました。




下のリンク先の記事にも

そのことは書けずに

書いていませんが

薬剤散布時に薬剤に混ぜて

液肥を葉面散布すると

うどん粉病に効果が

あるようです。



今でもロゼ庭では

うどん粉病は出ていません。

液肥の希釈濃度については

ロゼ庭で肥料あたりしたことは

ありませんが

万が一肥料あたりがあった場合を

考えて

書くことは控えたいと思います。

(参考:希釈濃度は

基本の2倍以上

濃いめにしています。

いつものように

自己責任でお願いしますね。)




少しずつ濃度を濃くしていくと

どの程度が効果があって

肥料あたりもないか

わかると思います。



小山内 健先生が語った

うどん粉病対策




次女庭では

液肥の濃度が基本でも

うどん粉病は軽く

開花には支障はありませんでした。




gf6.jpg

5月19日


やくもたつは

画像手前にいます。



その奥に薄い黄色のバラ

快挙。



その奥に

ピンクの茶バラのあおい。


gf7.jpg


ニュアンスカラーが

魅力なあおい。





右の紫のバラは

ブルーバユー。


gf9.jpg


心奪われる美しい

ブルーローズ。






gf12.jpg


次女はカーネーションの苗を

買ってきて育てていたのですが

(国バラで買ったシャルドネを

写した時にカーネーションの苗が

偶然写り込んでいました。)

この時まだ

蕾も付けてなかったんです。



国バラで

小川宏先生とお話ししました。

可愛いバラ シャルドネ




ロゼが

「あっ、カーネーション買ってる!」って

言ったら

次女は

「わかったぁ?アハハ」って

笑ってました。



gf11.jpg

6月13日

(スプレーカーネーションとだけの

タグで品種名がありません。)



そのカーネーションが

「お洒落な色で咲いた」と

次女は喜んでいます。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。























関連記事
スポンサーサイト
2018.06.17 / Top↑
まとめ