FC2ブログ





ロゼ庭へようこそ~*



x4002.jpg


ジェネラシオンジャルダンの

枝変わりが

可愛く房で咲いています


房で咲くと豪華ですね


奥の1本は別の枝の子で

一緒に房になっている

ように見えるだけです


けど偶然でも房のお花が

増えたように見えて

ラッキー



x4003.jpg


葉の灰色は桜島の灰の痕です



房で豪華な花がさいてるよ

と仙人主人が

教えてくれます


そうでしょぉ

大きめのお花が房で咲くと

豪華だよね


そんな会話をしたりします


トゲは嫌だけど

バラの香りが好きな

仙人主人は

香りがすると

そのバラはどれ?と聞きます


あれだよと教えると

香りを嗅いで

いい香りだーと嬉しそう


だけど

ジェネラシオンジャルダンの

枝変わりは微香です


この子は玄関横にいるので

仙人主人もよく知っていて

香りが微香なことも

知っています


この子については

豪華に咲いてたよと

言ってくれます


x4009.jpg


春に咲いた

ジェネラシオンジャルダンの

枝変わりです


中大輪の豪華な子で

安定して咲いてくれる子です


x4004.jpg


ブルーフォーユーが

あっさり顔で咲きました


x4005.jpg


春の次女庭の

ブルーフォーユーです


この画像が送られてきた時は

美しさのあまり驚きました


この子は予約大苗でお迎えして

2年目の春のお花です


x4006.jpg


こちらは次女庭で

お迎えした年の春のお花です


一年目のお花も綺麗だけど

株が充実して

素晴らしいお花を

咲かせたのかしら?


花持ちは若干悪く

病気には強い方の

ブルーローズです






x4007.jpg


エグランティーヌ マサコが

咲きました


夏と秋の間のようなお花ですが

可愛いです


x4008.jpg


春のお花は

大輪で愛らしいボタンアイを

付けて咲きました


花びらも繊細で

イングリッシュローズとしては

花持ちは良い方です






x4010.jpg


アメジストセージ ホワイトを

地植えしました


x4011.jpg


綺麗なアメジスト色に

白が素敵


モフモフした所もお気に入り


x4012.jpg


(´∀`*)ウフフ~楽しみ



愛知の実家に帰ると

ご近所さんに出会ったりして

父の具合を

心配してくださって

声を掛けてくれたりします



皆さん小さい頃からの

友達のお母さんだったりして

私からすればよく知った

おばちゃんです


ご近所さんは

小さい頃からの友達が

全員二世帯住宅を造って

ご両親と住んでいます


うちの近所一区画全部です

うちを除いて


名古屋まで公共交通機関を

使って30分(最寄りの駅からは

電車で12分

最寄りのバス停まで徒歩1分)の

閑静な住宅街

いい場所ですから


でふと気づいたら

男の子はみんな家を出て

二世帯住宅を造って

住んでるのは

女の子ばかり


愛知って他所より

長男、長男っていって

長男第一主義が色濃くあった

県なのに

時代はすっかり変わったようです


うちの周りだけかもしれませんが


注釈を途中で入れますが

我が家の土地は

売れない土地です


前の道路が軽自動車も

通れないのです


10年くらい前に

すぐ下の妹が家族皆に

そう言いました


その時父、私、妹たちで

調べたら

ほんとに売れないNO1の土地

でした(笑)


賃貸の駐車場がすぐ近くにあり

車はそこに留めるように

なっています


話を元に戻しますね


それでご近所さんと

顔を合わせた時

声を掛けてくださって

話をするんですけど

話の流れで

うちはB子(すぐ下の妹で25年前に

父に二世帯住宅を提案)と

C子(一緒に介護してる三女

10年前に二世帯住宅を

父に提案)が

二世帯住宅を造ろうよ!と

父に言ったんだけど

(売れない土地でも

便利な土地には変わりは

ないですから)

父はひとりでのんびり

暮らしたいって

断ってるんですって

話したら

ご近所のおばちゃんは

「まぁ~

実はね、Aさんとこは

四人も娘さんがいるのに

誰も一緒に暮らして

あげないなんてって

話してたのよぉ~」


心の声

「まぁ、そうでしょうね(笑)

ご近所さんの土地は裏通りから

車で出入りが出来て

高い土地ですし

うちも同じだと思っていらしてる

だろうし(違うけどうちは

裏通りから車では出入りできない

徒歩では出入りできる)

売れない土地でも

四人姉妹は

父を独居にさせてるし」


おばちゃん

「みんな元気な頃は

介護がいるようになること

なんか考えやしやせんもんねぇ~」




「父は特にひとりでいたい

タイプの人でしょぉ

元気な時は尚更

ひとりでのんびり

暮らしたかったんだと

思うの、おばちゃん


こうして

介護が必要になっても

ヘルパーさんとかがいて

看護師さんやお医者様は

来てくださるよう手配したし

私やC子がちょうど良い

あんばいに来るでしょぉ

生活に必要な事は

私が全部手配してるし

何不自由なく暮らせるでしょぉ

相変わらずひとりで

のんびり暮らすのがいいみたい」


心の声

「介護状態になっても

ひとりで暮らしたい

そういう人も

世の中にはいるのです」


おばちゃん

「おばちゃんもね

お父ちゃんと

二人でのんびり暮らしたいって

思うことがあるの」


思わぬカミングアウト!


「だって孫はうるさいし

世話はしないといけないし

洗濯物も娘んとりゃぁのも

全部せんといかんし

買い物も行かんといかんし

ご飯も作らんといかんし

疲れるでぇ~」


「でもお父ちゃんと二人やと

老々介護になってまうしね~」




「おばちゃん、贅沢やわ~

それが出来るってことは

元気な証拠だし

張り合いになってると思うよぉ~

それがなくなっちゃうと

シュンとなっちゃうかも


大変だけど

なんかやってるうちが

華だと思うし幸せなのに

贅沢~~~


男の子のお孫さんも

可愛いでしょぉ


男の子はやんちゃだけど

素直だからね」


おばちゃん

「そうだよねぇ~

男の子は素直やで~

女の子みたいに

イジクソ悪い事

言わへんしね」


心の中の声

「女の子のくだりは

うける」


おばちゃん

「みんなから贅沢や~って

言われるのよ

幸せなんやね」




「うんうん、

どこから見ても幸せそうな

顔しとる」


おばちゃん

「ありがとうね

また会おうね」




「うん、また帰ってくるし

その時に(^^)」



私が実家に帰った時

せわしく歩いてるから

庭で草取りしてる

おばちゃんとは

毎回会って立ち話してます


子供の頃から

よくしてくれたおばちゃんたちとの

話は心をなごませてくれます

下町みたいな感じです


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村

こちらもお願いします


薔薇(バラ)ランキング

応援ありがとうございます。

























x2749.jpg
楽天room ロゼのおすすめ色々






関連記事
スポンサーサイト



2019.10.30 / Top↑