FC2ブログ
2018 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 12
ジュリアが人気のバラだというのがわかったという次女  超大輪のアブラカダブラ
2018/11/30(Fri)



次女庭へようこそ~*



dh542.jpg


「ジュリアめちゃ可愛い~~~!」と

次女。


次女はジュリアの

茶系の素敵な色が

とても気に入ったみたい。



dh543.jpg


「花びらの裏が

ちょっとピンクなのが可愛い!」


ロゼもそういうとこ

素敵だなってそんなバラを見るし

そういった見方をするのは

ロザリアンらしい。



dh544.jpg


次女

「蕾がローズピンクなんだよね!」



ロゼ

「お花と蕾のコントラストが

素敵だよね!」



次女

「そう、かなり可愛い!」


ジュリアが人気の理由が

わかったと次女。



春に新苗で買ったから

まだ春のお花を見ていない次女。

春のお花が今から楽しみな様子。







dh108.jpg


マダムフィガロは

やさしいピンクで

可愛い。





dh91.jpg


やくもたつ(八雲立つ)


美しい紫で咲きました。

紫は幻想的。



dh90.jpg


花びらが反るのが

特徴。





dh432.jpg


よく登場する快挙

きっとよく咲いてるのね。



dh437.jpg


快挙の中心が濃くて

外側の花びらへ行くほど

薄くなるところが

次女は好きと言ってます。


gy2.jpg


こんな感じで

春のお花の花びらが

ひらひらするところも

好きって。





dh541.jpg

「アブラカダブラが超大輪!」と

次女。


この時期お花が大きくなり

花びらも増して

豪華なお花が楽しめる

次女庭の秋バラの季節です。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村

応援ありがとうございます。






















関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
親の介護の始まり ジャックカルチェ ヴェロニクB エグランタイン マサコ    
2018/11/29(Thu)




ロゼ庭へようこそ~*


父が自力で生活するのが

困難になって

私たち夫婦はすぐ実家の愛知へ

飛行機で飛びました。



途中で携帯で実家のある市役所に

事情を話し管轄の

地域包括支援センターへ

あらかじめ予約をし

行くように勧められました。



連絡が取れたのは

三女のみで

三女夫婦と

地域包括支援センターへ

一緒に行くことになりました。



実家に到着し

父に会った時

父はとても憔悴していて

痩せ衰えていました。




父の好物を持っていったら

全て食べホッと安心。

しかし起き上がるにも

人の手が入り

手を添えて起き上がらせようと

するのも容易ではなく

それだけで

骨折でもしそうな勢いでしたので

起き上がる手伝いをする時は

怖いくらいでした。



とにかく父の身の回りを

綺麗にし

食事は取れたので

安心しました。



地域包括支援センターへは

父と私達の印鑑と身分証明に

なるものを持参し

担当者さんにお会いした時は

気持ちが本当に寄りかかるほど

どうしていいか分からない状態で

本当に頼りになりました。



父の責任者は私となり

緊急連絡先は三女の旦那様と

なりました。

(三女は車が運転できない為

早めの対処は旦那様の方が

いいという判断)



その後

父の状態が急を要するという

判断の元

地域包括支援センターを中心とした

介護関連の方々が

素早く動いてくださいました。




介護施設に入りたくがない為に

父は誰にも連絡をせず

私や叔父叔母が電話をしても

いつもと変わらぬ

何のことはない対応をして

それが何もかも対応を

遅らせる原因になってしまいました。



迷惑を掛けたくないという事も

あったようです。




どうしてこんなになるまで

何も言わなかったの?と

何度も言いましたが

色々な思いが

交錯しているうちに

こうなってしまったのかと

思います。



車の運転免許証を

返納したのも

買い物に行けなくなったりとかの

大きな原因の1つに

なっていたようです。




歩いてすぐの所に

コンビニがあるんですが

そこへ行く体力も徐々に

なくなってしまったようです。




元気に活動していてから

1ヵ月でどんどん衰え

自力で生活できないように

なってしまい

本人からしても

あれよあれよと進んだようです。



dh530.jpg


ジャックカルチェが良い香りを

漂わせながら咲いています。


dh529.jpg


ボタンアイが可愛い~*



dh235.jpg


春に咲いた

ジャックカルチェは

ふんわりした感じの子。




dh532.jpg


やっと綺麗に咲いてくれた

ヴェロニクBです。


ずっと咲いてますし

今もいっぱい咲いてるけど

花汚ればかりで

この子も少し汚れてますが

撮影対象になりません。


可愛いのにもったいないです。


お花も他のロザリアンさんは

こういったお花ですし↓

枝変わりだと思います。




dh533.jpg


エグランタイン マサコが

可愛く咲きました。


dh536.jpg


春に咲いた

頬を染めたような

可愛らしいエグランタイン。



白と薄いピンクが

微妙に入り混じったお花は

それはそれは可愛いお花♪






花もちの良い

イングリッシュローズです。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます。






















関連記事
この記事のURL | 親の介護 | ▲ top
バラを楽しむ次女 ガーデングッズが増えて庭のバラの花束を飾り香りも楽しむ
2018/11/28(Wed)



次女庭へようこそ~*



dh522.jpg


次女から送られてきた

ジュビレデュプリンスドゥモナコの

画像。

愛称 ジュビレ



ロゼ

「ピッチャーに入ってる!

綺麗だね!」


次女

「ミルクピッチャーに入れた!」


次女のガーデングッズが

また増えたようで

楽しんでいる模様。



dh523.jpg


お花は別の場所で写すと

チェリー色の羅倫が可愛い~*





dh524.jpg


翌日

今日の収穫!と

送られてきた画像。


花束が素敵。



こっちを向いてる

エレガントフェイスの子は

メサージュドゥヨコハマ

愛称 ヨコハマさん。





dh525.jpg


ピンクだけの束も可愛い~*


dh526.jpg


ジュビレデュプリンスドゥモナコも

花束に入れて。


一輪を飾るのも可愛いし

束も華やかで素敵~*



dh527.jpg


オレンジの

フレグラントアプリコットと

その右に

オードリーヘップバーンも

入れて

楽しんでるのが伝わってきます。




dh528.jpg


お花の位置を色々変えて

どう飾ろうかなぁ~



と考えているのかな?

なんて思っていたら


dh521.jpg


わ~綺麗~!

と思わず見とれた

次女か送られてきた画像。



素敵過ぎて気分がウキウキ。



オレンジ色は

フレグラントアプリコット。


ho2.jpg


春のフレグラントアプリコットは

オレンジではなくて

オレンジ系アプリコット。






お手洗いに置いてるけど

芳香剤を置いてるみたいに

いい香り!と次女。



綺麗で華やかなうえに

いい香りっていいよね♪って

思います。


次女は飾ったあと

ドライフラワーにするそうです。


花の命は短いけれど

こうして長く楽しめるのは

いいですよね♪


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村

応援ありがとうございます。






















関連記事
この記事のURL | 次女の家 庭造り編 | ▲ top
親の介護は自宅で独居 四人姉妹の仲は空中分解 スヴニールドゥラマルメゾン ペッシュボンボン キャスリンモーリー    
2018/11/26(Mon)



ロゼ庭へようこそ~*



三女の微笑みのお陰で

介護拒否の次女や四女からの

呪縛からだいぶ解き放たれて

一筋の光が見えました。



父の介護度は

要介護3なので

特別養護老人ホームに

入ることができます。



ですが

父の強い希望で

実家での独居となっています。



父の住み慣れた家で

暮らしたいという思いは

とても強く

その希望を叶えたく

最善を尽くしてきました。



限界はケアマネージャーさんから

伝えられているので

その心づもりはしていますが

ギリギリまで

父の希望を叶えてあげたいと

思っています。



そのことは

父が不安がらないよう

固く約束しています。



(病気で入院等などになる

可能性があります。

持病を持っていて

訪問看護ステーションを利用し

今のところ薬で対処しています。)



そういった介護関係の事の手配等や

手続き関係とその維持は

すべて私がしています。




父が自力で生活できなくなったのは

去年の10月初め

名古屋に住む次女が

私や別の姉妹に相談もなく

父に電話をし

介護施設に入居するよう

強く勧めました。



その事に激怒し

それとともに恐れをなした父は

今でも私に

次女だけには

ここに(実家に)来て欲しくないと

私が帰るたびに言っています。



次女は介護拒否。

父は次女が実家に来るのは

拒否。


思いは一致しているようです。



次女と四女は

父が介護状態になるまで

私に頻繁に電話してきていました。



その二人が

今はぱったり電話を

かけてきません。



こちらから

何度か電話しましたが

二人とも電話に出ないので

介護拒否と受け取りました。

四女は介護拒否を

宣言していますし。



四人姉妹の仲が

空中分解した中

目に浮かぶのは

三女の変わらぬ微笑みです。



三女夫婦は昨日

父のところへ

行ってくれました。



有難いと感謝の気持ちで

いっぱいです。



dh515.jpg


お菓子のような

可愛いペッシュボンボンが

咲きました♪


年がら年中咲いてます。


hx11.jpg


春のペッシュボンボンです。


刻みの入った花びらと

やっぱりお色が可愛い。

食べたくなっちゃうお色ですね。





dh516.jpg


スヴニールドゥラマルメゾンが

咲いています。


この子はいつも上品に

やさしく咲きます。


dh517.jpg


正面からのロゼット咲きのお顔も

素敵。


dh518.jpg


春のお花です。


こういった美しいフォルムで

咲き始め


dh519.jpg


ロゼット咲きへと変化します。


シフォンのような薄い花びらと

何ともいえない上品で淡いピンクが

エレガントです。





dh520.jpg


キャスリンモーリーが

コロンと咲いています。


コロンはいつ見てもかわゆい。


gn1.jpg


春のお花も

コロンコロンで

可愛らしさいっぱい。



スヴニールドゥラマルメゾンも

キャスリンモーリーも

よく咲く子で

この子たちも

年がら年中咲いています。



今の時期はどのバラも

春のお花に近いサイズで

咲いてくれて嬉しいです。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村

応援ありがとうございます。






















関連記事
この記事のURL | 親の介護 | ▲ top
親の介護拒否の妹二人より介護を手伝ってくれる妹一人がいることが光 ジェネラシオンジャルダン ブノワマジメル
2018/11/25(Sun)



ロゼ庭へようこそ~*



一年前二ヵ月ほど前から

父が自力で生活出来なくなり

それもかなり

自力での生活が厳しく

父の介護の為

ここ一年二ヵ月の間で

12回実家の愛知へ帰っています。



先月の10月末にも帰りました。

帰る前に記事は

予約投稿するので

普通に記事はアップされます。



記事を書く余裕がなく

予約投稿することが

出来なかった時は

書かずに愛知へ帰っていました。



名古屋に住む次女と

熊本に住む四女は

介護拒否です。


次女と四女は

主婦で仕事をしていませんし

旦那さんの親の介護も

ありません。


次女の子どもは自立し

四女には子どもはいません。



名古屋に住む次女夫婦は

父が介護状態に

入ってから一度も

父のもとへ来ていません。

驚きです。



四女夫婦は一度だけ二泊三日で

実家に来ましたが

介護拒否を宣言しています。




そのほか介護については

色々あって

心の整理がなかなかつかず

悶々とした日々が続いていました。




特にどうしてもどこかで

介護拒否の次女と四女への

沸々とした思いがあって

すっきりしませんでした。




介護に最初から

携わっていたのは

私たち夫婦と三女夫婦だけでした。

とは言っても

三女はフルタイムの仕事もしていて

(残業あり)

実家から電車で

二時間かかる場所に住んでいて

三女の旦那さん(義弟)の仕事も

実家から二時間かかる場所です。




長女の私が中心となっている

ヘルパーさん等に

お世話になっている介護です。





次女、四女の事で

悶々とした日々が

続いていたある日

三女の微笑みが

ふと私の目に浮かびました。



私はいつも介護拒否の

次女と四女ばかりの方に

注目していて

不満ばかり持っていて

不快な思いを

この一年二ヵ月してきました。



三女の微笑みが

ふと目に浮かんだ瞬間

介護拒否の二人など

どうでもいい

私には三女がいる

私にはこんな素晴らしい

妹がいるじゃないの!!!



そう心に落ちた時

胸がいっぱいになり

喜びで涙が

溢れてきました。



一年二ヵ月経って

落ち着いてきたせいか

ようやく

介護拒否の二人の姉妹に

注目するのはやめて

素晴らしい妹に注目することが

出来るようになりました。



頭が切り替わり

今はこの世に

素晴らしい妹がいて良かったと

感謝の念でいっぱいで

介護についても

心が軽くなりました。



次女と四女とは

絆は切れてしまいましたが

三女とはより心の絆が

強まりました。

これは私にとって

喜ばしい事で

素晴らしいことなのです。



dh507.jpg


ジェネラシオンジャルダンの秋バラが

美しく咲いています。


年がら年中咲いてますが

秋深まって

素敵なお花が咲き始めました。



dh508.jpg


深いカップで咲いています♪



dh509.jpg


春のジェネラシオンジャルダン


華やかに咲いてくれました。



dh510.jpg


画像中心にいます。


樹勢や病気に強く

育てやすいバラです。





dh511.jpg


ブノワマジメルは

秋もオフホワイトでエレガントです。


ブノワマジメルも

一年中咲いています。

今の時期は花汚れも

あまりなく美しいです。


gg4.jpg


春も多花性ですし

春の花汚れの心配さえなければ

満足なお花です。



gg10.jpg


少し花汚れしてるけど

可愛らしいです。





dh513.jpg


ピンクプロスペリティが

束になって可愛らしい♪


dh514.jpg


春のお花は

ピンクの濃淡や白のお花が

ブーケのように一束になって

愛らしさ満点。






春に向けて

こんな愛らしいバラが

咲いてくれる庭を夢見て

冬作業にそろそろ入ります。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村

応援ありがとうございます。













[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・ミル・オン・ザ・フロス 裸苗- The Mill on the Floss (Austulliver)
価格:4750円(税込、送料別) (2018/11/26時点)










関連記事
この記事のURL | 親の介護 | ▲ top
バラの花束をドライフラワーに オルラヤの鉢上げのやり方
2018/11/23(Fri)



次女&ロゼ庭へようこそ~*


dh438.jpg


バラの花束きれい~*


左があおい

このお花は

10日間も咲いた後とのこと

赤はレッドレオナルドダヴィンチ

黄色は快挙



dh60.jpg

春のあおいは

大きな房で咲く

ニュアンスカラーが素敵なバラ






fu.jpg

春に咲いた

レッドレオナルドダヴィンチ



fu4.jpg


花つきよく

こんもり咲いて

オルラヤと

よく似合っています。





gy2.jpg


春の快挙は

コロンと咲き始めて

ロゼット咲きになるの


房で咲き進み具合が違って

素敵~*






他に奇跡のバラ カメオを

足して

ジャーン


dh439.jpg


ドライフラワーに

しようとしている次女


この画像を見ているだけでも

うっとり

バラの花束は最高ですね。

カメオは赤バラの左側です。


ロゼはというと

今日2度目の

ジャーン


dh450.jpg


今朝オルラヤの鉢上げを

しました。


dh451.jpg


こぼれ種から発芽したオルラヤが

こんなにモリモリ

密集してる場所があって

そこからランダムに

スコップで掘りだして鉢上げ



dh452.jpg


最初にロゼ庭の土は

いい土だから

それを鉢に入れ

(次女庭はアリゾナな土なので

培養土で鉢上げします。)


dh453.jpg


マグアンプKを入れて

混ぜました。



dh454.jpg


それをポットに

このように入れました。



dh456.jpg


掘りあげたオルラヤを

入れて土を被せ



dh455.jpg


たっぷりと水をあげて完了



20鉢作りました。



頃よく水を与え

霜が降りない位置で管理。


2月中旬~下旬に

地植えします。


dh446.jpg


春にはバラと草花と

オルラヤのある景色に


ワインがかった赤のバラは

アストリット グレーフィン フォン

ハルデンベルク

品種名 長!


ダマスク香にフルーツ香の

素晴らしい香りのバラ






紫のバラは

ブルーフォーユー

ナチュラルに庭に溶け込む

ブルーローズ






dw03.jpg


まるでレースのような

バラの素晴らしい

コンパニオンプランツ

オルラヤ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オルラヤ ‘ホワイトレース’(オルレア グランデフロラ)
価格:324円(税込、送料別) (2018/11/23時点)





春の準備は

もう始まりました。


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


バラのブログランキングに

参加しています。


応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ)ランキング


にほんブログ村

応援ありがとうございます。






















関連記事
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン | 次ページ