FC2ブログ
2018 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 11
テッポウムシ退治のやり方 木屑を見つけたら薬剤散布。
2018/10/05(Fri)



ずっとテッポウムシ退治する

日々です。



テッポウムシを退治するやり方を

何回か書いていますが

今まではよく株元を

掘って見つけて退治したり

木屑を見つけたら

薬剤を株元なりに散布して

退治していましたが

今年はあまり木を掘って

退治していません。



以前株元を掘って

テッポウムシを退治したのは

良かったのですが

掘って株に傷を付けたことによって

そこから癌腫菌が入って

癌腫になったバラがいたので

今はあまり株元を傷つけないように

しています。



今年の最初のうちは

ペッシュボンボンなど

株元を掘っていましたが

そのことを思い出して

途中から掘らなくなりました。



結局今年は途中から薬剤だけで

退治する事が多くなりました。




テッポウムシ退治のやり方

薬剤散布での退治。


dt01.jpg


セリーヌフォレスティエに

木屑が見つかりテッポウムシ確定。

\(◎o◎)/



dt02.jpg


木屑を取り除いて

マラソン乳剤を株元と

その上10cmに散布しました。



株元など木を傷つけていません。



dt03.jpg


3日後

ギョギョ

株元に木屑が!

まだ退治できてないので

また木屑を取り除いて

マラソン乳剤を散布。



dt04.jpg


その3日後

木屑が出ていなので

退治できたようで

その後も見回りをしていますが

木屑が出てないので

退治できたものと思います。



去年木屑が出ていた株で

株元辺りを掘っても

テッポウムシが見つからず

その後薬剤散布だけで

木屑が出なくなり

今春綺麗にお花を咲かせ

順調なバラがいるので

こういった方法でも

退治できるものと思います。




台風前に撮影した

セリーヌフォレスティエのお花です。

こうしてお花を

咲かせているところをみると

セリーヌフォレスティエの

テッポウムシ退治は成功したよう。


dt05.jpg


やさしい黄色に

うっすらとピンクがのった

素敵なセリーヌフォレスティエ。



dt06.jpg


角度を変えて撮影。

可愛い♪




春に咲いた

セリーヌフォレスティエです。


dt11.jpg


ボタンアイを付けたお花や

ポンポン咲きで咲くお花が

混じって咲いて可愛らしい。




dt07.jpg


レモン色を薄くしたようなお色は

爽やかで優し気な印象です。



バラ セリーヌ フォレスティエ

系統  ノアゼット

作出国 フランス

作出者 André Leroy

作出年 1858年

花色  クリーム黄色 (薄いレモン色)

そのこに少しうすいピンクの

ぼかしが入ることがある。

香り   中香 ティの香り
 
咲き方  ロゼット咲き

花径  中大輪 7cm 
 
樹高   2~3m

樹形   つる性

花期   繰り返し咲き

樹勢   強い

耐病性(黒点・うどん粉等) 普通

耐害虫性 普通

強健



ボーリングはまずしないです。

ステムの長さは短くちょうど良い加減で

誘引した通りに咲く。

育てやすいと思います。



地植え、オベリスク、トレリス、フェンス、

ガゼボ、壁面向き。






どうやらセリーヌフォレスティエの

テッポウムシ退治も

成功したようなので

次の春も今年のように

素敵に咲いてくれたら嬉しいです♪

最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ) ブログランキングへ


応援ありがとうございます。


















関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | バラのカミキリムシ(幼虫テッポウムシ)対策 | ▲ top
| メイン |