FC2ブログ
2018 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 11
バラ庭でお茶や食事をする計画 パーゴラ撤去
2018/10/30(Tue)



ロゼ庭へようこそ~*


今のロゼ庭のテーマは

主人と楽しむバラ庭造り。



主人と庭で

お茶や食事がしたくて

このパーゴラを

撤去したいと思ってるの。



dh08.jpg


台風で斜めになったままの

パーゴラ。



ロゼが主人に言いました。


「パーゴラを撤去して

ここに前使っていた

ガーデンチェアを置いて

ここでコーヒーを飲んだり

食事したりしたらいいと

思うんだけど。」




主人の顔が

嬉しそうにほころびました。



主人の笑顔を見て

ロゼも嬉しくなって

そうすることに決めました。



dh09.jpg

2016年春


↑これが以前使っていて

裏に保管しいるチェア



dh10.jpg

今年の春


ここはほぼ飾りとなっていて

お茶ができません。

できないことはないですが・・・



dh12.jpg


画像の上に黄色い線が

見えますよね。

ここは結構交通量のある

道路沿いで

車が通るたび

ビュンと風圧がくるくらい。

お茶はなかなか・・・



dh15.jpg

現在の様子



道路沿いの様子が

分かりやすいようにと

撮影しました。




結果パーゴラの下で

お茶しようっと

白羽の矢が立ったのです。



dh14.jpg

今年の春



お茶や食事したいなって思っても

このパーゴラの下は

暗くてお茶や食事をする気分に

なる場所ではありませんでした。



パーゴラの下は我が家で

一番日照の悪い場所です。



ロゼ庭は変形地で

ここが道路沿いでないことが

お茶するには

幸いしています。



パーゴラがあって

直射日光が

ガンガン当たらないのは

お茶するのに

いい環境だと思いますが

暗すぎるのも

気分の良いものでも

ない気がします。


ほんとに

とてもお茶する気分じゃない

場所なんです~~~




お茶する時は

次女庭のように

パラソルを差します。

パラソルは所持しています。




パーゴラにいる

ポールズヒマラヤンムスクは

気に入っていますが

ポールズは大きいでしょぉ。

移植する場所がないんです。




残念だけど

知人の所に

お嫁に出そうと思っています。




dh17.jpg

今年の春


パーゴラの下の壁側にいる

バラさんたちも

日照1時間から解放されます。



日照1時間で

毎年頑張ってよく咲いてくれました。



左半分の

ピンクのバラはローラダボー


dh19.jpg


釣り針みたいなトゲですが

ロゼは慣れました。

キュートなボタンアイを付ける

愛らしい小輪のバラ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【バラ苗】ローラダボー
価格:1800円(税込、送料別) (2018/10/30時点)





この場所でお茶や食事をするのが

楽しみです。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。


























関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | バラ庭の話 | ▲ top
プラムパーフェクト 紫のバラ 2018年新品種 快挙 ミルフィーユ 次女2つ目の寄せ植え
2018/10/27(Sat)



次女庭へようこそ~*


次女が2018年の新品種のバラ

プラムパーフェクトの

予約大苗を注文しました。


gd7.jpg


この画像は

2018年

国際バラとガーデニングショウで

プラムパーフェクトを撮影した

画像です。



美しい紫で

新品種の中でも目を引き

多くの方が

プラムパーフェクトをバックに

記念撮影をしていらしたので

順番待ちして撮影した画像です。





puramu.jpg


プラムパーフェクトの全体像です。


ドイツ コルデス社のバラです。


とても魅力的だったので

会場をひと回りしてから

また舞い戻って眺めに行ったくらい

魅力的なバラでした。






バラ プラムパーフェクト

香り   微香 

四季咲き

作出国 ドイツ

作出者 コルデス

発表年 2009年

花色   紫

咲き方  丸弁ロゼット咲き

花径  7~8cm 
 
樹高   1.2~1.5m

樹形   半直立性

系統  フロリバンダ

樹勢   強い

耐病性(黒点病・うどん粉病等) 良好


2011年

オーストラリアアデレード銀賞

ベストFL賞受賞


次女はもうひと品種

予約大苗を注文していますが

今日の記事では

咲いているバラを

ご紹介したいので

後日ご紹介しますね。



2018年

国際バラとガーデニングショウ

レポート





dk12.jpg


ミルフィーユが咲きました。

ピンクと白の絞りで

ふんわりと咲いて可愛い。



dq01.jpg


春に咲いた

ミルフィーユは

ケーキのような

美味しそうな子




dq02.jpg


やがて

平たいポンポン咲きのように

なります。






dh04.jpg


快挙が咲いています。




dh06.jpg


レモン色を薄くしたような

爽やかさ。



dh05.jpg


コロンと咲き始めの子もいます。



春の快挙は

コロンと咲き始めて


gy2.jpg


やがて

ロゼット咲きになります。


房咲きで可愛いでしょぉ。


gy8.jpg


思わずため息が出てしまうほどの

美しさです。



gy9.jpg


全体像です。


去年の春以降に

新苗でお迎えしましたが

元気に大きくなりました。


これからもっと大きくなって

いっぱい美しいお花を

咲かせてくれると思うので

楽しみです。






dh01.jpg


次女が2つ目の寄せ植えを

作りました。

右上に見えます。



dh02.jpg


サントリーのミルフルと

白のアリッサムの寄せ植えです。


可愛らしいです。


次女はこれからモリモリしてくるのが

楽しみと言っています。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サントリー なごみ フリル咲き ビオラ ミルフル 花苗
価格:480円(税込、送料別) (2018/10/27時点)




秋になって

庭での動きが活発になってきた

次女&ロゼ&バラさんたちです。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。


























関連記事
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
セシルドゥヴォーランジェの秋バラが可愛く咲いています。ブノワマジメルのシュート。草取りにはまりました(笑)
2018/10/25(Thu)



ロゼ庭へようこそ~*


セシルドゥヴォーランジェの

秋バラが咲きました。


dh3.jpg


とっても可愛いです。


セシルドゥヴォーランジェは

ロサオリエンティスのバラ。



柔らかい花びら。

白に頬を染めたような

薄いピンクが混じった

可憐な子が咲きました。


大きさは中輪です。



dh2.jpg


秋も柑橘をざっくり割ったような

ロゼ好みの姿。


お顔を見た時は嬉しくなりました。



春に咲いた

セシルドゥヴォーランジェ


jd3.jpg


キュートなボタンアイをつけて

愛らしい。


花もちは3日で長くて4日ですが

可愛くて満足しています。







このブログをご覧の皆様は

ロゼが草取りが嫌いで

苦手というのを

よくご存じだと思います。



毎年のように

春のバラの開花直前に

草取りをやっと終わらせる有様。



特に今年はバラの開花が早く

いつもの通りに構えていたら

バラの開花と

草取り終了

どっちが早いか

なんて風に焦りました。



普段から綺麗にしてるのが

当たり前なんですけどね・・・



そんなロゼなのですが

今年は

dh4.jpg

ちゃんと草取りしてるっていうか

なんと草取りにはまりました。


 \(◎o◎)/


最初はオルラヤを残して

草取りしなきゃって思いながら

していたら

なぜか草取りが楽しくて

はまっています(笑)



it5.jpg


レースのように繊細で美しく

バラが咲く前から終わるまで

咲いてくれる

素晴らしい

バラのコンパニオンプランツ。



バラに合わせる場合の

オルラヤの購入時期など



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オルラヤ ‘ホワイトレース’(オルレア グランデフロラ)
価格:324円(税込、送料別) (2018/10/25時点)





草取りして

庭がどんどん綺麗に

なっていくのが楽しい。



今まで

鹿児島ってあったかいから

草を取っても取っても

間に合わない!って思ってたけど

ロゼのせいだったんですね(笑)



さぼりながらやってたって

ことだと思います。


dh5.jpg


バラのシュートも

あちらこちらから出てきて

嬉しい。


このシュートは

ブノワマジメルです。


dh6.jpg


今咲いてるお花は

エレガント。

年がら年中咲いています。



ブノワマジメルの春バラです。

gg4.jpg


樹勢が強く

たくさんのお花が咲きました。


気になるお花汚れだけど

来春も許容範囲だったらいいな。



ボーリングしやすいから

肥料を控えめにするのも

忘れないようにしなくちゃ。


この冬も寒肥やりは

この子にはやめよう。






庭が綺麗だから

ずっと草取りに

はまっていたい(笑)


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。

























関連記事
この記事のURL | セシル ドゥ ヴォーランジェ | ▲ top
レッドレオナルドダヴィンチの秋バラが咲きました。押し花のラミネート 初めての寄せ植え。
2018/10/21(Sun)



次女庭へようこそ~*



dk13.jpg


10月19日にご紹介した

パティオローズの

レトワールの秋バラが

薄い色になり

エレガントな様相です。



良い香りがするって

次女が言ってます。




今年の国バラで

切り花で販売されていた

レトワール。


hn.jpg


フリルが素敵な

レトワール



レトワール バラ 

国際バラとガーデニングショウで

買いました。





dk14.jpg


レッドレオナルドダヴィンチの

秋バラが美しく咲いています。



レッドレオナルドダヴィンチの

秋バラは毎年

このような感じに美しく咲くとの

ことです。



dk15.jpg


もう一輪

鮮やかに咲いています。



fu.jpg

5月19日


春に咲いた

レッドレオナルドダヴィンチ

可愛らしく咲きました。




fu4.jpg

5月19日


レッドレオナルドダヴィンチの

全体像です。


レッドレオナルドダヴィンチは

若干遅咲きですが

この時次女庭は

満開だったので

ほんの少し遅咲きだな、という

感じをロゼは抱きながら

撮影しました。



ピークには間に合っています。



dk17.jpg


この間買ってきて

プランターへ植えた

ビオラを押し花にして

ラミネートかけた

そうです。



押し花独特の色合いで

濃淡が重なり合って美しい。




dk16.jpg


次女が初めて挑戦した

寄せ植え。


この寄せ植えの為に

ホーローの鉢を

買ったそうですが

収まりきらずに

前からあった鉢に

したそうです。



初めての寄せ植え

可愛らしいです。



次女が楽しそうに

寄せ植えしている姿、

出来上がって満足気に

寄せ植えを眺める姿が

目に浮かぶようです。



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。


























関連記事
この記事のURL | レッドレオナルドダヴィンチ | ▲ top
小川宏先生のバラ レトワール 秋バラ開花 なんか凄いことになったピエールドゥロンサール 
2018/10/19(Fri)



次女庭へようこそ~*



dk8.jpg


小川宏先生の

レトワールの秋バラが

華やかに咲きました。

綺麗です。



今年の国バラで

切り花で販売されていた

レトワール。


hn8.jpg


次女はもっと株が充実して

ヒラヒラしてくれると嬉しいと

言っています。



レトワール バラ 

国際バラとガーデニングショウで

買いました。




ロゼ庭も次女庭も台風で

新芽が傷んで

ロゼは切り戻しは

しませんでしたが

次女は傷んだ新芽のあるバラは

切り戻ししたとのこと。



切り戻した分は

遅くなるねって次女。



でも残った蕾も案外

あるみたいです。



dk11.jpg


この季節になって

色が薄く咲いて可憐な

ジュビレデュプリンスドゥモナコ



gk1.jpg


春のお花は

愛らしさいっぱい。







次女はこの間

庭の一部の砂利を

土のう袋に入れて

砂利の下に敷いていた

防草シートをいいのに

取り換え

その上に人工芝を敷きました。



その時土のう袋が足りなくなって

ホームセンターへ

買いに行ったそうです。



その時この子たちに引き寄せられて


dk3.jpg




dk4.jpg


なに買いに来たんだっけ??って

なったって笑っていました。



「母もあるよ」って

ホームセンターの入り口前に

お花があると

引き寄せられて

見てたら

なに買いに来たんだか

わかなくなってしまってあれ?って

いうことありますよね(^^)




で、今その子たちは

プランターに植えられ


dl2.jpg


玄関前に飾られています。


玄関前が可愛らしく

なりました。



dk5.jpg


ピエールドゥロンサールは

今こうなってまして



1ヵ月半前はこれより

もっとすごいことになっていて



dk9.jpg


\(◎o◎)/


キングギドラみたい。




本来は冬の剪定時期まで

このままがいいんですが

この時もう無理ってことで

次女はたまりかねて

剪定しました。


その後

またまた枝を伸ばしてきて

元気いっぱいです。

とてもいい状態だと思うんですが。




次女は早く綺麗にしたいみたいで

去年11月初旬に

ロゼがピエールを剪定して

上手くいったので

11月に剪定したいようです。




wt1.jpg


2017年11月初旬

剪定、誘引完了

ピエールドゥロンサールのみ。



葉は光合成をしているので

この時はつけておいて

次女が2月に取りました。



dk6.jpg


今年春の

ピエールドゥロンサール。



11月初旬に剪定しましたし

ロゼがしたから

こうなるまで

正直言って心配で

ホッとしました。






秋になって

次女が色々し始めました。


dk7.jpg


花壇に紫陽花を地植え

したようです。



まだ次女庭で開花したことのない

アナベルの2017年新品種の

ピコティシャルマンという苗も

今年買っていて

鉢で育てていたんですが

その苗も地植えしたとのことです。



dk10.jpg


画像はガーデニングショップ

四季の里さんから

お借りしました。



来年初めて咲くアナベルを地植えしたり

秋バラが咲いてきたり

楽しそうに庭いじりをしている

次女です。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。


























関連記事
この記事のURL | レトワール | ▲ top
カタログ落ちするイングリッシュローズがあるのはなぜ?
2018/10/18(Thu)



ロゼにしては珍しく

コラム的な事が書けそうな気がして

筆をとっています。

(パソコン パチパチ)



昔はいくつか書けてたんですがね、

こんな記事とか

(この記事は体験談でコラムでは

ないですが)



誰にも言えない

私のバラ栽培の暗黒時代の

1年間 




文才のないロゼは

コラム的なものとか

体験談を伝わりやすく文字に

したりすることが上手くなく

そのうえ

あまり頭に思い浮かんできません。



で、バラさん、綺麗、美しい、

可愛い、

あっ、言葉のボキャブラリーが

切れた \(◎o◎)/


で終わりの記事もありました。



今日は書けそうなので

書いていきます。



gn1.jpg



文章の間に掲載したバラは

カタログ落ちした(泣)

イングリッシュローズ

キャスリンモーレーの

今まで

ロゼ庭で咲いた春バラと

次女庭で咲いた

ピエールドゥロンサールの

画像です。



それでは

自分勝っ手なコラムです。




イングリッシュローズの

カタログ落ちは有名ですよね。



ある日偶然どなたかのブログで

出会った

素敵なイングリッシュローズ。





色々調べて

いざ買うぞとなった時に

カタログ落ちになってて

ガーーーン




ほかにも人気品種だから

当分はカタログ落ちしないだろう

なんて構えてたら

カタログ落ちしちゃって

\(◎o◎)/

だったりしたことが

過去にありました。



学びました。


イングリッシュローズは

欲しいと思ったら

なるべく早く買うべし。



gn4.jpg



で、

カタログ落ちする

イングリッシュローズがあるのは

なぜなのか?!

ということですが

デビッドオースチン氏が

言ったわけでもないんですが

勝っ手に考察してみました。




毎年新品種が出るでしょぉ。

ってうか

新品種とか新製品とかを

世の中は欲するでしょぉ。




新品種を作らなきゃ

いけないんですよぉ。

もちろん経営的にも。

(バラの話で夢のない話で

すみません。

でもこういった話も面白い!って

思うロゼ。)



buf8.jpeg



で、販売の為の新品種の苗を

作るのには

栽培スペースが必要ですよね。




そして品種ごとに

管理等手間が掛かるわけです。



手を広げればいいのですが

広げないってなったら

何かをやめなくてはならない。




それがたとえ人気品種であっても。



イングリッシュローズでは

ないですけど

ピエールドゥロンサール級の

バラだったら別ですよぉ。

ってピエールドゥロンサール級の

バラって

ピエールドゥロンサールしか

断トツいないじゃないですか。




何年か前

バラの家のブログで

ピエールドゥロンサールは

年間5000本売れると

ありました。


一番売れるとありました。


dl14.jpg





ピエールドゥロンサール級になると

話は別ですが

それ以外のバラは

普通人気品種であっても

人気品種であればあるほど

すでに持ってる人は多い。

だともうそういう人は

持ってる品種を買わない。




新しくロザリアンになった人が

買ったとしても

以前のようには売れない。




これらのことが人気品種でも

カタログ落ちする

理由の1つではないかと

考えています。


kya3.jpeg



最初は日本の風土に

合わなくて

どこか欠点が出て

カタログ落ちに

踏み切ったのではないかと

思っていました。



そういうこともあるかも

しれません。



しかし、花が好まれ

育てるにあたって

非常に問題があるわけでもなく?

花もちも良い

長く愛されていた

人気品種がカタログ落ちする

理由に??でしたが

そう考えれば合点がいったのです。


kFC1.jpeg



栽培スペースや管理の問題だけで

あれば

人気品種でない品種を

カタログ落ちさせた方がいいと

思うんです。



ですがここでひとつ

またロゼの勝っ手な

余計なお世話の考察が出てきます。



kya8.jpeg



栽培者側として

販売段階までに

育成するにあたって

それぞれの品種で

歩留まりの違いということが

出てきます。




例えば

人気のミニバラ グラウンブルーですが

挿し木生産だったんですね、

生産待ちのロザリアンも多く

すぐ売り切れ状態だったにも

かかわらず

挿し木の成功率が芳しくなく

ついに近年生産を

やめられました。




その他品種によっては

出荷時までに

冬の寒さで枯れてしまう苗が

多かったり

色んな理由で

生産効率の悪い品種が

あるでしょう。



生産効率のことも

考慮しなければ

ならないんですよね。


gn5.jpg



デビッドオースチン氏が

ある品種のことを

気に入らなくなったからだけで

(そういうことがあるかどかは

わかりませんが)

会社の業績を左右しかねない

選択をするとは

考えられないんですね。

あれだけ大きな会社なんですもの。



ってことで

真相は分からないですが

余計なお世話の勝っ手な考察を

してみました。



文章を書くのが苦手だと

言ったわりには

今日はなぜか書けました。

良かったぁ~



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。




薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。
























関連記事
この記事のURL | バラ ブランドの特徴 | ▲ top
| メイン | 次ページ