FC2ブログ





ロゼ庭へようこそ~*


今日は扇風機はいりません

が半袖でブログを書いています



猫のらーちゃんも

床で寝ています


らーちゃんがラグの上で

寝始めたら寒くなったという

ことかな





x4057.jpg


アニエスシリジェル(上)と

ピンクプロスペリティ(下)が

寄せ植えと一緒に

素敵な景色を作り出して

くれています


寄せ植えは素敵な景色を

作る為

少し否だいぶずらして

置いています(笑)


定位置と違うわプンプン

by寄せ植え


寄せ植えさん、

あなたしか動けないのよぉ~

事情を汲んで

byロゼ


x4058.jpg


ピンクプロスペリティに

焦点を合わせようとしても

これが限界だった

ヘタクソカメラマン ロゼ


x4059.jpg


アップはしっかり撮れました(^^)


よく咲くアニエスシリジェルと

ピンクプロスペリティが

近くにいてくれて良かったぁ~


じゃないとこの景色は

見られないですもんね



x4060.jpg


コラボ好きなロゼは

素敵な紫なトレニア

カタリーナ嬢が

玄関ポーチにいる事を

思い出し

コラボに参加してみる?っと

声を掛けながら

カタリーナ嬢の鉢を

置いてみたら


あ~ら素敵♡


パンジー待ちの

まだまだ閑散とした庭が

一部分華やかになりました(笑)



パンジー待ちって

秋バラは待ってないのか!!



エンドレス剪定だから

だらだら咲いてるけど

一斉には咲かないの!



誰と話ししてるねん(笑)

ロゼとロゼ


x4061.jpg


カタリーナ嬢


正式名称は

スーパートレニア

カタリーナ

ブルーリバー


うんうん澄んだ川の色のように

透明感のある子だわ



x4063.jpg


登場してきた

アニエスシリジェルの春バラです


中心がクルクル巻き巻きの

ディープカップの豪華な子


細く弧を描くような

ステムがそこが

気になる点です


ロゼは気にならないけど

お迎えをお考えの方は

考慮が必要ではないかという

ほどです


中苗




予約大苗





x4064.jpg


ピンクプロスペリティの

春の花です


白とピンクの

小輪がブーケになって

可愛く咲きます


耐病性の良い品種だと

思います


遅咲きです






x4069.jpg


セントスウィザンが

咲きました


コロンコロンしていて

可愛いのぉ~♪



x4070.jpg


繊細な花びらに

魅了されます






イングリッシュローズは

ほんとに素晴らしいですね


オールドローズが

オールドローズと分類されるように

イングリッシュローズは

バラ界では確固たる地位を築き

イングリッシュローズという名は

オールドローズのように

永遠に語り継がれる事と

なると思います



オールドローズの古いという

概念とは

また違った分類でです


イングリッシュローズは

モダンローズに分類されますが

その中でも突出した存在と

なっています


イングリッシュローズは

ブランド名ですが

ブランド名の域を

越えていると思います


昨今耐病性の時代と言われますが

耐病性の話と

このバラ界での

確固たる地位、存在は

全く別の話です


存在そのものを

問うたことです


この突出したバラの存在は

広く深く認知され

バラ界の歴史に

すでに刻印されています


歴史を紐解けば

最も歴史あるナーセリー

ギヨーによる

モダンローズの始まり

1867年にギヨーにより作出された

ラ・フランス





初めて作出された大輪のバラ

ピースに追随した

歴史に

イングリッシュローズは

その名を刻んだものと思います






ピエールドゥロンサールは?と

思われる方が

いらっしゃると思います


ピエールドゥロンサール自体に

ついては少し言及していますが

作出された歴史の一部を

下記の記事で

紐解いていますので

興味のある方はどうぞ


2016年に書いた記事です


バラの歴史

ピース(メイアン)の

素晴らしい感動の話



すでに確固たる地位を

刻印した者の

その聖域に足を

踏み込むことは

できません


その歴史に追随し

新たに名を刻むしか

ないのです



今後

生きているうちに

イングリッシュローズ群のように

突出したバラが

作出される

そのような光景を見ることが

できたら幸運だと思っています


この記事は

あくまでも自分の見解を

述べたものでありますが

バラ栽培に18年携わったものとして

バラの歴史や概念を把握したうえで

書いた記事です


もちろん好みなどということは

入る余地はなく

できるだけ客観的に書きました


x4062.jpg


玉鬘(たまかずら)を地植えする時

この枝を手当しました


害虫にやられた痕だと

思います


もー!


x4065.jpg


接ぎ木テープで

手当しました


枝の中心の芯が

大丈夫だったようなので

大丈夫だと思いますが

良い枝なので

頑張って欲しいです


x3989.jpg


2018年国バラで撮影した

玉鬘(たまかずら)です


コロコロしたピンクと白のお花が

可愛いでしょぉ~


河合伸志先生の作出です



x3990.jpg


白とピンクが玉鬘(たまかずら)


やさしい色合いが好きです


うどん粉病、黒点病は

普通より強いと感じました

トゲも少ない方です


中苗

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バラ苗【中苗】たまかずら (Cl桃) 国産苗 6号鉢植え品《J-KWI1》
価格:3180円(税込、送料別) (2019/10/30時点)




予約大苗





x4066.jpg


前から写す時

ベビーベッドソファーに

誘引も可愛いんじゃない?って

思いましたが

やっぱりトレリスに誘引が

収まりが良さそうで

トレリスにします


最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村

こちらもお願いします


薔薇(バラ)ランキング

応援ありがとうございます。
























x2749.jpg
楽天room ロゼのおすすめ色々






関連記事
スポンサーサイト



2019.11.03 / Top↑