FC2ブログ



次女庭へようこそ~*


次女庭造りのつづきです。


wt.jpg


アーチ設置後も

アーチの両脇で大きく広がった

ピエールドゥロンサール。



庭の人工芝張りも終わって

現場監督ロゼ

作業者として登場です。




ようやく終わる頃に充電復活。


\(◎o◎)/




何しに行ったの?


これからですよぉ~


wt1.jpg


いきなり剪定、誘引完了の

画像なのですが

撮影係はロゼですし

みんな片づけに入っていましたから。

残念ながら剪定、誘引のやり方を

細かに撮影した画像がありません。



相手(ピエール君)が

凄い勢いだったので

脚立から降りて撮影しながらも

困難でしたし

撤収作業にみんな入っているので

バサバサカットしていったのも

その場でゴミ袋に入れていかれるので

追われるように剪定で

ロゼ必死。


\(◎o◎)/



wt01.jpg


遠めで見ると

こういった感じです。



最初は誘引だけ

するつもりだったのですが

枝が太くて勢いがあって

枝満載なので

2つくっつけたアーチにも

収まりきらず

11月初旬だけど

致し方ないのでまいいかって

バッサバッサと剪定していきました。


(剪定は関東標準で

12月~1月半です。)



wt02.jpg


画像手前側は

枝が固くて斜めや蛇行することも

できませんでした。



wt03.jpg


ここなんかやっちゃいました。

折らないように

ゆっくりゆっくり

慎重に曲げたのに

折ってしまって次女にごめんなさい

でした。

皮が一枚剥がれただけですから

問題ないんですけど。


次女は何とも思ってなかったように

見えました。


それより疲れたモードが

まん延していて

撤収モードでしたし。


婿さんが

「お母さん、手袋なしで

なんであんなことできるの??」って

次女に聞いてました。


次女は

「どこを持ったら

トゲに当たらないか

わかってるからだよ」って言ってたので

枝を折れ曲げたくせに

「そうそう、わかってるの」なんて

威張っていたロゼでした(笑)



ただ葉ですが

小山内 健先生は

冬でも葉から日光を得てるので

ギリギリまで1枚でも(多く)

つけておいてください。

とのことでした。



ギリギリといっても

地方によって違うので

バラが次の春の準備を始めるより

半月~1ヵ月前には

なるのではとロゼは思いますが

ロゼ地方は暖地で

冬もバラが咲くうえ

次の春のバラの開花も早いので

ほんとに葉を取るのはギリギリで

落葉に任せて葉を取らない

品種も出てきますが

小山内先生のおっしゃる事は

理にかなっていて

その通りだと思います。



偉そうなロゼ(笑)




つづきは次女庭造り

取り敢えず現時点で完成編です。



次女庭のバラたちです。


wt04.jpg


やさしい

オードリーヘップバーンが

咲きました。



wt05.jpg


カップが深い子も咲いて

いるようです~*





wt06.jpg


ペッシュボンボンが

ほぼ黄色で咲いてますが

コロンとした黄色姿も

可愛い♪


一週間この姿だから

これ以上開かないかもと次女。

気温が低くなってくると

そうなることもありますね。





次女はバラの花が咲くたびに

この子が一番だなって思うから

お気に入りは日々変化すると

言っています。


ヽ(*^^*)ノ



最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

下の2つのバナーを

クリックお願いします。



薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


応援ありがとうございます♪








イングリッシュローズ2017年新品種






イングリッシュローズ2017年新品種






イングリッシュローズ2016年新品種
















関連記事
スポンサーサイト



2017.12.02 / Top↑